SERVAMP(サーヴァンプ)のネタバレ解説・考察まとめ

『SERVAMP』とは、田中ストライクが2011年より月刊コミックジーンにて連載中の漫画及びそれらを原作としたアニメ作品。
2016年7月から9月までの間AT-XやTOKYO MXなどでテレビアニメが放送され、2018年4月7日より劇場アニメ『「SERVAMP -サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』が公開された。
舞台は現代。“サーヴァンプ”と呼ばれる吸血鬼の真祖にして7つの大罪をつかさどる存在と、その契約者である主人(イヴ)たちによるバトルファンタジー作品である。

CV : 小野友樹

”傲慢”の真祖で2番目のサーヴァンプであるヒュー・ザ・ダーク・アルジャーノンIII世のイヴ。
温泉宿の跡取り息子。
リードである棺桶の消し方がわからず、実家の宿の名前を書いて宣伝のために使っているなど、細かいことは気にしない性格。
まだ中学2年生だが、もう既に真昼と御園より背が高く身体能力も高い。
まっすぐな性格で人柄も良く、「いいよ。あんたのこと信頼してっから」と段取りなどを任せることも多い。

ヒュー・ザ・ダーク・アルジャーノンIII世

CV : 村瀬歩

”傲慢”の真祖。2番目のサーヴァンプ。通り名は、古き良き時代の忘れ者(オールドチャイルド)。コウモリに変身する。
シルクハットに燕尾服、そして片眼鏡を着用している。
子供みたいな外見でおもちゃに夢中になったりするが、喋り方はまるで老人。
服装とにんにく嫌いという点から、ダントツで吸血鬼らしいと言われている。
好きなものは赤ワインとパフェ。

リヒト・ジキルランド・轟(リヒト・ジキルランド・とどろき)

CV : 島﨑信長

”強欲”の真祖で5番目のサーヴァンプであるロウレスのイヴ。
日本人とオーストリア人のハーフで、天才的なピアニスト。
自称天使で事ある毎に「何故なら俺は、天使だから!」と言い張る。
だがロウレスをクソネズミと呼び暴言を吐くなど、かなり短気で乱暴な性格。
リードはブーツで、強力な足技を繰り出す。

ハイド / ロウレス

CV : 木村良平

”強欲”の真祖。5番目のサーヴァンプ。通り名は、唯一無二(ロウレス)。ハリネズミに変身する。
実はロウレスというのは通り名で、“ハイド”という契約時にリヒトが付けたれっきとした名前がある。
しかしリヒトもほぼクソネズミ呼ばわりで、本人も通り名しか名乗らない。
イヴであるリヒトのことはリヒたんや天使ちゃんと呼ぶ。
常にチャラチャラしていて、ノリはかなり軽い。
しかしかつてのイヴの非業の死など過去の出来事を引きずっていて、心のうちは複雑だったりする。

憤怒(ふんぬ) / "母なるもの"ザ・マザー

CV : 小清水亜美

”憤怒”の真祖で4番目のサーヴァンプ。通り名は、母なるもの(ザ・マザー)。
名前やイヴの存在、変身する動物などは不明。
常に憮然とした表情をしているが、本人は「クール」と言い張っている。趣味は農業。

暴食(ぼうしょく) / "世界を食い尽くせ"ワールドエンド

CV : 諏訪部順一

”暴食”の真祖で6番目のサーヴァンプ。通り名は、世界を食い尽くせ(ワールドエンド)。
名前やイヴの存在、変身する動物などは不明。
乱暴で凶暴な振る舞いが目立つ。しかし、手を出せる対象が女・子供・お年寄り・ケガ人・病人・小動物以外とかなり限られている古典的な不良。
常に何かを食べたそうにしているが、金欠のためその食欲は全然満たせていない。

椿(つばき)

CV : 鈴木達央

”憂鬱”の真祖及び8番目のサーヴァンプを名乗る謎の存在。通り名は、招かれざる8番目(フーイズカミング)。狐に変身する。
吸血鬼同士の戦争を起こそうとしている。本人曰くイヴはいないとのこと。
和装で黒髪で目の色は赤。
発作的に大爆笑した後に面白くないと締めくくることが多々あるなど、狂気を感じさせるキャラクター。
回転寿司店によく行っているが、いなり寿司しか食べない。
自分のサブクラスのピンチには救出に来るなど、仲間思いな一面もある。

綿貫 桜哉(わたぬき さくや)

CV:深町寿成(※ドラマCD版) / 鈴木裕斗(※アニメ版)

真昼たちのクラスメイトであり、親友。だが自分が椿のサブクラスであると露見した後は、友人たちの記憶を操作し転校したということにして学校を去っている。
保険金目的の両親に自宅マンションのベランダから突き落とされ、その際に椿のサブクラスになったというつらい過去がある。
ある時自分に親切にしてくれた真昼に特別な感情を抱くようになり、記憶を操作して幼馴染だったということにして1年くらいの間真昼と友達として過ごしていた。
椿の元に戻って行動を共にするようになってからも、常に真昼のことを気にかけている。

ベルキア

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents