CLAYMORE(クレイモア)の名言・名セリフまとめ

Maxresdefault

『CLAYMORE』とは、 月刊ジャンプ・ジャンプスクエアで連載をした作者八木教広によるダークファンタジー漫画作品。2007年には監督田中洋之でアニメ化もされた。人に化け、人を喰う「妖魔」妖魔を倒すため人間は「組織」と妖魔を見極めることが出来る半人半妖の戦士を作りだした。その組織と戦士を人間は「クレイモア」と呼んだ。物語は主人公クレアが幼少期に妖魔から助けてもらった戦士テレサと一緒に旅をする中、テレサが殺されてしまいその敵を討つという物語だ。

『CLAYMORE』の名言・名セリフ

生きる意味を見つけた…これからはこいつのために生きてみることにするよ

Claymore6

主人公クレアを盗賊から守るため組織(人を喰う妖魔を倒すために作られた)の「戦士は人を殺してはいけない掟」を破ってしまった組織最強の戦士テレサ。粛清として仲間達に殺されなければならないが、テレサはそれを拒否し、仲間達を斬り捨てる。一緒に旅をする中で戦うだけの戦士テレサにできた大切な存在のために彼女は生きていくことを決める。たとえそれが組織を裏切り過酷な運命が待っていても。

あたしに…あたしの中にテレサの血と肉を

Ws000066

離反したテレサに対して、組織はテレサを討伐するために戦士4人を召集する。4人の内の一人のプリシラが覚醒(戦士が妖魔のようになってしまうこと。しかし強さは妖魔以上に強い)する。覚醒した時に不意をつかれたテレサが殺されてしまう。プリシラは仲間の3人も倒すがその場にいたクレアには見向きもせずに去っていった。
一人残され、ただ恐怖に支配されながらテレサの頭を抱えるクレア。そしてテレサの仇を討つために組織の男に言ったセリフ。
ここから彼女の戦士としての戦いが始まるのだった。

この大陸の地区の数は47…つまりこいつは現在いるクレイモアと呼ばれる戦士の中で一番最弱ってことなのさ

20180514 210806

初の覚醒者狩りに参加するクレアだっだが、ナンバーを言った瞬間仲間のヘレンとデネブに笑われてしまう。クレアの旅に同行していたラキは「クレアをバカにするな」と怒りをあらわにするがヘレンはラキにナンバーのことを説明し始める。
戦士は大陸の地区ごとに1人ずつ配属される。ナンバーとはその戦士の強さの順位を表すものであり、少ない数ほど強くなる。
そしてこの漫画「クレイモア」の大陸の地区の数は47である。つまりクレアはクレイモアの戦士の中で最弱である。

クレアが最弱されている理由としてはテレサの血肉を体に入れたこと。戦士は元々は妖魔の血肉を体に入れるため半分は人間、半分は妖魔となるのだが、テレサの血肉を体に入れたクレアは妖魔の血肉を四分の一しか入れてないのである。そのため力やスピードなどは通常の戦士よりかなり落ちてしまうのだ。

あの時の事を全て忘れて人として生きていけるほど私は強くなかった

Ws000085

元テレサ討伐隊の戦士だったイレーネは、戦士になったクレアに対して「テレサの事を全て忘れて人のまま生きていけばいいものを」とテレサの敵を討つことを諦めるよう諭す。しかしあの時のクレアにとってテレサは恩人であり全てだった。生も言葉も生きる喜びもテレサが取り戻した。その事を全部忘れて人のまま生きていく強さはクレアにはなかった。
それを聞いたイレーネは覚醒したプリシラと闘う資格があると認め、自分の技である「高速剣」を教えた。

生きろクレア。お前がこうして生きている事こそがテレサが存在していたというたったひとつの証しなのだから…

20180501 112613

イレーネはクレアが「テレサが死んだのは自分のせいだと思っている」ことを見抜きます。確かにクレアと出会いテレサは戦士としての資質を欠きその結果死んでしまった。しかしテレサはクレアと過ごした時間は短くても安らかで満たされた人間らしい濃密な時間だったはずと、生きてテレサの生きていた証になれとイレーネは語ります。
そしてイレーネはクレアに自分の右腕を授け生きて待つことを約束し、クレアが旅立つのを見送ります。

すまない…お前の魂は共にもってゆく

20180501 112424

戦士オフィーリアは瀕死の末、覚醒者になってしまいクレアの前に立ちはだかる。追い込まれるクレアだったが、オフィーリアは水面に映る自分の姿に困惑。実はこの時まで自分が覚醒したことに気がついていなかった。オフィーリアが泣き叫ぶ中「私は兄の敵討ちのために一本角の化け物(プリシラ)に復讐したかっただけ」と言う。そこでクレアはオフィーリアも自分と同じ目的のために闘っていたことを知る。クレアが「高速剣」で反撃し、「自分がプリシラの首を刈る」と言い、覚醒したオフィーリアと戦うのであった。

あきらめるな。たとえ棘の道でも私と共に歩むんだ

20180501 112527

三強の覚醒者「深淵の者 西のリフル」に拷問された戦士ジーンは肉体が覚醒してしまったが、強靭な精神力で自分の身体をおさえこむ。助けにきたクレアに「もう抑えられないから人のまま殺してくれ」と頼むが、クレアは殺さず人間に戻るよう試みる。クレアもまた一度覚醒して人間に戻ることができたことと戦士ガラテアに限界に解放した妖力を元に戻してもらったことから、それをクレアはジーンに試みる。
結果無事に成功しジーンは人間に戻ることが出来た。そしてこの後もジーンはクレアに恩を返そうと旅について行くことになる。

我々はいずれ砕かれる北の城壁…つまりただの捨て駒だ

20180501 113907
keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents