PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。
舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

ゴジによって開発されたロボット。
口から大量のゴキブリを出し、そのゴキブリたちを使って相手を攻撃したり、対象を捜索したりする。

事件関係者

アレクサンダー大統領

トラキア合衆国の大統領。自身のブレーンであるDr. ルーズベルトを信頼しており、重大な決断をするときには彼に頼っている。

「トラキア合衆国を最強の国家にする」という目的を持っている。
第39次中央アジア戦争前、ロボット研究開発において他国に後れを取っていたトラキア合衆国とは対照的に、強大なロボット軍事力を持っていたペルシア王国を警戒していた。ペルシア王国のロボット軍事力の強化を防ぐ目的で、国連にて「大量破壊ロボット製造禁止条約」を提唱し、承認される。
その後、「ペルシア王国は大量破壊兵器を持っている可能性がある」ということを口実にペルシア王国との間で第39次中央アジア戦争を実行する。

トラキア合衆国の脅威となりうる、ゲジヒトら世界最高水準の7体のロボットのことも警戒しており、彼らの暗殺を試みる。
第39次中央アジア戦争後、カラ・テパ刑務所に拘束されたダリウス14世と密かに連絡を取り、ペルシア王国を滅ぼした第39次中央アジア戦争に加担した世界最高水準の7体のロボットを憎む彼に対し、7体のロボットを暗殺するようそそのかした。
7体のロボットの死後、トラキア合衆国は永遠に発展すると思いあがるが、直後にエデン国立公園の地下のマグマの中に惑星改造ロボット・ボラーが仕掛けられており、トラキア合衆国どころが地球滅亡の危機であることを知り、動揺する。

プルートウによりボラーが殺害され、地球滅亡の危機を脱した後、自身の傲慢が地球の危機という一大事を招いてしまったということに気づき、意気消沈する。
その後、拘束されていた施設を脱走し、アレキサンダー大統領とDr. ルーズベルトのもとにやってきたブラウ1539により殺害されそうになるものの、アレキサンダー大統領の体温に触れ、彼に「心」を感じたブラウ1539により解放される。

ダリウス14世

ペルシア王国の元国王。
悪の独裁者というイメージが強いが、実際は自分に忠実な国民にはとてもやさしい男だったらしい。
砂漠に覆われたペルシア王国を緑化させることが夢で、環境開発ロボットとしてボラーを開発させていた。ボラーの開発の際の失敗作である大量のロボットの死骸をあるモスクの地下に置いており、ボラー調査団がこの死骸を発見したことにより、トラキア合衆国が「ペルシア王国は大量破壊兵器ロボットを保持している」とでっち上げ、第39次中央アジア戦争が始まった。

第39次中央アジア戦争によりペルシア王国を壊滅させたトラキア合衆国と、第39次中央アジア戦争に深く関わった世界最高水準の7体のロボット、そして戦争のきっかけとなった大量のロボットの死骸を発見したボラー調査団を憎んでいる。
ペルシア王国の敗戦がほぼ確定し、王宮が崩落する直前、ゴジが作り上げたプルートウに対して7体のロボットの殺害を命じる。ゴジには、ボラー調査団のメンバーの殺害とトラキア合衆国を制裁することを命じた。

第39次中央アジア戦争終戦後は、トラキア合衆国の管轄であるカラ・テパ刑務所に収容される。
長期間にわたる収監生活により、恰幅のよかった体型は別人のように痩せこけており、獄中や法廷にて、プルートウやゴジによる一連の事件において殺害あるいは殺害未遂の被害にあった人物の名前を繰り返しつぶやく、収監されている房の壁に花畑の落書きをする、「進化の過程」「お花畑」「神に愛されたロボット」などの語を用いて意味不明な発言をするなどの奇行を繰り返している。

事件の捜査のためゲジヒトが面会に来た時に舌をかみ切り、自殺を図るものの一命をとりとめる。
トラキア合衆国大統領であるアレキサンダー大統領を憎んでおり、通信にて彼に呼び出された時、「復讐の炎に焼きつくされるであろう」と吐き捨てる。

また、アブラー博士こと、アブラー博士の世界への憎しみにより目覚めたロボット・ゴジが世界を滅ぼそうとしていることにも感づいるようであり、法廷にてボラーの影響による強い地震に襲われた際には「アブラーの仕組んだ復讐からは誰も逃れられないだろう」と発言している。

Dr. ルーズベルト

アレクサンダー大統領のブレーンとして活躍するロボット。他者とのコミュニケーションの際はテディベアの形の端末を用いている。
ゲジヒトやアトムの人工知能の数千倍もの容量を持つ、極めて優秀なコンピューターである。

「自分以外はすべて敗者で愚者で死者」「人間はロボットの下僕」と発言するなど、残虐で傲慢な面を持ち、ともに活動しているアレキサンダー大統領のことも手駒の1つとしか考えていない。
アレキサンダー大統領とともに、世界最高水準の7体のロボットの殺害の手引きを行っていた様子である。

ボラーにより地球上のほとんどの生物が滅ぼされるという情報を知った時も、「生物ではない自分たちロボットは生き残る」という理由で落ち着いており、人間などの多くの生物が死ぬというということにも全く動じなかった。

エピローグにて、拘束されていた施設を抜け出し、自分とアレキサンダー大統領の元へやってきたブラウ1589に、彼を突き刺していた巨大な槍を投げつけられる。

ブラウ1589

8年前に人間を殺害したことにより、ベルギーの「人工知能矯正キャンプ」という施設にて身動きが取れない状態で拘束されているロボット。
配線が露出している状態にまで破壊され、さらに大きな槍が刺さっているというボロボロの姿で施設の壁につながれている。
ロボットは人間を殺害できないよう設計されているにもかかわらず、史上初にして唯一人間を殺害したロボットだとして、人間たちから恐れられていた。

数々の人間やロボットを殺害しているロボット・プルートウを捜査しているゲジヒトに、プルートウと同じく人間を殺害したロボットとして関心を持たれていた。
なぜか、プルートウの目的が7体の世界最高水準の7体のロボットらの殺害であることや、アレキサンダー大統領のブレーンとしてDr. ルーズベルトが活躍していることなど、プルートウによる一連の事件の重要な手掛かりとなるような事実を見抜いており、面会に来たゲジヒトにそれらの情報を教えている。

ゲジヒトとメモリーチップを交換し、ゲジヒトが過去に殺人を犯しているもののユーロポールによって殺人の記憶が消去されているということを知る。
アトムとは旧知の仲であるようで、ゲジヒトの死後、面会に訪れたアトムに対し「少し大人びた」と言っている。

エピローグにて施設を脱走し、アレキサンダー大統領とDr. ルーズベルトのもとを訪れる。2人を殺害しようとするものの、「心がある」と判断したアレキサンダー大統領のみ殺害を断念する。その後、自身に刺さった矢を引き抜き、Dr. ルーズベルトをめがけて投げる。

天馬博士

アトムを開発した科学者。
「テンマ型チップ」と呼ばれる優秀な人工知能を開発するための重要なパーツを発明した、人工知能開発の世界的な権威。

事故死した息子・飛雄を模してアトムを開発するものの、飛雄とは性格が違いすぎるアトムに失望し、サーカスに売り飛ばした。
しかし、一方でアトムに対して屈折した深い愛情を持っており、アトムが死亡してしまった際には、目覚めたアトムが怪物のようなロボットになってしまう可能性があると知りつも、死亡する直前のゲジヒトの無念という「偏った感情」が記録されたゲジヒトのメモリーチップを挿入することで、アトムを生き返らせようとする。

自身をアブラー博士だと思い込んでいるロボット・ゴジの開発者。本物のアブラー博士とは親交があり、彼の依頼で人間のような複雑な思考を持つロボット・ゴジの開発を進めていたが、ゴジはその複雑さゆえに目覚めなかった、しかし、第39次中央アジア戦争の攻撃により家族を亡くし、自身も死亡したアブラー博士の遺言により、彼が死の間際に感じた世界への強い憎しみという「偏った感情」が記録されたメモリーチップをゴジに挿入すると、ゴジは目覚め、自分を挿入された記憶の持ち主・アブラーだと思い込むようになった。

アトムを生き返らせた後にゴジと再会し、ゴジの正体はアブラー博士ではなく、自分が作り出したロボット・ゴジであることを伝える。

ホフマン博士

ゼロニウムの開発者であり、ゲジヒトを開発した科学者。ユーロポールドイツ支局に所属している。
自身が開発したロボット・ゲジヒトを、かけがえのない友人として大切にしている。

ゲジヒトが過去に殺人を犯したことや、ユーロポールの操作により彼の殺人にまつわる記憶が消去されたことを知らなかった。
過去の殺人の記憶による悪夢に苦しむゲジヒトを心配している。自分の悪夢はかつて何者かにより記憶を操作されたという可能性によるものなのではないかというゲジヒトの言葉を聞き、ユーロポールがゲジヒトの記憶を操作したのではないかと疑う。

ハワード博士の死後、プルートウの関係者により命を狙われ襲撃されるが、エプシロンにより救出される。
その後、ゴジによりボディを乗っ取られた警備ロボットに襲われ、拉致されるが、その時プルートウと戦っていたゲジヒトが「プルートウにとどめを刺さずに立ち去れればホフマン博士を開放する」というゴジの交渉に応じたことにより、解放される。

親友のように思っていたゲジヒトの死にショックを受け、彼の墓前で涙を流しているときに、そこにやってきた天馬博士から死んだはずのアトムが復活したという知らせを聞く。

ロナルド・ニュートン・ハワード博士

光子エネルギーの発明者であるオーストラリア人の科学者。エプシロンを開発した。
かつてホフマン博士や天馬博士と、「地球全体を救うロボット」の開発のため会談したことがある。
ゴジにより殺害されてしまう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。 舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。 日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。 殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

Read Article

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

ブッダ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「ブッダ」とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌「希望の友」(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

BILLY BAT(ビリーバット)のネタバレ解説まとめ

「BILLY BAT」とは、浦沢直樹による漫画作品。ストーリー共同制作は長嶋尚志。「モーニング」にて、2008年から2016年にかけて数回の長期休載を挟みつつ連載された。 歴史の裏を描くSF大河作品。特定の人物に取り付き、未来を予言する「こうもり」の声を聞いた人々が、やがて歴史的な事件に大きく関わっていく様子を描く。

Read Article

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

目次 - Contents