宇宙よりも遠い場所(第13話『きっとまた旅に出る』)のあらすじと感想・考察まとめ

Yorimoi

マリ達は南極での生活にすっかり慣れたものの、帰国の時が来てしまう。悩みを抱えていた四人は、四人で南極に来たことで悩みを乗り越え、強くなったことを実感する。そして、帰りの船の上で四人は来る前から目標にしていたオーロラを見ることが出来たのだった。
今回は「宇宙よりも遠い場所」第13話『きっとまた旅に出る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「宇宙よりも遠い場所」第13話『きっとまた旅に出る』のあらすじ・ストーリー

H1

寝坊してきたマリ

南極で越冬をしないマリ達は夏隊と呼ばれ、南極から帰るまで残り三日となっていた。その日、マリは日向と当直に当たっており、朝ご飯の準備や隊員達への連絡、ごみ捨てやトイレ掃除などの仕事を行っていた。南極に来たばかりの頃は、何をするにも苦労していたマリ達はすっかり南極生活に慣れていたのだった。

H1

お土産に南極の氷を削り出しに来た報瀬達

殆どの物が持ち出し禁止にされている南極で、唯一自由に持ち帰れる氷の採取をするアイスオペレーションを行いに、マリ達はかなえに連れられて氷山に訪れる。
かなえ「この氷の中には何万年も前の空気が閉じ込められていて、溶けるとプチプチ弾けるのよ。ちょっと食べてみる?」
マリ達は、南極の氷山の氷を使ったかき氷を食べる。
マリ「んー!これが数万年前の空気の味」
結月「わかるんですか?」
マリ「大人になったら絶対これでお酒飲むんだ」
日向「酔ったらうるさそうだよな、キマリ」
マリ「そう?」
そんなマリ達にかなえが呟くように言う。
かなえ「これが始まると、夏も終わりだなぁって終わる。すぐ秋になって、冬になって」
マリ「越冬だ!」
日向「冬の間って何してるんですか?」
かなえ「いろいろやってるよ。ゲームしたり、お酒飲んだり。もちろん研究や観測なんかも大切だけど、いかんせん一日中夜だからね」
マリ「極夜、だっけ?」
かなえ「昼前にわずかに地平線が明るくなる。一日の内に変化はそれだけ。あとはただただ夜がずっと続く。でも、その分星は綺麗だけどね。オーロラも見えるし」
それを聞いたマリは、南極に来る前から目標の一つとしていたオーロラを見ることが出来ていない事に気が付く。
日向「そりゃまだ、ちょっとしか夜にならないからな」
マリ達が南極にいる夏の間は、一日中太陽が地平線から出ている白夜の状態が続き、オーロラを見る機会はなかったのだった。
その時、一人で少し離れたところに居た報瀬が「助けて!」とマリ達に助けを求めたのだった。慌てたマリ達が報瀬の方を見ると、そこに居たのは接触を禁止されているペンギンに囲まれてしまっている報瀬だった。

H1

ペンギンに囲まれる報瀬

報瀬「助けて。でも幸せ。でも臭い。でも幸せ」
接触が禁止されているペンギンに囲まれてしまい動けなくなってしまった報瀬を「5メートル以内に近づけないんで」と面白がりながらビデオを撮る日向を見て、結月はマリに呟く。
結月「なんか、すっかり慣れちゃいましたね。この景色も」
それを聞いたマリは、結月達に相談をする。
マリ「部屋も空いてる訳だし、ここからならずっと動画も送れる訳でしょ。今、絶対帰らなきゃいけないって事ないでしょ」
マリは、越冬隊と共に南極に留まりたいと言い出すのだった。そんなマリを、日向は叱る。
日向「今帰らなかったら、来年まで帰れないんだぞ」
マリ「わかってるよ、大丈夫。私、空が暗ければずっと寝てられる自信あるから」
報瀬「学校はどうするの。戻った時には皆卒業よ」
結月「家族はどうするんです?」
日向「ゆづのドラマはどうするんだ?」
そんな三人の言葉に、マリは越冬を諦める。
結月「まぁ、私も帰りたくないって気持ちはありますけど」
マリ「じゃあ、また来てくれる?」
結月「え、いいですよ?」
マリ「越冬だよ?この四人でだよ!?」
日向「わかってる」
マリ「絶対だよ!断るの無しだからね!」
報瀬「はいはい」
適当に答えた報瀬の頬を、マリはつねり、改めて聞く。
マリ「本気で聞いてる」
報瀬「本気で答えてる」
マリ「ならよし」
マリ達は四人で再び南極に来て、越冬することを約束したのだった。
結月「そんなことよりどうするんですか?隊長に言われたじゃないですか。最後にやりたいことがあったら言えって」

H1

ソフトボールをする南極観測隊のメンバー

最後にやりたいことを吟から聞かれていたマリ達は、吟に皆で遊びたいと伝え観測隊のメンバー達でソフトボールを行うことにする。
相手チームになった吟はピッチャーをしており、吟の投げる球が速いにも関わらずデッドボールになるのを見ると報瀬は自分が打ち返せるかどうか不安がる。
かなえ「大丈夫。それでも打ったわよ、貴子は」
母が吟の球を打ち返したと聞いた報瀬は、自信を持って打席に立つ。そして報瀬は無事、吟の球を打ち返した。そんな報瀬の姿を見た吟は、報瀬の母であり自身の友でもあった貴子を思い出すのだった。

H1

吟には報瀬と報瀬の母である貴子が重なって見えた

報瀬は南極から帰る直前だと言うのに、日向に自身の髪を短くするように頼む。
日向「今更かよ。切るなら来た時に切っとけばいいのに」
報瀬「なんか切りたくなった」
日向「どのくらい?」
そう聞いた日向に、報瀬は自分の肩辺りで切るように伝える。
日向「まじっすか?」
報瀬「うん!」

H1

髪を切った報瀬

越冬せず夏の内に南極から帰る夏隊のマリ達は、越冬隊が行ってくれる夏隊の帰還式典に出席する為に屋外に出て来た。そして、髪をばっさりと切ってしまった報瀬を見て、吟達は驚く。
かなえ「あれ?え!?」
報瀬「どう?似合います?」
そう言って笑って見せる報瀬に吟は言う。
吟「やっぱり親子ね。笑ったとこがそっくり」

H1

吟の話を聞くマリ達

夏隊の帰還式典が始まり、吟は隊員達に向けてスピーチをする。
吟「今朝は天気も良く、旅立ちに相応しい朝になりました。特に今回は、日本で初めて女子高生の観測隊員が南極で過ごしました。それは大きな試みでした。きっと不安だったと思います。私達も大変大変不安でした。でも、彼女達は立派に観測隊員をやり切ってくれました。あらゆる男性隊員の帰らないでという、心の声が煩いくらい聞こえます。でも、彼女達は帰ります。諦めてください」
そんな吟のスピーチに、隊員達は笑いと共に別れを惜しむ涙を見せるのだった。
吟「最後に、今日までありがとう。向こうに戻ってもたまにでいいので、遠い空の向こう、真っ暗闇の中、黙々と越冬している私達のことを思い出してください。ここでまた、会いましょう」
そして、夏隊の代表として報瀬がスピーチをすることになる。報瀬は始めに頭を下げて挨拶をすると、頭を下げたまま話を始める。
報瀬「皆さんご存知の通り、私の母は南極観測隊員でした。南極が大好きで夢中になって家を空けてしまう母を見て、実は私は南極に対していいイメージを持てませんでした。私はそんな自分の気持ちをどうにかしたいと思ってここに来たんだと思います」

H1

スピーチをする報瀬

そこまで言うと、報瀬は下げていた頭を上げて空を見上げる。
報瀬「空よりも遠い場所。おかあ……いえ、母はこの場所をそう言いました。ここは全てがむき出しの場所です。時間も、生き物も、心も、守ってくれる物、隠れる場所がない地です。私達は、その中で恥ずかしいことも隠したいことも全部曝け出して、泣きながら裸でまっすぐに自分自身に向き合いました。一緒に、一つ一つ乗り越えてきました。そして分かった気がしました。母がここを愛したのは、この景色と、この空と、この風と、同じくらいに、仲間と一緒に乗り越えられるその時間を愛したんだと。何にも邪魔されず、仲間だけで乗り越えていくしかないこの空間が大好きだったんだと。私はここが大好きです。越冬頑張ってください。必ずまた来ます、ここに」
報瀬のスピーチに隊員達は感動して泣いてしまう。普段あまり涙を見せない吟までも泣いていた。

H1

吟とかなえに見送られるマリ達

報瀬達は基地で隊員達に見送られた後、砕氷船まで戻るヘリコプターに乗り込む直前に、かなえから話を聞かされる。
かなえ「最初にバンで話した時のこと覚えてる?あの時のあなた達と話してて実はすごい勇気が出た。あなた達の顔見て、絶対中止に出来ないぞって」
マリ達の南極行きが決まった後に日本で行った夏季訓練の時、本当に南極に行けるのかどうか心配していたマリ達にかなえは、行けると断言していたのだった。
結月「なりそうだったんですか?」
かなえ「ええ。大人はね、正直になっちゃいけない瞬間があるの」
報瀬「隊長のことよろしくお願いします」
かなえ「だって?」
吟「言うようになったね」
そして、報瀬は吟に内陸の基地で見つけた、報瀬の母のノートパソコンを渡す。
報瀬「一緒に越冬させないと、母に怒られそうな気がして」
吟「でも……」
報瀬「私はもう、無くても平気ですから」
そう言って笑う報瀬を見て、吟はノートパソコンを受け取るのだった。

H1

報瀬から受け取った貴子のノートパソコンを見る吟

報瀬達がヘリコプターで飛び立った後、吟は報瀬から受け取った貴子のノートパソコンの中を見ていた。そして、報瀬が母宛てに送り続けたメールばかり受信トレイを見る中、送信トレイに一通メールが残っているのを吟は見つけるのだった。

H1

南極から帰還する報瀬達

日本に帰る為に、砕氷船に乗り込んだ報瀬達は離れて行く南極を見て話す。
報瀬「初めて来た時は遠いなぁって思ったのに」
日向「まぁそんなもんだよな、旅って」
結月「まだ終わりじゃないですよ。また、六十度五十度四十度」
マリ「叫ぶぅ!」
結月「また吐いちゃいますね、きっと」
マリ「まぁいいよ。また何回も吐いて気分悪い、死にたいってなって」
日向「まぁいいじゃん。それも旅だ」
結月「なんか、私達ちょっぴり強くなりました?」
報瀬「もしくは雑になったっていうか」
日向「大きいからね、ここはなにもかも」
そして、南極から出てしまう直前、夜になった船上でマリ達は最後のリポートを行おうとしていた。
その時、空を見上げたマリがなにかを見つける。

H1

オーロラを見上げる四人

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

俺物語!!(My Love Story!!)のネタバレ解説まとめ

原作・河原和音、作画・アルコによる少女漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画。2011年に『別冊マーガレットsister』に掲載された第1話が好評につき連載へ移行。その後『別冊マーガレット』にて2016年まで連載された。誰もが目を引く巨漢、剛田猛男とお菓子作りが大好きな女子高生大和凛子。痴漢から助けた出会いをきっかけに付き合い始めた二人の不器用ながら微笑ましい恋模様がコミカルに描かれる。

Read Article

魍魎の匣(Mouryou no Hako)のネタバレ解説まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

賭博黙示録カイジ(Tobaku Mokushiroku Kaiji)のネタバレ解説まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

ワンパンマン(One-Punch Man)のネタバレ解説まとめ

漫画家ONEによるWeb漫画作品で現在も更新中。並行して漫画家の村田雄介によりリメイクされ現在も「となりのヤングジャンプ」にて連載されている。2015年3月にはリメイク版をベースとしたTVアニメ化も発表。 様々なヒーローが活躍する世界、規格外の強さを身につけた主人公「サイタマ」が、あらゆる敵をワンパンで粉砕していくギャグテイストアクション漫画である。

Read Article

寄生獣(Parasyte)のネタバレ解説まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

時をかける少女(時かけ、The Girl Who Leapt Through Time)のネタバレ解説まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

電脳コイル(COIL A CIRCLE OF CHILDREN)のネタバレ解説まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。 近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。 大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

Read Article

オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説まとめ

オーバーロード(Overlord)は、丸山くがね原作のWEB小説「オーバーロード」のアニメ作品。サービス終了間近のDMMO「ユグドラシル」で、一人サービス終了の時を惜しみながら待っているが、時間になっても強制ログアウトが行われず、異世界に転移しまった上に自作の強力なNPC達が意志を持って動き出す。時には救世し、時には目的の為に侵略行為も厭わない、異世界ダークファンタジー。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン、ブラクラ)のネタバレ解説まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第12話『宇宙よりも遠い場所』)のあらすじと感想・考察まとめ

ずっと目指し続けていた南極に着いた報瀬だったが、未だに母が死んだという実感を得ることが出来ず思いを断ち切れずにいた。そんな中、報瀬達は母が行方不明になった内陸の基地へ行くことになる。そこで母が遺したノートパソコンを見つけた報瀬は、母が行方不明になってから送り続けていた母宛てのメールを自分自身で受け取り、ようやく母の死を実感することが出来たのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第12話『宇宙よりも遠い場所』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第5話『Dear my friend』)のあらすじと感想・考察まとめ

めぐみはマリに、学校でマリ達について様々な悪い噂が広がっていることを伝える。しかし、出発の当日の朝、めぐみはそれらの噂は自分が流したものだと告白する。そして、めぐみはマリの面倒を見ることで優越感に浸っていた自分と決別する為に、絶交しようと言い出す。そんなめぐみにマリは「絶交無効」と友達を続けることを宣言するのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第5話『Dear my friend』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第10話『パーシャル友情』)のあらすじと感想・考察まとめ

結月は南極から帰った後のドラマの仕事が決まったものの、マリ達と会えなくなってしまうと不安がる。そんな結月にマリ達は、船酔いが酷くて出来なかった誕生日のお祝いを南極で行い、自分達は既に友達であると伝える。友達を作ったことのなかった結月は、初めて友情というものを知るのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第10話『パーシャル友情』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第4話『四匹のイモムシ』)のあらすじと感想・考察まとめ

南極に行くことが決まったマリ達は、南極でのノウハウを学ぶ為に夏季訓練を行うことになる。合宿所で出会った民間南極観測隊の隊長の藤堂吟は報瀬の母の知り合いであり、吟を見た報瀬は母の事を思い出し暗くなる。しかし、みんなと一緒に南極に行きたいと言ったマリに報瀬は元気を取り戻す。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第4話『四匹のイモムシ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第7話『宇宙を見る船』)のあらすじと感想・考察まとめ

船内の取材をする報瀬達は、なにか自分達の知らない計画が隊員達の間にあることを知る。報瀬は隊長である吟から、その計画が報瀬の母が行おうとしていた天文台の建設だと聞く。隊員達の南極への強い思いが、報瀬と同じく亡くなった報瀬の母への思いだということを報瀬は知るのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第7話『宇宙を見る船』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『宇宙よりも遠い場所』とは、マッドハウス製作のオリジナルアニメ作品である。 何かを始めたいと思いながらも何も始められない高校2年生の玉木マリは、周りに無理と言われ続けながらも夢を諦めない少女、小淵沢報瀬と出会う。周りに馴染めず高校を中退した三宅日向と、タレントをしている為友達を作ったことのなかった白石結月の二人も巻き込み、女子高生四人が宇宙よりも遠い場所『南極』を目指す青春ストーリー。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第3話『フォローバックが止まらない』)のあらすじと感想・考察まとめ

タレントとして南極行きが決まっていた白石結月だったが、南極行きを拒んでいた。そんな結月を説得すれば南極に行けるようにすると、結月の母に言われたマリ達は説得を引き受ける。しかし、普通の高校生として友達が欲しかったという結月の気持ちを聞いたマリ達は説得を諦め、仲良くなろうとする。そんなマリ達と友達になりたいと思った結月は「三人と一緒なら行く」と南極へ行くことを了承する。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第3話『フォローバックが止まらない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第8話『吠えて、狂って、絶叫して』)のあらすじと感想・考察まとめ

報瀬達は飲んできた酔い止めが切れた所為で、船酔いに悩まされる。とにかく食べて寝るしかないと聞いた四人は食べては吐いてを繰り返す。 そんな中、強い波と風に晒されさらに大きく揺れる海域に船は到達する。気力を削られた四人だったが、この辛さは自分達が選んだもので帰る時にはきっと楽しい記憶になると元気を取り戻していくのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第8話『吠えて、狂って、絶叫して』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第1話『青春しゃくまんえん』)のあらすじと感想・考察まとめ

何かを始めたいと思いながらも何も始められない高校2年生の玉木マリは、ある日百万円を拾ってしまう。マリは持ち主の小淵沢報瀬を探し出しそれを届けると、彼女からその百万円を資金に南極へ行くという夢を聞かされる。周りに無理と言われ続けながらも夢を諦めない報瀬に共感したマリは、共に南極を目指すことを決める。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第1話『青春しゃくまんえん』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第11話『ドラム缶でぶっ飛ばせ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

南極と日本の中継のテスト中、日本からのゲストとして日向の高校時代の同級生が現れる。それから様子のおかしくなった日向を報瀬が問い詰めると、その同級生達に悪くないのにも関わらず悪役にされ、居場所が無くなってしまった所為で高校を辞めたという過去を日向は話した。報瀬は中継本番の直前、日向の同級生達に向かって日向が言えずにいた気持ちを代弁するのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第11話『ドラム缶でぶっ飛ばせ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第6話『ようこそドリアンショーへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

飛行機の乗り換えの為にシドニーに宿泊することになったマリ達だったが、日向がパスポートを失くしてしまう。飛行機を数日後にずらそうとするものの安いチケットは既に席が埋まっていた。それを聞いた報瀬は、南極に行くために貯めた百万円を使ってビジネスクラスのチケットを取る。しかし、そのチケットをしまおうとした報瀬は自分のバックの中で日向のパスポートを見つけるのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第6話『ようこそドリアンショーへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第9話『南極恋物語(ブリザード編)』)のあらすじと感想・考察まとめ

吟は、距離のあった報瀬に自分について聞く。報瀬は行方不明の母への未練から、責任者であった吟とどう接すればいいのかわからなかったと言う。 そんな中、船はついに南極に着く。母の居た地に足を付けた報瀬は、南極に行くことを馬鹿にしてきた人達に「ざまぁみろ!」言い放つ。沢山の人間に無理だと言われて続けていた隊員達は、報瀬に共感し隊員一同で「ざまぁみろ!」と叫ぶのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第9話『南極恋物語(ブリザード編)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第2話『歌舞伎町フリーマントル』)のあらすじと感想・考察まとめ

マリは報瀬から南極へ行く為の作戦を聞く。それは三年ぶりに派遣される民間南極観測隊に内部協力者を作り、フリーマントルから乗せて貰うというものだった。オーストラリアにあるフリーマントルまでの旅費を稼ぐ為にバイトを始めたマリは、バイト先で一緒に南極へ行きたいという三宅日向と出会う。三人は協力者を作る為に観測隊員達の元へ訪れたものの、失敗するのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第2話『歌舞伎町フリーマントル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents