ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲(God of War II)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲』とは、ソニー・コンピュータエンタテインメント SCEサンタモニカスタジオからPlayStation2にて発売された、ゴッド・オブ・ウォーlの続編である。日本では、2005年10月25日に発売された。軍神・アレスを撃破し、軍神の座に就いたクレイトス。オリュンポスの神々の手の内で踊らされていることに憎悪を募らせ、オリュンポスの神々を滅ぼすことを誓う。タイタン族の力を得るために、彼は再び、復讐の旅に出る。

ラケシス(CV:本田貴子)

運命の三女神の一人。運命を映し出す鏡のある部屋に玉座を構え、運命の神殿を守護している。クレイトスの運命を塗り替えさせないために、クレイトスの前に立ちはだかる。クレイトスに撃破され、鏡の中に入れられた上、クレイトスにそのまま鏡を破壊されたことにより鏡の中に閉じ込められる。

アトロポス(CV:西宏子)

運命の三女神の一人。運命を映し出す鏡の中と現実世界とを行き来し、長い爪で運命の糸を断ち切ることができる。ラケシスとの戦いにおいて、鏡の中から現れて、ラケシスに加勢する。ラケシス同様、クレイトスに撃破され、鏡の中に閉じ込められる。

クロト(CV:定岡小百合)

運命の三女神の一人。他の女神とは違う容姿をしており、巨体に無数の手を持つ。至聖所にて運命の糸管理をしており、自ら糸を紡ぎだすこともできる。無数の手により、クレイトスを苦戦させるが、全ての手を封じられ、クレイトスに撃破される。

主要人物

バーバリアンキング(CV:木村雅史)

蛮族の長。クレイトスがアレスから力を得るきっかけとなった人物。アレスから力を得たクレイトスに殺されたが、霊体として登場し、再び戦うこととなる。バーバリアンキングを撃破したことによって、クレイトスは過去の呪縛から解き放たれる。

テセウス(CV:石川ひろあき)

運命の三女神に仕える騎士。地上では、都市アテネを創立するほどの英雄であった。『時の軍馬』へ至る部屋の前で門番をしている。自分を倒すことができたら、部屋の鍵を渡すといった条件でクレイトスに戦いを挑んでくる。

ペルセウス(CV:竹若拓磨)

死んでしまった恋人を生き返らせようと運命の神殿に向かっていた矢先、アトロポスの神殿の大浴場に閉じ込められてしまう。そこへやってきたクレイトスに偶然助けられ、協力を持ちかけるが、クレイトスは相手にしなかった。協力を拒むのであれば、敵とみなしたペルセウスはクレイトスに刃を向ける。

イカロス(CV:四宮豪)

背中に羽の生えた男。クレイトスの歩みを妨害するために登場し、クレイトスを「大いなる亀裂」に落そうとする。最終的には、クレイトスに羽をもぎ取られ、地面に叩きつけられて死亡する。

主要クリーチャー

エウリュアレ(CV:定岡小百合)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

目次 - Contents