毒姫(Dokuhime)のネタバレ解説まとめ

『毒姫』とは、朝日新聞出版よりNemuki+コミックスで発売された漫画。全5巻。作者は三原ミツカズ。
全身が猛毒の暗殺用の寵姫「毒姫」のリコリスは隣国グランドルの国王を暗殺するためにグランドルへと送り込まれる。そこで出会う3人の王子との激動の運命を描く。
キャッチコピーは「誰も抱きしめる事のできない姫と誰にも抱きしめられなかった王子。ふたりが欲しかったものは自分以外のぬくもり」。

ガーレの妹。ガーレの項目で説明した通り、リーゼは生まれつき耳が聞こえず、また喋ることができない。そのため相手の手のひらを自分の口に当てて口の動きで喋りたい内容を伝達する(相手の話すことを聞き取る時も自分の手のひらを相手の口に当てて読み取る)。

薄汚い権謀術数など知らず、綺麗な花を見ておいしいお菓子を食べて綺麗な衣装を着て、優しい兄と優しい召使いたちに囲まれた「きれいな世界」の中で生きている。
グランドル国王(ハルの父親)が前グランドル国王(自分の父親)を殺してその座についたこともよくわかっておらず、「父様は戦で勇敢に命を落とした」というガーレの嘘を信じ、またその時に自殺した母親のことも「自分たちをかばって敵の刃に討たれた」と認識している。
「毒姫」の最終盤であるイスキア国が攻めてきたことも状況を把握しておらず、おそらく「普段より騒がしい雰囲気がしているが祭りか何かだろうか」くらいの認識であると思われる。

ミトガライナ女王 / ダチュラ・メテル=ミトラガイナ

ミトラガイナ国の女王。
描写はないため、おそらく独身で世継ぎがいないと思われる。

ミトラガイナ国は表向きは薬草などの医療品を主な産業としているが、裏では毒草などの毒物を輸出している。
毒姫もまたその一環であり、毒姫の生育を指示したのも女王の仕業である。

グランドル国王即位の晩餐会では「新参者の王を脅かしてやろう」と各国の王たちに呼びかけ、囚人たちを諸王に変装させ、囚人たちを毒殺した。
しかしグランドル国王には見抜かれており、逆に恥をかかされたというエピソードがあり、このことを個人的に根に持っている。
カラバッシュ国の国王を毒姫(ベラドンナ)によって暗殺したことを看破され、釘を刺す文書がグランドル国から送られてきたことが、グランドル国王暗殺のきっかけとなる。

柘榴

毒姫が裏切った時、毒姫を処刑するための「同族狩り」。
また各国に送った毒姫を監視しており、裏切りの兆候があれば釘を差し、暗殺の算段がうまくいってなければ急かすという役割も兼ねている。

元はベラドンナやリコリスと同じ毒姫であったが、崖から転落したことで顔に傷を負い、女性としての価値がなくなったことで「同族狩り」に転身した。
その時の名前「イリス」「アネモネ」を捨て、「柘榴」と名前を変えた。同じ道を歩むと決めた2人は常に一緒に行動しており、どちらが柘榴というわけではなく、どちらも柘榴である。
「同族狩り」となった今でも毒姫としての機能は健在であり、作中ではキスでグランドル国の衛兵を即死させるという描写がある。

マンドレーク

毒姫たちに「婆様」と呼ばれている老婆。毒姫たちの養母にあたる。

貧困家庭から赤ん坊を買い取り、毒姫として育てるという役目をミトラガイナ女王から任されている。

シッカ・ロール

グランドル国で生活するリコリスの世話係を任されたメイド。
元は戦争孤児であったが、グランドル国王(ハルの父親)にメイドとして雇われた。

育ちが良くないため礼儀に欠けるところはあるが真摯に仕えており、優しい少女。
リコリスは彼女に心をひらいており、友達のような親しい関係を築いていっていた。

ベガ

ガーレの側近。
主であるガーレに忠実な側近であり、その忠義は異常とも思える信念によって成り立っている。
ガーレの側近を決定する際、ガーレは候補者に「机に手を置け」と命じ、その手をナイフで突き刺すということをした。振り下ろされるナイフに驚き、思わず手を引っ込めた候補者の中、ベガだけは唯一手を引かず、手のひらをナイフで貫かれた。なぜ避けなかったのかと問われ、理由を答えるベガだが、その理由とは「手を引けという命令がなかったので」というものだった。

こういったふうに忠実にガーレに仕えるが、内心ではリーゼを好いている。
言葉を伝達するため、リーゼがベガの手を取った時には赤面するなどしている。
「毒姫」の最終盤でガーレが目の前で首をはねられた時、主人の仇を討たないのかと聞かれ「体の主はガーレ様ですが、心の主は別にいますので(=リーゼ)」と言い放ち、事切れたガーレを振り返ることなくリーゼの元へと走った。

ハオマ・ソーマ=イスキア

イスキア国の現国王の息子。
王位継承権を持つものの王位を継ぐ気はあまりなかった。しかし病に倒れた父の意思を継いで王位を継承した。
「毒姫」の最終盤では、毒を流されたと思い込み、兵を率いてグランドル国に攻め入った。「毒姫」作中ではその後のことは語られておらず、「毒姫」の外伝である「毒姫の棺」で顛末が語られるだろうと予告されている。

『毒姫』の用語

毒姫

今作のタイトルともなっている。
毒姫とは暗殺用の寵姫(愛妾、側室)のことで、赤ん坊の頃から毒を与えられ、全身が毒で形成された女性のことである。
涙や体液も毒になり、触れるだけ、抱きしめるだけで相手を死に至らしめてしまう。

ミトラガイナ国の秘密兵器であり、他国の王の暗殺を担う暗殺者。
自分が毒姫であることを隠しつつ対象を暗殺し、また暗殺成功後もミトラガイナ国からの刺客であるということがばれないように立ち回らなければならない。
そうして生きていても毒を摂取しないことによる劣化症状により、自身の毒に殺されるという運命を持っている。

鬼食い

国王や貴族などの権力者の毒見役。作中ではアザミが該当する。
また毒見役ということではマオも該当するのだが、鬼食いという用語は使われていない。

鬼食いという設定を作者が忘れたのか、それとも、毒見役は毒見役でも、(毒見役の)奴隷のことを指すので鬼食いという用語は王子であるマオに当てはまらないということで使っていないのか詳細は不明。第1話にしか使われていない単語である。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents