信長の野望(Nobunaga's Ambition)のネタバレ解説まとめ

『信長の野望』とは、コーエーテクモゲームスから発売されている日本の戦国時代を舞台にした歴史シミュレーションゲームであり、これまでシリーズ化されている。ゲームプロデューサーはシブサワ・コウ。プレイヤーは戦国大名となり、内政開発や軍備増強をして、他の大名と戦って勢力を拡大し、最終的には日本全国を統一するのがゲーム目標となる。

山中鹿之助(1545?~1578)
1560年から1571年までのシナリオに登場し、初出は『信長の野望・戦国群雄伝』である。
鹿之助の名前で知られているが、諱は幸盛。
武将特徴として、足軽の兵科適性が高い。これは一騎討ちで数々の武将を破り、また大太刀を使用していたことによるものと思われる。
幼い頃より尼子家に仕えていて、合戦では勇将を一騎討ちで破る。
しかし尼子家は毛利家に滅ぼされ、鹿之助は浪人となる。
それから主家の再興に奔走し、尼子家の一族である尼子勝久を擁立して、一時は出雲に入国し尼子家の領地を取り戻した。
ゲームでは1570年代のシナリオで、出雲や隣の伯耆にて再興した尼子家の家臣として登場する作品もある。
だが、毛利家の攻勢により主家の再興は失敗する。
後に主君とともに織田信長に属するも、再び毛利家の攻撃により居城が落城する。鹿之助は落城後毛利側に捕えられ、その後、殺害される。
仮想シナリオで大名として登場する作品もある。

本多忠勝

本多忠勝(1548~1610)
1571年から1600年までのシナリオに登場し、初出は『信長の野望・戦国群雄伝』である。
武将特徴として、足軽の兵科適性が高い。これは、忠勝が合戦で抜群の槍働きをしていたためと思われる。ちなみに所持していた槍は「蜻蛉切」という。
幼少の頃より徳川家康に仕え、各地の戦いで戦功を立てる。
一騎討ちで敵将を破ったこともある。
本能寺の変後で伊賀越えを進言し、小牧・長久手の戦いでは奇策で敵豊臣軍を圧倒するなど、主家のために活躍した。
家康が関東に領地を移された後、忠勝は上総に領地を与えられる。
関ヶ原の戦いでも活躍したが、その後、新しく領地として与えられた伊勢で亡くなる。
仮想シナリオで大名として登場する作品もある。

立花宗茂

立花宗茂(1567~1643)
1582年から1614までのシナリオに登場し、初出は『信長の野望・武将風雲録』である。
武将特徴として、騎馬の兵科適性が高い。これは数々の戦いで武功を立てたことによるものと考えられる。
大友家家臣・高橋鎮種(紹運)の長男として生まれたが、後に同じく大友家家臣の戸次鑑連(立花道雪)の養子となり、鑑連の娘と結婚する。
島津家との戦いでは、奇襲戦法などを用いて多くの兵を討つなどの戦功を挙げる。
豊臣秀吉の時代でも、文禄の役では明軍を圧倒するなどの活躍をする。
関ヶ原の戦いでは西軍についたため、筑後にあった宗茂の所領は没収され浪人となる。しかし江戸幕府開府後、1万石の大名として所領を与えられることになった。
作品によっては1614年大坂の陣のシナリオで、陸奥棚倉を本拠地とする大名として登場するものもある。
その大坂の陣では参謀役などとして活躍し、陣後旧領筑後の大名となった。晩年は養子に家督を譲り、江戸で亡くなる。

知将

知恵に優れた武将。知略が高い傾向にある。

片倉景綱

片倉景綱(1557~1615)
1582年から1614年までのシナリオに登場し、初出は『信長の野望・武将風雲録』である。
作品によって片倉小十郎と通称名で登場するものもある。
武将特徴として、知略に優れたことから、調略に関する特技や敵部隊を妨害する戦法を所持する。また、弓の扱いに優れていたことから弓の適性が高い。
元々は神職の家の生まれであり、姉の喜多は伊達政宗の乳母となった。
景綱は文武に励み、やがて伊達家に仕え、伊達政宗の傅役を務める。
政宗が当主になってからは、伊達家の合戦に参加して戦功を挙げる。
また、豊臣秀吉の小田原征伐に向かうように進言するなど、政略面でも活躍した。
関ヶ原の戦い後、陸奥白石に所領を与えられた。大坂の陣の頃は病に臥せ、1615年に死去した。
作品によっては、仮想シナリオで大名として登場するものもある。

直江兼続

直江兼続(1560~1619)
1582年から1600年までのシナリオに登場し、初出は『信長の野望・戦国群雄伝』である。
武将特徴として、才知に優れたことから、調略に関する特技と敵部隊を妨害させる戦法を所持する。
樋口家の出身で、幼い頃から上杉景勝(上杉謙信の養子)に仕えていたといわれている。
謙信の死後発生した跡目争いで景勝が勝利するが、跡目争いで活躍した直江信綱という武将が家中の者に殺害されてしまう。兼続は信綱の未亡人と結婚することになり、直江家を相続した。
その後は家老となり、政治面で功績を挙げる。主家が豊臣秀吉の命によって、陸奥会津に領地が変わった歳には、出羽米沢に所領を与えられる。
しかし関ヶ原の戦いで上杉家が西軍についたことで、所領が大幅に減らされてしまう。
そのため上杉家は財政状況が悪くなってしまうが、さまざまな内政政策で経済改善を図った。大坂の陣後の1619年に死去する。
作品によっては、仮想シナリオで大名として登場する作品もある。

山本勘助

山本勘助(1493または1500~1561)
1534年から1560年までのシナリオに登場し、初出は『信長の野望・戦国群雄伝』である。
初期の作品では山本勘助の名で登場するが、諱として伝わる山本晴幸で登場する作品もある。
武将特徴として、兵法や軍略に優れ、軍師的役割を担っていたとされることから、調略に関する特技や敵部隊を妨害させる戦法を所持する。
出身地は三河とされる。若い頃は武芸などを学ぶために諸国を訪れた。
壮年の初め頃、今川家に仕えるが、後に武田晴信(信玄)に仕え、軍略面で支えた。
川中島の戦いでは挟撃を行う「啄木鳥戦法」を提案したが、この策は上杉軍に見破られてしまう。
武田軍は劣勢となり、勘助はこの戦いで戦死する。
ゲームでは1534年のシナリオで浪人として登場することが多く、それ以降のシナリオでは武田家の武将として登場する。

足利将軍家

足利義昭

足利義昭(1537~1597)
1560年から1582年までのシナリオに登場し、初出は『信長の野望・戦国群雄伝』である。
作品によってはもともとの名前「足利義秋」で登場してから、「足利義昭」と改名するものもある。
武将特徴として知略が高く、調略に関する特技や敵部隊を妨害させる戦法を所持する。これは信長包囲網を画策したことによるものであると考えられる。
もともとは足利将軍家を継ぐ立場になく、出家して覚慶と名乗っていた(ゲームでは最初から足利家に武将として登場する)。
しかし、兄で将軍足利義輝が三好勢に殺害され、覚慶(義昭)も捕らえられ幽閉されてしまう。
後に将軍家家臣の助けにより脱出し、織田信長の助力により還俗してから将軍職に就く(還俗してからの名前が義秋で、将軍職に就く前に義昭に改名する)。
その後、信長と対立し、義昭は兵を挙げた。また、武田信玄など各地の大名などで作る信長包囲網を画策する。
しかし義昭は敗れ、信長により京から追放される。室町幕府は事実上この時に滅んだ。
それからは各地を回り、信長死後、秀吉の時代になって京への帰還を果たす。
ゲームでは1571年のシナリオで山城を本拠地にする大名として登場し、征夷大将軍の地位に就いている。

細川藤孝

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

三國志(Romance of the Three Kingdoms)のネタバレ解説まとめ

三國志とは、歴史書『三国志』や歴史長編小説『三国志演義』をベースにした、中国の後漢から三国時代を舞台にした歴史シミュレーションゲームである。コーエーテクモゲームスから発売され、これまでシリーズ化されている。ゲームプロデューサーはシブサワ・コウ。プレイヤーは君主となり、内政や軍事で国力を高め、他君主と合戦を行い領地を広げていく。そして、最終的に中国統一を目指すのがゲーム目標となる。

Read Article

【内政or合戦?】ゲーマータイプ別『信長の野望』のオススメタイトルまとめ【イベントorキャラ重視?】

何作も登場している人気作品、『信長の野望』は、タイトルごとに様々な特徴があります。 このまとめではゲーマーの趣向を「内政がしたい人、戦争がしたい人、イベント重視の人、キャラ重視の人」の4つに分け、それぞれのタイプにオススメできる作品を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents