スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(Star Wars: Episode VI Return of the Jedi)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

銀河帝国の総裁である皇帝ダース・シディアスの前に、ダース・ベイダーによって連行されたジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーは、フォースの暗黒面に誘おうとする皇帝の意に反し、皇帝にもベイダーにも攻撃を仕掛けず、マスター・ヨーダに教わった通りに、平静な心を保とうとする。しかし、第2デス・スターを攻撃している反乱軍が、皇帝の仕掛けた罠にはまって危機的状況に陥っているところを見せ付けられ、遂にジェダイの武器であるライトセーバーを手にする。ここから、父親であるダース・ベイダーと、息子であるルークの死闘が始まる。父親とは戦いたくないと思っていたルークだったが、心の中で妹であるレイア姫を思い浮かべてしまったのを、ベイダーに悟られてしまう。お前が仲間にならないなら、妹を仲間にするまでだと言うベイダーに、ルークは抑えていた怒りを爆発させる。怒りに燃えたルークの攻撃力は凄まじく、前作「帝国の逆襲」では片手を切り落とされた相手であるベイダーを打ち倒し、逆にベイダーの右手を切り落とす。それは、皇帝の言う通り「怒りに身を任せた攻撃=フォースの暗黒面による力の凄まじさ」を見せつけた場面でもあったが、それは同時に、フォースの暗黒面に捕らわれてしまえば、善悪の判断が効かなくなり、自分の肉親をも殺してしまうことになるということでもあった(ベイダーは以前、愛する妻を自分の予知夢で見た死から救おうという一心でフォースの暗黒面に手を染めたのに、暗黒面に落ちた後は我を失いその妻の首を締め、結果的に死に至らしめるという悲劇を産んでいた)。切り落としたベイダーの右手が、自分と同様に機械で作られた義手であるのを見たルークは、父親も自分と同じ運命を辿り暗黒面に落ちようとしている事を悟り、かろうじて落ち着きを取り戻し、ライトセーバーを投げ捨て「僕はジェダイだ。父もそうだった」と皇帝に宣言する。前作の最後に明かされた、父と子の血の繋がりが紡ぎ出す運命の物語の行く末と、善と悪に揺れ動き、悪に染まれば強力な力をもたらすが、それは同時に破滅をももたらすという、フォースという特異な力の特性とスター・ウォーズサーガのテーマをも描き出した、3部作の完結に相応しい名シーンである。

帝国軍の近代兵器に立ち向かう、イウォーク族のアナログな反撃

原始的な投石器で、帝国軍の歩行兵器に狙いを付けるイウォーク族

第2デス・スターを護るシールド発生装置を破壊するため、惑星エンドアに乗り込んだハン・ソロ率いる反乱軍一行だったが、これは皇帝の仕組んだ罠であり、反乱軍は帝国軍の猛攻に会いシールド発生装置に近づくことすらままならない。反乱軍に強力するエンドアの住人イウォーク族も、帝国軍の近代的で強力な歩行兵器の前に、防戦一方になる。しかし、イウォーク族はここから森に住む種族としての特色を生かし、反撃に出る。原始的な投石器は歯が立たなかったが、何本もの細い丸太を歩行兵器の長い足元へ転がし、バランスを崩させてひっくり返したり(歩行兵器は転倒すると、その兵器自身の重みにより自爆してしまう)、太い丸太を歩行兵器の胴体の両側から打ち付けて破壊するなど、その攻撃は丸太を繋いだロープを切って転がしたり飛ばしたりするという極めて「アナログ」なものではあるが、それが帝国軍の誇る近代兵器を次々打ち破っていくシーンは、痛快な名シーンになっている。

「僕はジェダイだ。父もそうだった。」

銀河皇帝ダース・シディアスの策略にはまり、怒りに身を任せて父であるダース・ベイダーを打ち倒し、その右手をライトセーバーで切り落としたルーク・スカイウォーカー。フォースの暗黒面に落ちないためには、常に心を平静に保つことだとジェダイの師であるマスター・ヨーダに教わっていたルークだったが、その教えに背き怒りと共に放った攻撃は、帝国の指揮官ベイダーをも打ち倒すことが出来た。しかし、切り落としたベイダーの右手が、かつてベイダーに切り落とされた自分の右手と同じように義手だということがわかり、ルークは落ち着きを取り戻す。フォースの暗黒面がもたらす力の凄まじさを体感しながらも、しかしその暗黒面に落ちた行く末を、ルークは父の切り落とされた右手に見たのだ。確かに皇帝の言う通り、フォースの暗黒面は凄い力をもたらしてくれる。しかしこのまま暗黒面に身を委ねれば、自分もやがて父のようになる。アナキン・スカイウォーカーではなく、「ダース・ベイダー」になってしまう。そしてルークはライトセーバーを投げ捨て、皇帝に宣言する。「僕はジェダイだ。父もそうだった。」フォースの暗黒面を極めることによって、銀河皇帝にまで昇り詰めたシスの暗黒卿ダース・シディアスに対する、堂々たる宣言。自分は決して、暗黒面になど落ちない。そして父もまた、完全に落ちたわけではない。善の心がまだ残されている。それは、ルークがジェダイの騎士として成長した証でもあった。ヨーダが予言していた通り、ルークは父であるベイダーと対決することによって、真のジェダイとなったのだ。その宣言により、ルークは皇帝のフォース・ライトニング攻撃に苦しめられるが、目の前でもがき苦しむ自分の息子を見た時、ベイダーの中に潜んでいた「善の心」が蘇り、皇帝を葬り去る。暗黒面のもたらす強大な力に、フォースの「善の心」が打ち勝った。サーガ全体を通じても、サーガの中心的意味合いを持つ「フォース」そして「ジェダイ」という存在についての高潔さ、偉大さを観客に伝える、名シーンであり名セリフである。

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』の用語

ジェダイの騎士

フォースの力で、ジャバ・ザ・ハットの手下を操ろうとするジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカー

銀河帝国がその脅威を振るう前の時代、銀河系の平和を維持するために組織されていた銀河共和国に従事し、「フォース」と呼ばれる特異な力を用いて、平和維持活動に活躍していた戦士のこと。ライトセーバーという、レーザー状の刃を持つ剣を武器としている。フォースはその力を習得した者の身体能力を上げてくれるだけでなく、精神面にも強い影響を及ぼし、手を触れずに相手の首を締めたり、自分より遥かに大きな重量のある物体を、これも手を触れることなく動かすことが出来る。また、精神力の弱い相手なら、その意思を自分の思うように動かすことも出来るようになる。このため、強いフォースの力を身に付けると、人々を自分の思うがままに動かすことが出来るのではないか、人々を支配することも可能なのではないかという、悪しき考えに捕らわれてしまうことがある。これを「フォースの暗黒面に落ちる」と呼び、ジェダイの騎士たちは暗黒面に陥ることのないよう、厳しい戒律を定め、自らと自分の弟子たちを戒めていた。銀河帝国が成立する際、抵抗勢力であるジェダイの騎士は、フォースの暗黒面を操る銀河皇帝ダース・シディアスやその部下であるダース・ベイダーらによって、ヨーダやオビ=ワン・ケノービなどわずかな生き残りを除いて殲滅されてしまった。

フォース

物語の舞台となる銀河系に存在する、特異な力のこと。銀河帝国が成立する前の時代、ジェダイの騎士はこれを用いて、銀河共和国の平和維持に勤めていた。フォースの力を自在に操れるようになると、その人物の身体能力を上げてくれるだけでなく、手を触れずに自分より大きな物体を動かすことも出来るようになり、また、精神力の弱い人間の意思を操れるようにもなる。それゆえに、フォースの力を用いれば人々を自分の意のままに操れるのではないか、自分は全てを支配出来るのではないかという悪しき想いに捕らわれることがある。これを「フォースの暗黒面に落ちる」と呼び、その力を平和維持に用いていたジェダイとは対照的に、銀河帝国の皇帝ダース・シディアスやダース・ベイダーは、銀河系を支配するためにフォースの暗黒面を駆使していた。暗黒面に落ちないためには、常に心を平静に保つことだと、ジェダイのマスターであるヨーダはルーク・スカイウォーカーに教えている。それゆえ銀河皇帝はルークを暗黒面へ誘おうと、ルークを挑発し、その怒りを導き出そうとする。怒りに身を任せて敵を憎み、フォースの力を用いて攻撃を仕掛けることこそ、暗黒面への第一歩なのだ。ジェダイの騎士は銀河帝国が設立される際に、皇帝やダース・ベイダーらによってオビ=ワン・ケノービやヨーダなどわずかな生き残りを除いて殲滅されてしまったため、本作の時代では、フォースの力そのものを一般市民が目にする機会も減ってしまっていた。そのため、ハン・ソロは最初フォースのことを聞いても信じず、オビ=ワンやヨーダから教えを受けていたルークですら、フォースの力がどれほど凄いものか、その全貌までは知らなかった。

銀河帝国

旧三部作より前の時代、銀河系の平和のため設立された銀河共和国を乗っ取り、その中身を変革して銀河系を力で制圧する独裁政治を行うために築き上げられた帝国。皇帝と呼ばれる強いフォースの暗黒面を持つ、シスの暗黒卿ダース・シディアスが帝国の総統となっている。ダース・ベイダーはシディアスの弟子で、かつては銀河共和国の平和維持に従事していたジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーだったが、シディアスの策略によりフォースの暗黒面に捕らわれ、シディアスの弟子となり銀河帝国の指揮官となった。「エピソード4 新たなる希望」で、帝国の脅威を更なるものにしようと、銀河帝国は究極兵器を擁する巨大要塞デス・スターを建設するが、帝国に反旗を翻した反乱軍により破壊されてしまう。しかし帝国はデス・スターを破壊した反乱軍を帝国の威信に賭けて追い詰める傍ら、秘密裏に第2デス・スターの建設を始め、反乱軍を一網打尽にしようとしていた。

反乱軍(反乱同盟)

その圧倒的な軍事力をバックに恐怖で銀河系を支配しようとする銀河帝国に反旗を翻した同盟、その軍のこと。銀河帝国の対抗勢力であり、帝国設立時に殲滅させられたジェダイの騎士のわずかな生き残りと、帝国設立に異議を唱えていたレイア姫の養父であるオーガナ議員などの旧銀河共和国議員らによって、その礎は築かれた。旧三部作の1作目「エピソード4 新たなる希望」で、銀河帝国が作り上げた巨大要塞デス・スターの壊滅に成功、反乱軍として初の大きな成果を上げるものの、このことで面目を潰された帝国は驚異的な逆襲を開始。追い詰められた反乱軍は、設営したばかりの基地を撤退し、本作では固定された拠点を置かず、輸送船や攻撃母艦の内部などで体制を建て直し、新たな帝国軍打倒のための作戦を練ることになる。

イウォーク族

惑星エンドアを訪れたルークやハン・ソロを捕らえようと取り囲む、イウォーク族

惑星エンドアの森に囲まれた衛星に住む、小さな熊のような姿をした種族。小柄な種族で、大人でも体長は約1メートルほど。森の中の樹上に住居を建築し、それぞれの家を釣り橋やはしごなどで行き来出来るようにして、独自の村を森林で形成している。文化としては地球の石器時代に近く、用いる武器も重火器はなく槍や斧、ナイフなどである。比較的温厚な種族であるが、銀河帝国が第2デス・スターのシールド発生装置をエンドアに設置する際、原住民であるエンドアの住人を攻撃したため、外部から侵入してくる異種族には警戒心を抱いていた。神を崇める慣習を持っていて、金色に輝く体を持つC-3POを見て、神様が降臨したと勘違いし敬うようになる。それをきっかけとして、最初は警戒していたハン・ソロ率いる反乱軍と和解し、共に帝国軍と戦うことを決意する。

第2デス・スター

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(Star Wars: Episode VII The Force Awakens)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(Star Wars: Episode VIII The Last Jedi)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(Star Wars: Episode IV A New Hope)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年(日本では1978年)に公開されたジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズシリーズでは第1作目であり、旧三部作(エピソード4~6)の第1章である。時系列でいうと新三部作(エピソード1~3)の後の時代。遠い昔、はるか彼方の銀河系で主人公であるルーク・スカイウォーカーを中心に、かつての平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(映画)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

12月18公開の『スターウォーズ フォースの覚醒』に先駆けてスターウォーズサーガについて復習! シリーズ完結編!ジェダイとなったルークは父と知ったダース・ベイダーとその師のパルパティーンを倒しに向かう、一方同盟軍は破壊したデススターに変わる新たな脅威を壊し永遠に帝国を終わらせるために作戦をたてるのであった。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(Star Wars: Episode II Attack of the Clones)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』とは、2002年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2002年の7月。スター・ウォーズサーガ・エピソード4~6から成る「旧三部作」に続く、「新三部作」の第二作目。前作「エピソード1 ファントム・メナス」で描かれたアナキン・スカイウォーカーの幼少時から10年後、ジェダイの騎士として青年に成長したアナキンの姿を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)のネタバレ解説まとめ

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)」とは、2005年に公開されたアメリカ映画。エピソード4~6からなる「旧3部作」完結後、12年の時を経て製作された「新3部作」、エピソード1~3の完結編である。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちダース・ベイダーとなり、長年に渡り平和を維持して来た銀河共和国が陰謀により銀河帝国へと変わるまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(Star Wars: Episode I The Phantom Menace)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』とは、1999年製作のアメリカ映画。社会現象にまでなった「旧3部作」の完結より16年の時を経て製作された、スター・ウォーズサーガ「新三部作」の第一作目。旧三部作を通して「悪の主役」であったダース・ベイダー=アナキン・スカイウォーカーの幼少時の物語を描く。

Read Article

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(Solo: A Star Wars Story)のネタバレ解説まとめ

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2018年製作のアメリカ映画。日本公開は2018年の7月。スター・ウォーズシリーズのスピン・オフ作品で、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く第二弾。旧三部作(エピソード4~6)で主役の一人であった、ハン・ソロの若き日の姿を描く。ソロの愛機であるミレニアム・ファルコン号や、長年の相棒であるチューバッカとの出会いなどに関する秘話が明かされる。

Read Article

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズエピソード6』に登場した「悪役」グリーヴァス将軍。スピンオフアニメでも「敵キャラっぷり」が描かれていた彼ですが、戦士としての誇りはあるし、ヴィジュアルもそれなりにかっこいいしで、敵にしとくのがもったいないキャラだと思うのです。『少年ジャンプ』のごとく「敵キャラが仲間になる」パターン、アメリカにはそうそうないんでしょうかね…。

Read Article

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)のネタバレ解説まとめ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2016年に映画監督ギャレス・エドワーズによってアメリカで制作された実写SF映画。スター・ウォーズサーガの本編では語られなかった物語を描く、スピン・オフシリーズの第一弾。シリーズ1作目「エピソード4/新たなる希望」に登場した、銀河帝国軍の誇る究極兵器「デス・スター」の設計図を盗み出すため、決死の作戦に挑む戦隊「ローグ・ワン」の熾烈な戦いを描く。

Read Article

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

スター・ウォーズ旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父親であり、シリーズを代表するヴィランであるシスの暗黒卿・ダース・ベイダーでもあるアナキン・スカイウォーカー。 アナキンがダークサイドへ堕ちる理由となった悲劇とは。彼の悲しき人生を紐解き解説する。

Read Article

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

スター・ウォーズ シリーズの主人公であるアナキン=スカイウォーカー、ルーク=スカイウォーカーは共にエピソードの進行に伴い暗黒面、闇へと近づいていくかのように服装が徐々に黒く染まっていく。 その両者の内面の光と闇についてを映画の重要なキーワードであるフォースと共に追っていく。

Read Article

萌えるドロイドC-3POについて

いよいよ今年、「スターウォーズ」最新作が公開されますね。そこで、新旧6部作すべてに登場したプロトコル・ドロイド、C-3POについて語りたいと思います。「ああ、あのやかましい金ぴかね…」なんて思う方もいるでしょう。相棒のR2D2が勇敢な分「ダメな奴」「臆病もの」思われがちですが、彼だって結構できるドロイドですし、なにより萌えるドロイドなのです。

Read Article

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

この冬に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるSF映画の金字塔スター・ウォーズシリーズ。第1作目の公開から38年が経過した今なお新たなファンを獲得し続けるスター・ウォーズに注目のフィギュアが登場しました!その名も「名将MOVIE REALIZATION」!スター・ウォーズのキャラを鎧武者に見立ててデザインされたフィギュアは超カッコいいですよ!

Read Article

ブレードランナー(Blade Runner)のネタバレ解説まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

博多華丸、大吉ついにYouTuberに挑戦!! 第八章 スターウォーズの名台詞を博多弁で言ってみた~

「華丸大吉ユーチューバーなりたい」も今回で八回目。今回は華丸と大吉それぞれがプレゼンした企画で YouTube動画作成。それぞれの企画から華丸と大吉それぞれの「個性」が表れているのがこの動画作品の特徴である。 また、所々に彼らの普段の姿を垣間見ることができる。一つの動画で二度楽しめる構成になっており、お得感満載の動画作品に仕上がっている。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents