炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎の大捜査線』とは、1991年に台湾・香港で製作・公開された刑務所を舞台としたアクション映画である。警察官のウェイが、異動に伴い署長のもとへ挨拶に行った矢先、何者かにより署長が殺害される。署長を殺害した男は逃走用の車に乗った直後に爆死。男の死体を調べると、彼は3ヶ月前に死刑が執行されていた。ウェイは、犯人が収監されていた刑務所に何かあると考え、自らの入所を試みる。ジャッキー・チェンをはじめ、1990年代の香港の人気俳優が総出演。

CV:石丸博也
一流のハスラーである一方、黒社会から大金と引き換えに八百長試合を申し込まれている。それを断り続けていた矢先、八百長を持ち掛けた相手に襲撃されたうえ、恋人のキキも刺され重傷を負う。危篤状態のキキは直ぐに手術をしなければ助からないうえ、多額の治療費がかかる事を医者から告げられる。金の工面を模索した結果、地元マフィアが仕切るカジノへ向かい、イカサマを使う。その結果、ポーカーに勝ち大金を手にする。直ぐにイカサマがバレて、数人と乱闘騒ぎとなる。ポーカーをした相手が突き付けて来たナイフをよけるが、その弾みで相手にナイフが刺さってしまう。相手はその場で倒れ、意識は戻る事はなかった。現場で起きた事故とはいえ、殺害と見なされ、刑務所に入所する事となった。それで終わらず、殺害した男の兄ピンバルはマフィアのボスであり、彼は刑務所にいた組員の囚人達へ殺害を命じる。入所した際、数人の囚人達にナイフで切りつけられる。彼等と乱闘を行ったところを刑務官に取り押さえられる。その後、襲撃してきた主犯格の男と共にクイに呼ばれ、刑務所内で流血騒ぎを起こすなと告げられる。そして、クイがナイフで自らの腕に傷を付けた事により、一旦カタを付ける事にした。
ところが、今度はピンバルが自ら刑務所へ入所してくる。食事の際にピンバルと遭遇する。「(ピンバルの弟を)殺す気は無かった、カジノで起きたのは事故だ」と話す。それに対しピンバルは、「今更何を言っても無駄だ、弟は戻って来ない」と答える。更にピンバルが、療養中の恋人キキのもとへ向かい殺害しようとしたが、既に彼女は亡くなっていた事を告げる。また、新人歓迎の腕試し大会は行われず、看守長承認のうえで、ピンバルとの一対一の対決が行われる。互いにナイフを持ったうえでの格闘戦の結果、ピンバルをなぎ倒した。すると看守長、及びピンバル自身も殺す様に仕向けてくる。すると、囚人達の中に混じっていたウェイがやめろと叫ぶ。それに同情するかの様に持っていたナイフを看守長の方へ投げつける。そして看守長の方まで飛び込み殴りかかるが、看守達から暴行を受ける。一方のピンバルも看守長に銃撃され、重傷を負う。ピンバルと共にその場から連行された。
物語後半、キア、ウェイ、ピンバルらと共に「清風隊」のメンバーとして活動を始める。刑務所長の指示により、裁判を待つ麻薬組織のボスの殺害を命じられ、空港へ向かい麻薬組織のボス殺害を決行する。その後、指示されていた如く、用意されていたジープで逃げようとする。しかし、ウェイから車が爆発すると警告される。キア達と共に車から飛び出した瞬間、爆発を起こす。警備兵に取り囲まれてしまい、彼等と銃撃戦を展開する。激しい銃撃戦の後、遭遇した一人の警備兵に指令塔から脱出用の飛行機を手配する様に指示する。そして警備兵を人質にして、大勢の兵士を逃れながら、脱出用の飛行機へ向かう。その時、兵士の一人がスキを突いて、キアの肩に発砲する。それを機に再び銃撃戦が展開、どうにか飛行機へ乗り込んだウェイが急いで飛行機へ乗る様に機体の後ろから指示する。しかし警備兵達の容赦ない銃弾を浴び、キア、ピンバルと共にその場で力尽きる。

ロン役を演じたジャッキー・チェンは、『スネーキーモンキー 蛇拳』(1978年)でブレイクし、『プロジェクトA 』(1983年)や『ポリス・ストーリー/香港国際警察 警察故事』(1985年)等のヒット作を次々と発表した。長きにわたりアクションスターとして、多くのファンを獲得する。一方で歌手としても定評があり、自身の主演作の主題歌やアルバム、1980年代には日本でもシングル曲を発表。

キア(演:サモ・ハン・キンポー)

看守長からの指示を遂行するキア

CV:水島裕
ウェイと同じ刑務所に収監されている囚人。ウェイが洗礼として浴びせられた、腕試し大会を仕切っている。入所してきたウェイに対し、新人は、腕試し大会に出場しなければ囚人達に袋叩きにされると告げる。仕方なくウェイは腕試し大会へ出る事となり、彼に掛け金を付けた。しかし、ウェイは相手となった筋骨隆々の男にあっさりと叩きのめされ、掛け金はパーとなる。
一方、別れた妻との間にできた一人息子がいる。息子が寄宿舎に入っているなか、元妻は息子の誕生日にも行かずに新しいパートナーと新婚旅行へ行っているとの事。そこで脱獄をして、息子に会いに行く事を考える。皆の酒のつまみを作らせてくれと告げ、調理場で炒めものを作る。それを見ていた監視員のスキをついて、彼を気絶させ、その場から逃げ出す。逃走中に通り掛かった車を見つけて、運転手から服と車を奪い、息子のもとへ向かう。息子と街をまわるなど、僅かなひと時を楽しむ。辺りが暗くなった頃、人のいない公園へ向かい、正月にまた会う事を約束し息子に別れを告げる。息子がいなくなったと同時に警察がやって来て連行され、再び刑務所へ連れ戻される。そして脱獄等の罪で、刑務官から体罰を受けた。
その後、土木作業をしていた時、刑務官のスキを狙いキアと共に脱獄を試みる。しかし、息子がケガをした事や正月に会う約束をしていた事もあり、警察と事前に取引をしていた。案の定、警察や刑務官にあっさり見つかる。キアは諦めて降伏するが、追跡された看守長によりその場で銃で殺害される。「話と違う、連れ戻すという約束だろ」と問い詰めるも、看守長は一切聞く耳を持たかった。そしてそのまま刑務所へ連れ戻される。
それでも息子の事が諦め切れず、後日の作業中に近くのパトカーを盗み逃走を試みる。しかし、誤って刑務官の一人を轢き殺したうえ、車はその場で転倒する。幾度に渡る脱獄を試みた事と、刑務官の殺害により、絞首刑を言い渡される。
実際には「絞首刑」にはなっておらず、ウェイ達と共に「清風隊」のメンバーに選ばれ、活動を行う事となる。そして刑務所長の指示のもとで、空港で麻薬組織のボスの殺害を決行。用意されていたジープで逃げようとするが、ウェイが車が爆発すると警告する。思わず車から飛び出し、直後に爆発を起こす。空港周辺を囲む警備兵と共に、銃撃戦を展開する。途中で遭遇した警備兵に脱出用の飛行機の手配を指示する。警備兵一人を人質に軍隊の襲撃を逃れつつ、飛行機へ向かう。ところが、軍に一瞬スキを突かれ、肩を撃たれてしまう。それを機に再び銃撃戦が展開する。その頃、飛行機へ無事に乗ったウェイが、飛行機の背後から早く機体に乗り込む様に指示する。しかし多くの警備兵達の容赦ない銃弾を浴びる。正月に息子と再会するという願いも叶わず、その場で息を引き取った。

キア役を演じたサモ・ハン・キンポーは、1970年代頃より多くのカンフー映画のアクション指導やスタント・監督を務め、手掛けた作品は数知れず。俳優としても『デブゴン』シリーズや『SPL 狼よ静かに死ね』(2005年)、『イップ・マン 葉問』(2010年)等に出演、また『霊幻道士』シリーズといったヒット作品の制作を手掛けた。

ピンバル(演:アンディ・ラウ)

出典: stat.ameba.jp

マフィアのボスとして君臨するピンバル

CV:金尾哲夫
マフィアのボスで、カジノでロンにより殺害された男の兄である。弟が殺害された事を聞き現場へ駆けつける。警察へ連行されるロンに対し、必ず復讐してやると告げる。そして、先ずは収監されている組員を使いロンを殺害しようとするが失敗。そこで、警察の力を借りて自ら刑務所へ入所する。ロンにナイフで襲いかかり、所長公認の一対一の戦いへと展開する。しかし結果的にロンの勝利となるが、所長がピンバルを殺す様に命じた事にロンが怒り、所長に殴りかかる。ロンは周りに止められ暴行を受け、ピンバルも所長に銃撃され重傷を負う。
物語後半、ウェイ、キア、ロンらと共に「清風隊」のメンバーとして活動を始める。そして刑務所長の指示のもと、空港にて麻薬組織のボスの殺害を決行する。その後、用意されていたジープで逃げようとする。するとウェイが、車が爆発すると警告する。キア達は車から飛び出し、その直後に爆発を起こす。周りの警備兵に取り囲まれてしまい、彼等と銃撃戦を展開する。途中で遭遇した警備兵に脱出用の飛行機の手配を指示する。
警備兵を人質に飛行機へ向かうが、スキを突かれたキアが肩を撃たれた事により、再び銃撃戦が展開する。無事に飛行機へ乗ったウェイが、飛行機の背後からキア達ら三人へ機体に乗り込む様に指示する。しかし数多くの警備兵達の容赦ない銃弾を浴び、キアやロンと共にその場で力尽きる。

ピンバル役を演じたアンディ・ラウは、1980年代より数多くの映画やドラマに出演、歌手としてもスター的地位を得る。1990年代にはジャッキー・チュン、アーロン・クオック、レオン・ライらと共に「香港四大天王」と呼ばれるまでに一時代を築く。出演映画数は100本を越え、1985~2005年の間に合計1,733,275,816 香港ドルの興行収入を得た。以降も、『名探偵ゴッド・アイ』(2013年)や『追龍』(2017年)等へ出演。

クイ(演:ジミー・ウォング)

出典: stat.ameba.jp

刑務所内で囚人達に慕われるクイ

CV:池田勝
黒社会の親分であり、全身に刺青をしている。懲罰房に入っていたが釈放される。
釈放されるやウェイを部屋に呼び、警察の回し者だなと聞き、焼き印を彼の手に押し付ける。それでもウェイは、頑なに警察である事を答えなかった。
刑務官達から目を付けられている一方で、囚人達からの信頼は厚い。ある食事の時、刑務官からたらいいっぱいに入った飯を食えと言われ、やらなければまた懲罰房へ入れるという嫌がらせを受ける。すると、ウェイやシウチェイら周りの囚人達が一緒にたらいの飯を食し刑務官らにたてついた。また、一日で終わるか分からない土木作業を皆で終わらせる様に仕切り予想以上早く終わらせ、刑務官を驚かせた。
正月が近い頃、キアと共に脱獄を試みる。しかし、息子と再会する事を第一としていたキアが事前に警察と取引をしていた為に、刑務官数人にあっさり見つかってしまう。更に、追跡された看守長によりその場で銃で殺害された。

クイを演じたジミー・ウォングは、1960~1970年代にかけて数多くのカンフー、時代劇作品へ出演。代表作に『片腕必殺剣』(1967年)、『吼えろ!ドラゴン 起て!ジャガー』(1970年)、『片腕ドラゴン』(1972年)等がある。1990年代以降、出演本数は激減し実業家として活動するも、『捜査官X』(2011年)で久々の映画出演を果たす。

シウチェイ(演:トゥオ・ツォンファ)

出典: pic.ylhuake.com

シウチェイ(写真左)

ウェイが収監された際、同室となった男である。やせ形で眼鏡をかけており、ハムスターを飼っている。
ウェイに対して二段ベッドのうち下を使う様に指示する。更に、ウェイがベッドに座った時、そこを使っていた奴が自殺した事を話し、ウェイの顔は強ばる。それでも、刑務所は初めてだと告げるウェイに対し、元気だせよ、友達になろうと手を差し出す。これにより、ウェイにとって刑務所内で唯一の友人となった。
ピンバルの組員の囚人達が、入所したロンを襲撃し、武器にナイフを使った事も見ていた。刑務官が来た際、囚人達がナイフを地面で蹴り移動させて隠そうとする。目の前に来たナイフを拾い上げ、組員である囚人達がロンを襲ったと刑務官に告げ、ナイフを証拠として見せる。
ただ、ウェイを擁護する行動を行った事により、周りの囚人達から目をつけられる様になる。ある食事の時、食事を配っていた男から特別料理だと告げられ、自分だけ盛りが良い料理を渡される。テーブルに座り、不振に思いながら箸を付いてみると、料理の中には飼っていたハムスターがあった。あまりのショックに、食事を配った男に飛び付くが、逆に殴り返される。それを見ていたウェイが男を殴り、そのまま乱闘となり、ウェイ及び男は懲罰房となる。
正月を迎え、囚人達一同も正月ムードとなるなか、刑務所内で賭け事が行われる。それにウェイが参加しようとする。ウェイは金が無いと話すが、貸してやると告げ、金を部屋へ取りに行く。部屋に入り電気を点けようとしたところ、電球が爆発し火が体に燃え移る。ウェイが駆け付けた時には既に遅く、焼死した。電球が爆発したのは、刑務所所長が一人の囚人へウェイの殺害を命じ、電球に爆薬を仕掛けていた。

シウチェイを演じたトゥオ・ツォンファは、台湾の俳優で、歌手としても活躍。出演作に映画『極道追踪』(1991年)や『南京の基督』(1995年)等がある。

所長

刑務所所長(演:オー・ジョンホン)

出典: s.zimedia.com.tw

刑務所所長(写真左)

CV:小林修
ウェイが収監された刑務所「火燒島」の所長であり、彼を「銃殺刑」に処する。しかしそれは表向きの状態で、ウェイを選りすぐりの集団「清風隊」のメンバーへスカウトする。他にもキア、ロン、ピンバルが集められており、彼等に麻薬組織のボスの殺害を命じる。ウェイ達は空港へ向かい、麻薬組織のボスを殺害する。そして、用意していた逃走用のジープで逃げる様に事前にウェイ達に言っていた。しかし、ジープに乗り出すキア達に対し、ウェイが爆発すると警告し。キア達は車から飛び出し、その直後に爆発を起こす。ウェイやキア達四人は、周りの警備兵に取り囲まれるなか、銃撃戦を展開する。飛行機で空港からの脱出しようとしたウェイ達だったが、警備兵の銃撃によりキア、ロン、ピンバルの三人が殺害される。無事に脱出したウェイは、警察署長を殺害した事、麻薬組織のボスを暗殺する為に「清風隊」を結成した事、その「清風隊」も現地の軍隊を使い殺害した事等を明かされる。それでも引き下がらずに銃を突きつけて、生活ができる大金をやるから見逃してくれるように促す。しかしウェイにより銃の弾は既に抜かれており、その銃弾を目の前で見せられる。そして鉄拳を振るわれたところで、ウェイの先輩警官が駆け付けて、その場で逮捕される。

刑務所所長を演じたオー・ジョンホンは、1960年代から俳優として活躍し映画『奇蹟/ミラクル 奇蹟』(1989年)等に出演。2000年代には政界にも進出。2015年12月に死去。

その他

ピンバルの弟(演:チャールズ・シュー)

出典: i.imgur.com

ロンが、恋人キキの治療費を集める為に向かった、カジノを仕切るマフィアである。ロンは、ポーカーをイカサマで大金を勝ち取り、その場から出て行こうとする。その彼に対し、イカサマを使った事を見抜き、他の数人と捕まえ数人と捕まえようとする。カジノ内で数人と乱闘をした後、ロンはピンバルの弟にナイフを突きつけてくる。「どうしても金が必要なんだ」と訴え、その場にあった札束を拾い上げたロンは、その場を去ろうとする。ロンが後ろを向いた瞬間、彼が落としたナイフを襲う。ロンがそれを瞬時にかわした事で、ナイフがピンバルの弟の胸部に刺さる。ロンを押し倒す様に倒れたまま、その場で息を引き取る。事故死とはいえ、ロンは殺人罪として刑務所へ送られる事となった。ロンが連行される際、現場にやって来たピンバルがロンを見て「必ず復讐してやる」と叫んだ。

ピンバルの弟を演じたチャールズ・シューは、1980年代終盤~1990年代初めまで俳優として活躍。その後、台湾で起業家に転身しタイ料理店を経営した。

ウェイの恋人(演:イエー・チュン・チェン)

ウェイの恋人であり、警察署長の娘でもある。ウェイや彼の先輩警官達と共に、ウェイの異動をお祝いの挨拶の為に警察の家に向かっていた。ウェイとの結婚を控えており、幸せそのものだった。しかしその矢先、ウェイと共に帰宅しようと車にいた時、一人の男が署長の向かうのを目撃する。そして、その彼が署長を殺害し車で逃げ出した。更に、その車が直ぐに爆破を遂げた。焼死体が調べられたところ、襲撃した男が3ヶ月前に死刑が行われていた事が分かる。ウェイは、刑務所に何かあると考え、自らの出所を結行する。その際に、先輩警察にへ、恋人には待っていて欲しいと告げる様に話した。その後、刑務所及び「清風隊」としての任務を遂行する等、ハードな状態が続いた後、刑務所所長のもとへ向かう。ウェイは、所長が行ってきた警察や刑務所における悪事を洗いざらいぶちまける。それでも怯まない所長は、大金をやるから見逃せと拳銃を突きつける。しかし、拳銃の弾丸はウェイが抜いており、所長の卑劣なやり口にウェイは激怒し、彼に鉄拳をお見舞いする。そこへ先輩警官がやって来て、ウェイを止めつつ、所長を逮捕し連行した。また先輩警官は、ウェイの捜査が終わったら恋人に会わせるという約束は忘れていなかった。先輩警官は彼女を連れて来ており、ウェイが所長を逮捕された場所とはまた別の部屋へ向かう。すると、彼女はがニッコリと笑顔で待っており、二人は抱き合い再会を喜んだ。

ウェイの恋人を演じたイエー・チュン・チェンは、モデルを経て女優としての活動を開始し、多くの映画やドラマに出演。2000年代以降は、ネットワークビジネスを手掛ける等の活動を行った。

thisis4u1
thisis4u1
@thisis4u1

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『死亡遊戯』とは、1978年に公開されたロバート・クローズ監督、ブルース・リー主演の香港映画である。 スター俳優のビリー・ローはシンジケート組織からの契約を迫られるが、それを頑なに断る。ある日の撮影中に、ビリーは銃弾を浴びて銃弾を受けて殺害されたと思われたが、実はビリーは死んでおらず、単身でシンジケート組織へ戦いを挑む。 1972年にアクション場面を撮影後、ブルース・リーが急逝。 数年後に代役スタントマンを起用して追加撮影したうえで1978年に制作された。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents