からかい上手の高木さん(第3話『コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』)のあらすじと感想・考察まとめ

2018 01 12 07h48 38 1

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。
学校帰りに買ったリンゴ茶が高木さんとの間接キスの予感から空き缶投げ勝負へと発展していく。今回は「からかい上手の高木さん」第3話『 コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「からかい上手の高木さん」第3話『コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』のあらすじ・ストーリー

『コーヒー』

4149b00a s

買った飲み物を飲みながら歩くミナ、サナエ、ユカリの3人。
コーヒーが苦手なはずのミナが苦そうな顔をしながら缶コーヒーを飲んでいるので「コーヒー苦手じゃなかったっけ?」と聞くユカリ。
「あたしもだいぶ大人になったし、飲めるようになってると思って」と答えるミナ。
その言葉に「どの辺が大人になったのよ」と突っ込むサナエ。ミナはそんなサナエに缶コーヒーを差し出し「サナエちゃんは飲めるの?」と詰め寄る。
サナエはあっさり「飲めるよ。ブラックで」と答え、ミナは何も言えなくなってしまう。
サナエは「交換してあげようか?」と自分が飲みかけのオレンジジュースを差し出した。一瞬喜ぶミナだが、大人になれていなかった自分を認めることになると一瞬躊躇する。決断しないミナを急かすように「3、2、1」とサナエがカウントダウンを始めたため、慌ててオレンジジュースを受け取り一口飲んで嬉しそうな顔をして「ま、コーヒー飲めない大人もいるよね~」と開き直るミナ。そんなミナに「あんたは子どもだけどね」というサナエにミナは「ひどいよー」と言いながら体当たりしようとするも、見事にかわされてしまい自動販売機の隣に置いてあったゴミ箱にぶつかってゴミ箱が倒れて入っていた空き缶が出てきてしまった。それを見たユカリが一言「大人はそんなことしない」と言い、何も言えないミナであった。

『空き缶』

自動販売機でリンゴ茶なる飲み物を買った西片くん。「今日も1日さんざん高木さんにからかわれたなー」と独り言を言いながら歩いていると、後ろから自転車に乗った高木さんがやってくる。
西片くんが1人なのを確認すると一緒に帰ろうと言う高木さん。またからかわれるのでは、と警戒した西片くんは、高木さんが自転車なのを理由に断ろうとするも自転車を降りて押すという高木さんに押し切られ、結局一緒に帰ることになる。
西片くんの飲んでいるリンゴ茶に気づいた高木さんは「そのジュース、最近出たやつだよね?おいしい?」と聞いてくる。何かの罠かと警戒しつつも「一口飲む?」と差し出す西片くん。

Th28h9hifk

高木さんが受け取って口をつけようとした瞬間に高木さんに恥ずかしい思いをさせようと「これってさぁ、間接キスだよね?」とわざと聞く西片くんだが、高木さんは全く恥ずかしがる様子もなくそのままジュースを飲んで「おいしいねー」と普通に返してくる。
手元に戻ってきたジュースを飲もうとする西片くんは、逆に自分が間接キスを意識してドキドキしてしまう。
「こんなのなんでもない」と自分に言い聞かせて飲もうとした瞬間に「間接キスだね」と高木さんが言ってきて、動揺した西片くんの手が滑り、リンゴ茶を地面に落としてしまった。

Th

西方くんは缶を拾い上げ、目の前の自販機の隣にあったゴミ箱に缶を投げると見事に入った。近くに落ちていた缶をもう一つ投げてみると、それも入った。自分にこんな才能があったのかと驚く西片くんの隣で高木さんも投げてみるが入らない。そんな高木さんを小馬鹿にする西片くんに高木さんが「じゃあ、勝負する?」と缶を投げて、入った方が勝ちという勝負をすることにする。自分にチャンスがあると自信満々の西片くんは「もし高木さんが勝ったら、何でも言うことを聞いてあげる」という約束するが、高木さんが先に投げると見事にゴミ箱に入ってしまう。外せない西片くんはプレッシャーを感じつつも自らに大丈夫だと言い聞かせる。しかし西片くんが投げようとした瞬間、横で高木さんが「もし西片が勝ったら、私のファーストキスあげるよ」と言ったことに動揺し外してしまう。何でも言うことを聞くという約束をしたため、一体何を言われるのかと心配する西片くんだったが、高木さんはしばらく考えた後、何もしなくていいと言ったため、それはそれで落ち着かない気持ちになる西片くんなのであった。

『炭酸』

ユカリとサナエと一緒に下校中、歩きながらラムネを飲んで「辛いー」というミナ。
「なんでいつも苦手なものを買うのよ?」と聞くユカリと「また大人ごっこか?」と言うサナエ。
味は好きだと言うミナだが、炭酸で「ツーンってきたー!舌がぁ」と大きな声で騒ぐので「やかましいなぁ」と横で言うユカリ。
そんなユカリにミナは「ユカリちゃんだってくるでしょ?炭酸飲んだら」と言うも「こないよ」とあっさり言われる。

Th2zsezqjb

「いいよ」とあっさり言うユカリちゃん

「じゃあ飲んでみてよ」とユカリにラムネを手渡すと「いいよ」とゴクゴク飲むユカリ。「絶対ツーンとくるよ」と言うミナに「こないこない」と言っていたユカリだったが、しばらくするとユカリが何か我慢しているような表情になってくる。それを見逃さないミナは「きてるんじゃない?」と聞くも「ないない」と答えるユカリ。ユカリはゲップが出そうだったが、ここでゲップをしたら絶対に馬鹿にされると我慢しているのだった。
ゲップを我慢するのも限界に近づいていたユカリだったが、ミナがまたラムネを飲んで騒ぎ始めたタイミングに合わせてゲップをし、ミナにもバレることなくほっとする。しかし、隣でそんなユカリの様子をジーっと見つめるサナエに気付き「何?」と聞くもサナエには「別に」と言われる。そんな2人のやりとりに全く気づかずミナは1人でまだ騒いでいるのであった。

『筋トレ』

今日も1日の間に15回も高木さんにからかわれた西片くん。
帰宅してたまたまつけたテレビで見たスポーツ選手のインタビュー映像で「試合中ミスしたら、自分への罰としてミスの10倍練習しています。それが次のの勝利に結びつくと信じています」と言っているのを聞いて、「これだ」と思った西片くん。
15回からかわれたので150回の腕立て伏せをしようとするが、初回にはハードルが高いので3倍の45回をやってみることにする。しかし20回でバテてしまいあきらめかけるも、日頃から高木さんにからかわれている自分への罰なのだと奮起して頑張る。

Thvi1flh56

しかし翌日、西方くんは腕立て伏せをしたことで腕が筋肉痛になってしまう。自分の腕を見つめていると高木さんに「どうしたの?」と聞かれ「ただの筋肉痛だよ」と答える。すると高木さんは西方くんの腕をつつきだした。そして高木さんは、激痛が走って涙目になる西片くんを見て大笑いするのであった。

Thbeh4lb2o

涙目になりながらも、今晩の腕立て伏せのためにからかわれた回数をカウントする西片くん。そしてそんな西片くんを大声で驚かせてまたもからかう高木さん。
筋肉痛になった理由を西片くんに尋ねる高木さん。昨日から筋トレを始めたと聞いて「三日坊主にならないといいね」という高木さんに心の中で「言ってるがいい高木さん」と思っていた西片くんだが、その日西片くんは昨日よりも多い23回も高木さんにからかわれてしまったのであった。
数日後、2人で下校していると「筋トレ続いてる?」と高木さんに聞かれた西片くん。「一応ね」と答える西片くんに「知ってる?成長期に筋トレしすぎると成長止まっちゃうって」と高木さんは言い出す。その言葉に高木さんが自分よりも背が高くなったら今よりからかわれてしまうと焦る西片くんだったが、「まぁ、あれってデマらしいけどね」と続ける高木さん。
そして「いいと思うよ。少し逞しくなった気するし」と高木さんに言われて、黙ってしまう西片くんに「もしかして照れてる?」「顔赤いよ?」とからかう高木さん。そして極めつけに「それに逞しくなったってのはほんとだよ。ちょっとかっこよくなったんじゃない?」と言われて、西片くんはこの日は計55回もからかわれてしまったけれど、とりあえず高木さんにからかわれなくても筋トレは続けようと思うのだった。

『アフレコ』

空き地で2匹の猫(黒猫と白猫)を見つけたミナとサナエは2匹が会話しているようにそれぞれ声をあてはじめる。2匹の猫が夫婦という設定で黒猫を夫:ジョニー(ミナ)、白猫が妻:ハナコ(サナエ)として「飲んで帰ってくるかも」「たまには家で夕飯を」等々の会話を展開させていく。

Thx8her1bq

それに付き合って隣にいたユカリは「そろそろ帰ろうよ」と言うが「もうちょっとええやん!」と反論するミナ。その2人の横でアフレコを続けるサナエ「ひどい!私のことなんて大事じゃないのね!」「その台詞はセコイで」と話は続き、修羅場っぽくなってくる。その時、猫2匹がひっくり返ったことで、ユカリが2匹とのオスであることに気づく。
するとすかさずミナとサナエは2匹を先輩後輩の設定に変更する。それを見たユカリは「もう帰ろうよ」とゲンナリするのであった。

miiiyo
miiiyo
@miiiyo

Related Articles関連記事

からかい上手の高木さん(第4話『掃除当番 / 逆上がり / 風邪 / 尾行』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 田辺先生に呼び出された西片くん。最近授業中にうるさいと注意され罰として理科室の掃除をすることになるが、そこに高木さんが現れて一緒に掃除をすることに。 今回は「からかい上手の高木さん」第4話『掃除当番 / 逆上がり / 風邪 / 尾行』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第8話『台風 / マラソン / わき腹 / 未練』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 夏休み終了目前。2人乗りも上手くできるようになった西片くんと高木さん。日課だった練習も終わりを迎え、新学期が始まる。また西片君の1日中高木さんにからかわれる日々が始まる。今回は「からかい上手の高木さん」第8話『台風 / マラソン / わき腹 / 未練』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第1話『消しゴム / 日直 / 変顔 / 百円』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合い、先生にも怒られる始末。消しゴムを忘れたという高木さんに西片くんが自分のを貸してあげたことから、また高木さんの西片くんへのからかいが始まる。 今回は「からかい上手の高木さん」第1話『消しゴム / 日直 / 変顔 / 百円』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第5話『テスト勉強 / テスト / テスト返却 / 本屋 / 雨宿り』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 テスト前のある日、ゲーム没収を回避するため図書室でテスト勉強をすることにしたが、そこに高木さんが現れて一緒に勉強することに。 今回は「からかい上手の高木さん」第5話『テスト勉強 / テスト / テスト返却 / 本屋 / 雨宿り』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第9話『ケータイ / ホラー / 写真』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 ケータイを手に入れた西片くんは『ケータイで高木さんをからかう作戦』を思いつく。その為には、高木さんとアドレス交換をする必要があるのだが、いざ聞こうとすると何だか恥ずかしくなってしまう。 今回は「からかい上手の高木さん」第9話『ケータイ / ホラー / 写真』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

からかい上手の高木さん(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『からかい上手の高木さん』とは、『ゲッサン』にて連載の山本崇一朗による漫画作品及び、それを原作としたアニメ作品。とある田舎の中学校を舞台にした男子中学生の「西片くん」と同級生の女子「高木さん」のからかいあい勝負を通して描かれる、1話完結の甘酸っぱくもほほえましいラブコメディ。 第2回次にくるマンガ大賞にもノミネートされた本作は、『ふだつきのキョーコちゃん』や『あしたは土曜日』と同じ舞台で描かれており、両作品を知っていると更に楽しめる作品となっている。

Read Article

からかい上手の高木さん(第6話『二人乗り / 夏休み初日 / 肝試し / 自由研究 / 水道』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 明日からいよいよ夏休み。喜ぶクラスメイトの中で一人、あまり嬉しそうじゃなかった高木さんだが、夏休みに西片くんと2人乗りの練習をすることになり嬉しそうな顔に変わる。 今回は「からかい上手の高木さん」第6話『二人乗り / 夏休み初日 / 肝試し / 自由研究 / 水道』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第10話『背比べ / 寒がり / お誘い / 二択クイズ』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 「背伸びた?」と高木さんに言われて嬉しくなった西片くん。しかし「やっぱりそうでもないかも」と言われ、ムキになり背比べをする。背中合わせになり、西片くんは恥ずかしく感じる。 今回は「からかい上手の高木さん」第10話『背比べ / 寒がり / お誘い / 二択クイズ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第2話『習字 / 衣替え / 英訳 / プール』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 習字の授業中にお互いに相手に求める言葉を書くことになって、からかいをやめるように書こうとする西片くんだが、また高木さんにからかわれてしまうことに。 今回は「からかい上手の高木さん」第2話『習字 / 衣替え / 英訳 / プール』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第7話『買い物 / 水着 / 海 / 部屋』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 デパートで高木さんに遭遇した西片くんは高木さんとの勝負にまた負けた挙げ句に高木さんが着る水着を選ぶのを手伝うことになってしまう。 今回は「からかい上手の高木さん」第7話『買い物 / 水着 / 海 / 部屋』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

小悪魔な魅力に男子メロメロっ! 「からかい上手の高木さん」が甘酸っぱ面白い!

誰しもが経験したであろう、些細なことで感じる思春期特有の甘酸っぱさ。このマンガは、精神的成長が比較的速い女子代表、高木さんと、それに振り回される西片くんの日常を描いた作品です。このマンガを読み終えた時、あなたはきっと思うでしょう。ああ、俺もこんな女の子にからかわれたい、と。マンガ「からかい上手の高木さん」をご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents