Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

585065

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

「倒してしまっても、構わんのだろう?」

Img 5

不敵な笑みを浮かべ、凛にバーサーカーを倒しても構わないかと尋ねるアーチャー。

Img 6

そのアーチャーの言葉に不安と戸惑いを感じながらも、凛は頷き、彼に望みを託す。

第14話で士郎を救出したがイリヤとバーサーカーに見つかってしまい、追い詰められそうになったところを、凛が苦渋の決断として少しでも構わないからひとりで足止めをしてくれと命令した際、アーチャーが返した台詞。この台詞と、この後のアーチャーの雄々しい戦いと華々しい最期も、多くのファンに感銘を与えるものとなっている。
「時間を稼ぐのはいいが、別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」と大胆不敵にもそう返してきたアーチャーに、凛は一瞬戸惑った様子を見せたが、「遠慮はいらないわ。」と頷く。そう言ってアーチャーは双剣を構え、「期待に応えるとしよう」と言って、迷うことなくバーサーカーに向かっていった。

Img 12

決死の覚悟で自らの真の能力を解放し、バーサーカーに向かっていくアーチャー。

Img 13

そしてアーチャーの消滅を察知した凛も、苦しげに表情を歪めながらも士郎とセイバーと共に先を急ぐ。

しかし、バーサーカーのパワーは圧倒的で、次第にアーチャーは劣勢に追い込まれ、左腕を失うという深手を負わされてしまう。そんな中、アーチャーの宝具で、後のテレビアニメ第2期でも大いに活躍することになる真の能力「無限の剣製(アンリミテッド・ブレイド・ワークス)」が発動した。「ご覧の通り、貴様が挑むのは無限の剣! 剣戟の極致! 怖れずしてかかってこい!!」と最期の闘志と力を振り絞り、無数の武器を召喚してバーサーカーめがけて突撃していった。
そしてその頃、凛は士郎・セイバーと共にアインツベルン城を脱出し、近くの森の中を走っていた。だがその矢先、カラスが一斉に飛び立ったのを見て思わず立ち止まってしまった瞬間、凛の右手首の令呪が弱々しい赤い光となって消滅していく。この時、凛はアーチャーが倒れたことを悟った。その予感どおり、アーチャーは自らの力の全てを使い果たして消滅していき、バーサーカーを倒すことはできなかったが、バーサーカーの宝具である「十二の試練(ゴッド・ハンド)」で自動で蘇生できる回数は7回まで減っており、今までバーサーカーの力を信じて疑わなかったイリヤの絶対の優位性を大きく揺らがせることになった。

「よもやただの一撃で、この身を七度も滅ぼすとはな……」

Img 1

凛を救うべく、満身創痍となりながらもバーサーカーに立ち向かうセイバー。

Img 5

そして士郎も、決死の覚悟でカリバーンを召喚してバーサーカーに立ち向かう。

第16話でのアインツベルンの森での決戦で、渾身の一撃を叩き込んで自らの「十二の試練」を打ち破った士郎とセイバーに、バーサーカーが投げかけた台詞。第16話の前半を占める決戦と合わせて多くのファンに印象を与えるものとなっている。
アインツベルンの森でついに追いつかれ、背水の陣でイリヤとバーサーカーに戦いを挑む士郎と凛とセイバー。第14話でのアーチャーの「無限の剣製」で命のストックを5つ奪われたとはいえ、それでもバーサーカーの強さは圧倒的なものだった。セイバーも身に纏っている鎧を半分砕かれて深手を負わされ、凛はバーサーカーの腕にとらわれてしまい、体を握りつぶされようとしている。握り潰されようとする凛を見て、勝利を確信したイリヤが残忍そうに口元を歪めた時、見ていられなくなった士郎が特攻を仕掛ける。

Img 6 1

ついにカリバーンによる決死の一撃を決め、バーサーカーの左腕を切断する士郎。

Img 7

最後に再び召喚したカリバーンを、セイバーと共に繰り出す士郎。このカットインは多くのファンに印象を与えるものとなった。

だがランサーの時と同じように、力の差を前に何度も弾き飛ばされる士郎。そんな中、城から脱出する際にアーチャーが自分に言い残した「現実で敵わぬ相手なら、想像の中で勝てる物を想像しろ。お前に出来る事など、それくらいしかないのだから」という台詞を思い浮かべる。そして、士郎は自分にとってどんな相手でも勝てる「最強」の力として、夢の中で見た過去のセイバーが持っていた剣を想像した。その瞬間、士郎の手の中に「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」が召喚され、士郎はその剣でバーサーカーの左腕を切断し、凛を救い出すことに成功する。
しかし同時にカリバーンが砕けてしまい、左腕を斬り落とされて一度は苦悶の叫びをあげたバーサーカーも、残る右腕で岩の剣を持ってまた向かってくる。士郎は怯まず、諦めずにカリバーンを再び手の中に召喚することに成功する。そこへセイバーも駆けつけ、士郎と共にカリバーンを手にとってバーサーカーへ向かっていく。そしてふたりで雄叫びをあげ、バーサーカーの岩の剣にカリバーンを思い切り叩きつけた瞬間、バーサーカーの岩の剣が粉砕された。イリヤが驚きに目を見開いた瞬間、士郎とセイバーはさらにカリバーンをバーサーカーに叩きつけ、残る7つの命のストックを奪い去った。

Dbbe749dba85279afeb5e496bcbe36d1

そしてバーサーカーの消滅とイリヤの脱落は、キャスターにも知れ渡るところとなり、次の話からキャスターが本格的に活動を開始していくことになる。

この瞬間、理性が戻ったのか、バーサーカーはセイバーにこう語りかけてきた。「……それが、貴様の剣か、セイバー」その言葉を聞いて、セイバーはこれはかつて自分が王を選定するための儀式に臨む際に岩から引き抜き、そして永遠に失われた剣だと語る。それにバーサーカーは、そのカリバーンは士郎が魔術で再現した紛い物で、二度とは存在しない剣だと言いながらも、「よもやただの一撃で、この身を七度(ななたび)も滅ぼすとは、な……」と、自分を打ち破った士郎とセイバーの健闘を静かに讃えた。そしてその時、バーサーカーがついに倒されてしまったことに、イリヤは力なくその場にへたり込む。こうして、バーサーカーとの戦いは決着を迎えたのだった。

「あれは王である、我(オレ)の物だ!」

Img 8

士郎と凛を助けるためにキャスターに挑みかかるセイバー。だがセイバーもアサシンとの戦いで消耗しており、全力を出せない。

Img 10

「セイバー、あなたが私の下僕になるのならね」と、キャスターの不敵な言葉に舌打ちするギルガメッシュ。この時、ギルガメッシュは士郎たちとキャスターの戦いを見物するつもりだったが、ついに名乗りを上げて割って入る。

第19話でギルガメッシュがキャスターに言い放った台詞。その圧倒的な力を示す宝具「王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)」を展開しながらの初登場とその台詞は、本作のラスボスのひとりとして立ち塞がる存在にふさわしいものとなっており、こちらも多くのファンにインパクトを与えるものとなっている。
アサシンを撃破し、桜を取り戻した士郎とセイバーと凛。だが、キャスターと葛木は未だ健在で、士郎たちも消耗してしまっている。勝利を確信したキャスターは「話によっては、そこの坊やだけは生かしておいてあげてもいいわよ。セイバー、あなたが私の下僕(しもべ)になるのならね」と、言い放った。だがその瞬間、ギルガメッシュが舌打ちと共に登場し、「……戯(たわ)け。身の程を違えたな……雑種」と言い放った。

Img 12 1

このシーンから初披露となるギルガメッシュの「王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)」。神殿を取り囲むほどの無数の武器を召喚するこの宝具は、彼を最強たらしめる力のひとつである。

Img 13 1

「この魔術師風情がっ!!」自分の所有物であるセイバーに手を出そうとするキャスターの不敵ぶりに、ギルガメッシュは苛烈な叫びと共にゲート・オブ・バビロンを解き放つ。

キャスターと葛木、士郎たちが振り返った時、キャスターの神殿を見下ろせる高台に、ギルガメッシュが腕を組んで立っていた。ゲート・オブ・バビロンを展開し、そこから無数の武器を召喚するギルガメッシュは、キャスターを見下ろして、「所詮は道化の足掻き……最期まで見届けるのも一興だったが……キャスターよ、お前は今、口にしてならぬことを言った。この魔術師風情がっ!!」と怒号を浴びせる。その怒号に気圧されそうになるキャスターに、ギルガメッシュはセイバーを捕らえるということを口にしただけで、自分にとっては許し難いことだと怒号の理由を述べた後、セイバーを指差し、さらに尊大で大胆にも言い放った。「あれは王である、我(オレ)の物だ! 王の宝に手を出す輩は……失せろ、雑種」その言葉の後、ギルガメッシュはキャスターと葛木に向かってゲート・オブ・バビロンを解き放った。

Img 14

ギルガメッシュの猛攻の前に葛木ともども倒れるキャスター。強力な魔術と策謀の使い手である彼女も、人類最古の英雄王には敵わなかった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/Grand Order(Fate/GO、FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

坂本ですが?(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び2016年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 2014」にてオトコ編第2位を獲得し、放送前から話題を集めた。アニメでは緑川光や石田彰など多数の有名声優が起用されている。挙動が全てスタイリッシュでクールな高校生「坂本」が、周りを翻弄するほどの完全無欠な日々を過ごすギャグ作品。

Read Article

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(るろ剣)のネタバレ解説まとめ

和月伸宏によって1994年から1999年まで週刊少年ジャンプで連載された漫画作品、およびそれを原作とするアニメ、映画。明治時代を舞台に、幕末最強の人斬りと恐れられながら、不殺(ころさず)の誓いを立て人々を守る抜刀斎こと緋村剣心や仲間たちの戦いを描きます。幕末から明治に至るまでの時代の混乱もまた断片的に、かつ克明に描かれました。

Read Article

機動警察パトレイバー(Mobile Police Patlabor)のネタバレ解説まとめ

「機動警察パトレイバー」は、1988年にリリースされたオリジナルビデオアニメーション(OVA)と少年サンデー誌上での漫画版の連載開始から始まった、メディアミックス・コンテンツの先駆け的タイトルである。 作業用のロボットが需要により暮らしの日常の風景にまで普及した1999年の東京が舞台で、主人公の新米女性警官・泉野明(いずみ のあ)が同僚の仲間たちと共に悪戦苦闘しながら、警察に導入されたロボット部隊の搭乗者のひとりとして日々巻き起こる事件と出来事の数々に立ち向かう様を描いた物語。

Read Article

マリア様がみてる(マリみて、Maria Watches Over Us)のネタバレ解説まとめ

『マリア様がみてる』とは、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。アニメ第一期の放送時期は2004年1月7日〜3月31日。 舞台は私立リリアン女学院。リリアンでは生徒を導く生徒会を「山百合会」という。 ある日、福沢祐巳は山百合会の会員である小笠原祥子に「姉妹(スール)」になってほしいと申し込まれる。わけがわからぬ内に、祐巳の学院生活は大きく動き出すことになった。

Read Article

幕末Rock(Samurai Jam -Bakumatsu Rock-)のネタバレ解説まとめ

「幕末Rock」とは、2014年に発売された音楽ゲーム、及びそれを題材としたアニメ・舞台作品。舞台は幕末、幕府の作る天歌(ヘブンズソング)以外の音楽を禁止されていた。ロックを愛する主人公「坂本龍馬」は「高杉晋作」「桂小五郎」、そして序盤は敵であった新撰組の「沖田総司」「土方歳三」の五人でバンドを組み、時代に革命を起こす。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

BAKUMATSU(第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

長州志士・高杉晋作は、桂小五郎と共に伝説の秘宝を幕府海軍から奪い去ろうと目論む。「刻(とき)を操る」と言われる伝説の秘宝を我が物にし、天下を手中に収めようとする徳川幕府に対して、「やり方ってもんがある」と憤る高杉晋作は秘宝を奪い、幕府の目論見もろとも秘宝をぶっ壊すと意気込む。 今回は「BAKUMATSU」第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』)のあらすじと感想・考察まとめ

からくり人形の秘密を探る為、新撰組に潜入した桂小五郎は巨城スサノオ内部に忍び込む事に成功する。しかし巨城スサノオの内部を探っていた桂小五郎は、沖田総司に素性を暴かれてしまう。沖田総司と斬り合いながらも巨城スサノオのからくり機械を壊した桂小五郎。しかし無限斎は、またもや時辰儀の刻(とき)を操る力により、からくり機械を壊す前へ戻したのだった。 今回は「BAKUMATSU」第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第2話『斬れ、高杉 アイのために!』)のあらすじと感想・考察まとめ

新将軍・無限斎を倒すべく巨城スサノオに進入した高杉晋作。無限斎は、時辰儀の刻(とき)を操る力を使って天下を手中に治めようとしていた。そんなやり方面白くないと立ち向かっていく高杉晋作。しかし無限斎の力は強大で返り討ちにあってしまう。一方、捕らわれていた徳川慶喜は山崎烝と御庭番の霞と雹の尽力により巨城スサノオを脱出するが、徳川に恨みを抱く武将真田幸村に命を狙われる。 今回は「BAKUMATSU」第2話『斬れ、高杉 アイのために!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオに侵入した際に見たからくり機械の仕組みの記憶を頼りに、鍛冶屋の女将に協力を仰ぎからくり人形の動きを抑止する機械を作り始めた桂小五郎と高杉晋作。一方、無限斎は、巨城スサノオから脱出して隠れていた徳川慶喜を抹殺する為に十二将の一人弁慶を刺客として放った。山崎烝は徳川慶喜から賜った刀で弁慶と戦う。 今回は「BAKUMATSU」第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』)のあらすじと感想・考察まとめ

無限斎に吹き飛ばされた高杉晋作は、桂小五郎と坂本龍馬、岡田以蔵と合流する。意見の食い違いにより決別する高杉晋作と坂本龍馬。高杉晋作は坂本龍馬との思い出を回想する。刻(とき)を操る力を使って時代を作り変えたい坂本龍馬は、高杉晋作と別れた後、独自に刻を操る力を持つ青年・晴明を捜索する。そこに現れた晴明の姿を装った十二将松尾芭蕉。坂本龍馬と松尾芭蕉の戦いが始まる。 今回は「BAKUMATSU」第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオへ物資を運んでいる蒸気機関車の偵察に来た高杉晋作と桂小五郎。高杉晋作は一刻も早く蒸気機関車を破壊しようとする。そこに沖田総司が現れ、逃げる二人は走り出した蒸気機関車に乗り込む。蒸気機関車の中には、ある物を護衛する土方歳三が居た。土方歳三に蒸気機関車の外に蹴り出された高杉晋作は、機関車の後を追いかけていた坂本龍馬達と合流し、桂小五郎の救出に向かう。 今回は「BAKUMATSU」第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BAKUMATSU』とは、大人気恋愛ゲームシリーズ「恋愛幕末カレシ~時の彼方で花咲く恋~」を原案としたアニメオリジナルアニメ。主人公高杉晋作は、「刻(とき)を操る力」を持つ伝説の秘宝「刻辰儀(じしんぎ)」によって巨城スサノウが君臨する「もうひとつの幕末」に導かれる。仮面の将軍・無限斎が支配する世界で熱き心をもった男たちの戦いが始まる。

Read Article

BAKUMATSU(第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

桂小五郎と高杉晋作は、京の町の人達を監視しているからくり人形の秘密を探る為、新撰組への潜入作戦を立てた。桂小五郎は、無事入隊試験に合格し、新撰組への潜入に成功する。近藤勇によって明かされる新撰組の過去。 無事巨城スサノオの見取り図を入手した桂小五郎は、高杉晋作と連携しながらからくり人形の秘密に迫る。 今回は「BAKUMATSU」第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(るろ剣)の技まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による漫画作品である。集英社の週刊少年ジャンプにて1994年~1999年にかけて連載された。アニメ化・実写化・ミュージカル化もしており、連載終了から15年以上経った今でもファン達に愛されている。 主人公である緋村剣心が使用する、弱者を守るための暗殺剣『飛天御剣流』や、宿敵・志々雄真実の『秘剣』など、作中に登場する技のまとめ。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)の名言・名セリフまとめ

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。女神アクアは悩むカズマに、異世界で魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。 本作の見どころの一つである独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフまとめ

明治時代を舞台に幕末の人斬り緋村剣心の生き様を描く時代劇漫画。宿敵志々雄誠との死闘を描いた「京都編」では、少年漫画の王道である「正義は勝つ」というセオリーに対し「勝負に勝った者が正義、というのは正しいのか」という疑問を読者に投げかけた。様々な信念を持って生きる魅力的なキャラクターたちが残した名言は少年漫画ならではの「かっこよさ」に留まらず「正義とは何か」を考えさせるものも多い。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents