りゅうおうのおしごと!(第6話『オールラウンダー』)のあらすじと感想・考察まとめ

B859b3932766383b734d7c7eada7c184

八一は山刀伐八段と対局をしていた。
しかし、山刀伐のねっとりとした口調で、盤外でも攻められてしまい完敗してしまう。
三週間後再びある彼との対局に対策を練る八一。
あいもそんな八一について行くと、そこは一階は銭湯、二階は洒落た将棋道場だった。
今回は「りゅうおうのおしごと!」第6話『オールラウンダー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「りゅうおうのおしごと!」第6話『オールラウンダー』のあらすじ・ストーリー

Ryuou6 1

八一の天敵・山刀伐尽(なたぎり じん)

いつものように八一は将棋を指していた。
対戦相手は山刀伐尽(なたぎり じん)八段。将棋界きっての研究家で、居飛車・振り飛車どちらも指しこなすオールラウンダーとされ、ついた異名は”両刀使い”。
ねっとりとした言葉遣いで、山刀伐は対局は恋愛に似ているといい、「僕は九頭竜君との対局が決まった時、ずっとずーっと君だけのことを思い君を研究し続けてきた。八一君…好きな子とかいる?」と、八一に質問し続けてきた。
そんな山刀伐の盤外戦術にやられてか、結果、八一の惨敗に終わる。
銭湯で湯船につかりながら、山刀伐について考える八一。
実は山刀伐は、八一のプロ棋士デビュー戦の相手であり、竜王のタイトルを獲った後の初めての公式戦の相手でもあった。
どちらも惨敗しており、八一にとって天敵であり、超えなければならない壁だ。
何より3週間後にはまた山刀伐との公式戦が待っていた。
女湯ではあいと桂香、銀子が体を洗っていた。
騒ぐあいに、銀子は相変わらず厳しく対応する。あいも負けじと銀子の体についてヤジを飛ばしてしまい、隣の男湯にいる八一に聞こえてしまった。
銀子にいろんなものを八一のいる男湯へ投げつけられてしまい、それで湯あたりを起こしたのか、八一は桂香にうちわを仰がれて横になる。
八一を仰ぎながら、銀子と二人の成長に、自分の歳を感じる桂香。
彼女はもうすぐ26歳。
研修会から女流棋士になるには、27歳の誕生月までにC1クラスに上がらなければならないのだ。
桂香には、あと一年と少ししか時間が残されていなかった。

後日、八一は女流棋士の月夜見坂燎と、その友人で同じく女流棋士の供御飯万智に将棋会館横の喫茶店に呼び出されていた。
銀子のタイトル戦で慈悲もなくコテンパンにやられた月夜見坂に、何故か八一が責められている。
八つ当たりのために呼んだのかと困惑する八一に、お前らの一門ばかり良い目を見ていてムカつくと、当たる月夜見坂。
八一はそんなことはないと弁護する。
自分の弟子はまだ女流にもなれていないし、桂香もと言い募ると、万智は「桂香さんなぁ、あの人もなかなか壁を破られへんなぁ」と語った。
筋は悪くないのに、研修会に入るのが遅すぎたのかという月夜見坂。
桂香の話だけではなく、八一もいい事ばかりではないみたいだと万智は八一に微笑む。
同じ相手、山刀伐に三連敗している事を持ち出す月夜見坂。
八一も対策は考えていると応えるのだった。

Ryuou6 2

月夜見坂に当たられる八一

八一は対策のためあいを連れて、京橋を訪れていた。
狭く暗い商店街を洞窟のようだと言うあいに、八一は今日の研修会での桂香の成績を聞く。
あいはしょんぼりと、桂香は負けてしまい降級点(この点を重ねることで、階級を一つ下に降りなければならない)が付いた事を教えた。
桂香の女流棋士への道がまた一つ厳しくなった事を感じる八一。
商店街を抜けた「ゴキゲンの湯」という銭湯に着いた二人は、暖簾をくぐる。
出迎えた体操着の女の子に、八一は「マエストロは二階?」と問う。
少女・飛鳥が指さして頷くと、そのまま二階へ向かう八一。あいはついて行きながら八一には、何かと女性の知り合いが多いことに頬を膨らませる。
飛鳥はここの主人の娘らしい。
上がった二階には、洒落た雰囲気のある将棋道場が現れた。ピアノの演奏まで流れている。
そのピアノの演者に「マエストロ」と声をかける八一。
相手も八一に気付いて演奏を止めた。
男は生石充玉将。振り飛車戦法の第一人者で人呼んで”捌きの巨匠”と呼ばれているという。
この銭湯兼将棋道場の主人でもあった。
早速将棋を打ち始める八一と生石。
将棋の戦法は大きく分けて2つあり、飛車を定位置に置いて戦う居飛車(いびしゃ)と動かして戦う振り飛車(ふりびしゃ)があった。
メインに使う戦法に合わせ、それぞれ居飛車党、振り飛車党と呼ばれている。
八一は居飛車をメインに使っていた。そんな八一に生石はゴキゲン中飛車という戦法で対応する。
生石は純粋振り飛車党。振り飛車ならではの繊細かつダイナミックな将棋は、見る者を魅了してやまないと八一は言う。
それでも勝負はやや自分が優勢だと八一自身が読んでいたが、生石は自分の飛車を捨てることで八一の陣形を破綻させ、八一曰く魔法の様に鮮やかな手つきで勝ちを奪って行った。
その駒を操る様はまさに、楽団を支配する指揮者のようで、だてにマエストロという異名を呼ばせていなかった。
これが捌き(攻め駒が上手く働くようになること)だという生石。
八一は生石に頭を下げ、振り飛車を、捌きを教えてほしいと願い出た。

Ryuou6 3

生石に振り飛車と捌きを教えてほしいと頭を下げる八一

最初は驚いていた生石も、八一が山刀伐に打ち勝つ戦法として、振り飛車を身に付けようとしている事を見抜く。
しかしオールラウンダーになるには並大抵の努力では難しいと進言した。
シショーでも難しいのかと驚くあい。
八一はトップの才能があっても血の滲むような修練が必要だが、でもそれをやってのけてる人もいると教える。
そのやってのけた人物こそ、八一の天敵・山刀伐と、そして八一の夢として目指す人物、名人だった。
名人は歴史上のどんな棋士も及ばないとされる、史上最強の天才。
八一は、「俺にあの人と同じことができるかどうか分からない。でもそれが自分の壁を破る方法ならば、強くなる方法ならば…オールラウンダーに俺はなる!」と拳を上げた。
そんな八一にあいも瞳を輝かせて「シショーかっこいい」と声を上げ、自分もオールラウンダーを目指すと言い出した。
そんな二人に生石は自分の道場に明日通う事を許可し、その上で銭湯と道場で働いてもらう事も言いつけた。
翌日から銭湯の掃除や、道場の来客対応など、八一とあいは汗して働き、その後は生石に振り飛車を教え込んでもらう。
「考えるな感じろ」「ぬるい!もっと熱く!肌が痺れるほどの振り飛車を指せ!」と、熱く指導する生石。八一もあいも汗を流しながら必死に食らい付く。
生石の娘・飛鳥が疲れた八一にコーヒー牛乳を差し入れ、それを隠れて見ていたあいはヤキモチから「シショーのだら」と呟く。
そんな日々の中、ゴキゲンの湯に、JS研の面々が訪れた。
四人で銭湯を楽しみ、あいが先に上がって出てくると、休憩所で慣れない肉体労働に自分の肩をもむ八一がいた。
あいはシショーの肩をマッサージしたいと名乗り出るが、小学生の握力では八一にイマイチ効かないようだ。
そこで八一は、背中に乗って踏み揉みをするようあいに言う。
寝ころんだ八一の背に乗るあいの重さがちょうどよく、喜ぶ八一。あいもシショーを喜ばせる事が出来て嬉しそうだ。
そこへ澪と綾乃、シャルが現れ、みんながマッサージしたいと彼の体に乗り上げてきた。
最高に気持ちよくなっている八一の頭を誰かの足が踏みつける。
あいかと思った八一が、後頭部は違うというも、「だから?」と返したのは銀子だった。
八一が生石に振り飛車を教わっていると聞き、様子を見に来たようだ。
状況を誤解されたと、疲れた体にリフレッシュを貰っていたと言う八一に、銀子は「JSリフレ?頓死しろ、クズか」と返すのだった。

Ryuou6 4

八一を踏みつける銀子に容赦はない

その後も八一とあいはゴキゲンの湯で働きながら、生石に振り飛車を教わっていた。
そしてついに生石を破り「ここまでだな」と彼に言わせる。
オールラウンダーを手に入れたと喜ぶ八一。生石は一回勝ったくらいで大げさだと、派手に喜ぶ八一を呆れていた。
そこへ、雨に濡れて凹んだあいがやってきた。
何事かと驚く八一と生石。
あいは今日研修会で、駒落ちで澪と対局し、振り飛車で勝ったらしい。
澪は駒落ちで負けてしまったことで、あいに追い抜かれてしまった事をはっきり意識し、涙を流したのだと八一は理解する。
勝つ事がこんなにも辛いことなのか、あいは動揺していた。
しかし八一は、ならば負けて上げればよかったのか、それで澪が笑えば満足か、と厳しく問う。
慰めて貰おうと泣いていたのに、いつにない師匠の厳しい言葉に困惑するあい。
八一は師匠として、あいに勝つことの苦しみ、負けた者の悲しみから逃げる様な将棋指しでは、この世界で生きられない事を教える。
どんな相手にも負けたくない、将棋が指せないなら生きる意味さえないと、棋士としての生き方を示す八一に、あいはただ「はい」と答えた。
落ち着いたあいを飛鳥に任せて、八一は生石と二人になる。
生石は八一に名人と打ったことがあるのか問う。
幸か不幸かまだないことを告げる八一。
生石は、名人と勝負すると勝っても負けても、自分の将棋観が覆ってしまい、感覚が壊されると言う。
名人との圧倒的な才能の差に思い知らされると言うのだ。
今日、澪があいに感じたものと同じ思いなのだろうと八一は思う。
生石はさらに、八一が振り飛車を身に付けようとしたのは、名人との戦いに備えたものなのかと問う。
竜王戦の次の対戦相手に名人を予想し、名人の研究パートナーであり、棋風も似ていること山刀伐、彼に勝とうとしているのかと。
八一は否定せず、彼に自分は勝てるかと生石に問い返した。
生石は才能は八一を上と読むが、誰よりも研究熱心な山刀伐に勝てるとしたら、彼の研究を超える事、そして振り飛車でどれだけ意表を付けるかに掛かっていると答えた。

そして山刀伐との対局。
今日の対局を名人も観ていると八一に知らせ、変な将棋は指せないねとまるで釘を指すかのように言う山刀伐。
八一はゴキゲン中飛車を打つ。
初めて八一が振り飛車を、それも自分に放ってきたことを山刀伐は喜んだ。
記録の記者が「山刀伐は嬉しそうに九頭竜の初めてを受け入れた」と書き示すことに、やや気持ちが引く八一だったが、山刀伐のねちっこい言葉には気持ちを落ち着けていた。
けれど山刀伐は、喜びを見せたのもつかの間、八一の戦法は昨日名人と研究を終わらせたところだと残念がるのだった。
それを山刀伐の盤外戦術だと、惑わされまいと超急戦(早い段階で相手陣を攻めること)へと持ち込む八一。
しかし山刀伐は惑うことなく、居飛車必勝の手を研究済みだと返した。
八一は負けまいと、ネクタイを緩め新手を打って勝負に挑む。
どこまでも深く研究をして、答えを知っている山刀伐の後ろに八一は名人の影を見ていた。
それでも攻めて捌きを繰り出そうと打つ八一に、山刀伐は笑みを浮かべその攻めを受けるのだった。
「気持ちいい」と呟く山刀伐。
絶望感にさいなまれる八一。
この人に勝てないのかと心を乱す。

Ryuou6 5

山刀伐にそして、彼に八一は勝てないのかとショックを受ける。

「りゅうおうのおしごと!」第6話『オールラウンダー』の感想・考察

「りゅうおうのおしごと!」の動画放送情報

地上波・BS・CS 放送スケジュール

2018年1月8日(月)より放送開始

・TOKYO MX … 毎週月曜日 深夜0時30分~
・サンテレビ … 毎週月曜日 深夜0時30分~
・KBS京都 … 毎週月曜日 深夜0時30分~
・BSフジ … 毎週月曜日 深夜0時30分~
・三重テレビ … 毎週月曜日 深夜0時35分~
・AT-X … 毎週月曜日 夜10時00分~
<リピート放送>
2018年1月10日(水)より 毎週水曜日 午後2時00分~
2018年1月13日(土)より 毎週土曜日 朝6時00分~
2018年1月14日(日)より 毎週日曜日 深夜1時30分~
・AbemaTV … 毎週月曜日 深夜0時30分~

※放送日時は予告無く変更になる可能性あり。

その他配信系 配信スケジュール

2018年1月より配信開始

・dアニメストアアニメ放題
・U-NEXT
・ニコニコ動画
・バンダイチャンネル
・VideoMarket
・GYAO!
・FOD
・Rakuten TV
・ムービーフルPlus
・HAPPY!動画
・ひかりTV
・Google Play
・Amazonプライム・ビデオ
・Amazonビデオ
・dTV
2018年1月10日(水)より 毎週水曜日 午後0時00分~

・au ビデオパス
・J:COMオンデマンド メガパック
2018年1月10日(水) 深夜0時00分~ 配信開始、以降毎週水曜日 深夜0時00分~
・アクトビラ
2018年1月19日(金) 深夜0時00分~ 配信開始、以降毎週金曜日 深夜0時00分~
・Hulu
毎週水曜日 午後0時00分~
・ニコニコ生放送
2018年1月10日(水)より 毎週水曜日 夜11時00分~

※配信日時は予告無く変更になる可能性があり。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

りゅうおうのおしごと!(第9話『八月一日』)のあらすじと感想・考察まとめ

マイナビ女子オープン予選が始まった。 八一は現女王の銀子と共に解説をしている中、あいと天衣は無事一回戦を勝ちあがる。 あいはインタビューで今日は絶対勝ちたいと言う。しかしあいの二回戦の相手は雷だった。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第9話『八月一日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第2話『弟子のいる日常』)のあらすじと感想・考察まとめ

16歳で将棋界のタイトルを持つ九頭竜八一のもとに、弟子にしてくれと小学3年生の雛鶴あいがやって来た。取りあえず弟子(仮)となったあいを将棋会館へ連れて行き、八一は公式戦の予選に挑戦する。 竜王として恥ずかしくない将棋を打ちたい八一だが、対局相手・神鍋歩夢は新手で次々攻め込んでくるのだった。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第2話『弟子のいる日常』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第5話『天衣無縫』)のあらすじと感想・考察まとめ

あいには黙って、夜叉神天衣の稽古をつけていた八一だが、そこへあいを引き連れてJS研が現れる。 八一が自分に嘘をついて、自分と同い年の女の子に稽古をつけていた事に、怒りをあらわにするあい。 その上高飛車な天衣に挑発され、あいは清滝家に家出をしてしまった。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第5話『天衣無縫』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第10話『スピニングドラゴン』)のあらすじと感想・考察まとめ

ついに竜王戦が始まる。八一はあいや銀子、桂香などを連れて竜王戦初戦が行われるハワイにやって来ていた。みんなでハワイを満喫し、ついに竜王戦、八一の目標でもある名人相手に自分のタイトルを守る戦いが始まる。 しかし、名人に自分の得意とする手をどんどん崩されて、八一は自分と自分の将棋を壊されていく。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第10話『スピニングドラゴン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第1話『押しかけ弟子』)のあらすじと感想・考察まとめ

16歳で将棋界のタイトルを持つ九頭竜八一は、タイトル獲得以降スランプに苦しんでいた。そんな彼のもとに、突然小学3年生の雛鶴あいがやって来る。 あいは「約束通り弟子にしてもらう」と告げ、約束をした記憶がない八一は戸惑う。 今回はアニメ「りゅうおうのおしごと!」第1話『押しかけ弟子』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第7話『十才のわたしへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

山刀伐との公式対局。生石に仕込んでもらった振り飛車や捌きをもってしても、名人との研究済みだと山刀伐に中々勝たせてもらえない八一。追い込まれ、自分には越えられない壁なのかと、八一は山刀伐の影に名人を見ていた。完璧なまでの山刀伐の打ち手。逆転不可能に思われるこの対局、しかし八一はその不可能に挑んだ。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第7話『十才のわたしへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第11話『寿』)のあらすじと感想・考察まとめ

マイナビ女子オープンで倒れてしまったあいを、晶が清滝家に運んできた。 強い相手に弱ったのだとあいを看る桂香に、天衣は誰であろうと勝たなきゃ意味がないと言う。 桂香は、天衣の辛らつな事を言いつつも、八一やあいに対する気遣いに微笑んだ。 その頃名人との竜王戦で追い込まれた八一の元に銀子が尋ねてきた。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第11話『寿』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第3話『研修会試験』)のあらすじと感想・考察まとめ

あいの両親はあいに女流棋士を目指す事を反対し、連れ帰ろうと金沢から大阪にやってきた。 八一は、研修会の試験の結果を見てからでも連れ帰るのは遅くないと説得を試みるが、あいの母・亜希奈はその試験を三戦全勝しなければ、あいを連れ帰ると言い出す。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第3話『研修会試験』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第8話『はじめての大会』)のあらすじと感想・考察まとめ

女流棋界最大の棋戦マイナビ女子オープンが始まった。 あいと天衣も参加する、彼女たちにとって初めての大会だ。 あいたちを見守る八一の前に、祭神雷(さいのかみ いか)が現れ、強引な態度で「返事を聞かせて」と八一に迫った。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第8話『はじめての大会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『りゅうおうのおしごと!』とは、白鳥士郎によるライトノベル。2018年にアニメ化された。 アニメーション制作はproject No.9。監督は柳伸亮。 16歳で将棋界のタイトルを持つ九頭竜八一のもとに、突然小学3年生の雛鶴あいがやって来て来る。 あいは「約束通り弟子にしてもらう」告げ、そこから八一とあいが将棋に情熱を向けていく少年少女の物語。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第12話『最後の審判』)のあらすじと感想・考察まとめ

竜王戦第四局が始まろうとしていた。既に三敗している八一にとって、後がない状態だ。あいや銀子たち仲間に見守られながら、神にも等しい名人相手に、八一は自分の将棋を貫く。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第12話『最後の審判』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

りゅうおうのおしごと!(第4話『もう一人のあい』)のあらすじと感想・考察まとめ

八一は将棋連盟会長の月光九段に頼まれて、小学四年生の夜叉神天衣(やしゃがみ あい)に会う事になる。 わがままなお嬢様で、ひねくれた高飛車な性格の彼女だが、将棋の腕前は悪くないものだった。 同じ年頃であいを強くするいいライバルにもなると考え、天衣を弟子にしようとひそかに考える八一。 何かとヤキモチ焼きのあいに内緒で、天衣を鍛えることにするのだった。 今回は「りゅうおうのおしごと!」第4話『もう一人のあい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents