毒姫(Dokuhime)のネタバレ解説まとめ

『毒姫』とは、朝日新聞出版よりNemuki+コミックスで発売された漫画。全5巻。作者は三原ミツカズ。
全身が猛毒の暗殺用の寵姫「毒姫」のリコリスは隣国グランドルの国王を暗殺するためにグランドルへと送り込まれる。そこで出会う3人の王子との激動の運命を描く。
キャッチコピーは「誰も抱きしめる事のできない姫と誰にも抱きしめられなかった王子。ふたりが欲しかったものは自分以外のぬくもり」。

国王や貴族などの権力者の毒見役「鬼食い」のための奴隷の青年。
ベラドンナのことを好いており、毎日花を贈っていた。「いつかお前にもっと綺麗な花を見せてやる」と言っていた通り、花を持てば自身の毒で枯らしてしまうベラドンナを毒姫の身分から解放させることが夢であった。
ベラドンナがついに使い捨ての道具としてカラバッシュ国に送られることを知ると単身カラバッシュ国に乗り込み、ベラドンナに逃げようと訴えた。その姿をメイドに見られていたことで見張りの兵に捕まり、殺されてしまった。

リコリス・ラディアータ

「毒姫」の主人公。燃えるような真っ赤な赤毛からリコリス(彼岸花)と名付けられた。
ベラドンナのことを姉と慕っており、裏切り者として捕らえられ処刑されたベラドンナの遺体の焼け跡からベラドンナの首飾りを拾い上げ、お守りとして身につけている。

毒姫にするために引き取られたリコリスは、当初とても身体が弱く、食事に混ぜられている毒を吐いてしまうほどだった。
毒姫としてやっていけないなら死ぬだけだと悟ったリコリスは嘔吐しながらも食事を平らげ、要領が悪いと罵られながらも育っていく。
こういう経緯からリコリスは「生きる」ということに執着を持っており、生きるためにあらゆる努力をしている。

ハル・トリアゾラム=グランドル

グランドル国王の第1王子。
生誕時に受けた占いでは「無能な子」にあたる。人よりも何倍もの努力をした結果、勤勉で優秀(に見える)ようになった。
リコリスがミトラガイナから差し向けられた刺客だと判明すると辛辣な態度で接し、素手でロウソクを持たせるなどリコリスに数々の屈辱を与えるが、それでも音を上げず「生きるために努力をし続ける」というリコリスの姿勢に共感し、徐々に惹かれていく。

グランドル国王になりすますために長身術(骨をわざと折り、伸ばすという方法)を受けている。

マオ・エフェドラ=グランドル

グランドル国王の第2王子。
生誕時に受けた占いでは「守る子」にあたる。
ハルの毒見役を引き受けており、時折食事に混ぜられていた毒にあたって瀕死になっている。そのぶん毒についての耐性はある程度あり、(後で嘔吐や痙攣などに見舞われるが)リコリスに触れたりすることができる。
毒見役の報酬としてハルから金貨の支払いを受けている他、メイドたちと賭け事をして得た勝ち金を国のはずれの洞窟の中に隠している。

「ハルを国王にする」ということに並々ならぬ執着を持っており、そのためならハル自身の意思を無視することもしばしばある。
生誕時に受けた占いによって、国を滅ぼす「災厄の子」とされ殺される運命にあったが、古臭い占いを嫌うグランドル国王によって救われた。
自身に狂気的な部分があることは自覚しており、自分の狂気を正気に転換するためにハルを王にしようとしている。

カイト・ユビデカレノン=グランドル

グランドル国王の第3王子。
生誕時に受けた占いでは「優秀な子」にあたる。
天賦の才を持っており、特に得意なのはカラクリなどの複雑な仕掛けを解くこと。小さい頃、父に渡された仕掛け箱を一瞬で解き、組み替えて「絶対に開けられない箱」を作った。グランドル国の水門を開閉する複雑な13個の鍵も自力で解いており、その先に捕らえられていたグランドル国王(父)を発見した。

勉強中の板書のノートも上下逆さに書く(そして正解する)など、異様な才能を持っているが、この才能が周囲にばれたらハル、マオと引き離されると察し、小さい頃から自らの才能を抑制してきた。
ただそのことはマオにはばれており、「嫌な奴」と疎まれている。

そうして抑圧してきた結果、心が何処か歪んでしまった。
「無能な子」として完璧になりすませてしまったため、また生殖能力もない上に王位継承権の低い第3王子だからと誰からも関心を持たれなくなってしまった。「誰かに関心を持って欲しい」と歪んだ心が悲鳴をあげた結果、小動物を殺害するなど狂気的な行動をするようになる。

グランドル国王 / イカルス・テガフール=グランドル

ハル、マオ、カイトの父にあたる。本名はイカルス。
元は庶民の出であったが、前王に反発して反乱を起こし王位についた。
破滅思想がちで、わざと危険に飛び込むなど狂的な部分がある。

自分の息子たちに「優秀な子」「守る子」「無能な子」と占いがくだされ、そのうち1人(マオ)が「災厄の子」となると診断された時もあえてマオを生かした。息子の命が惜しかったのではなく、「災厄の子」が生きることによってこのグランドル国に何が起きるのかを試し、その危機から脱するということがしたかったためである。
前王の息子であるガーレが自分を水門の独房に監禁し譲位を迫った時も、右手以外の四肢を潰されながらも平然としていた。
自らが死ぬことで息子のハルがグランドル国王になりすますだろうということを見越し、同時に「無能な子」であるハルに国は治められずどこかで破綻するだろうと見抜いてのことであった。やはりそれも自らの破滅思想によるものである。

国王就任直後、各国の王を招いた晩餐会で「グランドル王を脅かしてやろう」と画策した周辺国の王たちが王族に変装した囚人たちを晩餐会に出席させた。囚人たちの皿には毒が盛られており、毒で次々と囚人たちが死んでいく中、「自分の皿には毒がない」と確信したグランドル国王は涼しい顔で食事を続けたというエピソードが作中で語られる。

ガーレ・ドナウ=グランドル

グランドル前王の息子。
反乱によって王位を簒奪した現グランドル国王のことを憎んでおり、現グランドル国王を排除し王権を復活させようという「王族派」のひとり。
そのためにグランドル国王を誘拐し拷問にかけたが、頑としてグランドル国王は譲位を宣言しなかった。その時のやり取り、また反乱の時に見たグランドル国王の姿が脳裏に焼き付いており、たびたび彼の残した言葉に悩まされている。

妹にリーゼという少女がいる。リーゼは生まれつき耳が聞こえず、また喋ることができない。そのため相手の手のひらを自分の口に当てて口の動きで喋りたい内容を伝達する(相手の話すことを聞き取る時も自分の手のひらを相手の口に当てて読み取る)。
純粋無垢な妹には権謀術数の薄汚いところなど見せたくないガーレはあえて嘘をつき、欲望などない「きれいな世界」を演出している。
作中では、「あの女性(リコリス)と何を話していたの?」「庭の水仙が咲いたら分けてあげる約束をしているんだよ(実際はグランドル国王の暗殺の指示)」というやりとりが描かれている。

リーゼ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents