鹿楓堂よついろ日和(第6話『はじまりはオムライス』)のあらすじと感想・考察まとめ

Davjikvuqaavij2

今から数年前、スイはいつか自分が鹿楓堂を再開したいと思いつつ会社勤めを続けていた。多忙をきわめるスイは、思わぬところで中学時代の同級生・ときたかと再会する。ときたかもまた、自分の生き方を模索していた。
今回は「鹿楓堂よついろ日和」第6話『はじまりはオムライス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「鹿楓堂よついろ日和」第6話『はじまりはオムライス』のあらすじ・ストーリー

832110 615

数年前までスイは会社員だった。祖父の死に前後して店じまいした鹿楓堂にスイは一人で住んでいた。いつか鹿楓堂を再開するために、スイは夜な夜なメニューの研究を続けていた。しかし、記憶にある祖父の味には及ばず、鹿楓堂を継ぐ夢をかなえることを、スイは一日延ばしにしていた。

Pic 03

ある日、スイはクラフト作家が出店する市をのぞいた。店で使ってみたいと思った湯呑の作者が、ときたかだった。ときたかとスイは、中学時代の同級生であり、卒業以来の再会だった。
中学時代のときたかは、陶芸の天才少年としてもてはやされていた。今は表舞台に出ることはなく、バイトをしながら陶芸を続け、出店の機会があれば器を手売りしているのだった。
スイは、鹿楓堂を継ぐ決意が固まらないことを、ときたかに話す。「ずっと大切な場所だったから、自分が下手に手を出して、祖父が作ってきたものを壊してしまうんじゃないかと思うと、なかなか一歩が踏み出せない」と、ためらっているのだった。思い立ったが吉日とばかりに、即決即断で周囲を振り回していた中学時代のスイとは結びつかない慎重さだと、ときたかには感じられた。
ときたかは、店で使える食器を持って鹿楓堂に行くことを約束した。

Pic 05

スイ(左から二人目)のエプロン姿をほめ、店をはじめるのかとたずねる野中(右)

ときたかが来る日、スイは鹿楓堂を開けた。
ときたかは、孫を連れた男性と一緒に店に入ってきた。野中という男性は、スイと双子の兄の八京が揃って店に出入りしていた時代を覚えている昔なじみで、スイの祖父が亡くなったことを知らなかった。野中は店主と居心地がよい鹿楓堂を懐かしみ、「終わっちまったんだな」と残念がる。
鹿楓堂で食事をとるつもりで、野中は来店したのだ。野中が孫の哲郎と出て行こうとするのを、スイは軽食を用意すると呼び止めた。厨房についてきたときたかが、スイの代わりに調理すると申し出た。調理実習で、スイが火柱を上げて消火器を持ちだした武勇伝を、ときたかは忘れていなかった。この時点でのときたかは知らないが、依然としてスイは料理が下手であり、シンプルなオムライスも不思議な味に仕上げる腕前だった。
カウンターに戻ったスイは、心をこめてお茶を淹れる。野中は、普段はコーヒーでも、鹿楓堂では緑茶を飲んでいたという。祖父と同じお茶を出せなくても、野中をさびしい気持ちで帰らせたくない一心だった。
ときたかは、ありあわせで和風オムライスを作り、自分が作った皿に盛りつけた。魚嫌いの哲郎はジャコ入りのバターライスを「お兄ちゃんのお魚ライス、すごいおいしい!」と夢中でたいらげ、野中を驚かせた。
野中は、スイのお茶は店主だった祖父が淹れたものとは違うと言った。落胆するスイに野中はお代わりを頼む。祖父のお茶より苦みがなく飲みやすい、というのが野中の感想であり、スイが丁寧に仕事をしているのは祖父と一緒だとつけ加えた。

Pic 07

野中(左)と哲郎の笑顔が、スイとときたかの転機を決めた。

野中と哲郎が帰った後、客の笑顔が祖父の支えであったことを理解したと、スイはときたかに話す。この日の出来事で、スイは「いつかいつかって言ってるうちは、いつまで経ってもできないよな」と、鹿楓堂を再開する踏ん切りをつけた。ときたかも、自分の料理や器を使って喜ぶ姿を目の当たりにして感動し、スイの鹿楓堂を手伝わせてくれないかと頼んだ。

1a5d7599

少年時代のスイと八京(キョウ)が使っていた湯呑

そして、現在。
鹿楓堂は総出で、大がかりな掃除をしていた。その最中に、ときたかは一対の湯呑茶碗を見つけた。片方の湯呑は割れていた。
壊れた湯呑は、八京のものだった。八京は親の決めた別の中学に進み、双子の進路は分かれていた。八京が久しぶりに鹿楓堂に来た日、スイは店を継ぐために祖父に色々教わっていると話した。八京も好きなことをすればいいと、スイが店の手伝いをしながら話していると、八京が湯呑を落とした。「捨てていいよ。もう来ないから」と八京は言い捨てた。
スイは、割れた湯呑を捨てずにしまっておくように、ときたかに頼んだ。ときたかは、八京とスイが鹿楓堂でお茶を飲む日が再び来ることを願った。
スイは、鹿楓堂の客が思い思いに過ごす様子をながめるのが、好きなこどもだった。幼いころ、祖父が「そんなにここ(鹿楓堂)が好きなのか?」と問われたときと、今もスイの心が変わらない。鹿楓堂で過ごす客の笑顔は、スイの原動力であり、祖父の思い出につながっている。

「鹿楓堂よついろ日和」第6話『はじまりはオムライス』の感想・考察

「鹿楓堂よついろ日和」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

renote.jp

cocoa13
cocoa13
@cocoa13

Related Articles関連記事

鹿楓堂よついろ日和(第4話『天丼サバイバー / ハプニングにゃー』)のあらすじと感想・考察まとめ

ときたかは、陶芸教室の講師もつとめている。ある日、教え子たちと海鮮丼を食べに行くと、店の前には長蛇の列ができていた。食べたかったものを食べられなかった教え子たちの無念に、ときたかは翌日になっても心を痛めていた。ときたかはその夜、同じように楽しみにしていた天丼を食べられず、空腹で倒れてしまったサラリーマンの柴野を助ける。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第4話『天丼サバイバー / ハプニングにゃー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第8話『エスプレッソ・エスプレッシーヴォ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ぐれは毎朝のランニングで見かける中学生の洋を気にかけていた。あるきっかけでぐれと話した洋は、世の中を妬むようなことを口にして、にこりともしない。日を置かず、洋は朝の公園に現れなくなった。洋が何か問題を抱えているのではないかと心配していたぐれは、夜の公園で洋を見つける。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第8話『エスプレッソ・エスプレッシーヴォ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第1話『喫茶 鹿楓堂へようこそ』)のあらすじと感想・考察まとめ

鹿楓堂は、町の喧騒から置き去りにされたようなたたずまいの甘味処である。 ある日、つばさは鹿楓堂を見つける。仕事がはかどらず、苛立っていたつばさは、レトロな店構えとラテになごまされる。鹿楓堂に行っても集中できないとわかっていても、つばさは連日店に通うようになる。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第1話『喫茶 鹿楓堂へようこそ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『鹿楓堂よついろ日和』とは、清水ユウ原作の漫画、及びそのアニメ作品である。 和風喫茶・鹿楓堂は、都会の一角でひっそりと営まれている。時代に置き去りにされたようなレトロな空間で、おもてなしをするのは四人と一匹の猫。様々な悩みを持つお客様との触れ合いや、一癖ある訪問者の厄介事に振り回されつつ、鹿楓堂の時間は今日もゆったりと過ぎていく。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第9話『不器用ヒーロー / モンブラン男子』)のあらすじと感想・考察まとめ

秋になり、鹿楓堂でも季節限定のモンブラン販売を開始する。モンブランを食べにやってきた角崎の一挙手一投足を、鹿楓堂の面々は、息を詰めて見つめる。招かざる客の一方で、来店が待ち遠しい常連もいる。編集者の砂金は、意中の女性を鹿楓堂に連れてきたいと相談したきり、しばらく顔を見せなかった。スイたちが心配しはじめたころ、砂金は女性を伴ってやって来た。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第9話『不器用ヒーロー / モンブラン男子』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第2話『お茶屋の秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

スイの祖父の代から鹿楓堂を支えてくれた伊藤さんが、店を閉めることになった。伊藤さんが紹介してくれたお茶屋は、少々問題があるという。 早く新しいお茶屋を決めなければならないと、スイも焦りはじめたころ、鹿楓堂に女子中学生がお客様としてやってくる。彼女は、鹿楓堂が伊藤さんのお茶を使っていることを言い当てた。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第2話『お茶屋の秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第5話『迷える子羊に愛の手を』)のあらすじと感想・考察まとめ

タウン誌の編集者・砂金は、自分が企画したスイーツ特集に頭を悩ませていた。若い女性ばかりのしゃれた雰囲気に気後れして、カフェに足を踏み入れることができないのだ。そんな砂金の目の前でカフェに入る、男性一人客がいた。一週間後、砂金は鹿楓堂でその男性客と再会する。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第5話『迷える子羊に愛の手を』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第3話『スイーツトラップコレクション』)のあらすじと感想・考察まとめ

デパート催事のコーディネーターを名乗る角崎という男が、鹿楓堂にイベント出展を依頼する。三日間の約束で出ることを決めたものの、角崎から聞いた話と食い違いがあった。スイたちは、角崎のペースに巻き込まれて、目が回るような三日間を過ごすことになる。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第3話『スイーツトラップコレクション』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第7話『I 愛 アイス / ベジタブルパワー』)のあらすじと感想・考察まとめ

お茶屋の孫娘・小鶴の大好きな友達は、アイスが好きでお茶が苦手。近々友達が引っ越してしまうと知り、その前にお茶の良さを知ってもらおうと、小鶴は抹茶アイスを作ることを思いつく。アイスを上手に作るために、小鶴は椿に協力を仰いだ。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第7話『I 愛 アイス / ベジタブルパワー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents