ポプテピピック(第5話『イモ☆ヨバ』)のあらすじと感想・考察まとめ

第5話に出演する声優は、金田朋子と小林ゆうコンビ、そして声優予想アンケートにて1位だった杉田智和と中村悠一コンビである。声優のキャラが濃く、元ネタに忠実なミッキーのモノマネなど、アドリブも満載だった。本編では初のラブコメ展開「イモ☆ヨバ」も放送された。他にも「ときめきメモリアル」などゲーム作品のパロディも登場する。また今回は危険なディズニーパロディにまで挑戦している。
今回は「ポプテピピック」第5話『イモ☆ヨバ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介する。

「ポプテピピック」第5話『イモ☆ヨバ』のあらすじ・ストーリー

キャスト変更

第5話のキャストにも大注目である。まず前半では、ポプ子役を金田朋子さん、ピピ美役を小林ゆうさんが担当した。人気アニメ「けものフレンズ」での共演もあった2人だが、Twitterでは「混ぜるな危険」というコメントも寄せられていた。
金田朋子といえば、様々な伝説を残している声優としても有名である。以前出演したバラエティでは、声から超音波を放っているということで話題になった。また小林ゆうは、独特な画風で他人には理解が出来ないような絵を描き、「画伯」としての異名も持っているほどだ。そんな2人の共演ということで、視聴者はかなりの盛り上がりを見せた。
続く後半には、ポプ子役として中村悠一さん、ピピ美役として杉田智和さんが出演した。この2人は声優予想アンケートでも、圧倒的な支持率で1位に輝いていた。仲の良さに定評のある2人は、お互いのイニシャル(NとS)をもじって「磁石コンビ」と呼ばれている。Twitterには「やっぱり来たか」「待ってました!」の声が続出した。

映像の差し替え

まず初っ端から、「このコーナーは大人の事情により映像が差し替えになりました」というコーナーからスタートした。これはSchool Days「Niceboat」のパロディではないかと言われている。

2007年9月18日深夜、テレビ神奈川にて放送予定だったテレビアニメ「School Days」の最終回が予告なしに中止になった。
2007年9月18日午前4時頃に、少女が自宅2階の寝室で寝ていた父親の首を、手斧で切りつけて失血死させたという事件があったことがきっかけである。「School Days」の最終回にも、女子高生の残酷なシーンが含まれているとのことで、放送は見送られた。
「都合により、番組を変更してお送りしています」とのテロップとともに、城やボートを映した環境映像が代わりに流されたのである。似ているため元ネタではないかと言われているが、なんせポプテピピックなので、本気なのかネタなのかわからないのが怖いところだ。

この映像の裏で流れていたBGMは、ディズニー映画「蒸気船ウィリー」が元ネタであった。口笛や舵を切る音まで完璧に再現されている。
実は原作でも「蒸気船ウィリー」のパロディネタがあり、それをアニメ化するにあたり差し替え映像の形になったとされている。

イモ☆ヨバ

そして今回のメインストーリーは少女漫画タッチの恋愛コメディ「イモ☆ヨバ 〜妹なんて呼ばないで!」である。
主人公の女の子の名前は「桜木伊予」であり、これは「ラブライブ! サンシャイン!!」の桜内梨子が元ネタだと言われている。
親の再婚相手の連れ子と同居することになった伊予だったが、なんとその連れ子は伊予が憧れている先輩だった。離婚した両親の連れ子と惹かれ合うラブストーリーということで、「ママレード・ボーイ」を連想した視聴者も多くいた。

ちなみに伊予の父はポプ子、先輩の母はピピ美が扮している。

テレビを見る両親

テレビ画面に映っている人物は「さかなクン」が元ネタである。またポプ子とピピ美のセリフに「サバじゃねえ!」というものがあるが、これは超光戦士シャンゼリオン第10話「サバじゃねえ!」が元ネタとなっている。

「サバじゃねえ!」の元ネタ。超光戦士シャンゼリオン第10話「サバじゃねえ!」

ポプ子とピピ美が、伊予たちの枕もとでシャゲダンをするシーン。「シャゲダン」とは、シャア専用ゲルググのダンスの略であり、左右に素早く動いて相手を煽る行為を指すアーケードゲーム用語である。

褒められて伸びるタイプ

伸びるピピ美

「あたちぃ、褒められて伸びるタイプなんですぅ」というポプ子。ピピ美が頭をなでると、なぜかどんどんピピ美の顔が伸びていくというネタ。

伸びるピピ美の元ネタ「Undertale」の「Lesser Dog」

これはインディーゲーム「Undertale」の「Lesser Dog」が元ネタである。
「ACT」というコマンドで「Pet(なでる)」を選択し続けると、首がどこまでも伸びる。

ミッ●ーのものまね

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポプテピピック(Pop Team Epic)のネタバレ解説まとめ

『ポプテピピック』とは、大川ぶくぶによるギャグ4コマ漫画、およびそこから派生したアニメ作品。WEBコミックサイト『まんがライフWIN』(竹書房)にて、2014年8月より原作シーズン1の連載が開始され、2018年1月よりキングレコード制作でアニメ化された。時事、風刺、ナンセンス、パロディーなど、多様なネタを豊富に盛り込んだ、シュールかつブラックでカオスなギャグが特徴的な作品となっている。

Read Article

ポプテピピック(第2話『異次元遊戯 ヴァンヴー』)のあらすじと感想・考察まとめ

2話にして初のオープニング初公開、そして第1話とは違うキャストにて放送された。メインストーリー「異次元遊戯ヴァンヴー」では、ポプ子とピピ美がラフスケッチのみで描かれた世界に召喚される。その他制作スタジオを映した実写パートや、NHKの「たなくじ」のパロディネタなども大きく話題になった。 今回は「ポプテピピック」第2話『異次元遊戯 ヴァンヴー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第6話『第30期電脳戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

今回のキャストは三瓶由布子さん、名塚佳織さん、梶裕貴さん、下野紘さんという4名だった。 メインストーリーである「第30期電脳戦」では、「ヒカルの碁」のパロディである将棋ネタが放送された。その他「けものフレンズ」などの人気アニメから、芸人「ブルゾンちえみ」のパロディなど、マニアックなネタよりは、大半の視聴者に分かりやすいメジャーなネタが大半を占めていた。 今回は「ポプテピピック」第6話『第30期電脳戦』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第12話「THE AGE OF POP TEAM EPIC」)のあらすじと感想・考察まとめ

第12話前半では、ポプ子役に小山茉美、ピピ美役に三石琴乃が担当。後半では、ポプ子役に速水奨、ピピ美役に中田譲治が声をあてていた。最終回ということで、ポプ子とピピ美はラスボスである「キングレコード」と戦うことになる。キングレコードは「ポプテピピック」を美少女アニメにしたかったが、叶わなかったため怒っているのだ。ちなみに声優の蒼井翔太も実写で登場する。 今回は「ポプテピピック」第12話『THE AGE OF POP TEAM EPIC』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第11話『呪館』)のあらすじと感想・考察まとめ

第11話前半では、ポプ子役を水樹奈々、ピピ美役を能登麻美子が担当した。続く後半では郷田ほづみ、銀河万丈が声をあてている。今回のメインストーリーである「呪館」では、ポプ子とピピ美が幽霊役で登場する。ホラー要素もふんだんに含まれていた。そのほかボブネミミッミや料理コーナー「ポプテピクッキング」、さらに第8話でも登場した「エイサイハラマスコイ踊り」も再び登場する。 今回は「ポプテピピック」第11話『呪館』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第3話『ザ・ドキュメント』)のあらすじと感想・考察まとめ

お約束のキャスト変更に加え、3次元アイドルからプリパラまで、パロディネタも豊富。今回のメインストーリーである「ザ・ドキュメント」では、アイドルに扮したポプ子が登場し、AKBからハロプロまで、多方面からのアイドルネタが盛り込まれている。また1話以来のフランス語コーナーもあり、充実の内容である。 今回は「ポプテピピック」第3話『ザ・ドキュメント』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第7話『ヘルシェイク矢野』)のあらすじと感想・考察まとめ

第7話の声優は、前半では「クレヨンしんちゃん」の兄妹役のこおろぎさとみさん・矢島晶子さんが登場した。後半では数々の乙女向け作品で共演している森久保祥太郎さんと鳥海浩輔さんが担当する。 アニメ本編では、「さてはアンチだなオメー」などの原作ネタの消化から、ボブネミミッミを担当していたAC部の超大作の紙芝居「ヘルシェイク矢野」まで、盛りだくさんの内容だった。 今回は「ポプテピピック」第7話『ヘルシェイク矢野』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第10話『銀座ホステス探偵』)のあらすじと感想・考察まとめ

第10話前半では、ポプ子役を徳井青空、ピピ美役を三森すずこが担当した。後半では小山力也、ピピ美役として高木渉が出演している。今回のメインストーリー「銀座ホステス探偵」では、「名探偵コナン」のようなサスペンス推理を行っている。その他ジブリの「かぐや姫の物語」パロディや、料理コーナーである「ポプテピクッキング」などもあった。 今回は「ポプテピピック」第10話『銀座ホステス探偵』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ポプテピピック』とは、大川ぶくぶによるギャグ4コマ漫画、およびそこから派生したアニメ作品。2018年1月よりアニメ化され、12話まで放送された。シュールでブラックなギャグが特徴的であり、風刺やパロディネタも豊富に盛り込まれている。また、毎話ごとにポプ子とピピ美の担当声優が変わっており、アニメ界の常識を覆すような作品だった。

Read Article

ポプテピピック(第1話『出会い』)のあらすじと感想・考察まとめ

初っ端からはじまる別のアニメ、そして事前に発表されていたキャストが変更されるなど、1話からかなりの注目を集めた。また、大人気映画「君の名は。」のパロディから「となりのトトロ」「るろうに剣心」まで、視聴者のツッコミが追い付かないほどのパロディシーンがあった。 今回は「ポプテピピック」第1話『出会い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第4話『SWGP2018』)のあらすじと感想・考察まとめ

第4話では、オリンピックが盛り上がっていた最中で、スケルトンがメインテーマだった。選手であるポプ子の前に様々な敵が立ちはだかるが、またもや今回も視聴者のツッコミが追い付かないほどカオスな展開である。 また、2話以来のぬいぐるみダンスもあった。こちらも「Earth, Wind & Fire」の楽曲「Let’s Groove」が元ネタであり、意味のわかる視聴者は困惑していた。 今回は「ポプテピピック」第4話『SWGP2018』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第8話『飯田橋の昇竜 ~復讐のピピ~』)のあらすじと感想・考察まとめ

第8話前半では、ポプ子役を諸星すみれ、ピピ美役を田所あずさが担当する。後半では小野坂昌也、浪川大輔、そしてサブキャラクター5役を小西克幸が担当していた。 アニメ内容としては、極道パロディの「飯田橋の昇竜~復讐のピピ」や、謎のキャラクター「ベーコンムシャムシャくん」の登場に、ツイッター界も大盛り上がりだった。 今回は「ポプテピピック」第8話『飯田橋の昇竜 ~復讐のピピ~』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第9話『奇跡とダンスを』)のあらすじと感想・考察まとめ

第9話前半では、ポプ子役を中村繪里子、ピピ美役を今井麻美が担当する。後半では斉藤壮馬、石川界人が担当した。アニメ内容としては、アメリカ人の少年がポプ子やピピ美と出会う話「奇跡とダンスを」や、うさぎのお茶会がテーマの「ボブネミミッミ」など、今回も盛りだくさんの内容である。 今回は「ポプテピピック」第9話『奇跡とダンスを』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents