SIREN(サイレン)のネタバレ解説まとめ

『SIREN』とは、2003年にソニー・コンピューターエンタテイメントが開発、PlayStation2用に販売されたホラーゲームである。他人の視界を利用してマップを見渡せる幻視ジャック(視界ジャック)や純日本風の舞台設定など、他にはないシステムや世界観から、国内外で大ヒットとなった。主人公の進め方次第でシナリオの難易度が変化はするも高難易度であることも知られている。

ゲーム進行

異変発生後の3日間を居場所別に、それぞれ違うキャラクターで操作して、ストーリを進めていく事になる。同伴者を連れて目的地へ行く、アイテムを入手する、等の条件をクリアして、別の場所に居るキャラに交代していく。
武器や屍人の種類、キャラクターのシナリオのフラグや行動によって難易度が変化する。

幻視ジャック(視界ジャック)

幻視ジャックを利用して見た敵の視界。紫の十字が主人公の位置を表している。

本ゲーム独特で他に類を見ない物といえば幻視ジャックである。
一時的に他人や敵の視覚、聴覚を利用して現在地を推測したり、紫色の十字で表示されるプレイヤーの位置を確認することが可能である。この視界を利用して有利な地形に進んだり、隠れ場所、待機場所を推理しながら進んでいくのが、ゲーム攻略の基礎である。また視界ジャック解除後もしばらくは赤い十字で敵の位置が解るため、身の振り方を考えることも可能である。
視界ジャックは登録が出来て、コントローラーの記号ボタンにそれぞれ1つずつ登録して随時呼び出しが可能。ステージ毎に最大4つまで登録できるので、遠距離の敵や接近している敵も解る。
この幻視ジャックを使いこなすことが、攻略において最も重要である。

戦闘

本作は銃を携帯している人間や武器を持つ終盤を除き、戦闘の手段は殆ど無い。武器として使える物で、屍人を撃退する事となる。現代日本でも手に入るものばかりで、しかも不死である屍人に対しなければならない。装備はメニュー画面で変更して、状況を見て使い分ける。
また敵は倒すことは出来ない。一時的に怯ませたり行動を封じるだけである。なるたけ体力と武器の温存に努めなければならない。

武器

殴打用の鈍器類、銃器類、イベント用武器に分かれる。銃器類は短銃とライフルに分かれていて、装填数や威力は異なる。それぞれの武器は特定のキャラのみしか使用できない。

鈍器類

攻撃回数に制限のない武器。範囲は狭いが大小の2通りの攻撃があり、大攻撃にはモーションスピードが存在する。加えて威力とリーチという概念がある。威力は強い方からハンマー、鉄パイプ、バール、火かき棒、スパナ、傘。

リーチが長いもの
火かき棒:恭也標準武器。破壊する、隙間から物を取り出す等万能。
傘:威力は弱いが連続攻撃が可能。大攻撃の速度は遅い。
バール:攻撃時のスピード以外は傘より強化している。
鉄パイプ:大攻撃のスピード、威力も申し分ない。

リーチが短いもの
ラチェットスパナ:威力は中程度、リーチが短いが攻撃パターンに入りやすい
ネイルハンマー:威力が非常に高く拳銃相当の攻撃力を持つ。

銃器類

短銃
遠距離攻撃に優れて、威力も高い。弾数制限があり、球切れになると攻撃不可能。敵に近ければ近いほど、照準を合わせる時間が長いほど命中率が上がる。
38口径短銃 (多聞の初期装備)、26年式拳銃(奈保子専用)、38口径警察銃(石田初期装備、後に恭也が拾う)の3種がある。

ライフル、猟銃
スコープ付き。威力はとても高く一発で大抵の屍人は倒せる。遠距離攻撃には強いが接近戦は弱く、距離を取らなければ使用できない。
22年式村田銃(志村初期装備)狩猟用狙撃銃(恭也専用)の2種があり、どちらも文句なしの高性能。

宇理炎(うりえん)

それぞれに剣と盾が刻まれた二対になっている土偶。不死である屍人を消し去り、あの世に還すことが出来る。即ち屍人を成仏させることが出来る。しかしパワーがあまりに強大な為、己の命と引換えとなる。

焔薙(ほむらなぎ)

神代家の家宝の長刀。天の神の力が宿るとされていて、鍔には十字架が透かし彫りになっている。羽生蛇村に異教の弾圧があった古来に活躍し、村の危機を救ったといわれている。
本作の最強武器で、恭也が堕辰子を倒した際に使用した武器。

同伴者の管理

同伴者を攻撃しないためには、同伴者の行動も制御する必要がある。「同行する」「隠れる」「待機する」と命令をすることで、危険な場所は待機させておいて、解決してから同伴者を連れていくことも出来るし、同伴者を隠しておいて先に敵を倒し、改めて連れて行く事も出来る。また同伴者を呼ぶ事で、同伴者の方から着いてくるようになる。

クリア条件

各シナリオには、クリア条件が2つ設定されている。どちらか一方でも達成すればクリアとなるが、どちらもクリアすることでシナリオを進めやすくなったり、ストーリーの世界に入り込むことが出来るようになる。また難易度も変化してくる。
これは羽生蛇村の異常性を表した物であり、村の中の時間がループしている中でとった僅かな違いによって未来が変わるというもの。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents