ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(ホラー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』とは、1968年アメリカで公開されたホラー映画。死者が蘇り人を襲い始める事件に直面した主人公たちが一軒家に籠城して内輪で争いながらも、死者からの襲撃をから一夜を生き抜くという内容である。11万ドルの予算で製作され1800万ドルの収入を上げた。
原作はジョン・A・ルッソ、監督はジョージ・A・ロメロ。「ゾンビ」というモンスターは本作品で創作され登場した。人種、社会問題をも作品に反映しており、単なる恐怖映画を超えた名作としてロングランを続けた。

ハリー婦人が地下室へ逃げると、寝ている筈のカレンがハリーの腹部をえぐり取り内臓を食べていた。カレンは「死者」になっていた。事態が理解できず呆然とするハリー婦人を、カレンはスコップで殺害する。一方、「死者」達の前に後ずさりするベン。背後からカレンが襲い掛かるが、突き飛ばしてベンは地下へ逃げ込んだ。そこには殺害されたハリー夫妻の無残な姿があった。夫妻も蘇ってベンに襲い掛かる。ベンは2人を射殺するが、疲れ切ってしまい何も考えられず階段に座り込んでしまう。

夜明け

「死者」を狩る警察

夜が明けた。外部では警察や民間のハンターにより大掛かりな「死者」の駆除が進み混乱は収まりつつあった。

「死者」の狩りを指揮する保安官

射殺されたベン

地下で眠りこけていたベンは外の物音に目を覚まして慎重に地下から出て外の様子を伺う。ハンターが農家の中にいるベンを見つけたが「死者」と勘違いし射殺してしまう。ハンター達は人間だったとは知らずにベンの死体を淡々と「死者」置き場に運ぶのだった。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の登場人物・キャラクター

ベン(演:デュアン・ジョーンズ)

年齢は30代前半と思われるベン

本作品の主人公。黒人の青年で適切な判断力と行動力を持ち、農家に籠城した生存者たちをリーダーとして牽引するが感情的な面もある。ハリーとの衝突でそれは如実に表れ、ハリーと言い争い、殴り合い、最後には発砲する。「死者」に囲われながらも一晩耐えて生き延びたが遠方より視認した保安官が彼を「死者」と誤認して射殺してしまう。本作品公開当時に黒人が主人公の映画は画期的だった。

バーバラ(演:ジュディス・オーディア)

弟が襲われてから終始呆然としたままのか弱い女性だった

呆然と座るだけで何もできないバーバラ

本作品のヒロイン、親の墓参りをするため長いドライブも厭わない生真面目な性格だが、予想不能の事態が起きると呆然とするだけで行動力は欠ける。農家に籠城してから殆ど役に立たず「死者」が蘇って人間を襲い食べる、という事態にショックを受け徐々に神経が衰弱する。「死者」達がバリケードを破って侵入し、その中にジョニーの姿を見ると精神は完全に破綻した。

ジョニー・ウィルソン(演:ラッセル・ストライナー)

妹と違って墓参りを面倒くさがるジョニー

バーバラの兄、墓参りを面倒だと文句ばかり言う。遠くに現れた「死者」を「変な男がいるぞ」とからかうなど、やや非常識なところがある。しかし妹のバーバラが「死者」に襲われると勇敢に助けようとする。冒頭で「死者」に襲われ死亡して、クライマックスに「死者」となって蘇りバーバラを襲う。

ハリー・クーパー(演:カール・ハードマン)

1階部分にある銃やラジオをよこせと主張するハリー

白人の中年男性。「死者」から身を守る為地下室に籠城することに拘りベンと意見が衝突する。家族を守ることだけを優先して他の避難者達の都合を考えようとしない身勝手な面がある。トラックを取ってくるベンの作戦には火炎瓶を作って2階から投げつける、と協力的な態度をとったが作戦が失敗するや狼狽のあまり窮地に陥るベンを見捨てようとした。怒ったベンに射殺され、さらに「死者」となって蘇った娘に肉体を食われてしまう。
映画制作会社の社長でありロメロ監督の持ち込んだ本作品企画の製作を決定した。

ヘレン・クーパー(演:マリリン・イーストマン)

夫ハリーの行動に不満を抱くが彼には従う。作品公開当時の弱い女性の立場を象徴している。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents