ヤ・シュトラ(ファイナルファンタジーXIV、FF14)の徹底解説まとめ

Ffxiv dx11 2016 12 09 01

ヤ・シュトラとは、FF14に登場するNPCの1人。メインストーリー序盤では「神秘的な女性」として登場しプレイヤーと関わることになる。その後、名前が明かされた後は狂言回し役として重要な役割を果たす。他作品のキャラクターと差別化しやすい風貌もあるからか、歴代FF作品のキャラクターが集合するメディアなどではFF14代表キャラクターとして活躍する機会が多い。

ヤ・シュトラの概要

Ya

ヤ・シュトラとは、FF14に登場するキャラクター。キャラクターボイスは茅野愛衣氏がつとめる。

フルネームはヤ・シュトラ・ルル。ネコのような耳と尻尾を持つ亜人種、ミコッテ族の女性。
ミコッテ族は文化が独特であり、命名規則や家族構成に独特な文化の特徴があらわれている。

ミコッテ族は一夫多妻制、かつ多産の種族であり、ヤ・シュトラも12人姉妹の家庭に生まれた。
何女かは明かされていないが、ヤ・シュトラの妹としてヤ・ミトラというキャラクターがおり、ヤ・ミトラは七女と答えていることから少なくとも六女以上であると推察される。

名前については「ヤ」が名で「シュトラ」が姓と勘違いされがちだが、ミコッテ族の命名規則にしたがってつけられたものである。
ミコッテ族の命名規則では「氏族名(姓)+名+父親の名」となるため、ヤ・シュトラ・ルルは「ヤ族のシュトラさん(ルルの子)」となる。
普段は仲間から「ヤ・シュトラ」と呼ばれている。
命名規則では「友達や恋人同士など、ごく親しい間柄で会話する場合、意図的に氏族名をはぶいて呼ぶ」とされており、ヤ・シュトラの師であるマトーヤが「シュトラ」と呼ぶのはこれを表している。

ヤ・シュトラの生い立ち・経歴

FF14の舞台であるエオルゼア地方にあるシャーレアン国でヤ族の子として生まれた。

シャーレアン国で生まれ育ったヤ・シュトラは、7歳でシャーレアン国の大魔道士マトーヤに弟子入りする。
マトーヤの元で魔法の技術や知識を学び、癒やしに特化した魔法「幻術」をおさめた幻術士となる。

一人前と認められた後はマトーヤの元を離れ、シャーレアン国の大魔道士ルイゾワが立ち上げた「救世詩盟」に参加する。
「救世詩盟」とは、あらゆる知識を集積し、世の始原から未来の姿までを読み解こうとしている学者集団のこと。あらゆる預言の解析を行っており、そこから未来を予測し、よりよい未来へと世界を導き、救おうというのが活動の要旨である。
やがて「救世詩盟」の中には、預言の解析よりも世界の救済を重視し、世界の驚異に対抗するという派閥ができあがった。その派閥が「救世詩盟」から離れ「暁」という集団になった。

(FF14のメインストーリーの時間軸から)5年前にエオルゼア地方を襲った大隕石災害「第七霊災」の後のヤ・シュトラは、「暁」に所属する。
そして実力や経歴を買われ、ヤ・シュトラは「暁」内の幹部級こと「賢人」に抜擢される。
その後は、「暁」の賢人としてFF14のメインストーリーで活躍することとなる。

ヤ・シュトラの性格

洞窟に引きこもった偏屈なマトーヤを師匠としたからか、性格はややひねくれている。
毒舌、皮肉をよく言い、他キャラクターからは「ああ言えばこう言う」「可愛げがない」など評価されている。
師匠マトーヤからは「いくつになっても無鉄砲で可愛げがないところは変わらないね」と皮肉を言われた際には、「あなたが師匠だからかしら」と言い返している。
かといってただ闇雲に毒舌や皮肉を垂れるだけのキャラクターではなく、相手の痛いところを的確に突くなど舌鋒の鋭さを持っている。

新生FF14のシナリオにおけるヤ・シュトラ

Ya5

プレイヤーがキャラクター作成時に、ストーリー開始国をリムサ・ロミンサ(FF14の舞台であるエオルゼア地方にある海洋都市)に設定すると、リムサ・ロミンサで繰り広げられる序盤のメインストーリーにて初登場する(他国に設定すると初登場はもう少し後となる)。
その時には身分や名前を明かさず、古代語や伝承に精通した卓越したバリア魔法を扱う謎の女性として登場する。

メインストーリーが進み、プレイヤーが「暁」と関係を持ち始めるようになると、「暁」の賢人のひとりとして改めて登場し、そこで初めてヤ・シュトラの名前と身分が明かされる。ストーリー開始国をリムサ・ロミンサ以外に設定していた場合、ここで初めての対面となる。
その後は「暁」に加わったプレイヤーを賢人として補佐しつつ、必要に応じてプレイヤーと共闘したりする。
ヤ・シュトラは「暁」のラノシア地方(リムサ・ロミンサがある地方)の担当であるからか、ストーリーがリムサ・ロミンサ近辺で展開するとシナリオの牽引役として登場する。しかし、それ以外の地方でストーリーが展開していると担当地域外であるためにヤ・シュトラの出番はほぼなくなる。

新生FF14のメインストーリー最後を締めくくるナナモ女王暗殺騒動では獅子奮迅の活躍を見せる。
新生FF14のメインストーリーの最終盤では、長らく決別状態にあったエオルゼア地方の4国が再結集し、同盟を組んだことを祝う祝賀会が開かれる。そのパーティ会場で4国のひとつ、ウルダハの女王ナナモが暗殺されるという騒動が発生する。その暗殺犯として「暁」が犯人に仕立て上げられてしまい、プレイヤーを含む「暁」のメンバーは命からがら祝賀会会場から脱出することになる。
途中、プレイヤーを追手から逃がすため、ヤ・シュトラは足止め役として地下水道で追手を引き付ける役目を負う。
魔法を乱発し地下水道を崩すことで追手を遮断したヤ・シュトラは、崩壊する地下水道から禁術「エンシェントテレポ」で脱出する。
しかしそれ以後、ヤ・シュトラの行方は知れないままとなってしまう。

拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」のシナリオにおけるヤ・シュトラ

Ya6

ナナモ女王暗殺騒動も解決し容疑が晴れたこともあり、何より「暁」の仲間としてプレイヤーは行方不明となったヤ・シュトラを探すことになる。
ヤ・シュトラが崩した地下水道の瓦礫の中からヤ・シュトラの痕跡を探していたプレイヤー一行は、地下水道に残ったエーテル(魔力)の残滓から「エンシェントテレポ」を用いて脱出したことを知る。

禁術「エンシェントテレポ」は通常の転移魔法「テレポ」とは違う特殊な魔法で、安全が確立された「テレポ」に比べて危険な魔法である。
「テレポ」は各地に設置されたエーテライトという装置で行出のポイントを定め、エーテライトからエーテライトへと転移する魔法である。エーテライトはいわば駅のようなものであり、その駅へと向けてエーテル(魔力)の流れに乗って移動する。
一方、「エンシェントテレポ」はその駅(エーテライト)を使わず、その場で任意の場所に移動する魔法である。エーテライトを使わないため難易度が高く、エーテルの流れに乗ったまま地上に戻って来られない場合が発生する。わかりやすく言うと、駅と駅の間の線路で立ち往生しているような状態となってしまう。
つまりヤ・シュトラはこの「エンシェントテレポ」に失敗し、エーテルの流れに乗ったまま地上に戻ってこられない状態にある(駅と駅の間の線路で立ち往生している状態にある)と判明する。

エーテルの流れに飲み込まれてしまったヤ・シュトラを地上へすくい上げるため、プレイヤーはヤ・シュトラ救出作戦を立ち上げる。
ヤ・シュトラのエーテル(魔力)を膨大なエーテルの流れから手繰り寄せ、ヤ・シュトラを地上に引き上げようというのだ。
その手がかりを求め、プレイヤーはヤ・シュトラの妹、ヤ・ミトラのもとを訪ねる。
血縁ならば、世界を流れる膨大なエーテルの奔流からヤ・シュトラのエーテルを見つけられるだろうと思ってのことだ。
そして、ヤ・ミトラの協力もあり、無事ヤ・シュトラはエーテルの流れから救出されることとなる。

こうしてヤ・シュトラは「暁」に復帰し、再びプレイヤーへ協力するようになる。
プレイヤーが古代帝国アラグが残した巨大浮島「魔大陸」に乗り込もうとし、しかし障壁に阻まれ突入を断念した際には、障壁を突破するための知識をたずねるため師匠マトーヤを紹介する。
そして、プレイヤー一行を連れたヤ・シュトラはマトーヤの元を訪れる。その再会の場で、ヤ・シュトラが「エンシェントテレポ」の影響で視力を失っているということが判明する。
「これまで目が見えない素振りなどなかったのに」と驚く一行にヤ・シュトラは説明する。視力を失ってはいるものの、エーテルの流れを直接「視る」ことで視界は補われていると。常人とは少し見え方が異なるが、「暁」の賢人として、あるいは魔道士として活動する分には支障がないことを告げる。

しかしやはりエーテルを直接視ることは身体への負担が大きく、そのため、以降は周囲の気遣いから後方支援に回される。
プレイヤーが最終決戦の地「魔大陸」に乗り込む時には、プレイヤーを見送る立場となる。

拡張ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」のシナリオにおけるヤ・シュトラ

Ya9

拡張ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」のシナリオの大筋は、世界統一を狙うガレマール帝国によって長らく属国となっていたアラミゴ王国をガレマール帝国の支配から解放するというものである。
そのアラミゴ王国は、「暁」の仲間であるイダの故郷であった。仲間の故郷をガレマール帝国の圧政から救うため、「暁」はアラミゴ王国に傭兵として協力する。
ヤ・シュトラは得意の幻術(回復魔法)でもって負傷したアラミゴ兵の治療を担当する。

しかし、「紅蓮の解放者(リベレーター)」シナリオの序盤でアラミゴ軍の本拠地であるラールガーズリーチがガレマール帝国の皇子ゼノスによって襲撃を受け、壊滅してしまう。
ラールガーズリーチで傷病兵の治療を行っていたヤ・シュトラもまたゼノスに襲われ、深手を負ってしまう。
それ以降、ヤ・シュトラは自分の傷を治すためにシナリオから退場。ゼノスを討ち、ガレマール帝国の支配からアラミゴを解放するまで、シナリオから登場しなくなる。

そうしてシナリオから退場したヤ・シュトラだが、「紅蓮の解放者(リベレーター)」パッチ4.0シナリオのラストシーン後になってようやく出番が訪れる。
アラミゴ王国の復興に加わるため、「暁」から離脱することを決めたイダを「暁」の賢人として見送るため再び登場する。
何処の国にも属さず中立をうたう「暁」としては、中立の信念のためにアラミゴ王国に肩入れはできないため、「暁」のアラミゴ王国への協力はここまでとなる。アラミゴ王国と「暁」との関係が切れてしまうことで自分とヤ・シュトラたちの交流も途絶えてしまうのではないかと心配するイダに対し、ヤ・シュトラは「泣くなんてみっともないわよ」と諭す。
確かに「暁」とアラミゴ王国の関係はここまでだが、だからといってお別れではなく、個人的な人付き合いとしては何も変わらない(「暁」の賢人とアラミゴ軍人という身分や肩書きとしてではなく、ヤ・シュトラとイダというひとりの個人としての友情は変わらない)と慰める。
その後のヤ・シュトラは、「暁」の人間としてではなくひとりの幻術士として個人的にアラミゴ王国に協力しており、傷病兵の治療と引き換えにアラミゴ王国の遺跡や古文書を読ませてもらっているようである。

その他FF14内コンテンツにおけるヤ・シュトラ

インスタンスレイド「機工城アレキサンダー」におけるヤ・シュトラ

Ya7

インスタンスレイド「機工城アレキサンダー」シリーズのシナリオの導入クエストで登場する。
「機工城アレキサンダー」シリーズのシナリオでは、超大型蛮神(召喚獣)アレキサンダーが低地ドラヴァニア地方に突如として顕現するというところから始まる。
舞台となる低地ドラヴァニア地方、しかもアレキサンダーが顕現した場所はヤ・シュトラの師匠マトーヤが住んでいる洞窟の近くであり、アレキサンダー顕現によってマトーヤの身に何か異変が起きていないかと心配するヤ・シュトラの姿が描かれる。
しかしヤ・シュトラの懸念に反し、マトーヤの洞窟には魔法で特殊なバリアが敷かれており、マトーヤは無事であった。
師の無事を確認したヤ・シュトラは、それ以降は「暁」の賢人として、アレキサンダー討伐を目標に活動する。
とはいえ「機工城アレキサンダー」のシナリオに深く関わるわけではなく、主な役割はエーテル視によるアレキサンダーの活動の監視である。
「機工城アレキサンダー」シリーズには「起動編」「律動編」「天動編」の3編があり、パッチごとに少しずつストーリーが進んでいく。その各編の導入に登場し、「観測していたアレキサンダーに動きがあった」「詳しいことはこの人に尋ねてみて」ということをプレイヤーに知らせるためだけの役回りとなっている。

FF14外の作品におけるヤ・シュトラ

「シアトリズムファイナルファンタジー カーテンコール(TFFCC)」におけるヤ・シュトラ

Yacff

「シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール」(THEATRHYTHM FINAL FANTASY CURTAIN CALL)とは、スクウェア・エニックスのリズムアクションゲームである。
そのFF14代表のキャラクターとしてヤ・シュトラが登場した。

本作では、ゲームスタート時に選択したパーティキャラクターから4人を選んで物語を始める。
その選択キャラクターの中にヤ・シュトラが含まれている。
FF14のストーリーのネタバレ防止のため、外見は新生FF14のストーリー中のものである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼノス(ファイナルファンタジーXIV、FF14)の徹底解説まとめ

ゼノスとはFF14に登場するキャラクターのひとり。拡張ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」パッチ4.0のメインシナリオにおいてラスボスをつとめる。世界統一を目指すガレマール帝国の現皇帝の息子であり、「紅蓮の解放者」の舞台であるドマ地方、アラミゴ地方を支配する。プレイヤーの前にも何度も立ちはだかり、プレイヤーを苦戦させた。

Read Article

銀剣のオルシュファン(ファイナルファンタジーXIV、FF14)の徹底解説まとめ

オルシュファンとは、FF14に登場するキャラクターの一人。最初はメインストーリーにおける端役の一人だったが、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でのシナリオによりメインキャラクター化し、プレイヤーからの人気を得たキャラクターである。女性プレイヤーを中心に男性プレイヤーからも人気であるオルシュファンはFF14の代表的なキャラクターであるといえる。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。

Read Article

エスティニアン(ファイナルファンタジーXIV、FF14)の徹底解説まとめ

エスティニアンとは、FF14に登場するキャラクターのひとり。もともとはプレイヤーが竜騎士である場合にのみ発生するサブクエストに登場する端役だったが、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でメインシナリオの登場人物として抜擢された。2018年のさっぽろ雪まつりでは、エスティニアンを主人公とした雪像を陸上自衛隊が制作、プロジェクションマッピングで映像を投影し、作中での名シーンを再現している。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FINAL FANTASY TACTICS ADVANCE、FFTA)のネタバレ解説まとめ

『ファイナルファンタジータクティクスアドバンス』(FFTA)は2003年に発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム。今作は、PS版『ファイナルファンタジータクティクス(FFT)』の移植や続編ではなく、新たに作られた作品である。 主人公マーシュは、ある日突然剣と魔法のファンタジーの世界へと変貌してしまった町へと迷い込んでしまう。彼は元の世界へ戻るため奮闘する。

Read Article

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII)のネタバレ解説まとめ

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII-2(FINAL FANTASY XIII-2、FFXIII-2、FF13-2)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーIII(FINAL FANTASY III、FFIII、FF3)のネタバレ解説まとめ

1990年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたシリーズ第3作。本作は、前2作から大幅に進化したグラフィック、広大なマップ、さらにキャラの職業(ジョブ)を増やし、当時の最大限のシステムを盛り込んだ、やり込み要素満載のゲームである。また、シリーズの名物となった「召喚魔法」が初登場した記念すべき作品でもある。4人の孤児達はクリスタルの啓示を受け、世界の闇を払う為に「光の戦士」として旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーVIII(FINAL FANTASY VIII、FFVIII、FF8)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーVIII(FF8)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にPlayStation用に発売したロールプレイングゲーム(RPG)で、シリーズ8作目。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。

Read Article

ファイナルファンタジーX(FINAL FANTASY X、FFX、FF10)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア(FINAL FANTASY TACTICS A2、FFTA2)のネタバレ解説まとめ

『ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア』(FFTA2)は、2007年に発売されたニンテンドーDS用シミュレーションRPG。2003年に発売された『FFTA』の続編。 主人公ルッソは終業式の日、図書室で1冊の古い本を読む。その本のページにルッソが自分の名前を書き込むと、彼は不思議な世界へと飛ばされてしまう。ルッソはこの異世界で冒険しながら元の世界へ戻る方法を探す。

Read Article

ファイナルファンタジーI(FINAL FANTASY I、FFI、FF1)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジー 零式(FINAL FANTASY TYPE-0、FF零式)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-(FINAL FANTASY IV THE AFTER、FFIVTA、FF4TA)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」(FF4TA)とは、スクウェア・エニックスより配信・発売されたロールプレイングゲーム(RPG)。 元は携帯アプリとして配信され、その後スマホ版も配信され、携帯ゲーム機用ソフトとしても発売された。 FF4の主人公セシルの息子セオドアが主役となり、かつての仲間と共に世界の危機を救う旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII(FINAL FANTASY XIII、FFXIII、FF13)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FINAL FANTASY IV、FFIV、FF4)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーIV(FF4)は1991年、スーパーファミコン(SFC)用ソフトとして発売されたシリーズ4作目。 「ATB」(アクティブタイムバトル)が初めて導入され、現在までの基本システムを形作った作品。 バロン王国飛空挺団隊長セシルは王の命令により、理不尽な任務を命じられる。王に疑念を抱いたセシルは隊長の任を解かれ、親友カインと共に新たな任務に赴くのだった。

Read Article

ファイナルファンタジーXV(FINAL FANTASY XV、FFXV、FF15)のネタバレ解説まとめ

人気ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの15作目。 戦闘は従来のコマンドバトルではなく、シリーズ初のアクションバトル。 広大な世界を自由に探索、攻略ができる「オープンワールド」形式を採用し、よりリアルな世界観が楽しめる。 同盟国であった帝国の裏切りにより、崩壊した故国を取り戻すため若き王子ノクティスは仲間たちと共に旅に出る。彼を待つものは、神か、運命か。

Read Article

ファイナルファンタジーIX(FINAL FANTASY IX、FFIX、FF9)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーⅨ」(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 主人公ジタンと世界を滅ぼそうとするクジャとの闘いを通して、命と絆の大切さと生きる意味を問う物語。

Read Article

ファイナルファンタジーX-2(FINAL FANTASY X-2、FFX-2、FF10-2)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング(FINAL FANTASY XII REVENANT WINGS、FF12RW)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」(FF12RW) は、スクウェア・エニックスより2007年に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。「ファイナルファンタジーXII」(FF12)の派生作品。 携帯ゲーム機としての今作では、タッチペンを使用し、手軽に遊べるロールプレイングゲーム(RPG)となった。 浮遊大陸レムレースを舞台に「FF12」の主人公、ヴァンの新たな冒険を描く。

Read Article

ファイナルファンタジーV(FINAL FANTASY V、FFV、FF5)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーV(FF5)」とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに発売したゲームソフトで、シリーズ5作目となる。 FF4から採用されたアクティブタイムバトル(ATB)をさらに進化させ、新ジョブも追加された。 風・水・火・土の4つのクリスタルを守るため、クリスタルの心と力を受け継いだ光の戦士達は暗黒魔道士エクスデスと戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXI(FINAL FANTASY XI、FFXI、FF11)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーXI(FF11)とはスクウェア・エニックスが開発したPlayStation2、Xbox360、Windows向けのMMORPG(大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム)である。 現在Windows版のみがサービス継続中。 プレイヤーはヴァナ・ディールと呼ばれる世界の冒険者となり、他のプレイヤーとコミュニケーションを取りながら様々なクエストをこなしていく。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FINAL FANTASY XII、FFXII、FF12)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売された、PlayStation 2専用ロールプレイングゲームで、FFシリーズの12作目。2017年7月13日にはリマスター版「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」がPS4版として販売される。 帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。

Read Article

ファイナルファンタジーII(FINAL FANTASY II、FFII、FF2)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーIIは、FFシリーズの第2作目。 FF2は、従来のゲームにあったレベルや経験値という概念を無くし、戦闘中にとった行動によって、キャラクターを好きなように成長させられる新しいシステムを採用した意欲作である。 パラメキア帝国が世界を侵略しようとしている世界で、帝国軍と反乱軍との戦いを軸に、出会いと別れ、命の絆の物語が展開される。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FINAL FANTASY TACTICS、FFT)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。

Read Article

ファイナルファンタジーVI(FINAL FANTASY VI、FFVI、FF6)のネタバレ解説まとめ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。 失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。

Read Article

ファイナルファンタジーVII(FINAL FANTASY VII、FFVII、FF7)のネタバレ解説まとめ

1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された初のPlayStation(PS)用ロールプレイングゲーム(RPG)。シリーズの7作目。 シリーズでは初めて全マップ3Dとなり、CGムービーを演出に取り入れ、RPG新時代の先駆けとなった。 星を破滅させようとするセフィロスと、それを止めようとする主人公クラウドの戦いを描く物語。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)のクラス・ジョブまとめ

FF14のクラス・ジョブシステムは、特定の「クラス」をある程度習熟することで対応する「ジョブ」に至る道が拓け、さまざまなアクションが修得できるようになるというシステムである。 戦闘用のクラス・ジョブはそれぞれ「タンク」「ヒーラー」「DPS」の3つのロール(役割)に大分されており、クラス・ジョブごとにできることが異なる。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の召喚獣まとめ

召喚獣とは、人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する異形の存在。作品によってはストーリーにも大きく影響を及ぼす。 召喚獣の姿は人型やモンスターなど多種多様であり、プレイヤーの心強い味方として戦ってくれたり、時には強敵としても登場し、ゲームを盛り上げてくれる。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒロインたちは、強く美しく物語を彩ってくれる存在である。ヒロインたちは主役として、あるいはヒーローを支える存在として活躍する。時には恋をしたり、別離を経験したり、過酷な運命に立ち向かったりする。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の魔法まとめ

スクウェア・エニックスによって開発、発売されているファイナルファンタジーシリーズは2017年で30周年を迎える。タイトル数は合計87作品に及び、最多の作品数を有するRPGシリーズとして2017年にはギネス世界記録に認定されている。そんな長寿シリーズであるファイナルファンタジーには、数多の魔法が登場する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の裏ボス・隠しボスまとめ

裏ボス・隠しボスとはストーリー展開上は倒す必要の無いボスモンスターのこと。基本的に、知らずに挑めば一瞬で壊滅する強さを持っており、倒すためには対策を講じたり、レベルカンストなどプレイヤーキャラクターを強化したりする必要がある。 歴代ファイナルファンタジーシリーズにも裏ボス・隠しボスにあたるボスモンスターは存在しており、そのどれもが強力なモンスターである。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の歴代ビッグス&ウェッジまとめ

ビッグス&ウェッジ とは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する2人組のサブキャラクター。『FF6』で初登場し、以降ほとんどのシリーズに脇役として登場している『FF』ファンにはおなじみのキャラクターである。ここではナンバリングタイトルごとのビッグス&ウェッジの活躍について紹介する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のラスボスまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の歴代シドまとめ

シドは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する名物キャラである。シドという名前だけは共通だが、シリーズ毎にその外見や年齢、設定などは異なる。また、『FF』シリーズに頻繁に登場する乗り物「飛空艇(飛行船)」に関わることが多いことでも知られる。ここでは『FF』ナンバリングタイトルの各シリーズ毎に、シドという人物について紹介する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のジョブまとめ

ファイナルファンタジーシリーズのジョブとは、プレイヤーが任意にキャラクターのジョブ(役割)を決定し、その能力をもってバトルやダンジョンを攻略していくシステムである。代表的なものにナイト、モンク、白魔道士、黒魔道士がいる。状況によってジョブを切り替えていくことをジョブチェンジといい、ジョブを取得、切り替えしていくゲームシステムをジョブシステムや、ジョブチェンジシステムなどと呼ぶ。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の歴代チョコボまとめ

チョコボとは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する二足歩行の架空の鳥で、シリーズを代表するマスコットキャラクターである。ゲーム中では乗り物として扱われることが多く、騎乗時のBGMであるチョコボのテーマ曲は様々なアレンジver.が存在する。チョコボはシリーズ毎に様々な種類が登場し、仲間になったり、召喚獣として登場したり敵として戦ったりもする。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 シリーズごとにリアルさを増していくそのビジュアルは他の追随を許さない。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「クリスタルタワー」のネタバレ解説まとめ

「クリスタルタワー」とは、FF14内に実装されている24人レイドダンジョン・インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:クリスタルタワー」として、突如出現した謎の塔、クリスタルタワーにまつわるシナリオが展開される。ダンジョンのフィールドや敵、シナリオに登場するキャラクターなどはFF3をオマージュしており、FF3愛好者には嬉しいものとなっている。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「シャドウ・オブ・マハ」のネタバレ解説まとめ

「シャドウ・オブ・マハ」とは、FF14内に実装されている24人レイドダンジョン・インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:シャドウ・オブ・マハ」として、古代に栄えた都市国家マハにまつわるシナリオが展開される。FF12やFF9などを題材にしたオマージュが散りばめられており、既プレイヤーにはニヤリとする内容となっている。

Read Article

クソゲーだったFF14が作り直しを経て新生エオルゼアとして生まれ変わるまで

ネットワークを通じて多くの人々がコミュニケーションを取り、広大な世界を冒険するMMORPGとしてサービスを開始した「ファイナルファンタジーXIV」。大人気MMORPGとしてその名が知れ渡るまでの道は、けして順風満帆ではなかった。一つのゲームを、まるまる「作り直す」という異例の取り組み。大人気RPGの世界が「新生」し、注目を集めるまでの経緯について解説。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)のトラウマまとめ

『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。2013年に「新生FF14」としてサービスが再開し、2つの追加ディスクを販売した。5年以上にも渡る歴史の中には幅広い世界観とそれに紡がれるシナリオによるあらゆる出来事があり、その中にはプレイヤーにとってトラウマとなったものもある。この記事ではそれらを紹介していく。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「大迷宮バハムート」のネタバレ解説まとめ

「大迷宮バハムート」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:大迷宮バハムート」としてシナリオが展開される。ストーリーは旧FF14から新生FF14に至るまでの間にあった大災害「第七霊災」の真実に絡む内容であり、他のシリーズ物コンテンツとくらべてもプレイヤーから高い評価を受けている。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「機工城アレキサンダー」のネタバレ解説まとめ

「機工城アレキサンダー」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:機工城アレキサンダー」としてシナリオが展開される。通常難度のノーマル版、そしてエンドコンテンツである高難度版「零式」の2つの難度があり、ストーリーを楽しみたい人はノーマル版だけをプレイし、エンドコンテンツを楽しみたい人は零式版に挑戦できるようになっている

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジーXIVは株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたる。プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を救っていくストーリーとなっている。その話の中で個性あふれるキャラクターたちが名言を残している。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FINAL FANTASY TACTICS ADVANCE、FFTA)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)とは、2003年に発売されたFFシリーズの外伝的作品であり、シミュレーションRPGである。 古本屋で見つけた古書にあった呪文を唱えたことで、田舎町は理想を反映した空想世界に変わってしまうというストーリー。キャクター個々のコンプレックスに焦点を当てたストーリーとなっており、プレイヤーの心を掴む台詞が多数登場している。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FINAL FANTASY XII、FFXII、FF12)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売されたFFシリーズの12作目。ダルマスカのダウンタウンに住む少年ヴァンは、祖国を支配する帝国に一泡吹かせるため王宮に忍び込んだことから世界を揺るがす大きな運命に巻き込まれていく。イヴァリースというひとつの歴史の中で、登場するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FINAL FANTASY IV、FFIV、FF4)の名言・名セリフまとめ

『ファイナルファンタジーIV』はスクウェア製作のRPGゲームである。 軍事国家バロンの暴走をきっかけに始まる物語は、地球と月の戦争という壮大なスケールに進展する。 シリーズ中でもストーリーが「重い」として有名であり、それはキャラの多くがそれぞれ悲惨な過去や、葛藤を背負っているためである。 それゆえに、キャラによる多くの名言がストーリーに厚みを持たしている。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FINAL FANTASY TACTICS、FFT)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、1997年に発売されたFFシリーズの外伝的作品。FFシリーズ初のシミュレーションRPGである。苛烈な内戦の中で主要キャラクターが多く死亡する今作は従来のFFシリーズと毛並みが違っており、ファンを驚かせた。諸勢力が争う戦争に暗躍する謀略に巻き込まれ苦悩するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

全然楽じゃない「ひたすら楽してFF」シリーズ神回まとめ

裏技やバグ技を利用したあっけないボス撃破シーンが評価され、投稿するやいなやランキング上位間違いなしの人気ゲーム動画「ひたすら楽してFF」シリーズ。今回は、これまで投稿された動画の中から「これ、本当に楽なのか…!?」「確かに低レベルで熱い戦いだけど、余計に手間がかかっているのでは…!?」と思わされてしまうような動画をピックアップしてみました。

Read Article

SFC版FFシリーズ、懐かしの名曲まとめ

新作に限らずリメイク作品も多く発表され、幅広い層に熱烈なファンを持つファイナルファンタジーシリーズ。その中でもスーパーファミコン用ソフトとして発売されたⅣ、Ⅴ、Ⅵは、数年後他のハードが登場してもなお根強いファンを持つ人気作です。その三作の魅力は、キャラクターやストーリー、システムはもちろん音楽にもありました。

Read Article

目次 - Contents