ひぐらしのなく頃にの名言・名セリフまとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07が考案した同人ゲームで、アニメ化や実写映画化など、多数のメディア展開がなされている。昭和の田舎を舞台としたミステリーで、残酷で切ない物語や惨劇に立ち向かう強さを描いたストーリーが世間では高く評価されている。意味深なセリフや、仲間との絆を感じさせるセリフが、人々の心に深く刻まれている。

『皆殺し編』で、レナが児童相談所の職員に吐いた言葉。沙都子を叔父からの虐待から救うために児童相談所に訪れたレナたち。しかも、事の重大さを気づかせるためにクラスメート総出でやってきた。児童相談所の職員が相談室は広くないから代表の人だけでお願いしたいと言った時に、すかさずレナは「なら広い部屋を用意してください。」と、返した。そして、静かに怒っているような表情でこのセリフを突きつける。レナの冷静さや迫力が伝わる名台詞である。

嘘だよ、沙都子ちゃんは全然大丈夫じゃないよ。そのことを皆知っているから沙都子ちゃんを助けようと頑張っている。手を差し伸べている。だから沙都子ちゃん、あなたも手を伸ばして!

『皆殺し編』でレナが沙都子に言った言葉。叔父から虐待を受けいていた沙都子は、暫くは学校を休んでいたが再び登校する。みんなの心配をよそに、沙都子は「⋯私は本当に大丈夫ですのよ⋯」と言う。その時にレナが言った言葉だ。レナは沙都子が全然大丈夫じゃないことをわかっていて、更に、別の世界の自分が誰にも相談できずに、誰の手も取らずに一人で苦しむ自分の姿を覚えていた。だからこそ、レナは沙都子にも仲間を頼るように諭した名台詞だ。

一人で叩かれたら二人で叩き返そう。それが雛見沢の魂じゃなかったっけ!?

『皆殺し編』でレナが町内会のご老人に叫んだセリフだ。虐待を受ける沙都子を救うために児童相談所に何度も行くが、いまいち手ごたえがない。その理由が、雛見沢の人々がダム戦争のことで北条家を憎んでいるからだと推測する。しかし、魅音によると沙都子に対して冷たく振舞うお年寄りは、個人としては沙都子を恨んではいなかった。ただし、村全体の空気が沙都子を虐め続けているため、北条家の人間に仲良くしたら自分が被害を被るかもしれないという理由で、沙都子に対して大人はだれも優しく出来なかった。そして、北条家を憎むように大号令を出したのが、魅音や詩音の祖母である園崎お魎だった。お魎は未だに北条家の人を憎み続けていると思いきや、実はもう憎んではいなかった。しかし、自分が北条家を許したら、皆の心が園崎家から離れていくことを心配して、大号令を解くことが出来なかった。圭一は、「要するにだれも沙都子を憎んじゃいない。だけど沙都子に味方するのが怖いってことか⋯」と、今の状況を語った。レナは「馬鹿馬鹿しい話」だと、一蹴する。圭一とレナは、町の人の空気から変えることを思いつく。
そして、圭一たちは老人が集まる町内会に潜入する。圭一は老人たちに、「村の一員のために立ち上がれない腰抜けは引っ込んでろ!!」と叫ぶ。老人の一人は圭一を殴るが、圭一も殴り返す。そこにレナが間に入って圭一を殴った老人を殴り、このセリフを言った。ダム戦争の時の雛見沢の魂を口にして、老人たちに火をつけた。

前原圭一の名言・名セリフ

出典: sai-zen-sen.jp

圭一は右の人物

魅音は俺の親友だ。

『綿流し編』で、圭一が魅音に対して言ったセリフだ。雛見沢で次々と起こる事件の犯人は、魅音だと考えた圭一とレナ。そこで、二人は魅音の家である園崎家を訪ね、魅音に対して自分たちの推理を突きつける。それに観念した魅音は、自分が次々と色々な人を手に下したこと、そして園崎家が起こしてきた悪事や祟りの真相を話す(『目明し編』で真相が分かるが、魅音と彼女の双子の妹である詩音が入れ替えあっており、魅音だと思って圭一たちが話しかけているのは詩音。詩音も園崎家の全容を知らないので、圭一たちが自分が詩音かどうか気付くか試すために語っている)。
そんな中、数々の恐ろしい事件を起こした魅音に対して、圭一はこの言葉を魅音にかけた。それは、魅音の罪を見なかったことにするという意味ではなく、魅音が起こした罪を現実的に受け入れて、一緒に歩むという気持ちが込められている。

鬼だ。お前は魅音じゃない!さっきまで一緒だった魅音を返せ!魅音!鬼なんかに負けるな!魅音ー!!

『綿流し編』そして『目明し編』で、残酷な性格に豹変した魅音に対して圭一が投げかけた言葉。残酷な行動を繰り返す魅音(のフリをした詩音)に対して、「お前は誰だ?」と、圭一は問う。自分の正体を見抜いてほしいと思っている詩音は、圭一の答えを聞く。その時に発したセリフだ。胸の中にある優しいの魅音の姿を守りつつ詩音の事も守った、圭一の男らしさと優しさが伺える名セリフだ。詩音もこのセリフに胸を打たれて、圭一だけは助けた。

嘘だなッ!!レナはこんなのが最善だなんて思ってねぇ!だってその証拠にレナはさっきから泣いてるじゃないか!!

『罪滅し編』で、圭一がレナに対して叫んだ言葉。ある日、圭一たちはレナが死体を解体する場面に遭遇する。そしてレナは皆に男女の死体を解体するに至った経緯を説明した。女の方は、間宮リナという名前で、レナの父親の再婚予定の相手だった。男の方は北条鉄平といい、沙都子の叔父でもある。リナとは愛人の関係だ。レナの両親は、母親の浮気をきっかけに離婚していて、レナは父親に引き取られた。リナは、お金を巻き上げる目的でレナの父親に近づき、リナとレナの父親がいい関係となったところで鉄平が脅しにくるという手筈で、所謂美人局だった。二人の計画を知ったレナは、紆余曲折を経て二人を殺害してしまう。そして、その死体の処理をしている時に圭一たちに見つかった。
レナは圭一たちに、この方法が自分の幸せのために一番最善だったと暗い笑顔を浮かべながら語る。レナが無理やり笑いながら話している姿から、圭一は彼女が本心では泣いていると見抜いていた。そんな場面で、レナにぶつけた名台詞だ。

俺はお前を見捨てねえ!!魅音たちだって去年とは違う。助けてくれるハズなんだ。苦しんでる仲間を誰が見捨てるかよ!!

同じく『罪滅し編』のレナが死体を解体する場面に遭遇した圭一が、レナに対してぶつけた言葉。レナは去年失踪した悟史のことを引き合いに出して、仲間の存在なんて無意味だと語る。悟史は両親の死後、叔父や叔母からひどい虐待を受けるが、仲間たちは何もしなかった。村に対して発言権がある魅音や梨花はただ悟史をなぐさめるだけで、同じく虐待を受けていた沙都子は、悟史の背中に隠れて泣いていただけだった。もちろん、自分も何もしなかった。レナは、皆の痛いところを突いて、仲間を突き放す。
そんなレナに対して、圭一は仲間は絶対に見捨てないし、そもそも同じ過ちは繰り返さないと熱い思いをぶつけた。圭一の、ストレートな想いが伝わる名台詞である。

レナももう言葉なんていらないんだ。ただ黙ってこっちへ手を伸ばせばいいんだ!!来い、レナ!まだ手遅れでもなんでもねぇ!!まだ間に合う!まだ選べるんだ!!俺達はやり直せるんだぁぁ!!

出典: sai-zen-sen.jp

同じく『罪滅し編』で、圭一がレナに対してぶつけた言葉。自分はもう人殺しをしてしまっているから仲間の輪には戻れないというレナに、皆はレナの罪を許し、一緒にやり直すように語る。躊躇するレナの後押しをするように、圭一がこのセリフを叫んだ。レナの方も遂に心を動かされ、仲間たちの手を取ることを選んだ。

勝ったほうが正義だろ?

出典: blogs.yahoo.co.jp

『罪滅し編』で、圭一がレナに対して言ったセリフだ。鷹野が残した突飛な説が書いてあるノートを盲信し、暴走して凶行に及んだレナの計画を全て阻止した圭一。圭一は、レナと最後の決着をつけるために挑発する。恐ろしい暴力ではなく、部活動の一環としてレナと戦うためだ。

運命を読めるなんていい加減なこと言っちゃいけないぜ?男にとって宿命と運命という言葉はもっともっと尊くて熱い意味がこもってるんだ。そんな易々とよめるもんじゃねぇ。百万長者ゲームで戦うのが俺の運命だと言ったな!その運命とやらを俺がブチ壊してやろうじゃねぇか!!

『皆殺し編』で圭一が梨花に言ったセリフだ。皆殺し編で判明するが、梨花は綿流しが始まる何週間か前から自分が殺されるまでの短い人生を、何回も繰り返して生きてきた。その中で、色んな運命や出来事を見てしまっているため、運命なんて打ち破れないと諦めの感情でいた。そんな中、魅音のバイト先のおもちゃ屋さんでゲーム大会が行われた。梨花にとっては、これも何回も経験していることだったので、心から楽しむことはできなくなっていた。梨花の様子が変なことに気がついた圭一は梨花を心配するが、梨花は自分は運命を読めると言って、なんのゲームが来るか言い当ててしまう。一瞬驚く圭一だが、すぐさまこのセリフを言って、梨花に運命が変わる瞬間を見せる。運命を変えたいならば、まずは自分で行動すればいいと、自分の姿で示した圭一が格好いい名言だ。

いいか詩音!俺は殺されたってここをどかねぇぞ!!お前がいない世界を沙都子には見せない!俺たちは最高の形で沙都子を救うんだ!!

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うみねこのなく頃にの名言・名セリフまとめ

『うみねこのなく頃に』とは、同人サークル『07th Expansion』が発売したサウンドノベルゲームや、それを原作としたメディアミックス作品のことである。 この物語は、孤島で起きた連続殺人事件の真相が人の手によるものなのか、はたまた魔女の仕業なのかを焦点に話が進む。うみねこの世界では「魔法」と「愛」が密接に関わりあっている。現実世界において、本当の魔法とは何か、愛とは何かを問いかける数々のセリフが、読者や視聴者の心を惹きつけた。

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは…。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。

Read Article

知らない人が多い「ひぐらしのなく頃に」の巷で話題の神ゲー3タイトル!

一時期は社会現象にもなった「ひぐらしのなく頃に」。根強いファンがたくさんいるだけでなく、様々なグッズやゲームが今でも数多く制作・販売されています。しかしながらその一方で、今では完全に日陰に位置してしまっている「ひぐらしのなく頃に」ですが、その展開されているゲームがどれもとても面白い神ゲーなのです。今回はそんなあまり知られていないものをまとめました。

Read Article

目次 - Contents