聖剣伝説3(TRIALS of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説3』とは、1995年に発売されたアクションロールプレイングゲームで、『聖剣伝説』シリーズの3作目。シリーズ最後のスーパーファミコン用ソフトとなった。6人のキャラクターから3人を選んでプレイすることにより、ストーリーの一部が変化し、ラスボスも異なる。戦乱に巻き込まれた6人の若者たちが、それぞれの事情を抱えながらもマナの力に導かれ、世界の平和を取り戻すため戦う。

エルフの国ディオールの王で、シャルロットの母の父。
娘シェーラが人間の男と恋に落ちたが、彼らの恋仲を認めてやれなかったことを、深く後悔している。
人間とエルフとの禁断の恋は、互いの命を縮めることになり、夫婦共々早逝した。
シャルロットの父は光の司祭の息子で、司祭もまたエルフとの恋仲に反対していた。
だが息子が死ぬと、息子の恋を祝福できなかった償いとして、光の司祭はシャルロットを引き取って育てることにした。
一方、妖精王はディオールを人間界から隠し、人間との関りを拒絶し娘のような悲劇が二度と起こらないようにした。

フラミー

マナの女神が主人公たちに遣わした空飛ぶ守護精霊の子供。性別はメス。
シリーズではおなじみの乗り物。
フラミーの名前はリースか、リースがパーティにいない場合はフェアリーがつける。

ボン・ボヤジ

自称錬金術師で、自ら発明した大砲を交通手段とした「キャノントラベル」を運営する。
炭坑でドワーフが採掘した「ニトロの火薬」を使った大砲で、主人公たちを遠くの場所に飛ばしてくれる。
弟のボン・ジュール、ボン・ソワールという妹の他、ローラントにいる従妹のメルシーなどにも大砲を送り付けている。

紅蓮の魔導師

理の女王を上回る魔力を持つとも言われるアルテナ随一の魔法使い。
元はアンジェラと同じく落ちこぼれ魔法使いだった。
だが偶然竜帝に会ったことから、契約を交わして魔力をもらって竜帝の配下となる。
強大な魔力によって理の女王を操り、アルテナを指揮して、竜帝のためにマナの聖域を目指していた。

デュラン・アンジェラ編ではドラゴンズホール最深部にて決戦が行われる。

黒耀の騎士

「紅蓮の魔導師」と共に竜帝に仕える黒い甲冑の騎士。
その正体はデュランの父親のロキ。
デュラン・アンジェラ編で、ドラゴンズホール入り口にて主人公と戦う。

デュランかアンジェラが主人公でない場合は、マナの聖域で自分が既に死んでいることを明かす。
デュランがパーティーにいる場合は、自らの正体を明かそうとするが、その前に消えてしまい真実が語られることはなかった。

竜帝

ガラスの砂漠にいるドラゴン族の王。
デュランかアンジェラを主人公にした場合のラストボスとなる。

12年前ドラゴン族を率いて世界大戦を引き起こし、古の都ペダンを滅ぼし、世界中に戦乱をまき散らした。
竜帝の住処であるドラゴンズホールで、フェアリーとロキの捨て身の攻撃で相討ちになり死亡した。
死んだはずの竜帝だったが、たまたま通りかかった「紅蓮の魔導師」に命を半分よこす代わりに魔力を与えるという取引をし、復活した。
しかし、人間の半分の命では竜帝の復活には程遠い。
そのため竜帝は部下となった「紅蓮の魔導師」らを使い、主人公を利用してマナの剣に神獣の力を全て吸収させることで闇の力を得て完全復活し、これまで以上の力を得ようとした。

死を喰らう男

道化師のような風貌とおかしな言動の男。
いつのまにか獣人王のそばに取り入り、ビーストキングダムを人間界に侵攻させるように画策した張本人。
その正体は人の魂を喰らう妖魔。残忍で狡猾な性格で慇懃無礼。
立場的には「仮面の道士」の部下にあたるが、忠誠を誓っているわけではなく、「仮面の道士」が、世界中に死者の魂をあふれさせてくれると、その魂を腹一杯食べられるから、という利己的な目的のために協力している。

主人公がケヴィンやシャルロットの場合、幻惑のジャングル奥地にて、決戦となり、敗れて消滅する。
ケヴィンやシャルロット以外の主人公の場合は、消滅せず逃げ出したことになり、その後の消息は不明。

堕ちた聖者

ウェンデルの光の神官ヒースが、「死を喰らう男」に拉致された後、「仮面の道士」によってアンデッドにされた姿である。
精神も操られている。
実は「仮面の道士」の実の息子。

ケヴィンかシャルロット主人公の場合、ミラージュパレス最深部にて、主人公と決戦となる。

仮面の道士

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

聖剣伝説 LEGEND OF MANA(LOM)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説 LEGEND OF MANA(LOM)のネタバレ解説・考察まとめ

1999年にスクウェアから発売されたPlayStation用ゲームソフト。 『聖剣伝説』シリーズ4作品目になるが、過去の作品とつながっていない独自の世界になっている。 ポリゴンを用いた3D画面が主流になり始めた時期に珍しく、2Dによる緻密で繊細なドット絵を使用した作品になる。 何もない土地に、町やダンジョンを自分で配置し世界を作ることで、世界に生きる人々に触れ、共に世界を作っていくRPG。

Read Article

聖剣伝説2(SECRET of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説2(SECRET of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説2』とは、1993年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションRPG。 「モーションバトル」や「リングコマンド」といった新たなシステムを搭載した意欲作で、音楽においても評価が高く、この後のシリーズ化に繋がった作品である。 主人公ランディは、偶然聖剣を引き抜いてしまい、旅の途中で出会った仲間たちと共に世界を支える「マナ」を巡る帝国との争いに巻き込まれていく。

Read Article

聖剣伝説 HEROES of MANA(HoM)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説 HEROES of MANA(HoM)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説 HEROES of MANA』とは、2007年3月8日にニンテンドーDSにて発売された『聖剣伝説』シリーズの外伝的作品で、『聖剣伝説3』の19年前を舞台とした作品である。 本作はシリーズ初のRTS(リアルタイムストラテジーシステム)を採用したストラテジーRPG。 ワイヤレス通信でプレイヤー同士が戦う対戦モードが搭載されている。舞台は、『聖剣伝説3』の19年前の世界で、滅亡した国として登場した「いにしえの都ペダン」にまつわる物語が主人公ロジェを通して描かれる。

Read Article

聖剣伝説4(DAWN of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説4(DAWN of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説』シリーズの4作目。プレイステーション2にて発売された、シリーズ初の3Dアクションアドベンチャーゲーム。従来のシリーズからシステムも一新され、ステージクリア型ゲームとなった。「原点回帰」をテーマとし、これまでのシリーズの登場人物の名前が使用されている。聖なる大樹から力を授けられた主人公エルディを通して、「マナの女神」や「聖剣」の誕生が描かれる。

Read Article

聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-(FF外伝)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-(FF外伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説』シリーズの第1作。当初は『ファイナルファンタジー(FF)シリーズ』の派生作品としてリリースされたアクションRPG。FFシリーズでおなじみのチョコボや飛空艇、魔法なども登場する。生と死、出会いと別れをテーマに描かれる重いストーリーの中にもコミカルな要素がありパズル的な謎解きも楽しめる。リメイク作品『新約 聖剣伝説』が作られ更に3Dでもフルリメイクされた。

Read Article

聖剣伝説DS CHILDREN of MANA(CoM)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説DS CHILDREN of MANA(CoM)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説』シリーズ初のニンテンドーDS向けソフト。 DSワイヤレスプレイによる最大4人までのマルチプレイが可能となった。 時系列では『聖剣伝説4』の10年後のストーリーとなり、外伝的作品である。 従来のシリーズのシステムに、ジェムという新たなシステムを加えたアクションRPG。 ファディールという世界を舞台に、出身も立場も違う4人の主人公たちを中心に、誕生して間もないマナの女神と聖なる剣をめぐる物語が描かれる。

Read Article

天才プログラマーのナーシャ・ジベリが手掛けた作品まとめ【FF1~3】【聖剣伝説2】

天才プログラマーのナーシャ・ジベリが手掛けた作品まとめ【FF1~3】【聖剣伝説2】

日本を代表する有名なRPG作品の『ファイナルファンタジーシリーズ』や『聖剣伝説2』の開発に携わっていたのが、【天才プログラマー】と称賛されるイラン出身のコンピューターゲームプログラマ、ナーシャ・ジベリである。重大なバグの修正コードを電話で伝えたなど、伝説的な才能を誇った彼が手掛けた作品たちをご紹介する。

Read Article

目次 - Contents