スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(Star Wars: Episode VI Return of the Jedi)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

皇帝 / ダース・シディアス(演:イアン・マクダーミド)

圧倒的な軍事力をバックに、銀河系を支配する銀河帝国の総統。銀河系の平和維持のためフォースの力を用いていたジェダイの騎士とは逆に、人々を支配し、意のままにするためにフォースの力を用いる「フォースの暗黒面」の使い手であり、暗黒面を極めたマスターである。フォースの暗黒面を極めた者をシスの暗黒卿と呼び、皇帝はダース・シディアスというシスの称号を持っていた。前作ではホログラムの通信により姿を見せるだけだったが、本作では帝国軍の巨大要塞・第2デス・スター建設中に、その完成を急がせるため姿を現し、自らデス・スター建設現場に訪れる。また、第2デス・スターに足を運んだのは、ダース・ベイダーの息子であり強いフォースの持ち主であるルーク・スカイウォーカーに興味を持っており、ルークをフォースの暗黒面に自らの手で引き込もうという算段もあった。銀河帝国設立前には、フォースの力による青白い稲光のような電撃波・ライトニングの攻撃で自分に止めを刺そうとしていたジェダイのマスターを、アナキン・スカイウォーカーに殺させることによってアナキンをフォースの暗黒面に引きこみ、自分の弟子=ダース・ベイダーに仕立て上げたが、本作では逆に皇帝自身がルークに止めを刺すべくライトニング攻撃を仕掛けている最中に、ダース・ベイダーによって命を絶たれてしまう。

ジャバ・ザ・ハット(声:ラリー・ワード)

砂の惑星タトゥイーンの裏社会を牛耳る、犯罪王。タトゥイーンだけでなく、銀河系の辺境地帯にある惑星全体に影響を及ぼすほどの大物。銀河帝国が猛威を振るう以前、銀河共和国の時代からタトゥイーンの陰の実力者であり、年に一度大金を賭けるポッド・レースを開催していた。銀河帝国時代になってから、密輸業社のハン・ソロを雇い入れたが、ソロが帝国の検問にあって荷物を破棄してしまったことに怒り、破棄した分を多額の借金として返済を迫る。賞金稼ぎのボバ・フェットも、ジャバに雇われていた一人である。

アクバー提督(演:エリック・バウアーズフェルド、声:ティモシー・ローズ)

惑星モン・カラマリ出身で、反乱軍の軍事司令官である。本作では第2デス・スター攻撃陣の指揮を執り、攻撃隊の隊長であるランド・カルリジアンと協力してデス・スター壊滅のため出撃する。入手した情報が帝国の罠だとわかってからは、一度は撤退を考えるものの、カルリジアンの「ハン・ソロを信じろ、奴は必ずシールドを破壊する」という言葉に励まされ、帝国軍艦隊に立ち向かい、カルリジアンが第2デス・スターを破壊するためのアシストに徹する。

ボバ・フェット(演:ジェレミー・ブロック)

広大な銀河系を仕事場とし、銀河の各地でお尋ね者として手配されている者を捕獲する、賞金稼ぎを生業としている。ボバ・フェットは賞金稼ぎの中でも、お尋ね者たちが恐れる腕利きと見なされていた。父親であるジャンゴ・フェットも同じく腕のいい賞金稼ぎで、ボバが身に付けている武器や装具は父親が使用していたものである(実はジャンゴ・フェットは本当の意味での父親ではなく、ボバ・フェットはジャンゴの遺伝子から作られたクローン人間である)。前作では砂の惑星タトゥイーンの裏社会を牛耳るジャバ・ザ・ハットに雇われていて、ジャバに多額の借金をして手配されているハン・ソロを追っていた。腕利きという評判通り、帝国軍の追跡をかいくぐって逃亡したハン・ソロの乗るミレニアム・ファルコン号にただ一人気づき、惑星ベスピンの空中都市に向かったことをダース・ベイダーに報告。その後、帝国軍に捕らえられカーボン冷凍されたハン・ソロをダース・ベイダーから譲り受け、ジャバの元へ送り届ける。本作でもジャバの側近であり用心棒的な役割を担っていたが、ハン・ソロを救出に来たルーク・スカイウォーカーらの活躍により、惑星タトゥイーンの砂漠に生息する巨大生物の餌食となってしまい、あえなく最後を遂げる。

ウィケット・W・ウォリック(演:ワーウィック・デイヴィス)

惑星エンドアの、「森の月」と呼ばれる衛星に住むイウォーク族の一人。銀河帝国軍が第2デス・スターを護るシールドを発生させる装置をエンドアに建設し、これを破壊するため、反乱軍はハン・ソロを隊長とする一行をエンドアに向かわせた。そして、反乱軍一行の一員であるレイア姫が、皆とはぐれ気を失っている時に、ウイケットはレイア姫と遭遇する。最初は見慣れぬ別種族であるレイアを警戒していたウイケットだったが、親しみを持って接してくるレイアに徐々に心を開き、彼女を種族の村へ連れて行く。イウォーク族がレイアたちを仲間と認め、やがて反乱軍と共にシールド発生装置破壊のため帝国軍に立ち向かった時には、部族の先頭に立って戦いに挑んだ。

ウェッジ・アンティリーズ(演:デニス・ローソン)

銀河帝国に反旗を翻した反乱軍の、小型戦闘機に乗るパイロット。「エピソード4 新たなる希望」ではルーク・スカイウォーカーと共にデス・スター破壊作戦に出撃し、前作「エピソード5 帝国の逆襲」では再びルークと共に、惑星ホスの反乱軍基地へと進攻してくる帝国軍に迎撃を仕掛けた。本作では第2デス・スター壊滅作戦を決行するため、ランド・カルリジアンらと共に出撃する。こうしてウェッジは、メインキャラクタ-以外で唯一旧3部作(1作目の「新たなる希望」と2作目の「帝国の逆襲」、そして続く3作目である本作「ジェダイの帰還」の3本を合わせてこう呼んでいる)全てに登場したキャラクターとなった。

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

壮絶な、スピーダー・バイクによる追撃戦

第2デス・スターを護るシールド発生装置を破壊するため、惑星エンドアに降り立った反乱軍のルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、レイア姫の一行。エンドアの森の中で帝国軍の偵察部隊を発見するが、ルークたちもあっけなく見つかってしまう。本体へ連絡すべくスピーダー・バイクに乗った帝国軍の兵士ストーム・トルーパーを、レイア姫とルークも同じくスピーダーに乗って追跡する。ここから始まるスピーダー・バイクによる追撃戦は、本作の大きな見所のひとつである。狭い間隔で木々が立ち並ぶ森の中を、木立をかいくぐるようにして猛スピードで突っ走るスピーダー・バイク、少しでも目を逸らせば木々に激突というシチュエーションでの銃撃、そしてスピーダー同士の激突など、スリリングかつエキサイティングな攻防は当時の特撮技術の粋を尽くしたもので、観客はこの凄まじいシーンに感嘆した。

ダース・ベイダーとルーク・スカイウォーカー、運命の「父子対決」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(Star Wars: Episode VII The Force Awakens)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(Star Wars: Episode VIII The Last Jedi)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(Star Wars: Episode IV A New Hope)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年(日本では1978年)に公開されたジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズシリーズでは第1作目であり、旧三部作(エピソード4~6)の第1章である。時系列でいうと新三部作(エピソード1~3)の後の時代。遠い昔、はるか彼方の銀河系で主人公であるルーク・スカイウォーカーを中心に、かつての平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(映画)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

12月18公開の『スターウォーズ フォースの覚醒』に先駆けてスターウォーズサーガについて復習! シリーズ完結編!ジェダイとなったルークは父と知ったダース・ベイダーとその師のパルパティーンを倒しに向かう、一方同盟軍は破壊したデススターに変わる新たな脅威を壊し永遠に帝国を終わらせるために作戦をたてるのであった。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(Star Wars: Episode II Attack of the Clones)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』とは、2002年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2002年の7月。スター・ウォーズサーガ・エピソード4~6から成る「旧三部作」に続く、「新三部作」の第二作目。前作「エピソード1 ファントム・メナス」で描かれたアナキン・スカイウォーカーの幼少時から10年後、ジェダイの騎士として青年に成長したアナキンの姿を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)のネタバレ解説まとめ

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)」とは、2005年に公開されたアメリカ映画。エピソード4~6からなる「旧3部作」完結後、12年の時を経て製作された「新3部作」、エピソード1~3の完結編である。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちダース・ベイダーとなり、長年に渡り平和を維持して来た銀河共和国が陰謀により銀河帝国へと変わるまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(Star Wars: Episode I The Phantom Menace)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』とは、1999年製作のアメリカ映画。社会現象にまでなった「旧3部作」の完結より16年の時を経て製作された、スター・ウォーズサーガ「新三部作」の第一作目。旧三部作を通して「悪の主役」であったダース・ベイダー=アナキン・スカイウォーカーの幼少時の物語を描く。

Read Article

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(Solo: A Star Wars Story)のネタバレ解説まとめ

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2018年製作のアメリカ映画。日本公開は2018年の7月。スター・ウォーズシリーズのスピン・オフ作品で、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く第二弾。旧三部作(エピソード4~6)で主役の一人であった、ハン・ソロの若き日の姿を描く。ソロの愛機であるミレニアム・ファルコン号や、長年の相棒であるチューバッカとの出会いなどに関する秘話が明かされる。

Read Article

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズエピソード6』に登場した「悪役」グリーヴァス将軍。スピンオフアニメでも「敵キャラっぷり」が描かれていた彼ですが、戦士としての誇りはあるし、ヴィジュアルもそれなりにかっこいいしで、敵にしとくのがもったいないキャラだと思うのです。『少年ジャンプ』のごとく「敵キャラが仲間になる」パターン、アメリカにはそうそうないんでしょうかね…。

Read Article

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)のネタバレ解説まとめ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2016年に映画監督ギャレス・エドワーズによってアメリカで制作された実写SF映画。スター・ウォーズサーガの本編では語られなかった物語を描く、スピン・オフシリーズの第一弾。シリーズ1作目「エピソード4/新たなる希望」に登場した、銀河帝国軍の誇る究極兵器「デス・スター」の設計図を盗み出すため、決死の作戦に挑む戦隊「ローグ・ワン」の熾烈な戦いを描く。

Read Article

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

スター・ウォーズ旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父親であり、シリーズを代表するヴィランであるシスの暗黒卿・ダース・ベイダーでもあるアナキン・スカイウォーカー。 アナキンがダークサイドへ堕ちる理由となった悲劇とは。彼の悲しき人生を紐解き解説する。

Read Article

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

スター・ウォーズ シリーズの主人公であるアナキン=スカイウォーカー、ルーク=スカイウォーカーは共にエピソードの進行に伴い暗黒面、闇へと近づいていくかのように服装が徐々に黒く染まっていく。 その両者の内面の光と闇についてを映画の重要なキーワードであるフォースと共に追っていく。

Read Article

萌えるドロイドC-3POについて

いよいよ今年、「スターウォーズ」最新作が公開されますね。そこで、新旧6部作すべてに登場したプロトコル・ドロイド、C-3POについて語りたいと思います。「ああ、あのやかましい金ぴかね…」なんて思う方もいるでしょう。相棒のR2D2が勇敢な分「ダメな奴」「臆病もの」思われがちですが、彼だって結構できるドロイドですし、なにより萌えるドロイドなのです。

Read Article

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

この冬に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるSF映画の金字塔スター・ウォーズシリーズ。第1作目の公開から38年が経過した今なお新たなファンを獲得し続けるスター・ウォーズに注目のフィギュアが登場しました!その名も「名将MOVIE REALIZATION」!スター・ウォーズのキャラを鎧武者に見立ててデザインされたフィギュアは超カッコいいですよ!

Read Article

ブレードランナー(Blade Runner)のネタバレ解説まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

博多華丸、大吉ついにYouTuberに挑戦!! 第八章 スターウォーズの名台詞を博多弁で言ってみた~

「華丸大吉ユーチューバーなりたい」も今回で八回目。今回は華丸と大吉それぞれがプレゼンした企画で YouTube動画作成。それぞれの企画から華丸と大吉それぞれの「個性」が表れているのがこの動画作品の特徴である。 また、所々に彼らの普段の姿を垣間見ることができる。一つの動画で二度楽しめる構成になっており、お得感満載の動画作品に仕上がっている。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents