魔法少女 俺(第2話『魔法少女☆オレ』)のあらすじと感想・考察まとめ

桃拾を助けるために、さきは魔法少女になった。変身した姿は、鍛え上げられた成人男性そのもの。しかも可憐な衣装を身につけていた。戸惑いながら腕力で妖魔を叩きのめしすさきの一部始終を、マネージャーと桜世が見ていた。
今回は「魔法少女 俺」第2話『魔法少女☆オレ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「魔法少女 俺」第2話『魔法少女☆オレ』のあらすじ・ストーリー

返り血を浴びた魔法少女オレ(右)と妖魔の死体の山で一服するココロちゃん

筋骨隆々の魔法少女となったさきは動転する。ココロちゃんは、「戦闘には男の体の方が適してるやろ」「魔法少女なんやから(衣裳は)可愛い方がエエやろ」と理屈をつけて、とりつくしまもない。シュールな姿になってしまったことより、何かのはずみで桃拾に正体がばれることを、さきはおそれた。一刻も早く桃拾を救いだし、この状況を打破するために、さきはやけになった。半泣きで「正義の通りすがりの魔法少女カッコ男!」と高笑いするさきに、ココロちゃんはやる気を出したと大喜びである。
心では「早く帰りたい」とべそをかきながら、さきは素手で妖魔に立ち向かう。さきの筋肉の鎧は伊達ではなく、鍛え抜いたファイターのような目覚ましい動きで、妖魔をなぎ倒すことができた。しかし、多勢に無勢で、素手で戦うことに限界を感じたさきは「もう!埒が明かない!何かないの!?敵を一気にやっつけるマジカルアイテムとか!」とココロちゃんに助けを求める。「その髪留めのピン抜いて投げろ!」というココロちゃんのアドバイスに従って投げたヘアピンは、マジカル手榴弾だった。キノコ雲を発生させるほどの大爆発にさきは怯えて、初心者向きの武器を要求する。ココロちゃんがしぶしぶ出してくれた可愛い杖は、何の機能も持たないただの棒だった。さきは涙ながらに杖でひたすら殴り続け、血まみれになって妖魔を撲殺し続けた。

魔法少女に感動するマネージャー (右)と桜世(左)

生生しく泥臭い初陣が終わり、さきは「こんなの全然マジカルじゃないよ」と青ざめていた。ココロちゃんは「ファンシーなのは威力以外というのがこの業界の鉄則や」と、なにやら渋いことを煙草の煙とともに吐き出した。ひとしきり、泣き言を言ってじたばたしたさきは、桃拾がいることを思い出した。
桃拾に名前を問われて、さきは苦しまぎれに「オレはオレです」とはぐらかした。しどろもどろのさきの返答に満足したのか、桃拾は、何度も振り返って感謝のおじぎをしながら帰っていった。うまくごまかせたとほっとするさきは、ココロちゃんも消え、桜世とマネージャーがいることに気付く。
桜世とマネージャーは、ココロちゃんに引きずられて家に入ったさきを心配して、ずっと後をつけていたのだった。もちろん、家を飛び出したさきが、道の中心で桃拾への愛を叫んだ変身シーンも、桜世とマネージャーは目にしていたのだ。
マネジャーは感涙にむせび、自分が魔法少女ヲタクであると告白した。マジカルマネージャーとして、魔法少女となったさきも支援するとも約束する。さきは女装男として晒されることを避けたいが、桜世も魔法少女を気に入っているようである。浮かれているマネージャーは、魔法少女を本名のさきで売り出そうとするが、「オレの正体バレバレでしょう」と、さきは拒む。マネージャーは「オレ」ちゃんを気に入り、さきを「魔法少女オレ」と命名してしまう。桜世とマネージャーは、魔法少女誕生の祝賀会になだれこんでいった。さきは、周囲が魔法少女でいることを望んでいると思い知らされ、もう後戻りできないとあきらめた。
その三人の様子を、謎の男が物陰から見ていた。

幼いころの思い出。さきをおんぶする桃拾と桜世。

翌朝、さきは憔悴しきっていた。一晩経ってやっと変身はとけたが、食欲はなかった。母親の用意してくれたさっぱりしたお茶漬けを食べながら、さきはいつもより早めに家を出た。
登校前に、今後のことを話し合っておこうと、さきは桜世の家に向かった。桜世の家にさしかかると、桃拾が出かけるところだった。さきは、緊張と、昨日の魔法少女のことがばれたくない乙女心にさいなまれ、電信柱の陰で見送ることしかできない。
さきには悔しいことに、兵衛が桃拾を迎えに来た。兵衛は、STAR☆PRINCEの片割れであり、仕事のパートナーとして桃拾と常に行動をともにしている。さきにとって、兵衛は桃拾を独占する憎い天敵・ミスターキングトンビでしかない。身悶えするさきに、家を出てきた桜世が声をかけた。気がついて振り返った桃拾に、さきは挨拶することができた。芸能界の先輩である兵衛にも、不本意ながらさきは挨拶をしなければならなかった。兵衛は、さきを獣のような眼光で桃拾を狙うストーカー扱いし、見せつけるように桃拾の肩を抱いて去っていった。
二人になると、桜世はさきに、桃拾がいつから好きだったのかとたずねる。さきは、子どもの頃に桜世と山中で迷子になった話をする。探しに来た桃拾は、怪我をしたさきをおんぶしてくれた。そのとき、「桃拾ちゃんに辛い思いをさせない。これからは私が桃拾ちゃんを守る」と、さきは自分に誓ったのだ。その話を聞いて、桜世は、「そうだったね…でも私には二人の応援はできない」と口にした。そして、さきから逃げるように「ごめん!忘れ物したみたい。今日は先行ってて!」と行ってしまった。さきは、桜世が実兄と友人の恋が複雑なのは当然だと納得し、自分のデリカシーのなさを反省する。

桃拾をめぐってチクチク嫌味をやりとりする兵衛とサキ(右)
左から桃拾・桜世・兵衛

電柱に頭をガンガンぶつけて、桜世と桃拾のことで悩むさきの前に、ココロちゃんが現れた。強面のまま二頭身で羽をつけたココロちゃんに、さきは度肝を抜かれる。愛くるしいマスコットらしい携帯サイズになったというが、さきには、魔法界のセンスは理解できない。
ココロちゃんは、妖魔出現を告げに来たのだった。妖魔は、一人になった桃拾をターゲットにしていていた。先回りすれば、桃拾が妖魔の遭遇を食い止められるという。昨日に続いて桃拾が狙われたのは理由があると、ココロちゃんは推察している。いつも桃拾にべったり貼りついている兵衛が肝心なときにいないことを、さきは毒づいた。そして、さきは、「桃拾ちゃんを守るんだ。たとえ男になったとしても」と覚悟を決めて、魔法少女オレに変身した。

魔法少女オレ( さき) を助けようとする桜世。

高架下に現れた妖魔は、蛸のような触手の下半身を持っていた。連日妖魔が現れることは滅多にないため、ココロちゃんは武器を用意していなかった。魔法少女オレは、ヒップアタックをする暇もなく、触手に捕われる。触手は、容赦なく魔法少女オレにはずかしめを与え続ける。
オレことさきを助けようとしたのは、桜世だった。触手にパンツ丸見えにされる魔法少女オレを見つめながら、「兄さんを守るのがさきなら、さきを守るのは私だから!さっきはごめんね…」と桜世は謝る。「ありがとう、桜世」と、苦しいながら微笑みかける魔法少女オレことさきに、桜世はきゅんとした。
ココロちゃんは、桜世にラブ☆パゥワ~を感じる。ココロちゃんに「おまえ、できんのか?」と雑にたずねられて、桜世は頷いた。昨日、さきの変身を見ていた桜世は、自分が何をすればよいのかわかっていた。
「私はさきが…好き!!」と叫びながら、桜世は魔法少女になり、オレを触手から奪取した。変身した桜世にお姫様抱っこされたオレは、親友の告白に呆然とするだけだった。
高架下の戦闘を柱の影から見ていた男が、「二人目誕生」と呟いた。

「魔法少女 俺」第2話『魔法少女☆オレ』の感想・考察

「魔法少女 俺」の動画放送情報

地上波・BS・CS 放送スケジュール

AT-X 4月2日(月)22:00~ 水曜日14:00~/土曜日6:00~/日曜日25:30~
TOKYO MX 4月2日(月) 25:40~
サンテレビ 4月6日(金) 24:30~
KBS京都 4月8日(日) 23:00~

その他配信系 配信スケジュール

dアニメストア4月2日(月)25:40

4月6日(金)0時
AbemaTV
Amazonプライム・ビデオ
FOD
Google Play
YouTube
J:COMオンデマンド
ビデオパス
みるプラス
NETFLIX
楽天TV
GYAO!
ひかりTV
ニコニコチャンネル
Paravi
ビデオマーケット
あにてれ
ゲオTV

4月6日(金) 21時30分
ニコニコ生放送

4月6日(金)以降順次配信
Play Station Video
HAPPY!動画
U-NEXT
アニメ放題
ふらっと動画
バンダイチャンネル
TSUTAYA TV
GYAO!ストア

cocoa13
cocoa13
@cocoa13

Related Articles関連記事

魔法少女 俺(第3話『魔法少女☆増えた』)のあらすじと感想・考察まとめ

桜世はさきを助けるために、魔法少女になった。幼少時代と思い出を語り、桜世はさきを情熱的に口説きはじめる。マネージャーが隠し撮りした魔法少女の動画は、全世界に配信され、メディアで取り上げられるようになる。 今回は「魔法少女 俺」第3話『魔法少女☆増えた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第6話『魔法少女☆温泉営業』)のあらすじと感想・考察まとめ

魔法少女の活動が注目されるなか、さきと桜世は、久しぶりにマジカルツインとして営業に出た。仕事が終わり、温泉で羽を伸ばすさきは、風呂場で桃拾と鉢合わせし、魔法少女になってしまう。ラッキースケベに浮かれるさきは、この後、長い試練が待っていることを知る由もなかった。 今回は「魔法少女 俺」第6話『魔法少女☆温泉営業』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第9話『魔法少女☆また増えた』)のあらすじと感想・考察まとめ

PRISMAはデビュー5年目にして、人気にかげりが出はじめた。世代交代の時期だと半ば諦め気味の瑠可に対して、未散はトップアイドルの座を守り続けたい。飛ぶ鳥を落とす勢いのMAHO☆SHOJOをうらやみ、PRISMAも魔法少女になりたいと思う。 今回は「魔法少女 俺」第9話『魔法少女☆また増えた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第1話『魔法少女☆変身』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきは駆け出しアイドルとして、あわただしい日々を過ごしていた。ある日怪しい男が現れ、母親から衝撃の事実を知らされる。そして、大好きな桃拾が妖魔に襲われるピンチ到来に、さきは魔法少女になるという選択を迫られる。 今回は「魔法少女 俺」第1話『魔法少女☆変身』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第4話『魔法少女☆対改造人間』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきと桜世は、魔法少女アイドル『MAHO☆SHOJO』としてTV収録に臨む。TV局で桃拾に会えて浮かれるさきだが、ADが桃拾にも自分にもつきまとってくる。この奇妙な姿のADは改造人間を名乗り、魔法少女オレの正体まで知っていた。 今回は「魔法少女 俺」第4話『魔法少女☆対改造人間』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第7話『魔法少女☆レッスン』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドルMAHO☆SHOJOとしての活動は絶好調だった。それに比例するように妖魔の出現率も増え、悪循環でさきはヘトヘトだった。メジャーCDデビュー決定で生気を取り戻したさきだが、このところの練習不足が不安だった。桜世とさきは、マネージャーとともにカラオケボックスで練習をすることになる。 今回は「魔法少女 俺」第7話『魔法少女☆レッスン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『魔法少女 俺』とは、毛魂一直線原作の漫画、及びそのアニメ作品である。 さきは、アイドルユニット・マジカルツインとして、親友の桜世と奮闘していた。片想いの相手である桃拾を妖魔から助けるため、さきは魔法少女として戦うことになる。桜世も、さきを守るために魔法少女になる。ただし、魔法少女とは名ばかりで、二人は可愛らしいコスチュームに身を包んだ屈強な男性に変身するのだった。

Read Article

魔法少女 俺(第5話『魔法少女☆旅行中』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきたちが修学旅行先の沖縄を満喫しているころ、首都圏は怪獣チヂラに襲われていた。チヂラの東京上陸を阻止するため、政府は対策本部を立ち上げる。チヂラ誕生には、日本のアニメーション業界の闇と、人命が関わっていることが判明する。うろたえるだけの対策本部に、アニメ納品請負人を自称する六人の男が現れる。 今回は「魔法少女 俺」第5話『魔法少女☆旅行中』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第8話『魔法少女☆握手会』)のあらすじと感想・考察まとめ

MAHO☆SHOJOは、PRISMAやSTAR☆PRINCEと合同握手会に臨む。さきの母親・さよりも授業参観気分でやってきた。母親の体の心配と、桃拾あるところに妖魔ありの予感が重なって、さきは気が気でない。会場は、さよりが倒れ、妖魔がイベント参加者を襲うという最悪の事態となった。 今回は「魔法少女 俺」第8話『魔法少女☆握手会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents