MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

Monster1

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

超人シュタイナー

W%e8%b6%85%e4%ba%ba%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc

グリマーのもう一つの人格。
いつもにこやかなグリマーだが、激しい怒りを感じると理性を失い、極端に凶暴になる。
この症状はグリマーが幼少期に受けた511キンダーハイムの実験が原因である。

なお、「超人シュタイナー」という名前は、グリマーが子供のころみていたアニメにちなんでつけられている。
いつもにひ弱な主人公が、悪者が現れると自分でも気づかぬうちに無敵の超人シュタイナーに変身し、悪を倒すというストーリーである。

3匹のカエル

%ef%bd%973%e5%8c%b9%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%82%a8%e3%83%ab

チェコにある、3匹のカエルの看板がかかった小さなアパート。
ヨハンとニナは、幼少期に母親とともにそこで暮らしていた。

赤いバラの屋敷

Ward%e8%b5%a4%e3%81%84%e3%83%90%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%b1%8b%e6%95%b7

赤いバラに覆われた、フランツ・ボナパルタの別荘。

ボナパルタは、ここで自身の絵本を用いて、「朗読会」と呼ばれる、子供たちの人格改造実験を行っていた。
「朗読会」の目的は、子供たちを西ドイツを駆逐するための優秀な戦闘員にすることだった。
「朗読会」に参加した子供たちは成人後、人を愛せない、感情が乏しいなどの人間的な欠陥がみられるようになる。

「西ドイツを駆逐する優秀な戦闘員を育成する」ことを目的とする人格改造実験の首謀者的な立場だったボナパルタだが、「エリート同士に子供を作らせ、その子供を西ドイツを駆逐するための優秀な戦闘員に育成する」という計画に巻き込まれてしまったヨハンとニナの母親に恋をする。そして、非人道的な人格改造実験をやめるべきだと思うようになる。
そして、この屋敷の2階で行われた計画の成果報告パーティーで、計画の関係者全員を殺害する。

その後、関係者らが殺害された部屋は固く閉ざされ、部屋の中にはヨハンとニナの母親の肖像画が飾られていた。

511キンダーハイム

W511%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a02

かつて東ドイツにあった孤児院。

その実態は、「連れてこられた孤児たちを西ドイツを駆逐するための優秀な戦闘員にさせる」ことを目的とした人格改造実験の場だった。
実験には、フランツ・ボナパルタが「朗読会」で活用していた人格改造実験のノウハウが活用されていた。
そこにいた子供たちは、戦闘員として優れた人材になるため、哀れみを全く感じない冷酷な人間に育てられた。

その実験を受けて育った子供たちは、「朗読会」の子供たちと同様、人を心から愛せない、感情が乏しいなどの人間的な欠陥を抱えるようになり、そうした元生徒たちの多くが自殺した。

ヴォルフ将軍により入所させられたヨハンのマインドコントロールにより、生徒や教師が互いに殺し合うようになり、施設は崩壊する。

朗読会

W%e6%9c%97%e8%aa%ad%e4%bc%9a

かつてフランツ・ボナパルタが「赤いバラの屋敷」に子供たちを集めて開いていた絵本の朗読会。
ボナパルタが自身の絵本を朗読し、子供たちにその絵本が示す意味を問いかけるという内容の会だった。

実は、ボナパルタが深く関わっていた、「西ドイツを駆逐する優秀な戦闘員を育成する」ことを目的とした人格改造実験の場だった。
この朗読会に出席した子供たちは、511キンダーハイムの子供たちと同様、人を愛せない、感情が乏しいなどの人間的な欠陥を抱えるようになる。

終わりの風景

W%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%ae%e9%a2%a8%e6%99%af

「3匹のカエル」からニナとともに脱走し、国境近くをさまよっていたヨハンが見た風景。

『MONSTER』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「人の命は平等じゃないんだもの。」(1巻1章『ヘルDr.テンマ』)

Sean%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%91%bd%e3%81%af

死亡した患者の家族に責められ、悩んでいたテンマを励ますためにエヴァが言ったセリフ。

テンマが運び込まれたトルコ人の患者の手術の準備に取り掛かっていたところ、有名なオペラ歌手が搬送されてきた。
院長の命令により、テンマは後から運び込まれたオペラ歌手の手術を担当し、別の医者がトルコ人の患者を担当したところ、オペラ歌手は助かり、トルコ人の患者は死んでしまった。
後日出会ったトルコ人の患者の妻にそのことを責められたテンマは、自分のした行動が間違っていたのではないかと悩んでいたのだ。

それに対して、エヴァは「人の命は平等ではないからテンマは悪くない」と返す。
しかし、テンマは『生まれによって命の価値は違う』というエヴァの主張に戸惑う。

テンマが命の価値について考えるシーンに繰り返し登場する重要なセリフである。
エヴァにとってはテンマを慰めるために言った言葉だが、人の命は平等だという考えを持つテンマにとっては強い抵抗感とともに印象に残るセリフとなった。

「バリバリグシャグシャバキバキゴクン。」(9巻3章『なまえのないかいぶつ』)

S%e3%83%90%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%ad%e3%83%90%e3%82%ad
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents