ひぐらしのなく頃にの名言・名セリフまとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07が考案した同人ゲームで、アニメ化や実写映画化など、多数のメディア展開がなされている。昭和の田舎を舞台としたミステリーで、残酷で切ない物語や惨劇に立ち向かう強さを描いたストーリーが世間では高く評価されている。意味深なセリフや、仲間との絆を感じさせるセリフが、人々の心に深く刻まれている。

さぁて、デブがどれだけ強いか見せてやるよ。

出典: blogs.yahoo.co.jp

『暇潰し編』で、大石が誘拐犯に対して放った台詞だ。大石は東京から来た若き警察官である赤坂とともに、雛見沢で起きた誘拐事件について追っていた。雛見沢ではダムを建設する計画がたっており、建設を反対する雛見沢の住人と役人とで争いが繰り広げられていた。今回の事件ではなんと、ダム建設に反対する雛見沢の住人が荒くれ者を雇い、建設大臣の孫を誘拐して、ダム建設を阻止するように脅すというのだ。
ついに誘拐犯と対峙した大石は、このセリフを投げかける。警察官としての迫力と余裕が現れた、かっこいい名言だ。

そうです。あなたが青二才だったから救えなかった。でも、今のあなたは違う!全ての真相を暴きましょう。

『暇潰し編』で、大石が赤坂に対して言ったセリフだ。赤坂が東京へ戻った後、雛見沢では凄惨な事件が起きていた。しかも、ガス災害によって真相は闇の中へと消えてしまった。梨花の予言を聞いていた赤坂はすごく悔やむが、大石が「あなたには他にもできることがあるでしょう?」といい、喝を入れた。その時に発せられたセリフだ。
連続怪死事件の現場を全て踏んだ自分と、梨花から真実を聞かされた赤坂の二人でなら事件の真相を暴ける。そう赤坂に伝えた大石は、事件を必ず解明することを心に誓った。

ヤブを突っついて蛇を出すという諺知っていますか?

『皆殺し編』で大石が圭一に対して発した警告だ。圭一たちは、叔父から虐待を受ける沙都子を救うために児童相談所に赴く。それも、相手に事の重大さが伝わるまで何度も、何回でも。そして、回数が増えるたびに圭一が様々な人に声をかけて人数を増やしていた。児童相談所側は、圭一たちが組織的に何回もやってくるので、裏に園崎家の意思があるかどうかを伺っていた。そして、役所の人間が園崎家の当主である園崎お魎に接触して園崎家の意思が無いことを確認した。問題は、園崎お魎がこの話を聞いてしまったことだ。お魎は、ダム戦争をきっかけに「北条家のものとは関わるな」という号令を出した張本人である。お魎に逆らうというのは雛見沢全体を敵に回すということで、「すべてを失いたいんですか?」と、大石は問う。しかし、圭一の覚悟は決まっていて、このまま突き進むという返事をした。
実は大石は、この先の苦難を圭一に教えることで圭一に檄を飛ばしたのだ。実は大石にも似た様な経験があり、大石の優しさや経験が込められている名台詞だ。

過去に決着をつける為、そして若者の未来ってやつの為にも一肌脱がなきゃならない時が来たようです。⋯それじゃあ行ってきます。

『祭囃し編』で、大石がお墓の”おやっさん”に向けて言ったセリフだ。おやっさんとは、大石が父親のように慕っていた人の事で雛見沢連続怪死事件の最初の被害者のことを指している。大石は雛見沢の若者を守るために、魅音たちが提案した作戦に協力する決意をした。しかし、その作戦はもうすぐ退職金をもらう自分にとっては危険なものだった。だが、大石は未来の若者のために一肌脱ぐ決意をした。大石の覚悟が格好いい名言だ。

私はね、背負っていますよ。雛見沢の住人二千人分の命をね。こんな事はあらゆる職務違反⋯だがそれでも刑事にはやらなきゃいけない時がある!!おやっさんのげんこつで私はそれを教えてもらったんだ!!だからここを通りたければ二千人を押しのける気迫でこんかい!!

『祭囃し編』で、大石が鷹野が足止めの目的で呼び出した刑事に叫んだセリフ。鷹野たち敵の狙いは様々な思惑の元、雛見沢を滅亡させることだ。大石は、刑事魂をかけて行動する。雛見沢の住人を守り、計画を阻止するために。大石の気迫と覚悟が伺える名言だ。

赤坂衛の名言・名セリフ

僕は行きます!それが僕の仕事ですから!

『暇潰し編』で赤坂が大石に対していったセリフ。警察官の大石は雛見沢にまつわる事件をずっと追っていて、時にはひどい目にもあったりした。そのため、同じ警察官の赤坂に対して包丁を突きつけ、雛見沢の恐ろしさを語る。帰った方が良いんじゃないかという大石だったが、赤坂は包丁を握りしめてこのセリフを返す。警察官としての矜持が現れた名言だ。ちなみに大石の方も、赤坂の覚悟を図るためにあえて偽物の包丁を用意して脅した。この発言を聞いた大石は、赤坂を雛見沢の事件を追うパートナーとして認めた。

⋯間に合った⋯数え切れない世界で後悔した。いつも気付く時には手遅れだった⋯。私がずっとずっと伝えたかった言葉を言うよ。梨花ちゃん、君を助けに来た。

出典: twitter.com

『祭囃し編』で、赤坂が梨花に伝えたセリフ。梨花は鷹野の部下の組織である山狗から逃げるが、ついに捕まってしまう。山狗の一人が梨花を眠らせる注射をしようとした。すると、梨花を注射しようとした山狗が吹き飛んでしまった。そして、山狗の一人が帽子を脱いでこのセリフをいう。なんと、赤坂は山狗に変装して中に紛れることで、梨花を助ける機を伺っていたのだ。梨花の思いに応える赤坂がとても格好良い名台詞だ。

自らの一撃が相手に何を及ぼすか、どれだけの痛みや悲しみを与えるか貴様は知らない。だから貴様の一撃には重みが宿らない。

出典: stat.ameba.jp

『祭囃し編』で、赤坂が山狗のトップである小此木という男にいったセリフ。小此木は戦うことが好きで、相手を打ち壊すことしか頭になかった。そんな小此木に、赤坂はこの言葉をかけた。人の気持ちや痛みを知り、人々を警察として守ってきた赤坂だからこその名言である。

富竹ジロウの名言・名セリフ

富竹は走った。その突進はまるで機関車のよう。雄叫びは汽車の警笛。汽車の前方に人がいたら警笛を鳴らすのはなぜ?汽車が傷つくからじゃない。怪我をしたくなかったらどけと警告しているのだ。富竹は不敵に笑う⋯?いや、笑わない。機関車は笑わないッ!!

『祭囃し編』で暴走機関車のように敵をなぎ倒す、富竹に関するモノローグだ。富竹は表向きは雛見沢に訪れたカメラマンだがその正体は東京から派遣された職員で、鷹野の計画を一緒に阻止しようと奮闘する梨花たちの味方でもある。鷹野と富竹は恋人同士だ。だからこそ、鷹野の過ちは自分が止めるという気迫で敵を蹴散らし長ながら走り続けた。このモノローグは、そんな富竹の様子を暴走機関車にたとえて表したものである。富竹を象徴する、印象深い名言だ。

⋯君に誰かの助けが必要な時期があった事は知ってる⋯。その時君のそばにいるのは僕でありたかった。⋯鷹野さん⋯。まだ誰も死んでいない。今ならまだ取り返しがつく。なかったことに出来る。止めるんだ、こんな事は。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うみねこのなく頃にの名言・名セリフまとめ

『うみねこのなく頃に』とは、同人サークル『07th Expansion』が発売したサウンドノベルゲームや、それを原作としたメディアミックス作品のことである。 この物語は、孤島で起きた連続殺人事件の真相が人の手によるものなのか、はたまた魔女の仕業なのかを焦点に話が進む。うみねこの世界では「魔法」と「愛」が密接に関わりあっている。現実世界において、本当の魔法とは何か、愛とは何かを問いかける数々のセリフが、読者や視聴者の心を惹きつけた。

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは…。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。

Read Article

知らない人が多い「ひぐらしのなく頃に」の巷で話題の神ゲー3タイトル!

一時期は社会現象にもなった「ひぐらしのなく頃に」。根強いファンがたくさんいるだけでなく、様々なグッズやゲームが今でも数多く制作・販売されています。しかしながらその一方で、今では完全に日陰に位置してしまっている「ひぐらしのなく頃に」ですが、その展開されているゲームがどれもとても面白い神ゲーなのです。今回はそんなあまり知られていないものをまとめました。

Read Article

目次 - Contents