ゾンビ(Dawn of the Dead)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゾンビ』とは、1978年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画。日本では1979年に公開された。北米では 「Dawn of the Dead」それ以外の国では「ゾンビ」(Zombie)が題名である。
ゾンビが大発生して社会秩序が崩壊しだした世界で、主人公4人が生き延びるべくショッピングモールに籠城するが、やがてそのモールも人間の略奪者から襲われてしまう。

フランシーン・パーカー(演:ゲイラン・ロス)

暴走族との抗争が終わり、スティーブンの帰還を待つフラン

金髪の女性、テレビ局員でスティーブンの恋人。混乱するテレビ局内でこっそりとヘリコプターに乗り込み脱出をする。当初はゾンビに怯えるか弱い女性だったが、ピーター達の足手まといにならないよう射撃やヘリコプター操縦の練習をして活躍する。モール内で暮らしている中、妊娠しているとわかる。
モール内に暴走族が侵入して大混乱となり、その結果スティーブンが死亡した事実を受け止めると、ヘリコプターを操縦しピーターと共にモールを脱出した。

フォスター博士(演:デヴィッド・クロフォード)

日本語吹き替え版では「惑星の爆発の影響でゾンビが発生した。」と発言内容が大幅に変えられた。

テレビ番組内でゾンビが発生した原因およびゾンビの活動を止める方法の自説を力説する。

バーマン(演:デヴィット・アーリー)

テレビ局のスタッフもゾンビの存在を肯定する中、一人否定した。

ゾンビの存在をを認めようとせず「死者が蘇る訳がない、集団ヒステリー現象だ。」と主張する。

ラウシュ博士(演:リチャード・フランセ)

過激な発言でテレビ司会者から非難される

「ゾンビを完全に駆除することは出来ない。人間は自らの肉体の30%を提供してゾンビと共存するしかない」と主張する。

テレビキャスター(演:ハワード・スミス)

学者の意見に混乱して、うんざりする司会者

テレビ番組内でラウシュ博士の意見を聞くも呆れかえってしまう。

ギブンズ(演:ダニエル・ディートリヒ)

部下が指示に従わないので、正常な放送をするために奔走する。

テレビ局員でフランの上司。テレビ局員のスタッフが混乱して生放送中に勝手な行動をとるので部下を叱責してテレビ放送を続けようとする。

SWAT指揮官(演:フレッド・ベイカー)

ゾンビ発生の混乱の為、警察も自制しきれなくなっていた。

アパートに籠城するプエルトリコ系住民に退去勧告をし、SWAT部隊を突入させるよう決断する。

ウーリー(演:ジョン・パシィシコ)

アパートに籠城するプエルトリコ人を軽視しており虐殺する。

太った白人のSWAT隊員。人種差別意識が強くプエルトリコ系住民など皆殺しにしてしまえ、と過激な発言をする。ゾンビも住民も虐殺するので混乱の中ロジャーに射殺される。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents