The Last of Us(ラスト・オブ・アス、ラスアス、TLoU)のネタバレ解説まとめ

『The Last of Us』とは、米ゲーム会社ノーティードッグが開発し、2013年6月20日にソニー・コンピュータ・エンタテイメントから発売されたプレイステーション3専用ソフト。
人間に感染する細菌が蔓延した世界で、主人公ジョエルと抗体を持つ少女エリーと、2人に協力する者、または利用しようとする者達の物語。

イシュ

パンデミックよりも前から地下水路で生活をしていた人物。
パンデミック後にカイル達と出会い一緒に地下水路で生活をしていたが、一枚の扉を閉め忘れてしまい、感染者の群れがイシュ達のキャンプに押し寄せた。
その後イシュはスーザンと脱出した。

カイル

妻であるスーザンと娘のカーラ、弟と共にパンデミックを生き残った生存者グループの一人。
隔離地域外で家族と生活をしていたが、ある日イシュと出会う。
地下水路の話をイシュから聞いたカイル達は一緒に生活をすることになったが、感染者の群れが彼のキャンプを襲撃。
カイルは子供達と共に地下水路で心中した。

スーザン

カイルの妻で、二児の母。
夫と共に生活をしていたが、感染者の群れにキャンプを襲撃され、イシュと共に逃げ延びた。

『The Last of Us』のゲームシステム

シングルプレイ

三人称視点で操作をし、戦闘時は左スティックで移動して遮蔽物に隠れ、左右トリガーボタンで構えや、射撃・打撃といった操作が基本となる。
武器や弾薬・その他物資などは探索中に机の引き出しの中などから見つけながら集めていく。
パンデミック後の崩壊した世界を舞台にしているため物資量は少ない。(お互いに銃を乱射し合うような場面はほとんどない)
そのため基本的には物陰に潜みながら敵をステルスで倒していくような立ち回りが要求され、聞き耳システムが非常に重要となっており、聞き耳を使っている間は敵がハイライトされ障害物越しに敵の位置を特定できる。(攻撃態勢をとっている敵はハイライトされない)
頻繁に入手できる空き瓶やレンガなどを投げて敵を陽動し、1体ずつ倒すか、まとめて火炎瓶や爆弾などで倒しても良い。
また、一部の敵は視覚を失っているため、眼の前を静かに通過すれば発見されない。
集めた物資を組み合わせて新たな武器や回復薬を作成するといったシステムも導入されており、武器の強化なども拾った物資を使って行う。
アイテムインベントリを開いてる間や、工作している時間もゲーム内の時間は進行しているため安全なエリアで工作を行う必要がある。(工作にかかる時間はゲーム内で入手できるサプリメントで短縮することができる)
ゲーム内で入手できる部品を使ってリロード速度や、攻撃力の強化ができる。
プレイヤーの体力は自動回復せず、必ず回復キットや拾える食料品で回復する必要がある。
作中で入手できる武器は小火器のみで、バズーカなどの重火器は入手できない。
なお、追従してくるエリーはAIであり、プレイヤーの行動に沿った行動を行うように学習する。(攻撃的であれば攻撃的になるなど)
また、敵はプレイヤーにのみ反応し、味方のNPCには例え目の前を音を立てて通過したとしても襲ってこない。

アイテム

陽動アイテム

レンガや空き瓶、煙幕などがある。
これらを用いて敵を陽動することにより、戦闘を有利進めるといった戦術を取れる。

打撃アイテム

木の板や、バット、鉄パイプなどがある。
それぞれ物資を使って強化をする事ができる。
ただし、武器の耐久度として使用回数には制限がある。

遠距離武器

オートマチックハンドガンや、リボルバーといった片手銃から、アサルトライフルなどの自動小銃、弓、火炎放射器など武器の種類は多種。
火炎瓶などの投擲武器もある。
ただし、銃火器を使用すると、発砲音のために敵に気づかれるリスクがある。
弓は音を発生させないので、消音攻撃が可能である。

工作用アイテム

刃物、テープ、布、アルコール、火薬、砂糖がある。
医療キットと火炎瓶はアルコールと布、打撃武器の強化とナイフは刃物とテープというように工作アイテムを組み合わせて新たなアイテムを作ることができる。

マルチプレイ

マルチプレイでの操作はほぼシングルプレイと同様である。
プレイヤーはファイアフライかハンターのどちらかの勢力を選択し、戦闘を通じて物資を集めて自分のチームを拡大しつつ、12週間を生き延びる事が目標である。
なお一度選んだ勢力は12週生き延びるか、人口が0になってゲームオーバーになるまで変更は出来ない。

資源争奪戦、生き残り戦、金庫争奪戦の三つのモードから選択し、いずれも4vs4のチームで戦う。
対戦が終了し、チームの決着が付くと1日経過と見なされる。

シングルプレイと操作・システム上の違いは以下の通り。
・聞き耳の使用時間や回数に制限がある。
・敵に照準を合わせR3ボタンを押すとマーキングできる。
・L3ボタンを押すと予め決めておいたジェスチャーをキャラクターが行う。
・リスポーン待機中にゲーム内ストアで戦闘中に獲得した物資を使って武器を強化できる。
・ダウンした場合は即死亡ではなく、敵による追撃や味方による蘇生などが行える。
・一部の武器はシングルプレイとは必要素材が変更されている。
・感染者が出現しない。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents