桃太郎電鉄(桃鉄)のネタバレ解説・考察まとめ

『桃太郎電鉄』とは、ハドソン(現在はコナミデジタルエンタテインメント)で発売されていたすごろく形式のボードゲームである。一般的に「桃鉄」と省略されて呼ばれることが多い。生みの親はさくまあきらで、これまでシリーズ化されていた。
プレイヤーは電鉄会社の社長となり、各地の物件を購入して、最終的に総資産額トップを目指す。

カードは桃太郎電鉄ではプレイヤーに有利に働く作用を持つアイテムのようなものである。例えばサイコロの数を増やしたり、どこかの駅に移動することができたり、相手の行動を妨害するなど、さまざまな効果を持つカードが登場する。プレイヤーの移動に関わる系統のもの以外、基本的には使ったそのターンには移動することができない。
カードはカード駅に止まるか、カード売り場で手に入れることができる。その他、ゲーム内の各種イベントなどでも手に入れることができる。しかし、中には所持したプレイヤー自身に損害を与えるカードもある。
また、貧乏神やキングボンビーなどの悪行でカードが捨てられたり、他の社長にカードを勝手に渡してしまったりするなどして、未所有の状態になることがある。

主なカードについて紹介する。

急行系カード

急行カードを使用。

サイコロの数を増やして、出た目の数だけ汽車を移動させることができる。使っている間は汽車が使ったカードに応じて変化する。

急行カード:サイコロ2個
特急カード:サイコロ3個
新幹線カード:サイコロ4個
のぞみカード:サイコロ5個(「桃太郎電鉄Ⅲ」以降)
グランクラスカード:サイコロ6個
リニアカード:30マス(「桃太郎電鉄Ⅲ」~「桃太郎電鉄15」「桃太郎電鉄20周年」「桃太郎電鉄WORLD(DS版)」)、サイコロ5個(「スーパー桃太郎電鉄」「桃太郎電鉄Ⅱ」)、サイコロ8個(「桃太郎電鉄16」「桃太郎電鉄2010」「桃太郎電鉄タッグマッチ」「桃太郎電鉄2017」)

○進めるカード

サイコロを振らずに、カードを使うことで、その数字分汽車を移動させることができる。
「1進めるカード」から「6進めるカード」まで存在し、「1進めるカード」なら1マス、「6進めるカード」なら6マス移動できる。
「スペシャルカード」は1マスから6マスまで自由に選んで移動できる。

ぶっとび系カード

どこへ飛ぶかは運任せ。

使用すると汽車がヘリコプターに変化し、物件駅など別な駅に飛んで移動することができる。物件駅に飛んだ場合、基本的にそのターンで物件を購入することができない。
銀河鉄道マップから使う場合は、ロケットに変化してから、物件駅などに移動する。

ぶっとびカード:いずれかの物件駅に移動する。
夢のまた夢カード:ぶっとびカードのようにいずれかの物件駅に移動できるが、移動先でもう一度別の物件駅まで移動することが可能。
みなぶっとびカード:プレイヤー全員がいずれかの物件駅に移動する。
ぶっとばしカード:他のプレイヤーをランダムまたは指定して、物件駅などに飛ばしてしまう。
北へ!カード:今いる場所から北にある物件駅に移動する。北に物件駅がない場合には使用できない。
千載一遇カード:「千載○遇」という表示が出て、○の中を「一」から「九」がルーレット形式で回る。止めた時の漢数字に応じて、その後目的地から1マス~9マスまでの場所に移動する。
ブックマークカード:物件駅などで使用でき、使うと「(駅名)カード」となる。「(駅名)カード」を使うと、その駅まで移動できる。

周遊系カード

プレイヤーの移動に関するカードの効果を複数回使用できるカードである。基本的には「○○周遊カード」と表示される。

急行周遊(オレンジ)カード:急行カードの効果
特急周遊カード:特急カードの効果
新幹線周遊カード:新幹線カードの効果
のぞみ周遊カード:のぞみカードの効果
リニア周遊カード:リニアカードの効果

銀河鉄道カード

基本的に全てプラス駅の銀河鉄道マップに移動できるカード。終点があり、サイコロの目がちょうどでなくてもそこに入れば、目的地到着できる。
しかし、通常の全国マップにいる他のプレイヤーが目的地に到着してしまうと、銀河鉄道マップにいるプレイヤー(複数のプレイヤーがいる場合は終点から一番遠いプレイヤー)に貧乏神がついてしまう。
ただ、ボンビラス星にいっているプレイヤーがいる場合を除く。

テレポートカード

他のプレイヤーの近くの駅に移動することができる。移動先はランダムたが、どのプレイヤーの近くに移動するかは指定可能である。ただし、初期の作品ではどのプレイヤーの近くに移動するかはランダムとなっている。

ふういんカード

このカードを使うと、他のプレイヤーは数ヶ月の間、カードが使用できなくなる。

冬眠カード

指定した他のプレイヤー1人または全員を数ヶ月眠らせてしまう。眠っているプレイヤーはサイコロを振ったり、カードの使用ができず、一切行動できなくなる。
眠っているプレイヤーにターンが回ってきたときに、一定の確率で「グッスリン」というキャラクターが現れることがある。
このグッスリンとサイコロ勝負をして、勝てばプレイヤーは目を覚まして行動が可能になる。負ければ、眠ったままになる。
グッスリンが出現しなくても、冬眠状態は数ヶ月で解消される。

牛歩カード

他のプレイヤーを一人指定して、汽車を牛の姿にさせる。牛歩状態になったプレイヤーは数ヶ月の間、1マスずつしか移動できなくなる。そして、カードも使用できなくなる。

うんち系のカード

tiru0212
tiru0212
@tiru0212

目次 - Contents