オーバーロードII(第12話『動乱最終決戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

Itsbackhttpkissanimeruanimeoverlordii eaf1c2 6490780

蒼の薔薇のイビルアイとデミウルゴスの戦闘中、突如空からアインズ扮する冒険者モモンが降ってくる。アインズは冒険者としての立場を貫き、自分の部下であるデミウルゴスと戦闘を開始する。
そして、アインズと戦う演技を終わらせたデミウルゴスはアインズに自分達の有用性を認めて貰う為の計画を進行し、王都はデミウルゴス率いる悪魔の軍勢と王国の軍や冒険者達との決戦の地になるのだった。
今回は「オーバーロードII」第12話『動乱最終決戦』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「オーバーロードII」第12話『動乱最終決戦』のあらすじ・ストーリー

1

空から降ってきたアインズ扮する冒険者モモン

最高位ギルド「蒼の薔薇」の仲間であるガガーランとティアをデミウルゴスに殺されたイビルアイは、復活の魔法で二人を生き返らせる為に死体を守ろうと、勝てないことを知りながらもデミウルゴスに攻撃を仕掛けようとする。
その時、デミウルゴスとイビルアイの間に空から冒険者モモンとして行動中だったアインズが降ってくるのだった。
アインズ「それで、私の敵はどちらなのかな?」
現場に駆け付けたばかりで状況を飲み込めなかったアインズの問いに、イビルアイが答える。
イビルアイ「漆黒の英雄、私は蒼の薔薇のイビルアイ。同じアダマンタイト級冒険者として、要請する。協力してくれ」
イビルアイはアインズに協力の要請をしたものの、すぐに後悔をする。漆黒の英雄モモンもイビルアイと同じアダマンタイト級の冒険者であり、同じランクの者に協力して貰ったところでデミウルゴスには勝ち目がないと感じたからだった。
しかし、アインズはイビルアイの要請に「承知した」と快諾する。

1

お互いの正体を知りながらも自己紹介するデミウルゴス

本来はナザリック地下大墳墓の主人と僕という関係であるアインズとデミウルゴスだったが、それを知らないイビルアイに二人の関係性を悟られない為にデミウルゴスは演技を始める。
デミウルゴス「まずはお名前を伺ってもよろしいでしょうか?私はヤルダバオトと申します」
アインズ「ヤルダバオト、か。わかった。私はモモン。アダマンタイト級冒険者だ。そちらの目的はなんだ」
デミウルゴス「私達を召喚し、使役する強大なアイテムがこの都市に流れ込んだようです。それを回収する為に参った、ということになっております」
アインズ「デミウル……ヤルダバオト、私達は敵同士という道しかないんだな?」
デミウルゴス「はい。その通りです」
アインズ「大体理解した。そうゆうことならば、ここで倒させて貰おう。問題ないな?」
デミウルゴス「困りますので抵抗させて貰うとしましょう」
イビルアイに悟られないように、デミウルゴスから現状を聞いたアインズは冒険者モモンとしてデミウルゴスと戦うことを決める。

1

デミウルゴスと戦うアインズ

デミウルゴスに全く歯が立たなかったイビルアイは、デミウルゴスと対等に戦うアインズを見て気持ちを高ぶらせる。
イビルアイ「すごい……。なんだろう、これは。心臓なんてとっくの昔に動きを止めたはずなのに。頑張れ、モモン様」

1

デミウルゴスとアインズが仲間同士とは知らず、アインズを応援するイビルアイ

王国に巣食う裏組織「八本指」の拠点攻略をセバスに協力して貰うことになったクライムとブレイン、そして元冒険者のロックマイヤーは、セバスが拠点の正面で騒ぎを起こしている間に内部に潜入し、セバスの代わりにツアレを助けだそうとしていた。
クライム達は建物内の牢屋に囚われたツアレを発見すると、ツアレを引き連れて建物内から脱出しようとする。しかし、急ぐクライム達の前に八本指で最強のゼロが立ち塞がるのだった。

1

クライム達の前に現れた八本指最強のゼロ

ゼロはクライムと共に居たブレインを見ると声を掛ける。
ゼロ「その顔、見た覚えがある。ブレイン・アングラウスだな。サキュロントが負けたのも相手が悪かったということか。お前の類稀なる剣の才能に免じてチャンスをやろう。俺に跪け、そして俺の部下になると誓え。そうすれば助けてやろう」
裏組織「八本指」の警備部門長として八本指の最高戦力である「六腕」のリーダーをしているゼロはブレインを仲間に誘うものの、ゼロの申し出をブレインは鼻で笑って断る。
ゼロ「ならば、死ね」
ゼロが戦闘態勢に入ると、ブレインは剣の柄に手を掛けて言う。
ブレイン「ゼロ、お前の相手は俺がしよう。クライム君、後ろの相手は任せる」
ブレインのその言葉にロックマイヤーは、ブレインの後ろに立っていたツアレに攻撃を仕掛ける。クライムがツアレだと思って連れてきていたのは、娼館襲撃の際に捕まえたはずの幻影使いサキュロントであり、ブレインと元冒険者のロックマイヤーは気が付いていたのだった。
サキュロント「見破っていたか」
ゼロ「所詮小細工か。サキュロント、後ろの雑魚二人を殺せ。そのくらいはできるな?」
そして、ブレインはゼロを、クライムはロックマイヤーと共にサキュロントを相手に戦闘を開始するのだった。

1

ブレインの剣を拳で受け止めるゼロ

ゼロは武器を持っていなかったものの、肉体を強化し硬化させられるモンクという職業を修めていた為に、剣を振るうブレインに素手で同等の戦いをして見せるのだった。
ブレイン「おいおい、一流のモンクの拳は鉄のように固くなるというがそれ以上だな」

1

幻影で分身したサキュロント

娼館襲撃の際にサキュロントと戦ったクライムは、サキュロントの幻影によって翻弄され瀕死の状態にまで追い詰められた経験があった。クライムは、今回もまた幻影によって分身したサキュロントに翻弄されるものの、同行者のロックマイヤーからの支援が入る。
ロックマイヤー「支援するぜ。これが盗賊の戦い方ってな」

1

ロックマイヤーによって幻影を封じられたサキュロント

盗賊という幻影や罠に強い職業を修めていたロックマイヤーによって、サキュロントの唯一の強みであった幻影が破られる。幻影の所為で苦戦を強いられていたクライムは勢いを取り戻し、サキュロントを倒すことに成功するのだった。

1

金的でサキュロントを倒したクライム

サキュロントを倒したクライムとロックマイヤーがブレインの元へ行くと、ブレインとゼロは一進一退の戦いを続けていた。
ゼロ「ふん、サキュロントめ。それに引き替えアングラウス、中々見事だ。俺の攻撃をここまで防いだのはお前が初めてかもしれん」
ブレイン「お前もな」
ゼロ「では、少しばかり本気を出すとしようか」
ブレイン「それがいいだろう」
そう言うとブレインとゼロはお互いに距離を取り構える。

1

かつてシャルティアに破られたブレインの必殺技「虎落笛」

ゼロ「お前のそれは剣の結界だな?不用意に踏み込めば両断されるんだろう?しかし、その技は待機して身構えなくては出来ない技と見た。ブレイン・アングラウス、それはお前の切り札か?」
ブレイン「その通りだ。絶対必中の『領域』と神速の一刀『神閃』による斬撃、秘剣『虎落笛』」
ゼロ「その技、真っ向からお前を撃ち抜く。この俺こそ王国最強だ」
しかしその時、戦いを始めようとしていた二人に声が掛かる。
セバス「こちらにいらっしゃいましたか」

1

突然現れたセバス

六腕の仲間達によってボロボロにされていると思っていたセバスが、無傷で現れたことでゼロは驚く。
ゼロ「どうゆうことだ。六腕の奴等がお前の相手をしているはずでは?」
セバス「あなたの同僚は全員倒してきました」
ゼロ「奴等を相手に無傷でここまで来られるわけが無かろう」
セバス「真実というのは得てして驚くようなことです」
クライムは、現れたセバスに牢屋に捕まっていたツアレが偽物だったことを伝える。
セバス「心配してくださってありがとうございます。ですが、大丈夫ですよ」
セバスがそう言うと、既にセバスによって助け出されていたツアレもセバスの後ろから姿を見せる。
セバス「ツアレ、そこで少し待っていてください」
そして、セバスはゼロと戦う為にゼロの目の前へと立つ。
ゼロ「ブレイン・アングラウス、お前との勝負はひとまずお預けだ。この爺に六腕の力を見せてやる。己の戯言の代償を命で支払え」

1

自身の肉体をさらに強化するゼロ

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説まとめ

オーバーロード(Overlord)は、丸山くがね原作のWEB小説「オーバーロード」のアニメ作品。サービス終了間近のDMMO「ユグドラシル」で、一人サービス終了の時を惜しみながら待っているが、時間になっても強制ログアウトが行われず、異世界に転移しまった上に自作の強力なNPC達が意志を持って動き出す。時には救世し、時には目的の為に侵略行為も厭わない、異世界ダークファンタジー。

Read Article

オーバーロードII(第7話『蒼の薔薇』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の王女ラナーは友人であり最高位の冒険者のラキュースに頼み、王国に巣食う裏組織の八本指を退治する為に行動を起こそうとしていた。その頃、王国に潜伏していたセバスは、拾ったツアレの心の傷を癒そうとしていたものの、ツアレをだしにツアレの元の主人に金銭を強請られてしまう。そんなセバスに不信感を抱いたソリュシャンは、アインズに、セバスに裏切りの可能性があると密告するのだった。 今回は「オーバーロードII」第7話『蒼の薔薇』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第1話『絶望の幕開け』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズと同じ元ユグドラシルプレイヤーを示唆させる存在、そしてナザリックに脅威をもたらす可能性のある存在が登場する。 アインズは戦力強化の為に実戦経験をさせようと、付近に生息しているリザードマンの部族との戦争をコキュートスに命じる。 今回は「オーバーロードII」第1話『絶望の幕開け』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第11話『ヤルダバオト』)のあらすじと感想・考察まとめ

裏組織「八本指」を潰す為に王国とナザリック地下大墳墓の二つの勢力が動き始める。セバスはツアレ奪還の為に再びクライム達と共闘することにする。一方で戦闘メイドのエントマは、蒼の薔薇のガガーランと鉢合わせしてしまい戦いを開始する。ガガーランは仲間のティアとイビルアイの援護によりエントマを追い詰めるものの、デミウルゴスが扮する悪魔「ヤルダバオト」が現れ戦況は一変するのだった。 今回は「オーバーロードII」第11話『ヤルダバオト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第4話『死の軍勢』)のあらすじと感想・考察まとめ

アンデッド軍との戦いに勝利したリザードマン。そんな彼らの前に絶対的な力を見せつけ現れたアインズは、今度は部下のコキュートス一人で攻めさせると言う。アインズ達との力の差に圧倒されたリザードマン達は死を覚悟する。 今回は「オーバーロードII」第4話『死の軍勢』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第8話『少年の思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

子供に暴力を振るっていたチンピラを撃退したセバスは、セバスの腕前を見て教えを乞おうとしたクライムとブレインと知り合った。そんな三人を暗殺者達が襲う。尋問によって暗殺者達がツアレを処分しようとした娼館の主人サキュロントの手先だと知ったセバスは、クライムとブレインを連れて娼館へと乗り込むことにするのだった。 今回は「オーバーロードII」第8話『少年の思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『オーバーロードII』とは、丸山くがねによる小説を原作とするアニメ作品『オーバーロード』の続編である。 かつて一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム『ユグドラシル』のサービス終了時に居合わせたモモンガは、サービス終了時刻を過ぎてもログアウト出来なくなるという異常事態に遭遇。 異世界に来てしまった彼は、自我を持ち絶対の忠誠を誓うNPC達と世界征服を目指すダークファンタジー。

Read Article

オーバーロードII(第13話『最強最高の切り札』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズは冒険者モモンとしてデミウルゴスと戦闘を開始すると、他者の目の届かないところでデミウルゴスに計画の全容を聞く。計画の利点は四つあり、財の強奪、住民の誘拐、八本指襲撃の隠れ蓑、そしてデミウルゴス扮する大悪魔ヤルダバオトを倒すことでモモンの名声をさらに高めるというものだった。ヤルダバオトを撃退した冒険者モモンは、計画通り最強の戦士としての名声を得るのだった。 今回は「オーバーロードII」第13話『最強最高の切り札』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第5話『氷結の武神』)のあらすじと感想・考察まとめ

リザードマン達は死ぬことが分かっていながらもコキュートスとの戦いに臨んだ。圧倒的な力の差がありながらも果敢に戦って死んだザリュースに感銘を受けたコキュートスは、彼を生き返らせて貰えるようにアインズに頼む。 今回は「オーバーロードII」第5話『氷結の武神』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第9話『舞い上がる火の粉』)のあらすじと感想・考察まとめ

セバスはクライムとブレインと共に、王国の裏組織「八本指」が経営する娼館に襲撃すること決める。セバスは巡回使としてセバスをゆすったスタッファンを殺し、クライムとブレインは六腕と呼ばれる八本指の戦力の一人サキュロントと、八本指の奴隷部門長のコッコドールの捕縛に成功する。そして、王女ラナーはこの娼館襲撃を機に他の八本指の拠点を潰す為に動くことを決意するだった。 今回は「オーバーロードII」第9話『舞い上がる火の粉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第2話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

黒雲から現れたモンスターに宣戦布告されたリザードマン部族のグリーン・クロー。族長の弟ザリュースは、相手の計算を狂わせる為に他のリザードマン部族を仲間に引き入れることを提案する。そして説得が難しいとされたレッド・アイ族とドラゴン・タスク族へ自ら使者として旅立つのだった。 今回は「オーバーロードII」第2話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第6話『拾う者、拾われる者』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国で情報収集を行っていたナザリック地下大墳墓の執事セバスは、道端に捨てられた傷だらけの女性ツアレを拾い介抱する。しかし、ツアレは王国を裏で牛耳る八本指という組織の運営する店の奴隷であり、彼女を処分する為に八本指が動き出そうとするのであった。 今回は「オーバーロードII」第6話『拾う者、拾われる者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第10話『王都動乱序章』)のあらすじと感想・考察まとめ

ツアレを勝手に助けた為に謀反を疑われたセバスは、アインズに尋問される。無罪を証明したセバスは、ツアレのことも助けて欲しいとアインズに嘆願し、ツアレはナザリック地下大墳墓の仲間として迎え入れられることになる。 しかし、セバスのことを恨む王国の裏組織「八本指」にツアレが攫われてしまい、アインズはツアレ奪還の為にナザリック地下大墳墓の戦力を動かすことを決めるのだった。 今回は「オーバーロードII」第10話『王都動乱序章』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第3話『集う、蜥蜴人』)のあらすじと感想・考察まとめ

説得は難しいとされたレッド・アイ族に続きドラゴン・タスク族も仲間に引き入れ万全の状態に至ったリザードマン達。そんなリザードマン達を蹂躙すべくコキュートスはアンデッドの軍勢へ進軍の命を出す。しかしその結果はコキュートスの意に反し、リザードマン達の勝利という形で終わることとなる。 今回は「オーバーロードII」第3話『集う、蜥蜴人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents