Butlers〜千年百年物語〜(第4話『華麗なる対決』)のあらすじと感想・考察まとめ

Bcm top

生徒会主体による町おこしイベントで、ジェイは急遽羽早川と「執事対決」をすることになる。
そこにジェイに個人的な恨みを持つ北園アヤメの妨害によって窮地に立たされるが、春人達の援護や、持ち前のバトラーとしての能力をいかんなく発揮していく。
そしてジェイは、以前天奈から贈られたブレスレットに隠された、ある秘密を目の当たりにする。
今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第4話『華麗なる対決』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「Butlers〜千年百年物語〜」第4話『華麗なる対決』のあらすじ・ストーリー

041

花の世話を第一に考えている影山は、再度ジェイに忠告する

町おこしイベントである「京常見フェスティバル」は、学園長である御国の挨拶によって開催を迎えた。
ジェイを除いた生徒会の面々が学園の代表として出席する中、春人は少しだけ浮かない顔でその挨拶を聞いている。
その後、自由時間にイベント見て回ろうとする春人達の前に、ドラキュラ・藤代が通りがかる。
彼はそのあだ名の通り、吸血鬼のような黒い服装に身を固めていた。
蓮の説明によると、毎年イベントでホラーハウスが出展されており、藤代はそこで吸血鬼となって棺桶の中で眠る仕事をしているのだという。
「この俺様がイベントを大いに盛り上げてやるぞ!!」と高らかに笑いながら去っていく藤代に、一同呆れた様子で見送る春人達。
そして蓮は、イベントには参加すると言っていたジェイの姿が見当たらないことを口にする。
蛍がその辺を探してくるとその場を離れると、蓮は春人にこう問い掛ける。
蓮「ジェイさんと、なにかあったんですか?」
春人「別にそんなことは……なくも、ないけど」
蓮「よかったら、話を聞きますよ?」
その頃ジェイは一人生徒会室から外へ出ると、以前生徒会就任式パーティで出会った影山輝の姿を見かける。
その後を着けると、影山は以前と同じように温室で花達の世話に勤しんでいた。
ジェイは手持ち無沙汰に水仙に触れようとすると、影山は「その子は毒を持ってるから触らない方がいい」と忠告する。
とても綺麗に花を咲かせているためそうは見えないと首を傾げるジェイ。
影山「毒があるから見た目で誤魔化そうとするのかも、正体がばれないように」
ジェイ「それも花が言ってるのか?」
影山「違う。でも気を付けたほうがいいよ」

042

繁盛はしているものの、なにかいい案を出してほしいと生徒会の四人に打診する店長の橘

自分が余計なことをしたり、勝手に心配していたりするのがジェイにとっては迷惑だったのだと語る春人に、蓮はこう言葉を返す。
蓮「ジェイさんは、人と深く関わることを避けているような気がします。春人さんは間違っていないと思いますよ? 友達を心配するのは、当然のことなのですから」
ようやく高台から街を見ていたジェイを見付けた蛍は、捜している途中で出会った音楽教師である早月と御国のやりとりを話し始める。
自分の姉である早月に御国がちょっかいを出してきたこと、その時の御国の目は獲物を狙う野獣の目だったこと、二人が付き合うなんてことになったらどうしよう等と、身振り手振りを交えて話す蛍に、思わず苦笑してしまうジェイ。
笑い事じゃないとむくれる蛍は、逆にジェイの家族や兄弟のことを尋ねると、ジェイは妹がいて、今は事情があって会えないと呟く。
蛍もまた両親が離婚したことで姉と離れ離れになっているため、同じような立場であるジェイに対し、寂しくないのかと問い掛ける。
ジェイ「いや……近い内に、会うんだ」
その後、ジェイと蛍は春人達と合流し、四人で露店を見て回るものの、ジェイと春人の間に流れる空気は未だにぎこちなさが漂う。
しばらくすると、露店の一つとして出店していたカフェ・ド・ヴェインが見えてきたため、四人はそこに立ち寄る。
いつもと変わらず気さくに歓迎する店長の橘は、もっと店を盛り上げるようないい案はないかと問い掛ける。
すると蛍は以前の執事喫茶をヒントに、対決をした執事のどちらが良いおもてなしのしたのかを、訪れた客に投票してもらう「執事対決」をしてはどうかと提案する。
そこで代表して誰が執事をするのかで、春人はジェイを推薦する。
突然のことに戸惑うジェイではあったが、店側として羽早川が名乗りを上げると、一転して挑戦する意志を固める。
ジェイ「負けたら勝者の言うことを聞く、というのはどうだ?」
羽早川「承知しました、手加減はしませんよ?」

043

バトラーとしての実力をいかんなく発揮するジェイと羽早川

かくして春人の司会進行により、ジェイと羽早川の「執事対決」が始まった。
その対決はもてなすためのテーブルや椅子、コーヒーや紅茶を淹れるためのティーセットまで用意された会場で行われる。
ルールは彼らの接客に満足すれば投票し、最終的に多くの投票を得た執事が勝利となる。
勝敗を決める投票権はもてなされた客だけでなく、観客側にも与えられているため、その盛り上がりに拍車をかけている。
観客の中には応援としてそこにいる蓮や蛍だけでなく、何処で噂を聞き付けたのか黒澤と茶野の探偵コンビの姿もある。
まずは、それぞれ一人目の客をもてなし始めるジェイと羽早川。
羽早川は得意技であるラテアートを披露する中、ジェイはオリジナルでブレンドした紅茶を高い位置から注ぐという高度な技を披露してみせたことで、春人をはじめ皆驚きの声を上げる。
それからもカトラリーや食器を寸分違わずテーブルに並べてみせたり、薔薇の花束を無造作に投げては色違いで正確に花瓶に取り分けたり、林檎を使って見事なアート作品を披露してみせたりと、二人の応酬は続く。
それでもやはり羽早川の方が一枚上手なのか、投票が彼の方へと傾き始める。
羽早川「忘れたのか? お前を一人前のバトラーに育てたのは、私だ」
ジェイ「あんたが上司だったのは百年も前の話だ」

044

ジェイを貶めるために無理難題を押し付けるアヤメ(右)だが、全て空振りに終わる

次にもてなす客を迎えたところで、ジェイは目を見張る。
北園アヤメ、かつてジェイに告白して素っ気なく振られてしまった女生徒であり、自分を振ったジェイに仕返しをするために現れたのだ。
彼女はコーヒーと葡萄のパフェを注文した際、ただの葡萄ではなくもぎたての新鮮な葡萄を使用すること、忠実な犬のようにお手をして「ワン」と鳴いてみせること、わざとコーヒーを床に零してそれを舐めて掃除をしてみせろ等と、ジェイに大して非道な要求をしてみせる。
しかし春人の特権を活かして果樹園から新鮮な葡萄を得たことや、蛍がジェイの代わりに犬の役をしてみせたこと、更にアヤメ自身がコーヒーで汚れてしまわないようにと、ジェイ自ら彼女を抱き上げたことにより難を逃れる。
結果的にアヤメをそこから退場させ、舞台袖に連れ出すことに成功したジェイは、その場を後にする際、彼女にこう告げる。
「君が貶めようとしているのは、俺じゃない。自分の美しさを自分で汚してはいけない」
全てをそつなく熟してみせたジェイに票が集まったことで、羽早川を逆転するかもしれない事態に加熱する観客。
しかしそれが元で客が押し合い、立て直そうと舞台のセットを引っ張ってしまった結果、舞台の一部が偶然にもアヤメに目掛けて倒れていく。
間一髪のところでジェイが能力を発揮して加速し、彼女をそこから引き上げるが、今度はライトが二人の頭上に落ちてくる。
幸いにもライトはすぐ横に落ちたため大事には至らなかったが、ジェイが見上げた先には、まるで守るように羽早川が覆い被さっていた。
身を挺して助けてくれたことに対して、照れくさそうに礼を言ってその場を後にするアヤメ。
それを見送った後、ジェイは羽早川が妹の天奈を守り切れなかったことを指摘し、改めて彼女を取り戻すと言い放つ。
羽早川「前を向けジェイ、天奈様の気持ちを考えろ!」
事故のトラブルにより、「執事対決」は中止となったことを心底残念がる観客達の中で、黒澤は首を傾げる。
黒澤「さっき、生徒会長が一瞬消えたように見えなかったか?」

045

その夜、御国は古い屋敷のことで話をするために、理事長に電話をかけていた。
御国「ええ、改築の件です。そろそろ答えを出さなければならない時期かと」
ジェイは生徒会室のバルコニーで、「天奈様の気持ちも考えろ」との羽早川の言葉を思い返していた。
彼がどういう意味で言った言葉なのかわからず、縋るように夜空に手をかざすジェイ。
すると突然、右手にしているブレスレットが不自然に光り始める。
それは以前、バトラーとして一人前になったジェイにと、天奈が彼に贈ったものである。
その光をバルコニーの柱に向けると、そこには「2220」と、数字を削ったような文字が浮かび上がった。

「Butlers〜千年百年物語〜」第4話『華麗なる対決』の感想・考察

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Butlers〜千年百年物語〜(Butlers: Chitose Momotose Monogatari)のネタバレ解説まとめ

『Butlers〜千年百年物語〜』とは、原作である「Intouchable Butlers」をベースに「SILVER LINK.」により制作されたアニメ作品。千年の歴史を有し、特殊な能力を持つ『血族』。その一族から選ばれた『血霊』を守護する存在、バトラーズ。その血族達のある事故によって、神宮司高馬ことジェイは、時空のゆがみに巻き込まれてしまう。彼が降り立った場所は、自分のいた時代から百年も経過した世界だった。

Read Article

異世界食堂(Restaurant to Another World)のネタバレ解説まとめ

「異世界食堂」とは、犬塚惇平のライトノベル作品。2013年から小説家投稿サイト「小説家になろう」で連載し、2017年にはSILVER LINK.製作でアニメ化。現代日本にある洋食店「洋食のねこや」は、土曜日になると扉が異世界と繋がり、異世界の住人達が料理を食べにやってくる「異世界食堂」となる。異世界の客達が現代日本の洋食を食べる、所謂飯テロアニメ。客達の完璧な脳内食リポが特徴的。

Read Article

田中くんはいつもけだるげ(たなけだ、Tanaka-kun is Always Listless)のネタバレ解説まとめ

「田中くんはいつもけだるげ」とは、ウダノゾミによる漫画、及び「SILVER LINK.」製作のアニメ作品。2013年から「ガンガンONLINE」で連載開始し、2015年にアニメ化した。けだるく無気力な主人公「田中」と、田中を世話する同級生の友人「太田」の周りで起こる日常系コメディ。作中にはポケモンやドラクエなどの映画やゲームのパロディ要素がある。

Read Article

三ツ星カラーズ(Mitsuboshi Colors)のネタバレ解説まとめ

『三ツ星カラーズ』とは、作者「カツヲ」による漫画作品。2014年から月刊コミック電撃大王で連載を開始。2018年に「SILVER LINK.」製作でアニメ化。「赤松 結衣」「さっちゃん」「琴葉」の三人は、上野の平和を守る秘密組織「カラーズ」を名乗り、上野にあるアジトを拠点に今日も活動する。カラーズは新に元盗人野良猫の「モノクロ大佐」をメンバーに加え、警察官の斉藤や雑貨屋のおやじ、パン屋の笹木姉妹などと交流していく。可愛いが悪ガキなカラーズと上野に住む大人たちの日常を描くギャグコメディ。

Read Article

のんのんびより(Non Non Biyori)のネタバレ解説まとめ

漫画家あっとが書いた原作「のんのんびより」を基にした脱力系田舎ライフコメディアニメ。 この物語はとある田舎にある旭丘分校に通う子供たちの楽しい日常を描いた物語である。1期は2013年の10月から12月まで放送され、2期は2015年の7月から9月まで放送された。基本的に一話で解決する物語となっている。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第1話『運命の時』)のあらすじと感想・考察まとめ

転校して間もなく、名門・京常見学園の生徒会長に任命された神宮司高馬、通称ジェイは、日々の学園生活を送りながら、羽早川翔という人物を探し出すことに注力していた。 忙しない生徒会の仕事や行事に追われる中、ある日の就任式パーティで羽早川を見かける。 そして多くの生徒達が通うカフェで働いていることを突き止め、ついに彼と対峙する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第1話『運命の時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第12話『千年百年』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは、命を懸けた天奈の希望であるこの世界を救うことを選択した。そう決めたジェイは、羽早川と共に御国と対峙する。何度も繰り返される応酬の中、天奈の想いを守ろうとするジェイの意志に応えるように、右手のブレスレットが光り輝く。 そしてその輝きはペンダントの光となって、ジェイの希望であったものへと姿を変えていく。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第12話『千年百年』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第5話『名探偵ホームズの事件簿』)のあらすじと感想・考察まとめ

屋敷が取り壊されることを春人達から聞かされたジェイは、学園長の御国に直訴を試みるが、理事長からのお達しである以上、取り壊しは避けられないと告げられる。そんなジェイのために春人達は、屋敷の取り壊しを阻止しようとある行動を開始する。そしてついに、ジェイは羽早川から天奈のペンダントを取り戻すことに成功する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第5話『名探偵ホームズの事件簿』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第9話『メッセージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ブレスレットに刻まれた「222〇」というメッセージが、この屋敷の「〇」に纏わるものだと判明する。 それを頼りに考えを巡らせたジェイは、天奈と過ごした思い出の中で、その「〇」に因んだものがあったことに気付く。やがて訪れた場所で、ジェイは天奈の想いが綴られた手紙を手にする。 一方、羽早川は黒澤達から、空のプラズマ事件が五年前にもあったという事実を知らされる。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第9話『メッセージ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第2話『表と裏』)のあらすじと感想・考察まとめ

羽早川が務めるカフェ・ド・ヴェインから、突然客足が遠のいてしまう。 その理由は、羽早川が女性を見境なくナンパしているとの噂がネットに流れたためだ。 この窮地を脱するため、店の常連客である藤代を筆頭に、更に羽早川の素性を調査するために訪れた春人達や偶然居合わせた黒澤、茶野も巻き込んで、彼らは店に客を呼び込もうとあることを始める。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第2話『表と裏』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第6話『過去の逆襲』)のあらすじと感想・考察まとめ

自分の強引な行いによって、春人に重傷を負わせてしまったことに罪悪感を覚えるジェイ。 同時に学園ではジェイに関する悪い噂が流れ始め、生徒会長を辞任する事態に追いやられてしまう。 そんな中ジェイは、春人に初めて自分の素性と目的を語り始めると、そこで血族に関する新たな事実が発覚する。そして羽早川の方でも、同じ事態に直面していた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第6話『過去の逆襲』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第10話『愛執』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイを心配してカフェ・ド・ヴェインへ向かおうとしていた春人達は、その途中で影山に襲われている黒澤と茶野に出会い、彼らから学園長の不穏な動きを知らされる。 その頃、互いに譲れない信念を掛けて、ジェイと羽早川は戦いに挑む。 しかしジェイは羽早川から彼の真意と、天奈の秘めた想いを知り愕然とする。 それを害するように、御国の魔の手が二人に忍び寄る。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第10話『愛執』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第3話『すれ違う思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園では生徒会を中心に、町内会と協力して行われるイベントの準備に追われていた。 そんな中、再びジェイは羽早川の元を訪れ真意を確かめようと襲撃を掛けるが、本気を出した羽早川に抑え込まれ、またしても逃げられてしまう。 その現場に春人が駆けつけて介抱しようとするが、邪魔をするな、お前には関係ないと、ジェイは冷たい態度を露わにする。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第3話『すれ違う思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第7話『目覚めの時』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは怪我から復帰した春人と共に、生徒会室に続く地下室を訪れていた。 そこで彼は自分と天奈に起こった百年前の出来事、そしてブレスレットの謎の文字についてを説明する。 羽早川の方でも、血族の末裔と称する店長の橘と共に、突如現れたある予言の言葉を耳にしていた。 そんな中、蛍によって生じたある出来事きっかけに、新たな血族の末裔が出現する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第7話『目覚めの時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第11話『岐路』)のあらすじと感想・考察まとめ

天奈のペンダントと羽早川のブローチを影山に奪われたジェイは、後を追った先で御国と遭遇する。 御国が裏で暗躍していたことを知らされ、影山の失った家族に会いたいという強い意志を前に、ジェイは立ち尽くす。 羽早川と御国の双方の意見の食い違いは平行線を辿ったまま、やがて時空の歪みの入り口が開く。 全ての結末は、ジェイの意思に託される。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第11話『岐路』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』)のあらすじと感想・考察まとめ

春人だけでなく、蛍や蓮、藤代までもが血族の末裔であったことから、ジェイは自分の素性を彼らに明かす。 蓮はその突拍子もない話に有り得ないと首を振り、その後、藤代が力に目覚めたという話も信じずにいた。 しかし自身もバトラーとしての能力が開花してしまい、動揺した彼は学園内を彷徨う。 一方、御国は、ジェイ達の陰に隠れて不穏な動きをしていた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents