こみっくがーるず(第1話『アンケート、ビリですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描いている。評判が思わしくなく気の弱い薫子のことを心配した、担当編集者である編沢まゆは、まんが家ばかりが集まる女子寮を勧める。ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、まんが家生活をはじめる薫子であった。
今回は「こみっくがーるず」第1話『アンケート、ビリですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

色川琉姫に 「カッコイイ」 と言う萌田薫子

今夜が締め切りである翼は、原稿にペン入れをしている最中だった。
琉姫 「つーちゃん、今夜締め切りだから。バタバタなの」
瞬時に琉姫のベッドの下を覗く、かおすと小夢。
琉姫 「どうして、ベッドの下を?」
さっき翼が、まんがのことを話そうとしたときの琉姫の慌てぶりを見た二人は、琉姫が描いているのは 『エロまんが』 に違いないと考えているのだ。
小夢 「イヤラシイまんが描くのに、イヤラシイ資料はないんですか」
薫子(かおす) 「小夢さん、偏見は失礼ですよ。琉姫さんは本人がイヤラシイから、資料いらないのかも!だぼっとした服着てるからわかりにくいけどすごく胸が大きいんですよ!」
琉姫を巡って暴走する、かおすと小夢は、とうとう琉姫の胸のサイズに迫る。
琉姫 「胸小さいのに、イヤラシイまんが描いてたらおかしい?ねえ、おかしい?」
琉姫は、切実にうったえる。
琉姫 「本当は、ほのぼのとした動物さんのまんが描きたかった」
翼 「るっきーはもともと、幼児向けに持ち込みしたんだ」
絵柄が大人っぽいという理由で、持ち込み先の担当者に、ティーンズラブの雑誌を紹介された琉姫。描く絵に色気があり、特に巨乳が上手いということから 『爆乳♥姫子』 というペンネームを勝手につけられたのだった。
琉姫も最初は悩んだが、応援してくれるファンがたくさんいると知って、今はやりがいを感じているという。
薫子(かおす) 「苦手を乗り越えて、連載とるなんてカッコイイです」
かおすは目を輝かせながら、琉姫に手を伸ばす。琉姫の目にも嬉し涙があふれる。
琉姫 「つーちゃん、締め切りなのに、ごめん。手伝うね」
翼 「助かる」
お互い忙しいときは、手伝うという。プロ同士が助け合う、ステキ。私もお手伝いしたいけど……。自信のない、かおすの横で、小夢が勢いよく言う。
小夢 「あの、よかったら私たちも、アシスタントさせてください」
翼 「よかろう、人手は多いほうがいい。このコマに、暗黒のエネルギーを解き放ってくれ」
そう言って原稿を渡されたかおすだが 『暗黒のエネルギー? どうしよう、全然わからない』 と悩んでしまう。

勝木翼 「このコマに、暗黒のエネルギーを解き放ってくれ」

翼 「お前はこのコマに、漆黒の紋章を刻んでくれ」
そう言われた小夢は原稿に貼るトーン番号まで提示し、翼が言いたいことを理解するのに三ヶ月かかった琉姫をも驚かせる。
翼 「小夢が来てくれて良かった」
呼び捨てで褒められた小夢は、幸せな気分に浸る。
自分もがんばらなくてはと思うかおすだが、いつものデジタル作業と勝手が違い、時間がかかってしまう。焦ったかおすは、ベタ塗りでミスをおかすが、それを修正しようとして、さらに被害を広げてしまう。

萌田薫子のベタ塗り、インクがはみ出る

薫子(かおす) 「だいじな原稿をすみません。せめて、遺書を書く時間をください」
翼 「問題ない、こんなの見ていろ」
マント姿に変身し、猛烈なスピードで手を動かし始める翼だった。琉姫は 「集中モードになると、自分のまんがのキャラになりきる」 と解説する。

色川琉姫 「つーちゃんは集中モードになると、自分のまんがのキャラになりきっちゃうのよ」

ものすごいスピードでペン入れ作業が進み、ひと息つく一同。かおすは突然、翼に頭をなでられる。
翼 「一生懸命やろうとしたのは伝わる。そういうヤツは、成長するから大丈夫だ。命よりだいじな原稿に、命かけてくれて、ありがとう」
『皆すごく真剣、本当にまんが描くのが大好きなんだ。ここにいたら、私もちゃんとしたまんが家になれるかもしれない』 そう実感する薫子(かおす)。
すべての原稿を仕上げた翼は、疲れて床で寝息をたてる。
薫子(かおす) 「翼さんは、強くてやさしくて、少年まんがの主人公っぽい。だから面白いまんがが描けるのか。私は真逆です。明るくて友だちいっぱいな主人公を描きたいのに、まわりに迷惑しかかけないし、一生友だちなんて……」
ネガティブになるかおすを、小夢と琉姫が元気づける。
小夢 「私、かおすちゃんのこと、もう友だちだと思ってるよ」
琉姫 「私も、もっと仲良くなりたいわ」

萌田薫子の実家である和菓子屋のまんじゅうを食べる、恋塚小夢と色川琉姫

かおすは、担当編集者の編沢に、友だちができたことを報告する。
編沢 「なるほど、寮に入って正解だったようですね」
薫子(かおす) 「はい。面白いまんがが、たくさん描けるような気がします」
編沢 「言いにくいんですが、今回のネームは、つまらないのでボツです」
薫子(かおす) 「……言いにくくして、ごめんなさい」
そこには、以前のように落ち込むのではなく。前向きな笑顔を返す、薫子(かおす)がいた。

「こみっくがーるず」第1話『アンケート、ビリですか!?』の感想・考察

作画が綺麗で人物などの動きも良く、とても丁寧に作り上げられている。まんがのコマ割りで表現されているところが随所にあり、ユニークで飽きさせない。ふんわりした世界だが、思わぬところにギャグがあり笑わせてくれる。 『かおす劇場』 という寸劇が繰り広げられているのも面白い。途中、冗長ではないかと思われる部分が見受けられるが、その後ハイテンポな流れがあるため、無理やり全体のバランスをとっているようにも受け取れる。
序盤で女の子がひとり、森の中にある神社の境内でスマホに向かって正座をしているという、多少ショッキングな情景から推測するに、もし担当編集者である編沢まゆが、まんが家寮に入るチャンスをくれなかったら、萌田薫子はまんが家を続けることを諦めていたであろう。だが、どうしても辞めたくない特別な理由があるからこそ、薫子は最後まで何度も 『がんばらないと』 と自分自身に言い聞かせていた。なぜそうまでして、まんが家にこだわるのか、今後ハッキリするのではないだろうか。

「こみっくがーるず」の動画放送情報

地上波・BS・CS 放送スケジュール

2018年4月5日より 毎週木曜23:00~ AT-X リピート放送 土曜15:00、日曜24:30、水曜7:00
2018年4月5日より 毎週木曜23:30~ TOKYO MX
2018年4月5日より 毎週木曜23:30~ BS11
2018年4月6日より 毎週金曜2:25~ 関西テレビ

その他配信系 スケジュール

2018年4月6日より 毎週金曜12:00 dアニメストア
2018年4月6日より 毎週金曜23:00~ ニコニコ生放送
2018年4月9日より 毎週月曜0:00
AbemaTV
Amazonプライム・ビデオ
Google Play
YouTube
HAPPY!動画
J:COMオンデマンド
ビデオパス
みるプラス
PlayStation Store
Rakuten TV
TSUTAYA TV
アニメ放題
U-NEXT
あにてれ
PlayStation
ゲオTV
ニコニコチャンネル
バンダイチャンネル
ふらっと動画
GYAO!ストア
GYAO!
ひかりTV

「こみっくがーるず」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

こみっくがーるず(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こみっくがーるず』とは、はんざわかおりによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描きながら、ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、寮生活をおくるのであった。カワイイ女の子たちの織りなす日常を覗き見ることができる、ガールズ・シチュエーション・コメディ。

Read Article

こみっくがーるず(第12話『いってらっしゃいませ、立派な漫画家さまたち』)のあらすじと感想・考察まとめ

退寮まで、あと十日。家へ帰るべく準備を進めていた小夢、琉姫、翼、怖浦。しかし薫子は、緊張とプレッシャーで身も心も弱ってしまい、まったく原稿が手につかない。そしてとうとう、ひとりぼっちになってしまったとき、母親が訪ねてくる。甘い声をかける母親に薫子は、寮にいるあいだに自分の力で原稿を終わらせたいと伝える。 今回は「こみっくがーるず」第12話『いってらっしゃいませ、立派な漫画家さまたち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第7話『ここは天国ですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

アシスタントをするため怖浦の部屋にきた薫子は、怖浦も自分と同じ東北出身であることを知る。メガネをかけた大人の女性にあこがれる薫子は、メガネを買いに、ひとりで秋葉原を訪れた。しかし、警官に声をかけられ、すっかりおじけづいてしまう。そこへ小夢たちが現われ、立ちなおる薫子。メガネ店に到着した四人は、偶然、編沢と虹野に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第7話『ここは天国ですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第2話『今日から学校でした』)のあらすじと感想・考察まとめ

薫子(かおす)は、寮の仲間たちと新宿にある画材屋へ行くことにした。そこで、普段はクールな翼のいつもと違う一面を見せられる。翌日、転校生として新しい学校へ入学した薫子と小夢。社交的な小夢に比べ、内気でクラスに馴染めない薫子を自分の妹のように気遣う琉姫であった。新人まんが家たちの学校生活が、いよいよスタートする。 今回は「こみっくがーるず」第2話『今日から学校でした』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第8話『わんにゃんにゃんわんまつり』)のあらすじと感想・考察まとめ

またネームがボツになった薫子。落ち込んでいる間もなく、学校のテスト勉強をしなければならない。しかし、小夢ともども勉強の仕方が分からないため、琉姫と翼に助けを求める。元まんが研究部の編沢、虹野、花園は、寮にある花園の家で飲み会をすることに。薫子の様子が気になった編沢は、コッソリ彼女の部屋をのぞく。すると、苦しんでいる薫子の姿があった。 今回は「こみっくがーるず」第8話『わんにゃんにゃんわんまつり』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第3話『プニプニポヨンですね』)のあらすじと感想・考察まとめ

薫子(かおす)は、担当編集者の編沢にネームの考え直しを要求される。まんが家寮の仲間たちに相談しダメ出しを受けながらも、寮母である花園のアドバイスで、画力を上げるためのスケッチ大会をはじめることにした。だが薫子は、ネーム作りに夢中になるあまり、身体をこわしてしまう。心配した花園は、薫子のためにある工夫をする。 今回は「こみっくがーるず」第3話『プニプニポヨンですね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第9話『かおスパイラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

小夢のまんがが、カラーで雑誌に掲載された。自分との違いは、お出かけすることだと考えた薫子は、小夢について街へくり出す。ヒロイン像である小夢を信用しきる翼に、小夢は翼自身の女の子らしさを取り戻してもらおうとする。太ってしまった小夢は、お菓子をがまんしてやせようとするが、それがまんがに影響してしまう。学校で原稿をなくしてしまった翼。そこへ知らない女の子が現われる。 今回は「こみっくがーるず」第9話『かおスパイラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第4話『くんずほぐれつランデヴー』)のあらすじと感想・考察まとめ

あいかわらず、手書き原稿の作業が苦手な薫子(かおす)。ある日、琉姫の部屋の隅で放ったらかしになっていたパソコンに気付くと、機械オンチな琉姫の代わりに、セッティングをしてあげることに。ティーンズラブまんが家の琉姫は、間違った道を歩んでいるのではないかと思い悩んでいた。そんなとき、サイン会の依頼がきてしまう。 今回は「こみっくがーるず」第4話『くんずほぐれつランデヴー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第10話『みちるばっかり愛されてずるい』)のあらすじと感想・考察まとめ

クリスマス、彼氏がいないことを気にする琉姫は、原稿が手につかない。その上、自分の誕生日も忘れてしまう。年末、帰郷の準備をする四人だが、薫子だけ母親への連絡ミスで帰れないことに。代わりに翼の家へ行く。そこで薫子はいつもと違う翼の姿を見る。初詣から戻った四人は、焼きイモをするため、ボツネームの原稿を燃やす。 今回は「こみっくがーるず」第10話『みちるばっかり愛されてずるい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第5話『編沢さんコスプレするんですか?』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏がやってきた。海水浴に訪れた薫子たちは、水着で盛り上がる。次の日、部屋にこもってゲームに熱中する薫子と翼。小夢と琉姫は、ショッピングだ。翼に対する気持ちの正体と、連載まんがを描くための経験不足について悩んでいた小夢は、翼と遊園地デートすることになるが、そこで意外な人物に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第5話『編沢さんコスプレするんですか?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第11話『人生のピークがきたんです』)のあらすじと感想・考察まとめ

学校の進路希望調査票に、なんと書こうか悩む薫子。そんな中、退寮の日が迫るまんが家寮では、倉庫の整理がはじめられた。みんなで片付けているとき、柱の落書きを目にした薫子は、そこにあった先輩たちの言葉に励まされ、ネームを描きまくる。薫子の原稿を読んだ編沢は、掲載が決まったことを薫子に伝えた。 今回は「こみっくがーるず」第11話『人生のピークがきたんです』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第6話『丸刈りにしてきます』)のあらすじと感想・考察まとめ

幽霊を見てしまう薫子。しかしその正体は、先輩まんが家の怖浦だった。どうしても怖浦がコワイ薫子のために、琉姫たちは、なんとかしようと部屋にこもる。担任の虹野は、コスプレのことが薫子たちに、ばれていないか心配でならなかった。そんなとき、翼がノートに描いた暗黒勇者の絵を見てしまう。問いただす虹野に、翼は暗黒勇者のどこが好きなのかと切りかえす。 今回は「こみっくがーるず」第6話『丸刈りにしてきます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents