ゾンビ(Dawn of the Dead)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゾンビ』とは、1978年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画。日本では1979年に公開された。北米では 「Dawn of the Dead」それ以外の国では「ゾンビ」(Zombie)が題名である。
ゾンビが大発生して社会秩序が崩壊しだした世界で、主人公4人が生き延びるべくショッピングモールに籠城するが、やがてそのモールも人間の略奪者から襲われてしまう。

ロッド(演:ロッド・スタウファー)

彼が殺害されたことで、警官は突入を命令する

若い白人のSWAT隊員。アパート突入の待機中に住民からの発砲により即死する。

マルティネス(演:ジョー・セルビー)

死者への敬意から大量のゾンビをアパートにかくまい警察に抵抗する。

プエルトリコ系住民が居住するアパートのリーダー。死者に敬意を払う宗教上の理由から、ゾンビをモンスターとみなさず大量にアパートに閉じ込めておく。アパートから飛び出したところを警察に射殺される。

神父(演:ホセ・デル・グレ)

事態を冷静に見つめる神父

片足がない黒人老神父。アパートに籠城しておりピーターから「保護するから退去して欲しい」と説得されるも「この混乱は神の意志である。最後まで見つめていたい。」とアパートの奥へ行き姿を消す。

暴走族ブレイズ(演:トム・サヴィーニ)

ホラー映画ファンから圧倒的な支持を得ているサヴィーニ

ランド・オブ・ザ・デッドに出演したサヴィーニ

革ジャンを着た暴走族。モールに侵入するとサディスティックにゾンビを虐殺する。ピーターに射殺され、吹き抜けから落ちて死ぬ。
トム・サヴィーニは、本作品の特殊メイク及びスタントも担当し、2005年に公開されたロメロ監督によるゾンビ映画「ランド・オブ・ザ・デッド」にゾンビとなってさまよっている役を演じている。

暴走族ルディ(演:ルディ・リッチ)

暴走族のリーダー的存在だった

太った暴走族のメンバーの一員。モール侵入後は生き延びた模様。

暴走族ラリー(演:ラリー・ヴァイラ)

逃げ場のないラリー

暴走族のメンバー、モールから逃げる際ピーターに撃たれ、バイクから落ちたところを大量のゾンビに襲われる。

テレビディレクター(演:ジョージ・A・ロメロ)

髭の男性がロメロ監督

情報が錯綜している中で、何とか放送を正常な内容に戻そうと奮闘するテレビ局員技術者として5秒ほど登場した。
前作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」ではアナウンサーを演じたジョージ・A・ロメロ監督が担当した。

テレビプロデューサー(演:クリスティーン・フォレスト)

ロメロ監督夫人のクリスティーン・フォレスト

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents