ライフ(2017年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ライフ』は、2017年にアメリカ合衆国で公開されたSFスリラー映画である。
ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之らが共演している。未知の生命体の採取に成功し調査していた6人の宇宙飛行士達が、密室の無重力空間で直面する恐怖を描いた作品である。その生命体は次第に進化、成長し次々に宇宙飛行士達を襲い始める。ダニエル・エスピノーサが監督を務め、ポール・ワーニックとレット・リースが脚本を担当した。

ショウが逃げ込んだ睡眠用装置に張り付くカルビン

ミランダとデビッドは船内のモニターにカルビンの姿が映っているのを発見し、追跡しながらカルビンを一室に閉じ込めることに成功した。あとは、その一室の空気が抜けるのを待つだけの状態となったとき、地球からソユーズが到着し、カルビンを閉じ込めている一室にドッキングした。デビッドは救助に来たと思っていたが、ミランダは「違う」と言い、ソユーズは救助に着たのではなく、感染防御としてカルビンが地球に到着するのを防ぐためISSごと地球から遠ざけるためにやってきたのだと説明した。これは、ミランダが地球への危険を防ぐために必要なことだと進言し、決定されたことであった。
ミランダたちとは別の場所におり、そんなことは知らないショウは救助が来たと思いソユーズに向かった。ソユーズのハッチを開けるとカルビンが襲い掛かり、ソユーズの乗組員が襲われた。ドッキングが外れ、空気が宇宙空間へと放出されていく。

宇宙空間へ投げ出されそうになっているショウ

ミランダとデビッドはショウを助けようとするが、カルビンがショウの足に絡み付き、彼の体を伝ってミランダへと迫っていく。それを知ったショウは、掴んでいたミランダの手を離し、カルビンと共に宇宙空間へと吸い込まれていった。ショウはそのまま宇宙空間へと放り出されてしまったが、カルビンはすんでのところで船内に留まり、ミランダたちを追っていく。ミランダたちは間一髪のところで、カルビンのいない別の区画に逃れることに成功したが、乗組員を失ったソユーズは操縦がきかずISSに激突してしまった。

ISSに激突したソユーズ

地球へ

ISSが破壊されてしまったことで、生命維持装置を失い、船内の温度は急激に低下していき空気も漏れ出していく。さらには、ISSの軌道が狂い地球に向かって進んでいた。このままでは、大気圏に突入し、地球に落下する恐れがあった。そうなると2人の命はなく、カルビンは生き残り地球へと入ってしまう。デビッドは酸素を必要とするカルビンを、酸素キャンドルを使って救命艇におびき寄せることを決めた。ミランダも「一緒に行く」と言ったが、救命艇は2つ、しかし1人乗りのためデビッドはミランダを救命艇で地球に帰し、自分はカルビンと一緒に地球から遠ざかる決意をする。

救命艇へカルビンを誘き寄せるデビッド

デビッドはカルビンの誘導に成功し、自分の乗った救命艇にカルビンが入ってきた。救命艇をISSから分離し、手動操作に切り替え進路を地球とは反対の宇宙空間へと向けた。もう1つの救命艇に乗り込んだミランダは、不測の事態が起こった時のためだと前述し、カルビンが危険なこと、クルー4名がカルビンに殺されたこと、デビッドがカルビンの地球侵入を防ぐため宇宙の彼方にカルビンを運ぶことにしたこと、この生命体が地球に到着したら、あらゆる手段を尽くし駆除するべきであること、さもなくば人類は滅亡する、と救命艇の録音装置に記録を残したのだった。

弾き飛ばされた救命艇

ミランダ、デビッドそれぞれが目的地に向け出発したが、ISSの破片がそれぞれの救命艇にぶつかってしまった。それにより、1艇は地球に向かい、もう1艇は宇宙に弾き飛ばされたのだった。
地球に向かった救命艇は海に不時着し、たまたま近くにいた漁船が救助へと向かった。漁師が救命艇の窓を覗くと、中には蜘蛛の巣のように触手を張り巡らしたカルビンとデビッドがいた。宇宙に弾き出されたのはミランダの方だった。「開けるな」というデビッドの叫びも虚しく、救命艇のハッチは開かれてしまった。

漁師に開けるなと言うデビッド

『ライフ』の登場人物・キャラクター

デビッド・ジョーダン(演:ジェイク・ギレンホール、吹替:北田理道)

クルーのメディカル担当の医者である。
地球にいた頃はアメリカ軍の軍医を務めており、シリアの病院で勤務していたことをミランダに明かしている。そこでの経験がトラウマになり、地球での生活に嫌気がさし宇宙での生活の方がいいとも語った。クルーの中で宇宙生活が一番長く、それによって筋力は弱り放射線量も人間の限界を超えそうだとミランダに言われた。

ミランダ・ノース(演:レベッカ・ファーガソン、吹替:坂本真綾)

検疫を担当する博士であり、常に最悪の状況を考え危険予防をする立場である。
ISSで起こったことを地球に報告しており、カルビンを隔離すること、駆除すること、カルビンを地球に入れてはいけないと警告したのは彼女である。カルビンの暴走により、デビッドと二人最後まで生き残った1人であるが、救命艇で地球に帰ろうとしている際のトラブルで宇宙空間へと弾き飛ばされてしまった。

ローリー・アダムス(演:ライアン・レイノルズ、吹替:加瀬康之)

クルーの航空エンジニアである。
クルーの中で船外活動が一番うまく、物語冒頭で宇宙空間から火星のサンプルを持ち帰ったのは彼である。口が悪く、悪ふざけがすぎることがあるが、危険な状態に陥ったヒューを助けるためにカルビンのいる研究室内に入っていったりと仲間思いの一面もある。ヒュー救出に向かった際、凶暴化したカルビンに襲われ命を落としてしまった。

ショウ・ムラカミ(演:真田広之、吹替:桐本拓哉)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

LOST(ロスト)のネタバレ解説・考察まとめ

アメリカで2004年から2010年に掛けてシーズン1~6までの全121話が放送され、世界中を魅了したミステリーアドベンチャードラマ。エミー賞やゴールデングローブ賞など各賞を受賞し、熱狂的なファンを生み出すほどの社会現象を巻き起こした。飛行機事故で墜落したある島で、生存者たちの過去と島での日々そしてこれから起こる出来事が複雑に絡み合いながら、謎が謎を呼ぶ展開が繰り広げられていく。

Read Article

リング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リングとは1998年より作家鈴木光司が出版した小説を映像化した映画作品。この作品はジャパニーズホラーのブームの火付け役となった。主演は松嶋菜々子、真田広之。主人公・浅川玲子が元夫の高山竜司と共に「一度見たら死ぬ」という呪いのビデオを見てしまう。二人は呪いから逃れるために呪いのビデオの謎に迫る。

Read Article

らせん(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『らせん』とは1998年に公開された日本のホラー映画。原作は鈴木光司の同名小説。前作にあたる『リング』の続編として同時上映された作品である。監督と脚本は1995年の単発ドラマ版『リング』の脚本を担当した飯田譲治。「呪いのビデオ」に科学的視点からその謎に迫る。前作のオカルトホラーから雰囲気を変え、原作を忠実に再現したSFサスペンス要素の強い作品になっている。解剖室に送られてきたかつての友人高山竜司の遺体。残された暗号。安藤は第一発見者高野舞とともにその謎に挑む。

Read Article

リング2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リング2』とは1992年に公開された日本のホラー映画。前の年の劇場版『リング』の続編であり、映画版オリジナルストーリー。『リング』の正規の続編として『らせん』があるが、本作はもう一つの続編として異なる展開を見せるパラレルワールドとして描かれている。前作『リング』のホラー感を継承し、より恐怖を感じさせる映像が増した。亡くなった恋人、高山竜司の死の謎を解く、高野舞。未だ続く「呪いのビデオ」の呪縛。犠牲者が増える一方で、浅川玲子の遺児・陽一を守り奮闘する。貞子の呪いから逃れることはできるのか。

Read Article

グレイテスト・ショーマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレイテスト・ショーマン』とは、2017年にアメリカで制作されたミュージカル映画。 19世紀に実在したショーマンの、P・T・バーナムの成功を描いた作品。 主演をヒュー・ジャックマンが務め、監督はマイケル・グレイシー。 日本の興行収入は52億円をこえるヒット作となった。 主人公であるバーナムは貧しい身分出身でありながら、ショービジネスの道に進み、自身の身体的特徴から世間から隠れるように生きていた人たちを集めサーカスを始める。バーナムが成功するまでを描いた作品。

Read Article

ナイトクローラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイトクローラー』とは、刺激的な映像を求めて夜のロサンゼルスを駆けめぐる報道パパラッチの姿を通し、視聴率至上主義のテレビ業界の裏側を浮き彫りにしたサスペンススリラー。軽犯罪で日銭を稼ぐルイスは、報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知り、自分もやってみようと思い立つ。「ボーン・レガシー」などの脚本家として知られるダン・ギルロイがメガホンをとり、長編監督デビューを果たした。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

目次 - Contents