ライフ(2017年の映画)のネタバレ解説まとめ

『ライフ』は、2017年にアメリカ合衆国で公開されたSFスリラー映画である。
ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之らが共演している。未知の生命体の採取に成功し調査していた6人の宇宙飛行士達が、密室の無重力空間で直面する恐怖を描いた作品である。その生命体は次第に進化、成長し次々に宇宙飛行士達を襲い始める。ダニエル・エスピノーサが監督を務め、ポール・ワーニックとレット・リースが脚本を担当した。

『ライフ』の概要

『ライフ』とは、ダニエル・エスピノーサが監督を務め、ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ・レベッカ・ファーガソン、真田広之が共演したSFスリラー映画である。
本作の舞台は、国際宇宙ステーション(ISS)である。火星より持ち帰ったサンプルの中に存在していた地球外生命体は、急速に成長しクルーに襲い掛かる。地球を守るために孤立無援の状況下でクルー6名は地球外生命体と戦うことになる。

本作は2016年7月にロンドンで撮影が開始され、2017年3月に北米で公開された。
当初の北米公開日は2017年5月と発表されていたが、同じ5月に公開されるパイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊との競合を避けるために本作の北米公開日は前倒しされた。2017年3月、本作は全米3146館で公開され、1250万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった。

『ライフ』のあらすじ・ストーリー

未知の地球外生命体

国際宇宙ステーション

国際宇宙ステーション(ISS)で働く各国から集められた6人の宇宙飛行士、デビッド・ジョーダン、ミランダ・ノース、ローリー・アダムス、ショウ・ムラカミ、ヒュー・デリー、エカテリーナ・"キャット"・ゴロフキナ。彼らは火星探査機が持ち帰った土壌サンプルを回収することに成功した。
サンプルを宇宙生物学者のヒューが分析すると「地球外生命体の存在を示す細胞」が発見された。大きな単細胞の生き物で、地球の生物と同じように細胞核や細胞質もあり、細胞壁は地球のものよりも厚くなってるという分析結果だった。回収した当初は不活発であったが、温度を上げてブドウ糖を与えると、活発に動き出した。初の地球外生命体の発見にクルー達は興奮した。

地球の子供達と通信するクルー

この知らせは地球にも届き、テレビ局の企画によって地球にいる小学生たちとクルーが衛星通信をした際に未知なる生物に「カルビン」という名前が送られた。
当初は単細胞だった微生物は、細胞分裂を繰り返し多細胞生物に進化していく。

日々進化を見せるカルビン

カルビンは単細胞生物が集団で集まり、大きくなっていくというもので、数兆もの細胞が協力しあい、1つの生命体を作りだしていた。単体でも生きられるが、集合するに伴い脳や筋肉というように各所の役割を果たしていると分析された。日に日に成長するカルビンは様々な動きを見せるようになり、ヒューの指の動きにも反応するようになっていった。

カルビンの凶暴化

電気ショックを与えられるカルビン

ある日、研究室内で大気制御エラーが起き、カルビンは冬眠状態になってしまった。カルビンの進化を記録していたヒューは研究続行のため、カルビンに電気ショックを与えて目を覚まさせようと試みることにした。
電気ショックでカルビンは再び動き出すようになったが、何故か突如凶暴化し電気ショックに使った電気棒を折り、ヒューの手に絡みつき、砕いてしまう。ヒューは気絶し、カルビンは培養器から逃げ出してしまった。

ヒトデのような形状に成長したカルビン

ヒトデのような形状に成長しているカルビンは、同じ室内にいた実験用マウスに襲いかかり、吸収、捕食してしまう。
ローリーが気絶したヒューの救出に入り助け出すが、マウスを吸収し大きくなったカルビンがローリーの足に絡みついてしまった。ローリーはなんとか自身の足からカルビンを剥がすことに成功する。今や危険な生命体になってしまったカルビンを隔離する必要があると判断したクルーは、室内を暴れまわるカルビンを回避しながらローリーだけを室外に出すことが困難と判断し扉を閉めたのだった。
このままではローリーの命も危険になるため、司令官のキャットがカルビン駆除を許可し、ローリーは焼却機でカルビンを焼き殺すことを決意した。しかし、カルビンの動きは速く、熱にも強かったため、なかなか駆除することができない。研究室内を逃げ回るカルビンは、隙をついてローリーの口に張り付き、そこからから体内に入り中から彼を食らい、ローリーは死亡した。

ローリーの口から体内に入っていくカルビン

さらに大きくなってローリーの口から這い出してきたカルビンは、スプリンクラーの通気孔から研究室の外へと逃げ出してしまい、隔離は失敗してしまった。
キャットは地球にカルビンの危険性と、駆除することを報告するが、通信システムの故障で通信が途切れてしまった。通信システム回復のために、キャットが外に出て修理を試みることとなった。キャットが調べると、通信システムの冷却水が無くなっていることが判明し、クルーは生きるため水を必要としたカルビンの仕業ではないかと考えた。
その時、冷却水の装置の中からカルビンが飛び出し、キャットに絡みついた。研究室から姿を消した時よりも大きくなっているカルビンは、宇宙服の上からキャットを締め付け始める。この時のカルビンはヒトデのような形状からさらに足のようなものが増え、蛸のような形状に成長していた。キャットの宇宙服の冷却装置が壊れてしまい、冷却水がヘルメットの中にこぼれ出てキャットの顔は水で覆われてしまう。息を止めた状態ではあるが、キャットは何とか船のハッチへたどり着くことができた。

キャットに取っ手を回してくれと必死に呼びかけるデビッド

ハッチを開けるには、船内と船外同時に取っ手を回す必要があり、デビッドが船内からキャットに取っ手を時計回りに回すよう指示を出した。カルビンはいまだにキャットの体に張り付いており、キャットはカルビンを船内に入れないよう、ハッチの取っ手を左へ回しハッチを閉めた。自身はヘルメットに充満した水によって溺死し犠牲になった。

ヘルメット内に充満した水が原因で苦しむキャット

キャットの体は宇宙空間を漂い、船から離れていく。しかしカルビンはキャットの体から離れ、船へと再び戻ってきてしまった。カルビンはまだ船外にいるため、カルビンをラスターノズルで吹き飛ばそうとするが失敗し、船内に浸入されてしまう。追い詰められたクルーは、空気がなければ冬眠状態になるであろうカルビンの特性を利用し船内の全ての区画から空気を抜くことを決意する。気絶から意識を取り戻したヒューは事態を確認しながらも、突然心停止してしまう。ミランダが電気ショックを与えどうにか心臓は動き出したが、ヒューの足に異変があることに気が付いたため、彼のズボンをめくるとそこにはカルビンがおり、ヒューの足を捕食していた。

ヒューの足を捕食していたカルビンとそれを見つけたクルー

ヒューの足に張り付いているカルビンにミランダが電気ショックを与えると、足から離れミランダに襲いかかってきた。一度は蘇生したヒューだったが、結局そのまま死亡してしまった。ミランダ、デビッド、ショウは別室へと逃げるが、ショウだけが逃げ遅れてしまい睡眠用の装置に逃げ込んだ。ショウを追ってきたカルビンは彼を襲おうとするも、睡眠用装置を壊すことができず、諦めて彼のもとを去って行った。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ナイトクローラー(Nightcrawler)のネタバレ解説まとめ

『ナイトクローラー』とは、刺激的な映像を求めて夜のロサンゼルスを駆けめぐる報道パパラッチの姿を通し、視聴率至上主義のテレビ業界の裏側を浮き彫りにしたサスペンススリラー。軽犯罪で日銭を稼ぐルイスは、報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知り、自分もやってみようと思い立つ。「ボーン・レガシー」などの脚本家として知られるダン・ギルロイがメガホンをとり、長編監督デビューを果たした。

Read Article

LOST(ロスト)のネタバレ解説まとめ

アメリカで2004年から2010年に掛けてシーズン1~6までの全121話が放送され、世界中を魅了したミステリーアドベンチャードラマ。エミー賞やゴールデングローブ賞など各賞を受賞し、熱狂的なファンを生み出すほどの社会現象を巻き起こした。飛行機事故で墜落したある島で、生存者たちの過去と島での日々そしてこれから起こる出来事が複雑に絡み合いながら、謎が謎を呼ぶ展開が繰り広げられていく。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(Spider-Man: Far From Home)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

目次 - Contents