ラーメン大好き小泉さん(第8話『ご当地袋麺 / 家系』)のあらすじと感想・考察まとめ

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e5%a4%a7%e5%a5%bd%e3%81%8d%e5%b0%8f%e6%b3%89%e3%81%95%e3%82%93renotetop

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。
夏休み中の図書館で潤は小泉さんと偶然会い、夏休みの課題がうまく進まないことについて話をする。図書館からの帰り道、潤はラーメンを眺めに行くという小泉さんに付いて行くのだった。
今回は「ラーメン大好き小泉さん」第8話『ご当地袋麺 / 家系』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ラーメン大好き小泉さん」第8話『ご当地袋麺 / 家系』のあらすじ・ストーリー

『ご当地袋麺』

02

潤は、夏休み中に小説を100冊を読むことを目標としていた。小説を借りる傍ら、学校の図書館で夏休みの宿題を消化するのが潤の日課となっていた。しかし、「将来希望する職業を1つ挙げ、実現する為に今出来ることを論ぜよ」(原稿用紙10枚以上)という現代文の課題に苦慮し、心から読書を楽しめないことに悩んでいた。潤は、図書館の斜め前の席に座っていた小泉さんに声をかけた。小泉さんも同じ課題に悩んでいるおり、その気持ちを共有するのだった。
図書館からの帰り道、潤は小泉さんに課題の進み具合を聞くが、良い返事は返ってこなかった。続けて、自分の将来の不安を吐露するが、小泉さんは興味がない様子であった。話が終わり、「これからどこか行くの?」と潤が聞くと、小泉さんは「好きなラーメンを眺めに」と答えるのだった。

%ef%bc%90%ef%bc%93

潤と小泉さんは、「ラーメン甲子園 居酒屋さくら」に来ていた。潤は、「ラーメンを眺めに行く」という小泉さんに興味がわいて、付いて来たのだった。
店奥の棚には、ご当地袋麺がところ狭しと地域別に並べられていた。その光景を見て、潤は驚いた。小泉さんが、料理下手のためインスタントラーメンであっても満足のいく出来にならないと嘆くと、潤は、それならお店の人に作ってもらった方が良さそうだとつぶやいた。この店は、自分の好きな袋麺を選んで調理してもらう方式である。小泉さんはこの店でラーメンを食べて帰ると言うので、潤も付き合うことにした。潤が小泉さんにオススメの袋麺を聞くと饒舌に語り始めた。あまりの博識ぶりに潤は情報の処理に追いつかなかった。同時に潤は小泉さんが将来ラーメン業界で働きたいのだと確信するのだった。

04

潤が注文した北海道の「利尻昆布ラーメン」

05

小泉さんが注文した鹿児島県いちき串木野市「まぐろラーメン(粉末わさび付き)」

2人は向かい合って座り、同時にラーメンを食べ始めた。お店で出されるように盛りつけられたラーメンに潤は食欲をそそられ、一気に食べ終わった。小泉さんは、粉末わさびの刺激に堪えながらゆっくりとラーメンをすすった。
潤は「小泉さんが日々ラーメンを食べ歩くのは、将来ラーメン業界に進みたいからだよね」と確認すると、小泉さんは「特に何も考えていない」と答えるのだった。

『家系』

01

左から高木、小林、中谷、大澤修

悠の兄・大澤修(以下、修)は大学の友人と昼食の相談をしていた。修はラーメン、中谷と小林はご飯、高木は麺類をそれぞれ希望した。修はそれを聞いて、ご飯派の2人にラーメンの麺を食べた後にご飯を入れる「替え飯」を提案した。小林がそれに対して嫌悪感を露にした。残りのスープにご飯を入れるぐらいなら、雑炊でいいのではないかというのが、小林の主張であった。そこから4人で替え飯の是非について話すも、あまりの空腹のため結局ラーメンを食べることとなった。

02

「家系総本山 吉村家」にやってきた4人。「家系」とは吉村家を源流とするラーメンの一系統で、吉村家から派生したラーメン屋の多くが「家」の字を冠したことが由来である。修は、家系ラーメンが一番ご飯に合うと考え、3人を引き連れて吉村家にやって来たのだった。

4人の前にラーメンとご飯が運ばれて来た。あっさり味を好む小林だったが、濃厚だがあっさりとしたスープを飲んで驚くのだった。4人はラーメンのトッピングであるほうれん草や海苔をいつどうやって食べるのかを論争していた。ご飯にほうれん草を乗せ、スープを吸った海苔で巻いて食べるという修の案や、海苔とほうれん草を麺を一緒にすする案など小林はいろいろと試すのだった。
その後、修は麺を食べ、ご飯を投入し喜んで食べた。小林は、塩分が気になり真似が出来なかった。

03

そこへ小泉さんが店に入って来た。小泉さんは慣れた様子で「スープ濃いめ、油少なめ、麺かため」のラーメンとご飯を注文した。ほどなくして、注文したものが運ばれて来た。小泉さんは、さっそく煮卵を半分に割りご飯に乗せ、次に海苔を入れ、スープを茶碗に注ぎ、最後にゴマをふった。ご飯の中にスープを入れる様子を見ていた4人は、感嘆し、小林は早速実践していた。

04

4人と小泉さんは、家系ラーメンを堪能したのだった。
最初は家系ラーメンや替え飯を否定していた小林だったが、今ではすっかり魅了され、友達に家系ラーメンを熱く語る家系男子と化すのだった。

「ラーメン大好き小泉さん」第8話『ご当地袋麺 / 家系』の感想・考察

noru-hana
noru-hana
@noru-hana

Related Articles関連記事

ラーメン大好き小泉さん(第7話『全国』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 夏休みが始まり、悠と美沙と潤は遊びや旅行の計画を話し合っていた。悠が小泉さんを誘うが、小泉さんは明日から日本全国に旅行に行くからと断るのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第7話『全国』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第1話『ヤサイマシニンニクカラメ / まーゆ / こってり』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 無口で他人と馴れ合わない転校生の小泉さん。彼女に興味をもったクラスメイトの大澤悠が、下校時にあるラーメン屋の前を通りかかると、行列に並ぶ小泉さんに出くわす。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第1話『ヤサイマシニンニクカラメ / まーゆ / こってり』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第4話『ていしょくや / 赤or白 / コンビニ』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 放課後、小泉さんはクラスメイトの男子たちから遊びの誘いを受けるが、小泉さんは用事があると言って帰ってしまう。それを見た悠は、小泉さんはラーメン一筋だと男子たちを哀れむが、急に不安になり、小泉さんの後をつけるのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第4話『ていしょくや / 赤or白 / コンビニ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第9話『山 / 豚野郎 / 背脂』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 小泉さんは筑波山に来ていた。木立の中の階段を抜けた先にある道幅の広くなっている山道で、小泉さんはレジャーシートを広げ、ラーメンを食べる準備をしていた。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第9話『山 / 豚野郎 / 背脂』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』は、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 無類のラーメン好きである小泉さんは、日々美味しいラーメンを探求している。しかし、ラーメン以外には全く興味がない。ミステリアスな転入生の小泉さんとクラスメイトである大澤悠、中村美沙、髙橋潤とのラーメンを通した友情が描かれている。 作中のラーメン屋は、実店舗が存在するものばかりで、グルメアニメとしても定評が有る。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第5話『トマトラーメン / ミドリムシ / 行列』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画、及びそのアニメ作品。 放課後、小泉さんはトマトラーメンを食べに来ていた。小泉さんはツルツルしたちぢれ麺に絡むほのかな酸味のトマトスープにとろとろのチーズを勢いよく食べていった。隣には悠がおり、その姿を見ているのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第5話『トマトラーメン / ミドリムシ / 行列』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第10話『未知味の拉麺 / まわるラーメン / 挑戦受付中!!』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 小泉さんは「水色ラーメン」、悠は「ココアラーメン」を注文した。先に運ばれてきた水色のラーメンを見て、悠は目を見張った。色合いが完全に海外アニメのモンスターの様な鮮やかな色だったからだ。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第10話『未知味の拉麺 / まわるラーメン / 挑戦受付中!!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第2話『北極 / コココココイズミサン』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 ある日の休日、美沙はデートに出かけるが、初めての彼氏に突然フラレてしまう。そこに小泉さんが偶然通りかかる。フラレた現場を見られた美沙は、小泉さんの後を付けて、ラーメン屋に入るのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第2話『北極 / コココココイズミサン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第6話『朝ラーメン / 冷やし / 博物館』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 ある日の早朝、小泉さんは煮干しラーメンを食べていた。店外には「我が煮干しに一片の悔いなし」と書かれた提灯が光る。運ばれて来た「すごい煮干しラーメン」を目の前にして、小泉さんは眠そうに小さく「いただきます」とつぶやくのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第6話『朝ラーメン / 冷やし / 博物館』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第11話『おいしいラーメン / 大阪』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 悠は、家庭科室で思い出のラーメンの味を再現しようとしていた。美沙と潤は味見役である。思い出のラーメンというのは、悠が小さい時に祖母がいる大阪・道頓堀で食べたラーメンであった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第11話『おいしいラーメン / 大阪』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第3話『サイミン / 味集中カウンター / 即席麺』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 悠は小泉さんをワックに誘うが、いつも通りあっさりと断られる。それを聞いた美沙と潤から、ラーメン以外のものを食べている小泉さんが想像出来ないと言われる。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第3話『サイミン / 味集中カウンター / 即席麺』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents