ニル・アドミラリの天秤(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ニル・アドミラリの天秤』とは、女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』原作のアニメである。
大正25年の帝都で、人を死に至らしめる書物を巡る謎に、ヒロイン久世ツグミが翻弄されながらも立ち向かう姿を描く。

CV:緑川光
31歳 11月30日生 身長182㎝
帝国図書情報資産管理局研究部所属
寝食を惜しんで、人為的作られた稀モノの解明い打ちこんでいる。
久世家には書生として世話になっていた。アウラを見る能力に目覚め、フクロウに入った。
2話初出。

汀紫鶴(みぎわ しづる)

CV:鈴村健一
24歳 10月18日生 178㎝
旧知の朱鷺宮のはからいで、フクロウのアパートに住んでる(公式HPより)。
赤裸々な描写で人気を博する恋愛作家。森恒犀鳥の門弟であり、師の死体の第一発見者であった。5話で連続猟奇殺人事件に巻き込まれる。
ツグミのみならず、女性には甘言を弄して言い寄っている。気が向くと、金魚売の手伝いをしている。

鵜飼昌吾(うかい しょうご)

CV: 木村良平
18歳 5月5日生 173㎝
当代の首相・鵜飼昌造の息子。帝都大学法学部の学生。
ヒタキと同じ日に、稀モノの影響で自殺を図った。1話で、紐で首を絞めているカットで登場。稀モノを入手したいきさつは語られていない。
4話で、静養のためにフクロウと共同生活を送ることになった。入居当初は周囲と折り合えず、特にツグミには男尊女卑の不遜さを隠そうともしなかった。その一方で、朱鷺宮には敬意を持っている。フクロウの面々が昌吾の扱い方を覚えたのが早かったようで、7話では紫鶴がカレー作りを昌吾に手伝わせている。「不愉快きわまりない」が口癖。

雉子谷新(きじたに あらた)

CV:西田雅一
27歳 4月8日生 身長177㎝
昌吾が自宅から連れてきた使用人。フクロウのアパートで、起居をともにしている。人前で「坊ちゃま」呼びをして怒鳴られている。せんべいやカレーなど、薀蓄を語らせると止 まらない。
4話初出。

フクロウの協力者

杙梛(くいな)

CV:宮下栄治
年齢不詳 6月10日生 身長186㎝(下駄含)
万屋(雑貨屋)の主人で、フクロウの調査には協力的。個人的な用件も引き受けてくれる。
2話初出。初対面のツグミを、隼人の前で口説いた。

ペリ

ペリ(右)はツグミがお気に入り

CV:夏樹リオ
謎の生き物。杙梛の店の荷物にまぎれこんでいたという。万屋のマスコット的存在。
ツグミになついている。
アイキャッチでは、作中人物のコスプレをしている。

燕野太郎(つばめの たろう)

CV:榎木淳弥
22歳 5月18日 身長172㎝
警視庁保安部所属の巡査。
稀モノ関連の事件の早期解決のために、警察とフクロウは協力態勢をとることになった。二つの組織の連絡係として、燕野が配置されている。
5話では、重要参考人として聴取される紫鶴に頼まれて、逃走に手を貸している。
浅草で煎餅屋を営む祖母がいる。

葦切拓真(よしきり たくま)

CV:利根健太朗
28歳 8月29日生 身長180㎝
帝都新報社会部の記者。隼人の学生時代の先輩。フクロウとは情報を共有する関係である。
稀モノがらみの事件を深追いし、自身も稀モノの被害者となった(8話)。

cocoa13
cocoa13
@cocoa13

Related Articles関連記事

ニル・アドミラリの天秤(第2話『第弐章 帝国図書情報資産管理局 -フクロウ-』)のあらすじと感想・考察まとめ

帝国図書館情報資産管理局・通称フクロウに入ったツグミは局員に歓待される。 はじめての任務は巡回だった。深窓の令嬢だったツグミには、仕事とはいえ男性と街中を歩くこともためらわれた。稀モノが一冊も見つからないことも、ツグミに不安を募らせる。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第2話『第弐章 帝国図書情報資産管理局 -フクロウ-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ニル・アドミラリの天秤(第3話『第参章 焔の神を名乗る者 -カグツチ-』)のあらすじと感想・考察まとめ

ツグミは、学術書を燃やされた医学生・鷺澤累と知り合う。書物を燃やしたのは、カグツチを名乗る一団だった。同じころ、ツグミはカラスの存在を知る。カラスは、稀モノを作る技術を持ち、悪意でそれを利用しているという。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第3話『第参章 焔の神を名乗る者 -カグツチ-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ニル・アドミラリの天秤(第4話『第肆章 小夜啼鳥の舞踏会 -ナハティガル-』)のあらすじと感想・考察まとめ

鵜飼首相の子息・昌吾がフクロウの職員アパートで暮らすことになった。自殺未遂で不安定な時期とはいえ、昌吾はフクロウたちになじもうとしない。特にツグミに対しては男尊女卑が加わり、昌吾の当たりが強い。 稀モノの事件は相変わらず続いていた。カラスの作る稀モノには、高級ダンスホール・ナハティガルの関与が濃厚だったが、フクロウは捜査すらできずにいる。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第4話『第肆章 小夜啼鳥の舞踏会 -ナハティガル-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ニル・アドミラリの天秤(第1話『第壱章 稀モノの煌き -アウラ-』)のあらすじと感想・考察まとめ

大正25年、華族令嬢の久世ツグミに結婚話が持ち上がる。弟のヒタキは、身売り同然の縁談に反発する。ツグミが真意を語ろうとした矢先、ヒタキは焼身自殺を図った。ショックを受けるツグミの前に現れた、帝都図書館情報資産管理局の男二人は、自殺の元凶が稀モノであると教える。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第1話『第壱章 稀モノの煌き -アウラ-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ニル・アドミラリの天秤(第5話『第伍章 紅月の夜 -ライラック-』)のあらすじと感想・考察まとめ

ウエノ公園で連続殺人事件が起こった。猟奇的な手口と、現場に汀紫鶴の著作が残されていることで、世間の興味を集めている。ツグミたちの心配をよそに、紫鶴は、いつも通り飄々と過ごしていた。ついに、三件目の殺人が起こり、紫鶴は重要参考人として警察に連行されてしまう。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第5話『第伍章 紅月の夜 -ライラック-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ニル・アドミラリの天秤(第6話『第陸章 母の俤 -カワセミ-』)のあらすじと感想・考察まとめ

万屋の杙椰は、ツグミと翡翠に、ヨコハマの遊女が書いた本について聞かせる。本に執着を見せる翡翠のために、ツグミは一人で本の行方を追う。遊女の本は、ナハティガルの四木沼薔子の手に渡っていた。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第6話『第陸章 母の俤 -カワセミ-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ニル・アドミラリの天秤(第7話『第漆章 雨降り映畫館 -ナミダ-』)のあらすじと感想・考察まとめ

休日に映画館に出かけたツグミは、期せずして滉と同席することになる。滉の隠された一面を知り、ツグミは彼への親しさを増した。 議員の不審死は続き、鵜飼首相周辺の警戒が強まるなか、ツグミは四木沼喬に接触される。四木沼は「フクロウの巣に烏がいる」と、裏切者がいることをツグミに告げた。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第7話『第漆章 雨降り映畫館 -ナミダ-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ニル・アドミラリの天秤(第8話『第捌章 恋火の彩 -ヒゲキ-』)のあらすじと感想・考察まとめ

滉の裏切りは、ツグミたちフクロウを動揺させた。カラスの暗躍は依然として活発だった。ナハティガルに潜入捜査していた警察官が惨殺され、帝都大学では稀モノを作ることが研究されているという。帝都新報の葦切は、カラスの真相に迫るため、危険をかえりみずに取材を続けている。隼人や小瑠璃たちは、葦切を心配しつつも止めることができない。 今回は「ニル・アドミラリの天秤」第8話『第捌章 恋火の彩 -ヒゲキ-』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents