役職ディストピアリ(役職物語、Gesellschaft Garden)のネタバレ解説まとめ

『役職ディストピアリ』とは、ヤングガンガンにおいて2014年16号から2016年18号まで連載された千賀史貴の漫画作品。元は原作者のサイトで掲載していたweb漫画「役職ディストピアリ」であったが、人気が出たことでプロットをリメイク、新たに作画者をつけてヤングガンガンにて連載された。連載終了後は「役職物語」と名を改め再び原作者のサイトで連載されるようになった。コンセプトは「夢も希望もないダークファンタジー」。
役職とレベルによって完璧に管理された社会で「討伐士」トルザは「魔王」討伐に挑む。

魔王を唯一倒すことができる役職。
「最強で最悪の役職」と言われており、その本質は「討伐士」の専用スキルである「主人公補正」にある。
「主人公補正」は、発動から24時間以内に死亡した仲間のレベルを自身のレベルに一時的に加算するという能力。能力を解除すれば元のレベルに戻る。
これにより、いくらでもレベルを上昇させることができ、魔王を倒すに必要なレベル1万を突破できるのは「主人公補正」のみである。

能力を使用するためには仲間が死亡していなければならず、対象を討伐するのに必要なレベルにするためにあえて仲間を殺害するといった行為をしなければならない。
仲間を殺す必要があるこの能力は中央調律局によって情報が制限されており、一般には知られていない。「討伐士」もまた自身の能力に関して守秘義務を負っている。
「討伐士」以外が何かしらの手段で「主人公補正」についての情報を得てしまった場合は観測所の観測士によって情報隠蔽のため殺害される。

『役職ディストピアリ』のあらすじ・ストーリー

討伐士という宿命

「第3レイヤーにて、第23代目魔王のサナギが発生した」という観測所からの連絡を受け、「討伐士」トルザは第3レイヤーに向かうことにした。
そのトルザの前にアルミと名乗る「菌育士」の役職の少女が現れ、トルザの仲間にしてほしいと申し出る。
体内に植物を飼い、自由に操る「菌育士」であるアルミは、先代の第22代目魔王に住処も家族も奪われたせいで魔王という存在を憎んでおり、そのために「討伐士」であるトルザに同行を申し出たのだ。
しかしトルザはアルミの言うことを黙殺する。無視されたことで逆上したアルミを押さえたのは、トルザの3人の仲間であった。
トルザは「魔王と戦いたいなんて言うなら、こいつらくらいのスキルを身につけてから来い」と脅し、アルミを追い返す。

翌日、トルザ一行は瘴気の森に向かっていた。
そのトルザ一行の前にブルースライムが現れる。
3人の仲間に戦いを任せ、ブルースライムとトルザ一行の戦闘が始まった。

一方アルミはトルザが街を出て瘴気の森に向かったという情報を知り、トルザを追いかける。
仲間にしてくれるまで何度だって頼むつもりのアルミはトルザを追いかけて瘴気の森を走る。
森の途中、開けた場所まで駆け抜けたアルミの目の前に広がっていたのは、バラバラになって息絶えた3人の仲間たちと、彼らを犠牲にしてモンスターを討伐したトルザの姿であった。
仲間たちの死体の写真を撮りながら、トルザは振り返りもせずアルミに問いかける。
「この世界には蘇生の魔法も不死鳥の羽もない。命はあまりに脆すぎる。お前も仲間になりたいか? お前もこうなりたいか?」
へたりこんだアルミをその場に置き、トルザはその場を立ち去った。

それから数日後、新たな仲間を加えてトルザは「鐘の街」に到着した。
鐘の街で物資を補給したトルザの前に「鼻魔導士」フョードルが現れ、仲間にしてほしいと頼んでくる。
「鼻魔導士」は自分の鼻から垂れる粘液を操る役職で、フョードルは不衛生な見た目からあらゆる仕事を断られ、路頭に迷っていたところであった。
フョードルには病気の妹がおり、その妹の治療費100万レーゲルを稼がねばならなかった。しかしこの通り仕事が見つからないため、魔王討伐を引き受けたトルザに仲間としてついていこうと考えていたのである。
トルザはフョードルを仲間として引き入れることを決める。その時、街にモンスターが現れた。
モンスターを討伐するため、フョードルを加えた仲間を引き連れてトルザは現場に向かう。
廃工場に現れたブルードラゴンはあっという間にトルザの仲間の「結界士」を殺害し、「聖騎士」の片足を切り落とす。
残るはフョードルとトルザ、そして片足を失った「聖騎士」の3人だけとなり、ここまで仲間に戦闘を任せていたトルザはついに背中の剣を抜いた。
それでブルードラゴンに斬りかかるのかと思いきや、トルザは後ろから剣でフョードルを真っ二つに裂き、殺害。
そして「主人公補正、発動」と「討伐士」のスキルを発動させる。
フョードルを殺害したことに動揺する「聖騎士」の少女にトルザはゆっくりと説明する。
「討伐士」の専用スキル「主人公補正」とは、死んだ仲間のレベルを自分のレベルに加算するスキルであること。
「結界士」「鼻魔導士」のレベルを加算した結果、トルザ自身はレベル30となったこと。ブルードラゴンのレベルは50であり、あと30足らないこと。そして「聖騎士」の少女のレベルは25であるということ。
つまり彼女を殺害し、「主人公補正」によって彼女のレベルをトルザに加算すればブルードラゴンを倒せるということ。
それらを説明したトルザに「信じていたのに」と涙を浮かべ「聖騎士」の少女はトルザによって首を切られ、殺害される。
こうしてブルードラゴンを討伐したトルザは、また新たな仲間を探しに街を去った。

「主人公補正」の能力を知り、トルザを罵る「聖騎士」の少女。このあと、トルザによって殺されることになる。

魔王という概念

第七観測所では、第23代目魔王の羽化に備えて準備が進められていた。
魔王の羽化に備えるため、第七観測所の所長イドカワは各レイヤーの「討伐士」に魔王討伐を通達し、魔王討伐を補佐する「観測士」の手配を行っていた。
トルザの担当となった「観測士」シズは、トルザのもとに派遣される前の準備として過去の魔王の情報を集積していた。
イドカワはシズにコーヒーをぶっかけたりと悪ふざけをして遊び、からかう。そんな中、第七観測所および全レイヤーの観測所に警報が出された。
第23代目魔王「サーカスの魔王」の羽化である。

同時刻。第3レイヤーを主な活動域とするサーカス団「シルク・ド・マーレボルジェ」に1通のメールが届く。
中央調律局から届いたメールの内容は、シルク・ド・マーレボルジェを第23代目魔王として認定するというものであり、魔王ライツ(魔王の構成要素)となるために必要なアイテムである「魔王のしっぽ」の配布であった。
この「魔王のしっぽ」を摂取することにより、サーカス団の団員たちは魔王ライツとして生まれ変わるのである。
「魔王になりたくない人もいるでしょう。この場を離れたければ立ち去りなさい」と言う座長に団員たちは「ここが僕らの居場所です」と魔王ライツとして生まれ変わることを望む。
「パペ」「パペ」「パペ!」「シルク・ド・マーレボルジェ!」とサーカス団の合言葉を口にする団員たち、団員たちの忠誠に感涙する座長を愕然とした目で見つめていたのは、サーカス団に下働きとして所属していたアルミであった。

まさか自分の所属しているサーカス団が憎い魔王になるなんて思わなかったし、魔王となった団員たちに剣を向けたくはないと悩み、苦悩するアルミに座長は決断する猶予を与える。
「魔王のしっぽ」を使って魔王ライツとなってもいいし、サーカス団を立ち去ってもよいと伝え、そして座長をはじめとしたシルク・ド・マーレボルジェの団員たちは「魔王のしっぽ」を起動する。
魔王ライツとなったシルク・ド・マーレボルジェ団員たちは、その日のサーカス公演の客を皆殺しにすることで第23代目魔王の誕生を高らかに宣言した。

「サーカスの魔王」としての初仕事である「人体爆散ショー」を行ったシルク・ド・マーレボルジェの面々。

報道と野薔薇姫

魔王の羽化を確認後、シズはトルザと合流を果たす。
シズから他の「討伐士」についての情報を聞くトルザは、他に47人の「討伐士」がいることや、各「討伐士」にそれぞれ「観測士」がついていることを教えられる。
その後シズは自身が担当「討伐士」と合流を果たしたことをイドカワや同僚の「観測士」たちに報告するが、その報告の中で「観測士」のひとりであるココが担当の「討伐士」に殺されたことを聞く。
どうやら「主人公補正」でモンスターを倒すのに3レベル足りず、そのためにココを殺してレベルの足しにしたようであった。その「討伐士」は観測所から厳重注意の上、新たな「観測士」が派遣されるとのことであった。

数日後、「鐘の街」に魔王が出現した。
魔王ライツとして次々と人々を殺していく団員たちの様子を見、アルミはついに魔王ライツとして目覚めることの覚悟を決める。

魔王ライツとして目覚める覚悟を決めるアルミ。「奪われる側より奪う側になった方が大事なものを失わなくて済む」という座長の言葉が決め手になった。

数日後、「鐘の街」に現れた魔王とその被害の報道で湧く「報道都市」にトルザたちはいた。
自分の見た光景を映像として出力できる役職「取材士」ダーマツのインタビューをあしらいながら、トルザはシズを連れて「報道都市」の市長と会う。
市長は独自の自警団を作り、もしこの都市に魔王が現れた場合、魔王から人々を守るつもりであるとトルザに語る。
一見まともな事を言っているようだが、「討伐士」であるトルザには市長の真意がわかっていた。つまり、この都市に魔王が現れた場合、自警団を特攻させて殺し、彼らのレベルを「討伐士」に還元することで魔王を撃退するという意味であった。
中央調律局から派遣された秘書によって「討伐士」の能力を知っている市長はトルザを難儀な役職だと憐れむ。
清濁併せ呑んでこそ「討伐士」だと覚悟を語るトルザと市長のもとに知らせが入る。この都市に魔王が出現したというのだ。
出現した魔王は3人。自らの体の一部を担保にしてモンスターを使役する「担保召喚士」、回転の力を能力とする役職「旋回士」、そして「菌育士」であった。
トルザは、サーカス団で働いていた「菌育士」の少女というワードから今回の「サーカスの魔王」のひとりにアルミがいるということを理解する。

「報道都市」に魔王が現れたとの知らせが入る。その魔王の中に「菌育士」、つまりアルミがいた。

出現した魔王ライツの一人「菌育士」アルミに狙いを定め、「報道都市」自警団は戦いを仕掛ける。
しかし虚数レベルである魔王ライツに実数レベルの攻撃は届かない。それができるのは「ルートマイナスブレイカー(RMB)」を持つ「観測士」の支援を受けた「討伐士」のみである。その事実を知らないまま、自警団は一人、また一人と死んでいく。
魔王化したアルミのレベルはルートマイナス144。自警団の全員のレベルの総和は153。つまりこれは予定調和なのだと市長は語り、トルザに「主人公補正」を発動させることを指示する。
「1人を犠牲に10人を救え。1000人を犠牲に世界を救え。…やってみますよ」と市長に言い、トルザは「主人公補正」を発動させる。

自身のレベルと合わせてレベル154となったトルザは、シズから「ルートマイナスブレイカー」を得て、魔王ライツとなったアルミへと剣を振る。
一方、「討伐士」が現れたことを悟り、「担保召喚士」ミリアビーナと「旋回士」ギアグルーノも動き出す。こうして、3人の魔王とトルザとの死闘が始まった。
ミリアビーナは自らの右腕を担保としモンスターを呼び出し、ギアグルーノは自らをコマのように回転させることでトルザを摩擦によって轢き潰そうとする。
トルザは見えないものには襲いかからないというモンスターの特性を利用し、物陰から奇襲することでモンスターを撃破する。
モンスターが撃破されたことで担保である右腕を失ったミリアビーナを見、ギアグルーノもあとのことをアルミに任せて撤退した。
これでようやく1対1でアルミを倒せるようになった。

「アタシは何も悪くない!魔王は倒されるのが固定シナリオだとしても、正義とは程遠いあんた(トルザ)には殺されない!」と絶叫するアルミ。
アルミの悲痛な訴えを「話が長い」と一蹴したトルザは「俺は正義の味方じゃない。悪の敵になれればそれでいい」と言い、アルミを一太刀で叩き切る。
こうして、魔王のひとり「菌育士」アルミはこの世界から消滅した。

アルミを撃破したトルザの姿。

「討伐士」アゾット

一方、他の「討伐士」も魔王討伐のため動き出していた。
自分の担当である「観測士」ココを犠牲にしたという「討伐士」アゾットの元に新たな「観測士」ラキヤが送られる。
ラキヤはココの幼い頃からの親友であり、同僚として友人としてココの死に憤っていた。どうしてココを殺したのか、その理由によっては絶対に許さないとアゾットに詰め寄るラキヤだが、アゾットは目の前のモンスターを討伐するのが先だと言って手元のフラスコを操る。
アゾットは「フラスコの討伐士」と言われており、フラスコで人工的に作った人間(ホムンクルス)を殺すことで「主人公補正」を発動させるという「討伐士」であった。
できあがったホムンクルスを見て、ラキヤは驚愕する。それはなんと、死んだはずのココの姿であった。
アゾットはココ(のホムンクルス)を即座に殺害し、「主人公補正」を発動、モンスターを討伐する。

ホムンクルスを用いる方法は「討伐士」として効率的だがあまりにも外道で、生命というものを侮辱していると嫌悪感を見せるラキヤにアゾットは語る。
本来ホムンクルスを作る役職ではないアゾットが作るホムンクルスは不完全で、指がなかったり耳が2つあったり、またできたとしても生きることができる時間が短いという欠点がある。どうせ一時的に生産されて消費される消耗品なのだから、ホムンクルスを生命ではなくモノとして見るべきであると言う。

「フラスコの討伐士」アゾット。その戦法はホムンクルスを用いてレベルを増幅させるというものだった。

アゾットとラキヤは「水枷の街」に到着する。
「水枷の街」で、「観測士」の調査権限を使い、ラキヤはホムンクルスについて調べることにした。
ホムンクルスとは、素体を元にして生まれる人工的な人間である。ホムンクルスを生み出すには、その元となる素体の細胞が一定量必要であり、指1本ほどの肉片があればホムンクルスを生成できる。ホムンクルスは素体となる人間の約半分のレベルで生まれるが、心臓部を素材として使った場合のみ、ほぼ同じレベルで生産することができる。
そして、素体の心臓を元にして等倍レベルのホムンクルスを複数生み出し、複数のホムンクルスの心臓を使ってさらに倍の数の等倍レベルのホムンクルスを生み出すという行為を続ければ、何十、何百ものホムンクルスが大量に確保できるのである。

これらのことを確認したラキヤは、とある疑問に行き当たった。その疑問を確かめるため、ラキヤはとあるホムンクルスの元へと向かった。それは、アゾットのそばにいる指のないホムンクルスであった。
そのホムンクルスの手を取り、ラキヤは長い袖に隠されていた手首を確認する。そこにあったのはホムンクルスには絶対にありえないはずのものである、「観測士」にしかないシュレディンガー基盤であった。
この彼女の指がないのは欠陥だからではなく、彼女の指を元にして他のホムンクルスを作ったからであった。
「観測士」ココとみられる死体の腕がなかったのは、シュレディンガー基盤の有無によってその死体が本物のココでないことを隠蔽するためであった。
つまりこの指のない彼女はホムンクルスではなく、本物のココ本人であった。

自らの死を偽装するのはれっきとした職務妨害であり、重罰がくだされるものである。
偽装する理由があったのならそれを観測所に報告するべきだと言うラキヤに、ココは首を振る。
それらを見、アゾットは「バレたのなら仕方ない」とその理由を説明する。
「観測士」がいなくなれば新たな「観測士」が派遣されてくる。レベル50のココが死亡すれば、ココよりも強いレベルの「観測士」が派遣されるはずであった。
それを殺害し、その心臓を元にホムンクルスを複数生み出せば魔王を倒す確実なレベルが確保できる。
それがアゾットのためになると判断し、ココは自らの死を偽装したのだ。
しかし観測所にはそんな目論見などお見通しで、親友が殺せないとわかっていてあえてラキヤを派遣したのだ。
「親友は殺せない」「目論見は尽きた」と諦めたココは覚悟を決める。それは、本来の目論見から立場を逆転したものであった。本来の目論見なら派遣されてくる「観測士」(ラキヤ)を殺害して素体とし、ココ自体はアゾットの「観測士」として付き従うというものであった。ココはその目論見を捨てて立場を逆転し、自分が素体となり、アゾットの担当「観測士」はラキヤに任せるという方法を取ることに決めた。

ラキアにすべてが露見した後、この後の運命を悟るココ

そんな中、「水枷の街」に魔王のひとり、「傀儡士」ゼペティーノが現れる。
土を媒体に人形を生み出し操る「傀儡士」ゼペティーノに「水枷の街」は破壊されていく。これは魔王の恐ろしさを人々に知らしめるために観測所が定めたシナリオであり、「水枷の街」は滅びる運命にあった。そのことを観測所から知らされたラキヤは、アゾットへ「水枷の街」を離れることを提案する。
これは観測所から提案された「直前まで水枷の街には討伐士がいたが、偶然にも討伐士が旅立った後で魔王が出現してしまった」という悲劇のシナリオを演出するためであった。
直前まで「討伐士」がいた街が襲われるというシナリオによって人々に後味の悪さと魔王への嫌悪感を与えるからである。

アゾットのことは個人的に好きになれないしココの目論見のことも理解できないが、仕事へのプライドとして「観測士」の仕事はやり遂げる。アゾットのことを死んでしまえと思うが私情で担当「討伐士」を殺すわけにはいかない。観測所の言う通りに逃げろと言うラキヤにアゾットは首を振る。
「あの街は俺にしか救えない」。そう言って、アゾットはラキヤの制止を振り切り、壊されていく「水枷の街」へと踵を返した。
アゾットについていったココはその場で自害し、アゾットへ心臓を提供する。心臓を素体にしたホムンクルスは素体と同じレベルで生産されるという仕組みを使い、アゾットはレベル50(ココのレベル)のホムンクルスを大量生産し、魔王ライツ「傀儡士」ゼペティーノに対峙した。

夜明けになり、ラキヤは観測所に報告を述べる。
「水枷の街」に出現した魔王ライツは討伐され、住民の被害はなし。しかし、それに立ち向かっていった「討伐士」も死亡したと。
ココについての報告書は後で提出すると言い、ラキヤは通信を切る。隣にはココから生み出したホムンクルスが立っていた。

ココとアゾットの生き様を見届け、ココのホムンクルスの隣で泣き崩れるラキア

「役職ディストピアリ」の結末

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents