博多豚骨ラーメンズ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Dval6vlwsaa864w

『博多豚骨ラーメンズ』は、第20回電撃小説大賞で〈大賞〉を受賞した木崎ちあきの原作小説をもとに、コミック化、アニメ化と広がりをみせる人気作品である。
人口の3%が殺し屋の街・博多。犯罪が蔓延するこの街には、殺し屋を専門に殺す『殺し屋殺し』がいるという都市伝説がある。殺し屋業の激戦区で、博多を愛する私立探偵・闇組織に囚われた女装の殺し屋・天才ハッカーの情報屋・殺人請負会社の崖っぷち新人社員・美しすぎる復讐屋・腕ききの拷問師など、個性豊かな裏稼業の男たちが今夜も暗躍する。

『博多豚骨ラーメンズ』の 概要

Sid0032750 fhds

『博多豚骨ラーメンズ』は、第20回電撃小説大賞で〈大賞〉を受賞した木崎ちあきの原作小説をもとに、コミック化、アニメ化と広がりをみせる人気作品である。
一見穏やかにみえる博多の街には、人口の3%にも及ぶ殺し屋が潜んでいる。平和な表の街とは一転して、裏では犯罪が蔓延る博多の街は、今や殺し屋業の激戦区となっていた。さらに、殺し屋を専門に殺す『殺し屋殺し(コロシヤゴロシ)』がいるという都市伝説まであった。博多を愛する私立探偵・闇組織に囚われた女装の殺し屋・天才ハッカーの情報屋・殺人請負会社の崖っぷち新人社員・美しすぎる復讐屋・腕ききの拷問師など、個性豊かな裏稼業の男たちがおりなす群像劇。
この作品で作家デビューした木崎ちあきは、福岡出身で趣味はプロ野球観戦ということもあり、作中には実在する福岡の街並みが登場したり野球用語になぞらえて物語が展開したりと木崎の独自性が活かされた小説になっている。
監督は安田賢司、制作はサテライトで作られるアニメでも、博多(福岡)に実在する街並みが数多く描かれ、小気味のいいジャズが流れるなか、テンポよく展開される物語を楽しむことができる。アニメは2018年1月から放送される。

『博多豚骨ラーメンズ』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『プレイボール』

人口の3%が殺し屋の街・博多で、探偵事務所を営む馬場は刑事の自殺についての調査を依頼される。組織に雇われた殺し屋の林は、1日で3件の殺しの依頼を受ける。市長に雇われた殺し屋の麗子たちはその息子の世話もする。復讐屋のジローは外国人の男から復讐の依頼を受ける。殺人請負会社の新人社員は大学生の殺しを依頼される。それぞれの事件が複雑に絡み合うなか、今夜も博多の街では裏稼業の男たちが暗躍する。

renote.jp

第2話『イレギュラー』

探偵の馬場と殺し屋の林との奇妙な共同生活が始まっていた。林の目を盗んで馬場は林の身元調査をする。馬場に頼まれた買い物の帰り、林は謎の男に襲われる。同じ頃、張と宗方は人身売買の取引を行っていた。人違いで朝方まで拉致されていた斉藤は、その日の夜、ふいに手に入れた大金で豪遊する。その頃、林の身元を知った馬場は林にある取引を提案する。翌朝、目が覚めた斉藤の横には見知らぬ女性が横たわっていた。そして、自由を手にした気分でいた林には最悪の知らせが届いた。

renote.jp

第3話『チームワーク』

妹の死を知った林は、張へ復讐するため華九会の事務所に殴りこむ。しかし殺し屋のイワノフに襲われ、逆に死にそうになりながら間一髪で危機を脱する。林殺しに失敗した張は、今度は「にわか侍」に林の殺しを依頼する。その一方で、林は妹を殺した男への復讐を計画し、馬場はそれを手伝うことになる。馬場たちに情報を渡していた榎田は、市長の雇った殺し屋に脅されて馬場たちの情報を流す。そのため、馬場と林の計画に暗雲が立ち込める。

renote.jp

『博多豚骨ラーメンズ』の登場人物・キャラクター

チーム 博多豚骨ラーメンズ

馬場善治(ばんば ぜんじ/CV:小野大輔)

Hakata 0011

【探偵】博多をこよなく愛する私立探偵で「馬場探偵事務所」を営む。生まれも育ちも博多で、普段から博多弁を話す生粋の九州男児。穏やかな雰囲気の持ち主でいつも猫背。好きなものは、豚骨ラーメンと明太子、そして野球。彼の発案で「博多豚骨ラーメンズ」という野球チームが結成され、現在も練習や試合などの活動を行っている。

林憲明(リン シェンミン/CV:梶裕貴)

Hakata01

【殺し屋】19歳の殺し屋の青年。ロングの金髪で女装をしているがこれはあくまで趣味であり、勝気な性格で言葉も男言葉を話す。刃物使いで、主にピストルを仕込んだナイフを使っている。
流暢に日本語を話すが、出身は中国。幼い頃は母と妹の3人で暮らしていたが、貧困から2人を救うため自らの身を売る。9歳から殺し屋の訓練を受け、新興マフィア「華九会」で殺しの仕事をしていた。家族へ仕送りを続けていたが、実は母親は5年前に既に死亡しており、組織の幹部に金を横取りされていた。さらに大切な妹・僑梅(チャオメイ)も、組織による人身売買の末に無残に殺害されたことから、組織と妹を殺した犯人へ復讐することを決め、実行する。その際、馬場に力を借りる。その時の報酬である「明太子5年分」を払うため、現在は馬場の探偵事務所に居候し、彼の手伝いやフリーで殺し屋の仕事をしている。

榎田(えのきだ/CV:小野賢章)

Hakata64

【情報屋】福岡のネットカフェを根城に活動する、天才ハッカーの情報屋。かつて海外のハッカー集団に所属していた。金髪のマッシュルームヘアーで派手な服装の小柄な青年。小型の発信機などを作ることも得意。

KaoKae
KaoKae
@KaoKae

Related Articles関連記事

博多豚骨ラーメンズ(第2話『イレギュラー』)のあらすじと感想・考察まとめ

博多豚骨ラーメンズは、第20回電撃小説大賞で〈大賞〉を受賞した木崎ちあきの原作小説をもとに、コック化、アニメ化と広がりをみせる人気作品である。 金の交渉のためにお前を守ると言う林と馬場の奇妙な生活が始まった。その頃、ムラセに間違われた斉藤は命の危機を感じていた。一方、市長に雇われた殺し屋たちはそれぞれの仕事をする。林の身元を知った馬場は、林にある取引を持ちかける。 今回は「博多豚骨ラーメンズ」第2話『イレギュラー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

博多豚骨ラーメンズ(第3話『チームワーク』)のあらすじと感想・考察まとめ

博多豚骨ラーメンズは、第20回電撃小説大賞で〈大賞〉を受賞した木崎ちあきの原作小説をもとに、コック化、アニメ化と広がりをみせる人気作品である。 妹の死を知った林は張を殺しに事務所へ行く。しかし、そこには殺し屋のイワノフが待ち構えていた。その頃、殺人の濡れ衣を着せられた斉藤はジローに助けを求めていた。林の殺害に失敗した張は、林と馬場の殺しを「殺し屋殺し」の『にわか侍』に依頼する。 今回は「博多豚骨ラーメンズ」第3話『チームワーク』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

博多豚骨ラーメンズ(第1話『プレイボール』)のあらすじと感想・考察まとめ

『博多豚骨ラーメンズ』とは、第20回電撃小説大賞で〈大賞〉を受賞した木崎ちあきの原作小説をもとに、コミック化、アニメ化と広がりをみせる人気作品である。 探偵の馬場は刑事の自殺を調べる。殺し屋の林は1日で3件の殺しを依頼される。復讐屋のジローは外国人からの依頼を受ける。市長に雇われた麗子はその息子の世話もする。一見別々の出来事も、実は複雑に絡み合っている。 今回は「博多豚骨ラーメンズ」第1話『プレイボール』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents