CLAYMORE(クレイモア)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『CLAYMORE』とは、 月刊ジャンプ・ジャンプスクエアで連載をした作者八木教広によるダークファンタジー漫画作品。2007年には監督田中洋之でアニメ化もされた。人に化け、人を喰う「妖魔」妖魔を倒すため人間は「組織」と妖魔を見極めることが出来る半人半妖の戦士を作りだした。その組織と戦士を人間は「クレイモア」と呼んだ。物語は主人公クレアが幼少期に妖魔から助けてもらった戦士テレサと一緒に旅をする中、テレサが殺されてしまいその敵を討つという物語だ。

『CLAYMORE』の名言・名セリフ

生きる意味を見つけた…これからはこいつのために生きてみることにするよ

主人公クレアを盗賊から守るため組織(人を喰う妖魔を倒すために作られた)の「戦士は人を殺してはいけない掟」を破ってしまった組織最強の戦士テレサ。粛清として仲間達に殺されなければならないが、テレサはそれを拒否し、仲間達を斬り捨てる。一緒に旅をする中で戦うだけの戦士テレサにできた大切な存在のために彼女は生きていくことを決める。たとえそれが組織を裏切り過酷な運命が待っていても。

あたしに…あたしの中にテレサの血と肉を

離反したテレサに対して、組織はテレサを討伐するために戦士4人を召集する。4人の内の一人のプリシラが覚醒(戦士が妖魔のようになってしまうこと。しかし強さは妖魔以上に強い)する。覚醒した時に不意をつかれたテレサが殺されてしまう。プリシラは仲間の3人も倒すがその場にいたクレアには見向きもせずに去っていった。
一人残され、ただ恐怖に支配されながらテレサの頭を抱えるクレア。そしてテレサの仇を討つために組織の男に言ったセリフ。
ここから彼女の戦士としての戦いが始まるのだった。

この大陸の地区の数は47…つまりこいつは現在いるクレイモアと呼ばれる戦士の中で一番最弱ってことなのさ

初の覚醒者狩りに参加するクレアだっだが、ナンバーを言った瞬間仲間のヘレンとデネブに笑われてしまう。クレアの旅に同行していたラキは「クレアをバカにするな」と怒りをあらわにするがヘレンはラキにナンバーのことを説明し始める。
戦士は大陸の地区ごとに1人ずつ配属される。ナンバーとはその戦士の強さの順位を表すものであり、少ない数ほど強くなる。
そしてこの漫画「クレイモア」の大陸の地区の数は47である。つまりクレアはクレイモアの戦士の中で最弱である。

クレアが最弱されている理由としてはテレサの血肉を体に入れたこと。戦士は元々は妖魔の血肉を体に入れるため半分は人間、半分は妖魔となるのだが、テレサの血肉を体に入れたクレアは妖魔の血肉を四分の一しか入れてないのである。そのため力やスピードなどは通常の戦士よりかなり落ちてしまうのだ。

あの時の事を全て忘れて人として生きていけるほど私は強くなかった

元テレサ討伐隊の戦士だったイレーネは、戦士になったクレアに対して「テレサの事を全て忘れて人のまま生きていけばいいものを」とテレサの敵を討つことを諦めるよう諭す。しかしあの時のクレアにとってテレサは恩人であり全てだった。生も言葉も生きる喜びもテレサが取り戻した。その事を全部忘れて人のまま生きていく強さはクレアにはなかった。
それを聞いたイレーネは覚醒したプリシラと闘う資格があると認め、自分の技である「高速剣」を教えた。

生きろクレア。お前がこうして生きている事こそがテレサが存在していたというたったひとつの証しなのだから…

イレーネはクレアが「テレサが死んだのは自分のせいだと思っている」ことを見抜きます。確かにクレアと出会いテレサは戦士としての資質を欠きその結果死んでしまった。しかしテレサはクレアと過ごした時間は短くても安らかで満たされた人間らしい濃密な時間だったはずと、生きてテレサの生きていた証になれとイレーネは語ります。
そしてイレーネはクレアに自分の右腕を授け生きて待つことを約束し、クレアが旅立つのを見送ります。

すまない…お前の魂は共にもってゆく

戦士オフィーリアは瀕死の末、覚醒者になってしまいクレアの前に立ちはだかる。追い込まれるクレアだったが、オフィーリアは水面に映る自分の姿に困惑。実はこの時まで自分が覚醒したことに気がついていなかった。オフィーリアが泣き叫ぶ中「私は兄の敵討ちのために一本角の化け物(プリシラ)に復讐したかっただけ」と言う。そこでクレアはオフィーリアも自分と同じ目的のために闘っていたことを知る。クレアが「高速剣」で反撃し、「自分がプリシラの首を刈る」と言い、覚醒したオフィーリアと戦うのであった。

あきらめるな。たとえ棘の道でも私と共に歩むんだ

三強の覚醒者「深淵の者 西のリフル」に拷問された戦士ジーンは肉体が覚醒してしまったが、強靭な精神力で自分の身体をおさえこむ。助けにきたクレアに「もう抑えられないから人のまま殺してくれ」と頼むが、クレアは殺さず人間に戻るよう試みる。クレアもまた一度覚醒して人間に戻ることができたことと戦士ガラテアに限界に解放した妖力を元に戻してもらったことから、それをクレアはジーンに試みる。
結果無事に成功しジーンは人間に戻ることが出来た。そしてこの後もジーンはクレアに恩を返そうと旅について行くことになる。

我々はいずれ砕かれる北の城壁…つまりただの捨て駒だ

go-1164416744569585310030
go-1164416744569585310030
@go-1164416744569585310030

Related Articles関連記事

CLAYMORE(クレイモア)のネタバレ解説・考察まとめ

CLAYMORE(クレイモア)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLAYMORE(クレイモア)』とは、八木教広原作のダークファンタジー漫画である。中世ヨーロッパ的な世界を舞台に、半人半妖の女戦士たちが妖魔や覚醒者などの人外の存在と戦う姿が描かれている。主人公クレアの成長や女戦士たちの生き様などバトルシーン以外にも見どころが多く、美麗な女戦士や覚醒者のデザインの素晴らしさが評価されている。壮大な世界観と重厚なストーリーが上手くまとめられており、非常に読み応えのある作品となっている。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

目次 - Contents