聖剣伝説3(TRIALS of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説3』とは、1995年に発売されたアクションロールプレイングゲームで、『聖剣伝説』シリーズの3作目。シリーズ最後のスーパーファミコン用ソフトとなった。6人のキャラクターから3人を選んでプレイすることにより、ストーリーの一部が変化し、ラスボスも異なる。戦乱に巻き込まれた6人の若者たちが、それぞれの事情を抱えながらもマナの力に導かれ、世界の平和を取り戻すため戦う。

ローラントに戻ったリースを迎えたのは弟のエリオットだった。
エリオットはリースを助けてローラントを再興させると誓う。
リースはエリオットに励まされ、ローラントを昔のような平和な王国に戻すことを亡き両親に誓う。

『聖剣伝説3』の登場人物・キャラクター

デュラン

草原の王国フォルセナの傭兵をしている少年。17歳。身長175cm。体重70kg。
負けず嫌いで気性が荒い性格。一本気な性格で、英雄王への忠誠心も強い熱血漢。
両親を亡くし、今は妹のウェンディと伯母ステラとの3人暮らし。
亡き父・ロキは、「黄金の騎士」ともよばれ、デュランは心から尊敬している。
王国随一と言われる剣の腕を持つ実力者で、自分でもそれなりにうぬぼれてもいたが、ある時魔法王国アルテナ軍が攻め込んできた時、アルテナ軍を指揮官である「紅蓮の魔導師」に惨敗して自分の未熟さを思い知る。
デュランは単身、もっと強くなるために、クラスチェンジを目指して旅に出る。

基本クラス
ファイター

光のクラス:ナイト、ロード、パラディン
闇のクラス:グラディエーター、ソードマスター、デュエリスト

アンジェラ

魔法王国アルテナの王女。19歳。身長165cm、体重48kg。
艶やかな美女だが、勝ち気でわがまま。良く言えば自由奔放。魔法の授業をサボったりイタズラしたりするのは、魔法王国の王女なのに魔法が苦手という自分に対しての愛情が薄い母親への反発からだった。
しかし本当は母親の愛情に飢えている寂しい少女である。
ある時、アンジェラの母でアルテナの理の女王が、マナストーンの力を開放するためにアンジェラを生け贄しようとする。
危機一髪のアンジェラは、秘められた魔力が暴走し、外へ転移してしまう。
絶望しながらも、アンジェラは母に認めてもらえるための魔力を身につけるため、旅立つ。

アンジェラを主人公にした場合、仲間に男性キャラが仲間にいると特別なイベントが起こる。
優先順位はデュラン、ケヴィン、ホークアイで、公式にはアンジェラはデュランに惚れているという図式になっている。

基本クラス
マジシャン

光のクラス:ソーサレス、グランデヴィナ、アークメイジ
闇のクラス:デルヴァー、ルーンマスター、メイガス

ケヴィン

ビーストキングダムの王子。15歳。身長170cm、体重73kg。
ビーストキングダムの獣人王と人間の女性との間に生まれたハーフ。
優しく純粋だがすぐ早とちりしてしまう性格で、人とコミュニケーションするのが苦手。
父である獣人王により厳しく冷徹な殺人マシーンへと鍛え上げられる。
仔狼のカールと出会い、優しさや思いやりの心を知るようになる。
ある時、カールが豹変し、襲い掛かってきたためケヴィンはカールを殺してしまう。
カールを生き返らせるため、ウェンデルへ旅立つ。

基本クラス
グラップラー

光のクラス:モンク、ゴッドハンド、ウォーリアモンク
闇のクラス:バシュカー、デスハンド、デルヴィッシュ

シャルロット

聖都ウェンデルの光の司祭の孫。15歳。身長132cm、体重30kg。
エルフと人間のハーフのため、15歳ながら幼い姿をしている。
生意気で自分勝手で泣き虫だが、素直で純粋な性格である。
神官ヒースを慕っており、彼が攫われたところを目撃し、ヒースを助けるため旅に出る。

言動はかなり幼く、彼女の台詞の語尾に「~でち」などが良く付く。
プレイヤーキャラクターで唯一のクレリックであり、クラス1の段階で回復魔法を使うことができる。

基本クラス
クレリック

光のクラス:プリーステス、ビショップ、セージ
闇のクラス:エンチャントレス、ネクロマンサー、イビルシャーマン

ホークアイ

ナバール盗賊団の一員。17歳。身長178cm、体重68kg。
女好きでキザなロマンチストでユーモラスな性格。友情に厚く義理堅いところもある。
天涯孤独の身だったところを、ナバール盗賊団の頭であるフレイムカーンに拾われる。
フレイムカーンの実の息子であるイーグルや娘のジェシカと共に実の子供同然に育てられた。
盗みの腕前は、ナバール盗賊団においても1・2位を争う。
ある日、フレイムカーンが他国への侵略し、ナバール王国の建国を宣言したことから、その豹変ぶりを不審に思ったホークアイとイーグルは、調査を始める。
調査の最中にイーグルは殺され、さらに妹のジェシカには呪いをかけられてしまった。
イーグル殺しの濡れ衣を着せられ投獄されたホークアイはなんとか脱獄し、ジェシカの呪いを解くためにウェンデルを目指す旅に出る。

基本クラス
シーフ

光のクラス:レンジャー、ワンダラー、ローグ
闇のクラス:ニンジャ、ニンジャマスター、ナイトブレード

リース

風の王国ローラントの王女。16歳。身長167cm、体重54kg。
王女でありながらも、王国のアマゾネス軍のリーダーを務める。
母を亡くしており、今は国王である父ジョスターと弟エリオットとの3人家族。
ある日、ローラント王国はナバール盗賊団から突然の侵略を受ける。
城は陥落し、国王である父ジョスターは死亡、弟のエリオットも攫われてしまう。
ただ1人生き残ったリースは、国家再興と弟を探すため、旅立つ。

未だに根強いファンを持ち、聖剣伝説3のキャラクターの中でも随一の人気を誇る。

基本クラス
アマゾネス

光のクラス:ワルキューレ、ヴァナディース、スターランサー
闇のクラス:ルーンメイデン、ドラゴンマスター、フェンリルナイト

フェアリー

マナの女神に仕える妖精。
聖域や人間界に危機が訪れる時、人間の中から勇者を選出し、共に世界の危機に立ち向かうため勇者を導くのが役目。
世界に危機が迫っていることをウェンデルの光の司祭に伝えるため、フェアリーたちは複数で地上に現れる。
だがマナが減少した影響で、フェアリーたちは次々と離脱してしまう。
最後の1人となったフェアリーは瀕死のところを助けてくれた主人公に憑依し、世界の危機を救う為、主人公を導く。
じつはフェアリーはマナの種であり、本当に信じあえる人、理解しあえる人と出会った時に、新たなマナの樹、そしてマナの女神として生まれ変わることができる。

英雄王

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

聖剣伝説 LEGEND OF MANA(LOM)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説 LEGEND OF MANA(LOM)のネタバレ解説・考察まとめ

1999年にスクウェアから発売されたPlayStation用ゲームソフト。 『聖剣伝説』シリーズ4作品目になるが、過去の作品とつながっていない独自の世界になっている。 ポリゴンを用いた3D画面が主流になり始めた時期に珍しく、2Dによる緻密で繊細なドット絵を使用した作品になる。 何もない土地に、町やダンジョンを自分で配置し世界を作ることで、世界に生きる人々に触れ、共に世界を作っていくRPG。

Read Article

聖剣伝説2(SECRET of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説2(SECRET of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説2』とは、1993年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションRPG。 「モーションバトル」や「リングコマンド」といった新たなシステムを搭載した意欲作で、音楽においても評価が高く、この後のシリーズ化に繋がった作品である。 主人公ランディは、偶然聖剣を引き抜いてしまい、旅の途中で出会った仲間たちと共に世界を支える「マナ」を巡る帝国との争いに巻き込まれていく。

Read Article

聖剣伝説 HEROES of MANA(HoM)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説 HEROES of MANA(HoM)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説 HEROES of MANA』とは、2007年3月8日にニンテンドーDSにて発売された『聖剣伝説』シリーズの外伝的作品で、『聖剣伝説3』の19年前を舞台とした作品である。 本作はシリーズ初のRTS(リアルタイムストラテジーシステム)を採用したストラテジーRPG。 ワイヤレス通信でプレイヤー同士が戦う対戦モードが搭載されている。舞台は、『聖剣伝説3』の19年前の世界で、滅亡した国として登場した「いにしえの都ペダン」にまつわる物語が主人公ロジェを通して描かれる。

Read Article

聖剣伝説4(DAWN of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説4(DAWN of MANA)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説』シリーズの4作目。プレイステーション2にて発売された、シリーズ初の3Dアクションアドベンチャーゲーム。従来のシリーズからシステムも一新され、ステージクリア型ゲームとなった。「原点回帰」をテーマとし、これまでのシリーズの登場人物の名前が使用されている。聖なる大樹から力を授けられた主人公エルディを通して、「マナの女神」や「聖剣」の誕生が描かれる。

Read Article

聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-(FF外伝)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-(FF外伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説』シリーズの第1作。当初は『ファイナルファンタジー(FF)シリーズ』の派生作品としてリリースされたアクションRPG。FFシリーズでおなじみのチョコボや飛空艇、魔法なども登場する。生と死、出会いと別れをテーマに描かれる重いストーリーの中にもコミカルな要素がありパズル的な謎解きも楽しめる。リメイク作品『新約 聖剣伝説』が作られ更に3Dでもフルリメイクされた。

Read Article

聖剣伝説DS CHILDREN of MANA(CoM)のネタバレ解説・考察まとめ

聖剣伝説DS CHILDREN of MANA(CoM)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖剣伝説』シリーズ初のニンテンドーDS向けソフト。 DSワイヤレスプレイによる最大4人までのマルチプレイが可能となった。 時系列では『聖剣伝説4』の10年後のストーリーとなり、外伝的作品である。 従来のシリーズのシステムに、ジェムという新たなシステムを加えたアクションRPG。 ファディールという世界を舞台に、出身も立場も違う4人の主人公たちを中心に、誕生して間もないマナの女神と聖なる剣をめぐる物語が描かれる。

Read Article

天才プログラマーのナーシャ・ジベリが手掛けた作品まとめ【FF1~3】【聖剣伝説2】

天才プログラマーのナーシャ・ジベリが手掛けた作品まとめ【FF1~3】【聖剣伝説2】

日本を代表する有名なRPG作品の『ファイナルファンタジーシリーズ』や『聖剣伝説2』の開発に携わっていたのが、【天才プログラマー】と称賛されるイラン出身のコンピューターゲームプログラマ、ナーシャ・ジベリである。重大なバグの修正コードを電話で伝えたなど、伝説的な才能を誇った彼が手掛けた作品たちをご紹介する。

Read Article

目次 - Contents