PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。
舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

ノース2号

スコットランドの音楽家、ポール・ダンカンの執事として働いているロボット。
7体の世界最高水準のロボットの中で唯一、明確に軍事目的のため作られたロボットである。全身に様々な武器が搭載されているが、普段はケープを羽織ることでそれらの武器を隠している。

第39次中央アジア戦争に参加し、多くのロボットを殺害してしまったというトラウマから夜な夜な悪夢にうなされている。

ロボットを嫌うポール・ダンカンから嫌悪感を持たれていたが、ダンカンが子供のころに彼のもとを去った母親について調査し、「ダンカンの母は病気だったダンカンの治療費を得るために金持ちの男の愛人になり、ダンカンのもとを去った」という事実を明らかにしたことにより「母親は、金持ちの男に言い寄られて男が持つ金に目がくらんだんだ挙句、邪魔になった自分を捨てた」という母親に対するダンカンの誤解を解き、そのことがきっかけで和解する。その後、ダンカンからピアノを習うようになる。

ダンカンと穏やかな生活を送っていたが、世界最高水準の7体のロボットを狙っていたプルートウに襲われ、空中で戦闘する。しかし戦いに敗れ、木っ端みじんになって死亡する。

ブランド

トルコで格闘技の選手をしていたロボット。ESKKKRトーナメントチャンピオンになるなど圧倒的な強さを持っており、観客に高い支持を得ていた。
ギリシャの格闘技ロボットであるヘラクレスとは、競技の上でのライバル関係だった。
妻と5人の子供たちとともに、にぎやかで幸せな暮らしを送っていた。

第39次中央アジア戦争の際には戦闘に参加し、大量のロボットを殺害した。

最初に殺害されたロボット・モンブランとは友人関係だった。モンブランの仇を打つためプルートウに挑むものの、戦いに敗れ死亡する。
死の間際に、戦いの中で得たプルートウの情報をアトムやヘラクレスに送ろうとするが、彼自身の家族への強い思いが通信を妨げ、家族との記憶を走馬灯のように振り返りながら死亡する。

ヘラクレス

ギリシャで格闘技の選手をしていたロボット。圧倒的な強さから「闘神」というニックネームで親しまれている。
食事や娯楽を楽しむなどの「人間の真似事」はしない主義で、自らを「殺人マシーン」「機械」と呼ぶなどストイックな性格だが、第39次中央アジア紛争を経て「憎しみ」、「いたわり」といった人間的な感情を理解するようになる。

第39次中央アジア戦争の際には戦闘に参加し、大量のロボットを殺害した。

プルートウを、第39次中央アジア紛争にて自分たち世界最高水準のロボットに殺害されたロボットたちの「亡霊」であるとみなしている。
良きライバルだったブランドの敵討ちや、第39次中央アジア戦争で多くのロボットを殺害したことへの清算としてプルートウに挑み、重傷を負わせるものの隙を突かれて攻撃され、爆死する。

エプシロン

第39次中央アジア紛争の孤児たちを引き取り、オーストラリアにて孤児院を開いて保父として暮らしているロボット。
太陽光のエネルギーを原動力および武器にしており、太陽光がある状況では無限のエネルギーを発揮することができる。しかし、平和主義的な考え方の持ち主であるため、自らの能力を戦いのために使うべきではないと考えている。

かつて第39次中央アジア紛争への参加を求められた時に、「この戦いに正義は無い」という理由で参加を拒否した。そのことが原因で世間から「臆病者」として批判され、さらには徴兵拒否したことの見せしめとして戦後処理に参加させられる。
その際に国連軍の命令により、ペルシア王国のとあるモスクの地下にあったボラー開発の際の失敗作である大量のロボットの死骸を、自らの持つ強大なエネルギーを利用して溶かしている。

ゲジヒトの死後、世界最高水準の7体のロボットのうちの唯一の生き残りとなった彼をプルートウが襲い、戦闘となる。
プルートウに重傷を負わせるものの、戦いの中でプルートウが何かに悲しんでいるということを感じ取ったためとどめの一撃を加えず、プルートウを逃がしてしまう。
しかしその後、孤児院で保護していた少年・ワシリーが、プルートウの関係者にさらわれてしまい、ワシリーを救うために再びプルートウのもとへ向かう。
再度プルートウと戦闘になるものの、プルートウの正体・サハドが持つ感情を感じ取り、プルートウことサハドに対し殺戮をやめるよう説得を試みる。
しかし、その後プルートウはボラーに操られ、サハドとしての意識を手放す。そして、ボラーに操られたプルートウにより、頭をかみちぎられて死亡してしまった。

「プルートウ」の関係者

サハド / プルートウ

サハドとしての姿

プルートウとしての姿

プルートウの正体はアブラー博士によって作られた青年の姿のロボット・サハドで、砂漠に覆われた祖国・ペルシア王国を緑化させることを夢見る心優しい性格だった。
自分を作ったアブラー博士を「父」と呼んでいる。

植物学を学ぶためオランダのアムステルダムに留学していたが、第39次中央アジア戦争が勃発し、家族として暮らしていたロボットたちが死亡したという知らせを聞いたためにペルシア王国に帰国する。

帰国後、自身をアブラー博士だと思い込んでいるゴジに会う。その際にゴジから、サハドの人工知能をゴジが作った軍事兵器ロボット・プルートウに移し替え、プルートウとして、第39次中央アジア戦争に関わった世界最高水準の7体のロボットを殺害するよう求められた。

プルートウになってからは、高い殺傷能力のほかに、人工知能が入っていないロボットを電磁波により遠隔操作する能力や、雨を降らしたり竜巻を起こすなどの天候を操る能力を持つ。
ゴジによりプログラミングされた「怒り」や「憎しみ」の感情に支配されたことにより、かつてのサハドの人格からは程遠い残忍で獰猛な性格になってしまったが、戦闘の際に感情を見せる、枯れかかった草花に生命を吹き込むなど、サハドとしての人格の片鱗が見えることもある。

ゴジの指示のもと、世界最高水準の7体のロボットを次々と殺害していく。
最後の1体だったエプシロンの死後に復活したアトムと、エデン国立公園にて戦うが、アトムが自分の殺害を思いとどまったということに触発され、サハドとしての意識を取り戻す。
その後、アトムと協力し、地下のマグマの中にいるボラーに挑むが、アトムのみ地上に逃がし、自身はボラーと相打ちになって死亡する。

アブラー博士 / ゴジ博士

プルートウを作り、プルートウに世界最高水準の7体のロボットの殺害を命じている、アブラーと名乗るペルシア王国の博士。
その正体は、かつて天馬博士が本物のアブラー博士の依頼で作り上げた、人間のような複雑な感情を持つことができる高度な人工知能を持つロボット・ゴジである。

より複雑な感情をもつロボットを開発しようとした天馬博士により、「60億の人格」という、地球上の人類の数に匹敵するほどの数の感情のデータをプログラミングされていたが、そのデータの多さと複雑さのため目覚めなかった。
しかし、本物のアブラー博士の遺言により、第39次中央アジア戦争により家族を亡くし、自身も死亡したアブラー博士が死の間際に感じた世界への強い憎しみという「偏った感情」が記録されたアブラー博士のメモリーチップが挿入されたことにより、目を覚ます。
その後、自分のことを記憶の持ち主であるアブラー博士だと思い込んだ。

その後プルートウを開発し、サハドの人工知能をプルートウのボディに移植して、彼に世界最高水準の7体のロボットの殺害を命じる。
一方、自分はゴジとして人工知能が抜けたロボットのボディに入り込み、それらのロボットのボディを操ることでボラー調査団のメンバー達を殺害していく。
アブラー博士が死の間際に感じた世界への強い憎しみに支配された人格であり、そのため世界に対して復讐することを企んでいる。
もともと本物のアブラー博士がダリウス14世に環境開発ロボットとして開発するよう命じられていたボラーを、世界を滅ぼす惑星改造ロボットとして完成させる。

非常に高性能なロボットであるため、他のロボットにはできない、「嘘をつく」という行為ができる。
そのため、本来はゴジであるにもかかわらず、「自分はアブラーである」と、自分自身に対しても嘘をつき、自分のことをアブラー博士だと思い込んでいた。
ゴジとしてボラー調査団のメンバーの殺害を繰り返す一方で、プルートウに世界最高水準の7体のロボットの殺害を命じるときなど、アブラー博士として行動しているときにはゴジとして行動しているときの記憶は忘れているという、二重人格的な構造になっている。

アトムの復活後、アブラー博士として自分の開発者である天馬博士と再会し、自分の正体はアブラー博士ではなくゴジであるという事実を告白され、混乱状態になって機能停止状態に陥る。
その後、アブラー博士としてのボディから、大量のゴキブリによって彼の人工知能が抜き取られ、自身が開発したロボット・ボラーのボディに挿入される。

ボラーのボディを手に入れた後、大火山活動を引き起こすことにより核の冬(人為的に氷河期が発生するという現象)を起こし、地球を滅亡させようと企む。
大火山活動を引き起こすためにエデン国立公園の地下にあるカルデラの中を進んでいく途中で、自分を止めるためにやってきたアトムとプルートウに遭遇する。その後、プルートウの特攻により破壊される。

「ゴジ」という名前は、古代ウズベクの伝説に登場する「砂の賢者・ゴジ」に由来する。砂の賢者・ゴジは、砂の中から生まれ、王様にこの世の心理をを説いた後、再び砂に戻ったという人物。

ボラー

ゴジが開発した惑星改造ロボット。プルートウよりも強大なエネルギーと、反陽子爆弾が搭載されている。

元は、砂漠に覆われたペルシア王国を緑化させることを夢見たダリウス14世の命令により、本物のアブラー博士が開発を進めていた環境改造ロボットだった。
しかし、開発の最中で何体もの失敗作のロボットが出て、それらのロボットの死骸はとあるモスクの地下に置かれていた。
ボラー調査団のメンバー達がこれらの死骸を発見し、このことがのちに第39次中央アジア戦争が勃発するきっかけとなった。

アブラー博士が第39次中央アジア戦争にて死亡し、アブラー博士の世界への憎しみにより目覚めたゴジが開発を引き継ぎ、世界を滅亡させるための惑星改造ロボットとして完成した。
憎しみそのもののロボットとして開発されているため、知性はなく、赤ん坊のような泣き声をあげることしかできない。

第39次中央アジア戦争にて、戦争によって破壊された村の中をゆっくりと横切っていく姿が目撃されている。
また、プルートウとエプシロンの戦闘のさなかに雲の中に巨大な影として現れ、プルートウの意志を操ってエプシロンを殺害させる。
ゴジの人工知能がボディに挿入された後、地球を滅亡させるため、エデン国立公園の地下にあるマグマだまりの中を突き進む。
しかし、自身を止めるためにやってきたアトムやプルートウと遭遇し、プルートウの特攻を受け、死亡する。

口からゴキブリを出す男

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。 舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。 日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。 殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

Read Article

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

ブッダ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「ブッダ」とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌「希望の友」(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

BILLY BAT(ビリーバット)のネタバレ解説まとめ

「BILLY BAT」とは、浦沢直樹による漫画作品。ストーリー共同制作は長嶋尚志。「モーニング」にて、2008年から2016年にかけて数回の長期休載を挟みつつ連載された。 歴史の裏を描くSF大河作品。特定の人物に取り付き、未来を予言する「こうもり」の声を聞いた人々が、やがて歴史的な事件に大きく関わっていく様子を描く。

Read Article

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

目次 - Contents