ゾンビ(Dawn of the Dead)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゾンビ』とは、1978年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画。日本では1979年に公開された。北米では 「Dawn of the Dead」それ以外の国では「ゾンビ」(Zombie)が題名である。
ゾンビが大発生して社会秩序が崩壊しだした世界で、主人公4人が生き延びるべくショッピングモールに籠城するが、やがてそのモールも人間の略奪者から襲われてしまう。

体力が衰えるロジャー

ゾンビに噛まれて急激に衰えるロジャーがピーターに言うセリフ。
ロジャーは間もなく自分は死に、ゾンビになることは覚悟している。ゾンビになることは「魂の救済」というキリスト教の教義に反することであり、ロジャーは死よりもゾンビになることを恐れていること、信仰心があることが分かる名シーンである。

ショッピングモールを彷徨うゾンビ

モールをうろつくゾンビ

ゾンビは生前の僅かな生活習慣が記憶されており、生前も行っていたようにショッピングモールに集まって意味もなく彷徨っている。
テレビのコマーシャルに踊らされて何を買うでもなくショッピングモールを歩いている現実の人間は、映画のゾンビと変わりがない、と皮肉に描いた名シーンである。

エレベーターゾンビ

日本劇場公開時のポスターやDVDジャケットに使われた有名な場面

モール内で暴走族とゾンビとの乱戦の中スティーブは重傷を負った。エレベーターの天井から脱出を試みるがエレベーターのドアが開き、ゾンビがなだれ込んできた。このゾンビが突入するシーンは日本劇場公開時のチラシポスターに使われ、漫画家の相原コージや、すぎむらしんいちがオマージュとして使用している。

『ゾンビ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

監督のロメロがカメオ出演している

ロメロ監督

前作ナイト・オブ・ザ・リビングデッドと同様ロメロ監督がテレビ局技術者として出演している。

次回作「死霊のえじき」の出演者が僅かに出演している

8年後に主役級の役を射止めるピラトー

スティーブとピーター達が合流する場面にチョイ役で出演しているジョセフ・ピラトーはロメロ監督の次回作ゾンビ映画「死霊のえじき」で主役級のローズ大尉を演じる。

誰もいないはずの駐車場にトラックが走っている

トラックが写りこんでいる

ピーター達がモールを塞ぐ作戦でトラックに乗り込む際、回りには人間がいないはずなのに画面隅に動いているトラックが映っている。本作品はモールがオープンする前の早朝にロケをしたが業者のトラックが走っているのに気づかなかった。

多数の編集バージョンが存在する

DVDリリースによって様々なバージョンを観ることができるようになった。

米国劇場公開版

米国で劇場公開されたバージョン。本編127分。

ダリオ・アルジェント版

製作者のダリオ・アルジェントが自身のプロデュースするロックバンド・ゴブリンの音楽を多用しておりアクション色が強い作品となっている。アジアやヨーロッパなどで世界で多く公開されたバージョン。本編119分。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents