ダーリン・イン・ザ・フランキス(第7話『流星モラトリアム』)のあらすじと感想・考察まとめ

グーテンベルクとの激闘の功績が称えられ、休暇が与えられた13都市部隊。彼らは叫竜の脅威もない環境の中で、日々の戦闘や訓練の疲れを癒すかのように、海水浴を楽しんでいた。しかし、ふと立ち寄った洞窟の先には、かつて人間が暮らしていたと思わしき「都市」の残骸があった。
今回は「ダーリイン・イン・ザ・フランキス」第7話『流星モラトリアム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第7話『流星モラトリアム』のあらすじ・ストーリー

13都市が重要監視対象都市になったことについて話し合うナナとハチ

「あの落第寸前の特殊検体にこんな能力があったとはのう」と言う七賢人の一人。ゼロツーと乗ったヒロの覚醒は、たとえ彼らでも予測できなかったらしい。
すると別の七賢人が「全く...最初から円滑にやってくれればよかったものを」と言った。しかしそれには別の七賢人が反論。「ようやく娘のくだらん婿探しも落ち着いたんだ。喜ばしいことじゃないか。」「だが、今後も『監視』が必要ということに変わりはない。」
最終的に13都市は「最重要特別監視対象都市」に認定された。そしてヒロには、ゼロツーを「グランクレパス」と呼ばれる場所に連れて行かなければならないようだ。またそれは、七賢人の悲願でもあった。
一方ナナは、13都市が特別監視都市に認定されたことに違和感を覚えていた。しかしその違和感はハチの「APE直属のパイロットであるゼロツーが13都市のパラサイトとして配属されるんだ」という言葉によってかき消された。

初めて「泳げる」海に来たコドモたち。

26都市とのキッシングを無事に終えた13都市。先の戦闘でグーテンベルクを撃破した功績がたたえられた13都市部隊には、休暇が与えられていた。初めて見る海(プランテーション内に海はあるが『泳いでいい』海を見るのは初めて)に大はしゃぎのゾロメとフトシ。ヒロはすっかり元の調子を取り戻していた。ゼロツーの「一緒に乗ったパートナーは三度目で死ぬ」という噂も白紙に戻り、それによりヒロも正式なパラサイトに認められた。それはとても喜ばしいことなのだが、イチゴはどこか浮かない顔をしていた。しかしイチゴは「ヒロには彼女が必要だったんだと思う」と、ゼロツーをメンバーとして認め始めていた。
日頃の疲れを癒すかのように、海水浴を満喫するコドモたち。浜辺ではココロとミクがビーチバレーを楽しんでいた。その姿を海から眺めていたゾロメとフトシ、そしてゴロー。その横でヒロとゼロツーは二人だけの会話を楽しんでいた。「ダーリンがここまで連れてきてくれたんだよ?ボク、泳いでいい海なんて初めてなんだ。」というとヒロの肩を掴み、「ダーリンはボクの『翼』でしょ?ダーリンと一緒なら、ボクはどこにだって行ける。ねぇダーリン、これからはボクたち、ずっと一緒だよね?」と言った。その言葉にヒロは「感情までは食われるな」とフランクス博士に忠告されていたことを思い出していた。
ゼロツーはヒロに「ダーリンとボクはね、一線を越えたんだよ」と言うと、彼の頬を一舐めした。ゼロツーは「キスされると思った?キスはね、『ボクの物』って証。だからダーリンは好きな人としかキスしちゃダメなんだよ」と笑って誤魔化す。それを聞いていたヒロは、「好き」がどういったものなのか見当がつかなかった。
するとヒロはいきなり海に引きずり込まれる。犯人はゾロメ、フトシ、ゴローの3人だった。海岸に上がるや否や「キスってなんだ?」と問い詰める三人。そこに岩陰からミクが現れ、「ちょっといい?」と皆を招集し、島の探検に乗り出す。

建物に入るコドモたち。
中はおろか、街にも人影はなかった。ゼロツーによれば「人が捨てた」のだという

皆が遊んでいる間、一人島を回り、洞窟を見つけたミツル。コドモたちはその中に入る。トンネルを抜けしばらく歩くと、そこにはかつて人間が住んでいたと推察される、荒廃した都市があった。市街地を探索したコドモたちは、丘の上に立つ赤い屋根の屋敷に入る。そこにはやはり人間は一人もおらず、腐った家具などが点在していた。その建物はコドモたちの住む寄宿舎に酷似しており、まるでそれをモデルにコドモたちの環境が作られているようであった。一方、産婦人科跡を訪れていたココロ。彼女はそこで「はじめての出産」という冊子を拾う。
しばらく街を歩いていたイチゴは「キス」と書かれている張り紙に目を留める。何か思うところがあるのだろうか、その前で微動だにしようとしない。そのとき「ボク、ダーリンとしたことあるよ」と背後からゼロツーが現れた。その言葉にイチゴは「私だって、したことあるよ」と反論する。しかしゼロツーは「キスってね、大切な人とするんだよ。その人はキミにとって大切な人なの?」と問い詰める。イチゴは、反論することができなかった。
探索は日暮れまで続いた。ミクは「もうミクつかれちゃった~」と地面にへたりこむ。コドモたちは「ここは生活の場で、かつて人間が住んでいた」と結論付けた。するとゼロツーは「捨てたんだよ。かつて人間が地上で生活し...そして捨てた。世界中にはあるんだよ。こんなところ」と呟くように皆に言った。

キャンプファイアーをするコドモたち。
ヒロとゼロツーがメンバーとして迎えられる夜でもあった

夜になり、バーベキューをするコドモたち。浜辺には「いつの間にか」食材から用具まで準備されていた。食後のキャンプファイアーの時、ヒロは「人間はなぜ地上を捨てたんだろう...」と疑問を口にし、さらに「もし、人間がマグマ燃料を掘り起こさなかったら…叫竜たちも現れなかったのかな」と続けた。昼間の荒廃したかつての都市、そしてコドモたちの住んでいる風景とあまりにも「似すぎている」廃屋を目の当たりにしたことで、この世界に対するヒロの疑念は深まるのであった。

夜の浜辺を歩く二人。
二人は昔、「ココ(ガーデン)を出たら『イチゴの星』を探しに行こう」と約束していた。

その夜。「眠るのがもったいなくて」と寝付けずにいたイチゴは、ヒロとともに浜辺を散歩する。「私はさ...リーダーとして頑張るから、ヒロもゼロツーだけじゃなくて、私のことも見ててほしい」と呟く。昼間、ゼロツーに「キスは特別な人とするものなんだよ」と教わったイチゴは「私...模擬戦でのヒロとのキスは特別なものだと思ってる。だから、私は、ヒロとずっと一緒に...」と言いかけると、ヒロが無数の流れ星を見つける。それはイチゴには、これからの13都市部隊へのエールのように見えたのだった。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第7話『流星モラトリアム』の感想・考察

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の動画放送情報

地上波・BS・CS 放送スケジュール

・TOKYO MX 土曜23:30~(初回放送:1月13日)
・とちぎテレビ 土曜23:30~(初回放送:1月13日)
・群馬テレビ 土曜23:30~(初回放送:1月13日)
・BS11 土曜23:30~(初回放送:1月13日)
・ABC朝日放送 土曜 26:29~(初回放送:1月13日)(*1)
・メ~テレ 土曜26:39~(初回放送:1月13日)(*2)(*3)
・広島ホームテレビ 木曜27:00~(初回放送:1月18日)(*4)(*5)
・BSS山陰放送 金曜26:18~(初回放送:1月19日)
・BBCびわ湖放送 月曜26;45~(初回放送:1月22日)
・AT-X 火曜23:30~(初回放送:1月6日)(*6)
(*1)第5話(2月10日放送分)、26:45~
(*2)第4話(2月3日放送分)、26:43~
(*3)第5話(2月10日放送分)、26:58~
(*4)第5話(2月15日放送分)、27:05~
(*5)第5話(2月15日放送分)、27:05~
(*6)第6話(2月22日放送分)、25:55~

その他配信系 配信スケジュール

・dアニメストア 1月16日より毎週火曜12:00~
・ニコニコチャンネル 1月16日より毎週火曜12:00~
・ニコニコ生放送 1月16日より毎週火曜23:30~
・AbemaTV 1月16日より毎週火曜23:30~
・GYAO! 1月16日より毎週火曜12:00~
・バンダイチャンネル 1月16日より毎週火曜12:00~
・Amazonビデオ 1月16日より毎週火曜12:00~
・ひかりTV 1月16日より毎週火曜12:00~
・U-NEXT 1月16日より毎週火曜12:00~
・Play Station® Video 1月16日より毎週火曜0:00~
・SBMアニメ見放題 1月16日より毎週火曜12:00~
・auビデオパス 1月16日より毎週火曜0:00~
・J:COMオンデマンド メガパック 1月16日より毎週火曜0:00~
・FOD 1月16日より毎週火曜12:00~
・Video Market 1月16日より毎週火曜12:00~
(Huluは配信時期未定)

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

RYUCCA
RYUCCA
@RYUCCA

Related Articles関連記事

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第11話『パートナーシャッフル』)のあらすじと感想・考察まとめ

過去にヒロとした約束がミツルを未だに苦しめていた。ミツルの気持ちや体調とは関係なくイクノとのコネクト値は低下していた。そこでパートナーシャッフルが行われる。ミツルはココロの志願によりフトシから逆恨みされココロに理由を聞こうとするが再び叫竜が襲来。戦闘中にジェニスタを強制起動させようとしたココロだったが、ミツルが止め、力を合わせる。13部隊の連携で叫竜を撃退するのだった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第11話『パートナーシャッフル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第2話『繋がるということ』)のあらすじと感想・考察まとめ

昨日の戦闘を受け、ヒロはゼロツーとフランクスに乗ることを決意する。ヒロはコクピットの中では自我を保っていなかったことが判明する。またゼロツーと乗るという事は、自ら死を選択しているとも言える。ヒロの死を防ぐにはどうすればいい、と一人思い悩むイチゴ。そんな時彼女は、「ヒロとフランクスに乗る」という、思い切った行動に出るのであった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第2話『繋がるということ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第5話『キミの棘、ボクのしるし』)のあらすじと感想・考察まとめ

26都市部隊との共闘戦線を引くことになった13都市部隊。しかし急造部隊故に彼らは「26都市部隊の保険」として置かれる。そのことに一同は憤るが、ヒロは「俺たちの力、見せつけてやろう」と皆を鼓舞する。一方、「死んだらその時だよ」と、彼の死を厭わないゼロツーにイチゴは「この人でなし!」と口を滑らせてしまう。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第5話『キミの棘、ボクのしるし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第9話『トライアングル・ボム』)のあらすじと感想・考察まとめ

パパからプレゼントが届き一時的な休息の時を過ごす中、ゴローはヒロと好きという感情について話をする。そんな中、叫竜が襲来。戦闘中デルフィニウムが捕らわれ、ゴローはイチゴを脱出させたものの、叫竜の体内に取り残されてしまう。強引な方法で救助にきたイチゴ。二人は脱出と同時に叫竜を撃退する。戦闘後ゴローは手作りの髪留めをイチゴに渡し、イチゴに自分の感情を告白する。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第9話『トライアングル・ボム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第12話『ガーデン/始まりの庭』)のあらすじと感想・考察まとめ

13部隊は検査のためラボを訪れていた。検査を抜け出したコドモ達はガーデンで、パラサイトが戻ってくる事はないという事実を知る。メンテナンスを受けていた9'sからイチゴはゼロツーの事を聞く。湖の畔でヒロはゼロツーに告白する。叫竜との戦闘中にストレリチアは暴走し、ヒロはコックピット内でゼロツーに首を絞められてしまう。ゼロツーの意識が流れ込み、その情景にヒロはある少女を思い出す。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第12話『ガーデン/始まりの庭』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』とは、矢吹健太郎による漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。遠い未来で産まれたヒトである「コドモ」はここで生きるため叫竜と戦うことを宿命とされた。その一人「Code:016」は、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女「Code:002」に出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第3話『戦う人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

"戦う事しか知らない"ヒロは、ゼロツーの協力を仰ぐことでフランクスに乗ろうと決意する。しかし仲間のピンチにヒロは「ミツルと乗ってくれ」と言ってしまう。後にそれは、彼を危険にさらすこととなる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第3話『戦う人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヒロは「グーテンベルク級」と呼ばれる大型叫竜との闘いの最中、瀕死の重傷を負い、意識を失ってしまう。たとえ独りになっても叫竜を倒そうと、必死の抵抗を試みるゼロツー。その中でヒロは意識を取り戻し、叫竜を撃破する。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第10話『永遠の街』)のあらすじと感想・考察まとめ

同じ夢を何度も見ると語るゾロメ。パパから勲章を与えられることになった13部隊。自分達が守る街を初めて目にしたコドモ達は興奮する。授与式は粛々と終わり帰り道でゾロメは皆とはぐれてしまう。そこでゾロメはあるオトナと出会い話をする。そのオトナに懐かしさを覚えるゾロメだが、話の途中で迎えが来てしまう。そしてゾロメは考えていたことも、オトナのことも忘れてしまい、夢さえも見なくなった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第10話『永遠の街』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第13話『まものと王子様』)のあらすじと感想・考察まとめ

叫竜との戦闘中。ゼロツーとヒロの意識が混ざり合い、二人は回想していた。 幼い頃にヒロとゼロツーはラボで出会っていた。部屋に閉じ込められたゼロツーを連れ出したのがヒロだった。二人はオトナからの逃避行を続けるが結局捕まり、記憶は消去されてしまう。 しかし戦いの最中で思い出す。ヒロは「君が絵本の女の子だったのだね」と言い、それを聞いたゼロツーは涙を流していた。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第13話『まものと王子様』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第1話『独りとヒトリ』)のあらすじと感想・考察まとめ

フランクスのパイロットであるパラサイトとして不適合とされ、落第を言い渡された少年・ヒロは、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女・ぜロツーと出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第1話『独りとヒトリ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第4話『フラップ・フラップ』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦う事しか知らないヒロは、ゼロツーと乗る決意をする。例えそれが、彼の身を削ることになろうとも。それを聞いたイチゴは、チームリーダーとしての信念の元、ある一つの決意をする。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第4話『フラップ・フラップ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第8話『男の子×女の子』)のあらすじと感想・考察まとめ

突如訪れた「思春期」により、13都市部隊は分裂する。ゼロツーも「人間らしい喧嘩をしてみたい」と思春期の戦いに参加する。ナナに喝を入れられ、冷静になるコドモたち。そんな矢先、ミクが行方不明になってしまう。とある部屋で彼女を見つけたコドモたちは、そこで重大な事実を知ることになる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第8話「男の子×女の子」の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents