SERVAMP(サーヴァンプ)のネタバレ解説まとめ

『SERVAMP』とは、田中ストライクが2011年より月刊コミックジーンにて連載中の漫画及びそれらを原作としたアニメ作品。
2016年7月から9月までの間AT-XやTOKYO MXなどでテレビアニメが放送され、2018年4月7日より劇場アニメ『「SERVAMP -サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』が公開された。
舞台は現代。“サーヴァンプ”と呼ばれる吸血鬼の真祖にして7つの大罪をつかさどる存在と、その契約者である主人(イヴ)たちによるバトルファンタジー作品である。

『SERVAMP‐サーヴァンプ‐』の概要

『SERVAMP』とは、月刊コミックジーン2011年7月号より連載中の田中ストライクによる漫画及びそれらを原作としたアニメ作品。2018年5月現在既刊12巻。
2016年7月から9月までの間AT-XやTOKYO MXなどでテレビアニメが放送された。BD/DVD全6巻。キャラクターソングミニアルバムとソロキャラクターソングミニアルバムも発売されている。
2018年4月7日より、劇場アニメ「SERVAMP -サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-が公開された。
舞台は現代で主人公は高校生だが、学園ものというよりはファンタジー的な要素の方が多い。
世界観を理解するのに時間がかかりそうなど最初は難しそうなイメージがあるかもしれないが、物語自体はあまりややこしくないのでとっつきにくさは特に感じられない。
まだまだ謎が多いものの、内容をシンプルに受け止められるのが魅力である。
アニメでは、メインキャラクターはもちろんサブキャラクターに至るまで名のある人気声優たちが名を連ねている。

『SERVAMP‐サーヴァンプ‐』のあらすじ・ストーリー

「シンプルイズベスト」がモットー。そんな高校1年生の少年・城田真昼(しろたまひる)が今作の主人公。
真昼が学校帰りに道端で一匹の黒猫を拾い、クロと名付けるところから物語は始まる。

学校帰りに、クロを発見する真昼。

そんな中真昼とクラスメイトたちは商店街を訪れるが、突如現れた謎の吸血鬼ベルキアの襲撃を受け、クラスメイトの龍征が瀕死の重傷を負わされてしまう。

真昼と、そのクラスメイトたちにいきなり襲いかかるベルキア。

真昼は面倒くさがるクロを必死に説得し、仲間たちを助けてこの状況を切り抜けるために契約を結ぶ。
そして対峙するベルキアに、このクロは契約した人間の言うことを聞く“サーヴァンプ”と呼ばれるSERVANT(下僕)のVAMPIRE(吸血鬼)という存在であることを告げられる。

真昼とクロ、契約成立の瞬間。

クロの圧倒的な戦闘力でベルキアを退け、窮地を脱した真昼。
だが翌日真昼が登校すると、龍征がベルキアに負わされたはずの傷が交通事故によるものということになっていた。
現場に居合わせた者たちの記憶から吸血鬼の存在が消え、違うものになっている。
戸惑いを隠しきれない真昼は、クロにベルキアの主だという椿について尋ねるが心当たりはまるでないという。
そんな時、不気味な空気を纏った和服に高下駄という出で立ちの男が現れる。
この男こそが、8番目の真祖“憂鬱のサーヴァンプ”を名乗る椿本人だった。

8番目のサーヴァンプを名乗り、真昼たちに攻撃を仕掛けてきたのは椿。

真昼とクロは、椿の隔絶された空間の中へと誘われる。
サーヴァンプは怠惰・傲慢・嫉妬・憤怒・強欲・暴食・色欲の7人兄弟だと思われているが、本当は憂鬱の自分も含めた8人兄弟だということを椿は主張する。
自分の存在が認知されていない事に対して椿は「ねぇ…僕はとっても憂鬱なんだ。君に僕の気持ちはわからないし、どうせ誰も僕を知らない。どうせ世界の誰も僕を理解しない…」と呟く。だから7人の兄弟を呼び寄せて吸血鬼同士の戦争を起こして、ただ世界に後悔させたいだけだと。
「何も面白くないのは、お前が自分の気持ちと向き合えてないからだ!!」と、真昼は自分勝手な理由で関係ない大勢の人を巻き込んで危害を加えようとする椿を止めようとする。
椿に刀で切られそうになる寸前、真昼とクロは空間からの脱出に成功する。その手助けをしたのは、色欲の真祖であるスノウリリイとイヴである有栖院御園だった。

御園がリリイに血を与え、襲いかかってくる。

有栖院家の屋敷に連れてこられた真昼とクロは、御園に椿と対峙しても反撃ひとつ出来なかったことを指摘される。
サーヴァンプの使い方を全くわかっていない真昼とクロに対して、御園は自分の下僕になることを要求する。
偉そうにものを言われた真昼は屋敷を飛び出す。そして目にしたのは屋敷の中にいるたくさんの子供たち。
リリイ曰くサブクラスとは、サーヴァンプによってつくられた下位の吸血鬼で、自分を作り出した神祖に従う存在。そしてあの子供たちは全員自分のサブクラスで、椿はあの子たちのようなサブクラスを殺して回っていることを聞かされる。
ただみんなを守りたいだけだという御園の真意がわかった真昼は、下僕ではなく友達としてサーヴァンプについて教えてもらうことになった。
有栖院家から帰る途中に立ち寄った店で、真昼は桜哉と遭遇する。
最近リストバンドを無くしたという真昼に桜哉はリストバンドをプレゼントするが、最近黒猫(クロ)を飼い始めたことや「最近、何か俺に隠し事してないよな?俺に、嘘ついてないよな?」と執拗に問いただしてくる。
その場を濁した真昼だったが、桜哉の表情は曇る一方だった。

最近様子がおかしいと真昼を疑う桜哉

御園からイヴにはサーヴァンプからもらえるリードという武器があることを教えられた真昼。守るための力なら必要だとクロを説得し、クロのインナーワールドで箒を手に取る。
一方その頃、回転寿司店で食事を楽しむ椿とベルキア。二人が待っていたのは、なんと真昼の親友である桜哉だった。
血だらけになった人間を引きずり、自身も血塗れになった桜哉。学校の誰かに見られたら君が吸血鬼だとバレるのではないか?という椿の質問に対し、桜哉は「もうどうでも良いんです。俺、嘘つきは嫌いなんで。」と静かに返すのだった。
武器を発現できない真昼に、リリイは何のために力が欲しいのか、具体的にイメージしてみたらどうかとアドバイスする。
真昼が思い浮かべたのは、友達や家族など守りたい人たち。そして御園に「シンプルにさ、友達の友達が友達になったっていいじゃん」と桜哉を始めとする自分の友人たちを紹介する約束をする。
だが桜哉はここ数日学校を休んでいて、電話も繋がらなかった。桜哉の様子を見に家に行こうとするが、何故か桜哉の家の場所が思い出せない。それどころか、自分の中で桜哉の存在がどんどんおぼろげになっていく。
そんな真昼に声をかけたのは、桜哉だった。その直後に女性の悲鳴が聞こえ桜哉と向かうが、向かった先でベルキアとオトギリ、そして桜哉が襲いかかってきた。
そして、真昼と自分が親友だったという記憶は自分が植えつけた偽物の記憶だったということを桜哉に告げられる。
御園とリリイが駆けつけ、色欲組と椿のサブクラスとのバトルに発展するが、リリイが負傷し、とうとう桜哉と対峙せざるを得なくなる。
大切な人たちを守るために得たはずの力で、守りたかった桜哉を傷つけている自分に激しく嫌気が差す真昼。そんな真昼の血を飲んだクロの様子が急変する。
暴走したクロを止めたのは、突如現れた“嫉妬の真祖”ジェジェとそのイヴ有栖院御国だった。

ジェジェにクロを銃撃させる御国

御国とジェジェの乱入により、全員その場から撤収することになる。
翌朝、真昼は学校を休んだ。頭の中にあるのはクロを拾った後悔ではなく、力に対する戸惑い。
そしてふらりと立ち寄った回転寿司店で椿に遭遇する。
椿の隣に座り、桜哉について問いかける真昼。
そして桜哉と桜哉の姉は保険金目当ての両親に自宅のマンションから突き落とされて命を落としてしまったこと、サブクラスは死にかけた人間にサーヴァンプの血を飲ませると作れるもので、自分をサブクラスにしたサーヴァンプに従わなければならないことを聞かされる。
「なんだ君、本当に何も知らないんだ。それで友達?」という椿の台詞に何も言い返せない真昼。
そんな真昼は不意に「失敗したっていい、後悔は残すな」という叔父の言葉を思い出し、桜哉のもとへ急ぐ。
真昼が向かった先は、通っている高校。クラスメイトに桜哉について聞くが、先週転校したということになっていた。
翌日の文化祭当日。姿を現した桜哉を見つけ、逃げられても追いかける真昼。
屋上から飛び降りた桜哉を掴み、リードの箒で飛ぶ。
「俺は、あの人を裏切れない…」嘘をつかなかった椿と、手を差し伸べてくれただけではなく見捨てなかった真昼の間で桜哉の心は大いに揺れていた。
それでも桜哉は真昼に礼を言い、姿を消したのだった。

「お前が吸血鬼だろうが関係ねえ!」真昼の親友に対する気持ちは本物だった。

時は進んで明日から夏休み。真昼とクロは夏祭りの会場を通りかかり、花火が打ち上がるのを待つことにした。
そんな時、右目に黒い変わった形の眼帯をした外国人に銀色のアタッシュケースを託され、落し物だから花火の時間までに届けて欲しいと頼まれた。
不審に思いながらも夏祭りの本部に届けに行く途中、黒い巨大な棺桶を担いだ少年にぶつかる。
少年曰く人を探している途中で、棺桶については「棺桶っつったら、吸血鬼が寝るに決まってんだろ」と言われる。次の瞬間後方で爆発が起きる。
爆発したのは銀色のアタッシュケース。今自分が持っている物と同じではないか。
それに気づいた真昼は、棺桶を担いだ少年に言う。「あの!!アナタのこと、悪い奴じゃないって信じていいですか?どうせ疑いないなら信じたい!!もし騙されたらその時どうにかする!!その方がシンプルだ!!」
真昼はクロを呼び、空に向かってアタッシュケースを投げさせた。「サーヴァンプ…」その光景を見た少年が呟いた。
だがアタッシュケースは空中で爆発せず、こちらに向かって落下している。
落下してきたアタッシュケースを、少年が棺桶に入れる。
「見てな。俺の棺桶は誰にも壊せねえ」棺桶の中で爆発するアタッシュケース。だが、棺桶は全くの無傷。
真昼の確信通り棺桶を担いだ少年・千駄ヶ谷鉄はイヴで、契約しているサーヴァンプは“傲慢の真祖”ヒュー・ザ・ダーク・アルジャーノン三世だった。

そして明らかになる鉄はまだ14歳という、ある意味衝撃の事実。

鉄とヒューと別れた真昼とクロ。だが、突如真昼が謎の組織に拉致されてしまう。
真昼の前に現れたのは、人間と吸血鬼の中立機関C3の露木と名乗る男。年齢を偽り真昼の高校に潜入していた人物だった。
元々椿はC3が所有していたサーヴァンプ。だから我々には椿を捕縛する責任があり、暴れ過ぎた椿とそのサブクラスを全て壊す。そう真昼に語る露木。
それに対して真昼は「壊すって殺すって意味ですか?それじゃ協力できない!椿のサブクラスに友達がいる!助けるって約束した!」と真っ向から突っぱねる。
リードの箒を使って脱出に成功した真昼は、C3の襲撃で負傷し防戦一方になっているクロを救出する。

「シンプルに考えて、人を助けたい気持ちに理由なんかない。でも嫌ったり傷つけたりする事には、もっと理由があるんだ。俺は椿の理由が知りたい!」真昼はクロにそう話す。

真昼・クロ・御園・リリイは、鉄の実家である温泉旅館に集まっていた。
そしてヒューのサブクラスから、サブクラスをボコボコにして空を飛んだ怪しい人物がいるという情報が入る。
特徴は、黒い暑そうな服と背中に羽が生えていること。しかも彼が手に持っているカゴにはサーヴァンプと思われるハリネズミが入っていた。
捜索開始早々合致する人物を見つけた真昼とクロは尾行するが、すぐにバレてしまう。
突如現れたピアノを弾き始める少年。体が重くなりだしたクロに少年は容赦なく足技の応酬を食らわせる。
やはりハリネズミは“強欲の真祖”ロウレス。そして少年はイヴのリヒト・ジキルランド・轟だった。
自称天使の電波キャラであるリヒトと、物凄くチャラいロウレスという強烈な組み合わせに、真昼とクロはただただ困惑するのだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents