リンクの冒険(Zelda II: The Adventure of Link)のネタバレ解説まとめ

『リンクの冒険』とは、1987年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ2作目である本作は、他のシリーズ作品とは異なる、横スクロール視点のアクション性が非常に強いRPGとなっている。前作『ゼルダの伝説』でリンクがガノンに勝利してから数年後、未だガノンの影響が残り荒廃するハイラルを舞台に、「勇気のトライフォース」を復活させ、初代ゼルダ姫とハイラルを救うべく、リンクは再び剣と盾を手に、トライフォースの試練に挑む冒険に出る。

しゃがみ状態で剣を振り攻撃する。リンクの足下の高さの敵や、胸部を盾や鎧で守っている敵に有効。

ビーム

リンクの体力が満タンの時に剣を振ると、剣先からビームを出し遠くの敵を攻撃できる。ただし、効かない敵も存在する。

ジャンプ突き

ジャンプ中に剣を突き上げ、頭上にいる敵を攻撃する。高い位置にいる敵や、ジャンプする敵に有効。
ダルニアの町の、煙突から入ることのできる家にいる剣士から教わることができる。

下突き

ジャンプ中に真下に剣を突き出し攻撃する。正面から攻撃を当てづらい敵や、頭が弱点の敵に有効。
ミドの町の、2階から入ることのできる教会にいる剣士から教わることができる。

盾による防御

リンクは、剣を振っていない状態では盾を構えている。
盾は通常時はリンクの上半身の、しゃがみ状態時は足下を守るように構えられ、敵の攻撃に合わせて上段か下段に盾を構えることで、攻撃を防ぐことができる。
ただし、炎や斧など一部の攻撃は盾で防ぐことができない。
盾で防ぐことのできる攻撃は、岩、ブーメラン、槍、ビーム、剣、魔法、剣ビームの7種類である。
盾で防ぐことの出来ない攻撃は、炎、斧、チェーンハンマー、こん棒、体当たりの5種類である。

REFLEXの魔法を使うことで、炎、斧、チェーンハンマー、こん棒を盾で防ぐことができるようになり、魔法を反射できるようになる。

ジャンプ

戦闘フィールドやダンジョンにある段差を上ったり、穴を飛び越える時に使用する。
上空にいる敵を攻撃するときや、敵の突進、炎による攻撃を回避するときにも有効。

戦闘フィールド

戦闘フィールドには草原や砂漠、沼地など様々な地形がある。
敵シンボルと接触した場所によって地形が変化し、「砂漠では岩が飛んできてダメージを受ける」「沼地では足を取られ移動速度が低下する」「洞くつは天井が低く敵をかわしづらい」など戦闘に様々な影響を及ぼす。

経験値とレベル

画面右上に表示されている数字が、現在経験値と次のレベルまでの経験値。各ステータスの最大値は8である。

他のゼルダの伝説シリーズ作品には「経験値を貯めてレベルを上げる」というシステムが存在しないが、『リンクの冒険』には経験値とレベルアップの概念が存在する。
敵を倒すことでリンクは経験値を手に入れ、経験値が一定の値になるとレベルアップする。
レベルアップすると、攻撃力を表す「ATTACK」、魔力の最大値を表す「MAGIC」、体力の最大値を表す「LIFE」の3つのステータスのうち、どれか1つのレベルを任意で最大8レベルまで上昇させられる。この時プレイヤーが注意しなければならないのが、各ステータスのレベルのバランスである。
ゲームオーバーやセーブしたところからゲームを再開すると、リンクのステータスは3つのステータスのうち一番低いステータスのレベルに統一される。例えば、ATTACKのレベルが5、MAGICのレベルが2、LIFEのレベルが1という状態でゲームオーバーとなった場合、全てのステータスがLIFEのレベル1に統一されてしまうのである。
さらにレベルアップに必要な経験値はどんどん増加していき、これはゲームオーバーになってもリセットされない。つまり、レベルが高い状態でゲームオーバーとなった場合、ステータスを元の状態に戻すために莫大な経験値を要求されることになる。
そのため、平均的にステータスのレベルを上げていく必要がある。

このような経験値とレベルのシステムと、前述したアクション性の高い戦闘システムが合わさって、『リンクの冒険』はシリーズ中でも難易度の高い作品であると言われている。

残機制

『スーパーマリオブラザーズ』のような残機制が採用されているのも、『リンクの冒険』が他シリーズ作品と異なる点である。
敵の攻撃を受け体力がなくなったり、戦闘画面で穴に落ちるなどすると、リンクの残機が1人減る。残機が無くなるとゲームオーバーである。
リンクの残機は、マップ上にまれに配置されている「人形」というアイテムを取得するか、全てのステータスがレベル8の状態で、経験値を4000点貯めると1機増える。

魔法

各町のどこかにマジシャンがいて、見つけることで魔法を教わることができる。

『リンクの冒険』には、他のゼルダの伝説シリーズ作品には見られない8つの魔法が登場する。
ゼルダの伝説シリーズおなじみのアイテムによる謎解きはほとんどなく、これらの魔法をハイラル各地の町にいるマジシャンを見つけ出し、習得することで新たな場所に進むことができるようになっている。

SHIELD(シールド)

受けるダメージを半分にする魔法。ラウルの町で習得することができる。
狭い通路での戦闘など、ダメージが避けられない状況が多くある『リンクの冒険』では必須の魔法である。

JUMP(ジャンプ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda: Breath of the Wild)のネタバレ解説まとめ

2017年に任天堂より発売されたWii U/Nintendo Switch用アクションアドベンチャーゲーム。本作の特徴としてオープンワールドを使用しており、一本道の攻略ではなく自分で選び新しく探すゲームになっている。 それに伴い、武器防具の破損など『ゼルダの伝説』として新たな要素が組み込まれおり、今までにないハイラルの世界をリンクと共に冒険し、救うことが目的になる。

Read Article

ゼルダの伝説 風のタクト(風タク、The Legend of Zelda: The Wind Waker)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 風のタクト』とは、2002年に任天堂からGC用に発売されたアクションアドベンチャー。アクションや謎解きはそれまでの3Dゼルダを踏襲しつつ、アニメ調グラフィックが採用され、雰囲気は一新された。舞台もハイラル大陸ではなく、大海原と島々という、風と海の世界である。魔物にさらわれた妹を救うため大海原の冒険へと飛び出したリンクは、やがて世界の秘密を知り、ハイラルとガノンドロフの因縁の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣+(4剣+、The Legend of Zelda: Four Swords Adventures)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣+』とは、2004年3月18日に任天堂から発売された、ゲームキューブ(GC)用アクションアドベンチャーゲーム。専用アダプターでゲームキューブ都ゲームボーイアドバンスを接続することにより、最大4人までの多人数プレイができる。『ゼルダの伝説 4つの剣』の続編ストーリー「ハイラルアドベンチャー」のほか、「シャドウバトル」「ナビトラッカーズ」という2つの対戦ゲームが収録されており、3つの毛色の異なるゲームを楽しむことができる作品である。

Read Article

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』とは、2004年に任天堂からGBA用に発売された、アクションアドベンチャーゲーム。リンクの体を小人サイズに小さくする魔法の帽子「ふしぎのぼうし」を使い、通常の世界と小人の世界を行き来して謎解きを行う。「カケラあわせ」やモグラグローブなど、他シリーズ作品にない要素が多く盛り込まれている。復活した魔人グフーの呪いで石に変えられてしまったゼルダ姫を救うため、リンクは喋る帽子エゼロとともに、伝説のピッコル族の剣を手に入れ、グフーを倒す旅に出る。

Read Article

ゼルダの伝説1(初代、The Legend of Zelda)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説』とは、1986年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ第1作目ながら、物を押す、壁を爆弾で破壊するなど後のシリーズ作品に受け継がれる謎解き要素の基礎は完成されている。主人公のリンクは、「力のトライフォース」とゼルダ姫を大魔王ガノンの魔の手から取り戻すため、広大なハイラルに点在する8つの迷宮から「知恵のトライフォースのかけら」を入手し「知恵のトライフォース」を完成させるべく冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ、The Legend of Zelda: Ocarina of Time)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』とは、任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ初の3D作品で、奥行きのある世界観や立体的な謎解き、壮大な物語など、その完成度の高さから、国内外で現在もなお非常に人気の高い作品である。神々の子孫が住むと言われる地ハイラルを舞台に、主人公リンクは子どもと大人2つの時代を股にかけた冒険を繰り広げ、伝説の秘宝トライフォースを手にし世界を支配しようと企む魔王ガノンドロフと戦う。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(神トラ2、The Legend of Zelda: A Link Between Worlds)のネタバレ解説まとめ

2013年に任天堂からニンテンドー3DS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。世界観は、1991年にスーパーファミコンで発売された「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」からはるか未来の設定である。ロウラルの司祭・ユガによって絵画にされたゼルダ姫と七賢者たちを救うため、リンクは冒険に出る。今作新たに加わったシステムは、主人公リンクが壁の中に入り込める壁画化能力である。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース(神トラ、The Legend of Zelda: A Link to the Past)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は、1991年に任天堂からスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ3作目で、『ゼルダの伝説』のゲーム性を踏襲しつつ、アイテムやリンクの行動が増え、より多彩な謎解きを楽しめる。また、シリーズ定番の伝説の剣「マスターソード」は本作が初登場。世界の支配を企む大魔王ガノンを倒しゼルダ姫を救うため、光と闇の世界を巡るリンクの冒険が始まる。

Read Article

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(トワプリ、The Legend of Zelda: Twilight Princess)のネタバレ解説まとめ

任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。略称は「トワプリ」。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(夢砂、The Legend of Zelda: Phantom Hourglass)のネタバレ解説まとめ

2007年に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話で、主人公リンクが幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を助けるために冒険に出るストーリーとなっている。システム面では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやマイク機能を活かした謎解きがダンジョン各所に散りばめられている。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣(4剣、The Legend of Zelda: Four Swords)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣(The Legend of Zelda: Four Swords)』は、2003年に任天堂からGBA用に発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』収録のアクションアドベンチャーゲーム。GBAの通信ケーブルを使い2~4人で遊ぶ、多人数プレイ用のゼルダである。プレイヤーは協力して4つのステージを攻略しながら、ステージ中で集めたルピーの獲得総額を競う。復活した風の魔人グフーにさらわれたゼルダ姫を救うべく、リンクは伝説の剣フォーソードで4人に分かれ冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(The Legend of Zelda: Majora's Mask)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は、2000年に任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャー。1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の続編で、基本システムは『時のオカリナ』を踏襲しつつ、「3日間システム」や「仮面」による異種族への変身など、独自の要素も盛り込まれている。3日後に滅亡する運命の異世界「タルミナ」に迷い込んだリンクは、時のオカリナで滅亡までの3日間を繰り返しながら、タルミナを救うべく、世界を滅亡に導く仮面「ムジュラの仮面」を追う。

Read Article

目次 - Contents