ラーメン大好き小泉さん(第6話『朝ラーメン / 冷やし / 博物館』)のあらすじと感想・考察まとめ

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e5%a4%a7%e5%a5%bd%e3%81%8d%e5%b0%8f%e6%b3%89%e3%81%95%e3%82%93renotetop

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。
ある日の早朝、小泉さんは煮干しラーメンを食べていた。店外には「我が煮干しに一片の悔いなし」と書かれた提灯が光る。運ばれて来た「すごい煮干しラーメン」を目の前にして、小泉さんは眠そうに小さく「いただきます」とつぶやくのだった。
今回は「ラーメン大好き小泉さん」第6話『朝ラーメン / 冷やし / 博物館』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ラーメン大好き小泉さん」第6話『朝ラーメン / 冷やし / 博物館』のあらすじ・ストーリー

『朝ラーメン』

01

早朝、小泉さんは、ラーメン屋・「すごい煮干ラーメン凪 」に来ていた。店外には「我が煮干しに一片の悔いなし」と書かれた提灯が光る。
運ばれて来た「すごい煮干しラーメン」を目の前にして、小泉さんは眠そうに小さく「いただきます」とつぶやいた。そこからは、黙々とラーメンを平らげた。スープを最後まで飲み干し、ラーメン鉢底に書かれた「我が煮干しに一片の悔いなし」の文字を確認するのだった。

02

悠の兄・大澤修(以下:修)は、居酒屋アルバイトの深夜シフトが終わり、あくびをしながら小路を歩いていた。ちょうどそこへ悠から朝ご飯が必要かどうかの確認の電話がかかった。修は歩きながら眠そうな口調で電話に応えていた時、ラーメン店を出た小泉さんと行き違った。すれ違う瞬間に煮干しの匂いをかいだ修は、一気に目が覚め、朝ご飯を煮干しラーメンに決めたのだった。

『冷やし』

03

学校からの帰り道、悠と美沙と潤はうだるような暑さの中にいた。特に悠と美沙は、あまりの暑さに正気を失いかけていた。3人は今日も冷たいものを食べに行こうか話していたが、連日の冷たいジュースやアイスによりすでに夏バテ気味であった。
その時、道路の向こう側を小泉さんが歩いていた。悠は、「小泉さん!」と名前を呼んで勢いよく小泉さんに駆け寄った。悠は、一緒に冷たいものを食べに行こうと誘うも、いつもの様にラーメンを食べるからと断られてしまった。悠の後に付いて来ていた潤と美沙も小泉さんの言葉を聞いて、この暑い中よく熱いラーメンが食べられるものだと、絶句した。その様子を見た小泉さんは、「私が今日食べに行くのは、普通のラーメンではなく冷やしラーメンです」ときっぱりと言うのだった。

04

美沙と潤は、「DONUT FACTORY」というドーナツ屋さんで休んでいた。悠は、小泉さんに付いてラーメン屋さんに行ったのだ。
冷やしラーメンに興味を持った潤は、携帯で冷やしラーメンの写真を検索していた。潤は美沙にも写真を見せると、冷麺とは違う印象だと感想をもらした。そして、この店にも冷やしラーメンのメニューがあると発見した2人は、さっそく注文するのだった。

05

小泉さんが注文した「まっかなトマトの酸ラーメン」

06

悠が注文した「つったいラーメン」

小泉さんと悠は、「麺ダイニング ととこ」にてラーメンが運ばれてくるのを待っていた。小泉さんによると、冷やしラーメンの発祥は、60年以上前の山形のおそば屋さんということである。

ラーメンが運ばれて来た。丼は冷やされ、スープには氷が浮いていた。冷やしラーメンは、植物性の油を駆使してコクを保ちつつ、ダシやタレを冷やしに合うものを、温かいラーメン用のものとは別に作って味を調整している。手間がかかるということが、冷やしラーメンが期間限定メニューである所以であった。
2人はさっそく食べ始めた。

07

潤が注文した「冷やしトマトジュレ麺」(左)と美沙が注文した「冷やし担々麺」(右)

一方、潤と美沙のところにも注文のラーメンが届いていた。
万年冷え性の潤はカーディガンを着込んだ。2人も初めての冷やしラーメンを食べ始めた。

11

4人は、ラーメンをすすった。
店の外は猛暑だが、冷やしラーメンを食べることですっかり涼しくなった4人であった。

『博物館』

08

ある日の休日、小泉さんは浴衣姿で「新横浜ラーメン博物館」に来ていた。夏のキャンペーン中の博物館に浴衣や甚平を着て来館すると、入場無料になるということだった。

小泉さんがラーメン屋・「支那そばや」にお店に入ろうとすると、浴衣を来た少女にそでを引かれた。少女はドイツ語で小泉さんのことを「ママ、ママ」と呼んで泣いていた。小泉さんは、「いいえ、私は小泉です」とドイツ語で淡々と答え、座席に座った。

09

少女は小泉さんの後を追いかけ、小泉さんの隣に座った。小泉さんが名前を聞くと、「ハナ」と答えた。そして「ママが迷子だ」と続けた。ハナが迷子であることが確定したため、定員さんにハナを任せようとした矢先、注文していた醤油ラーメンが運ばれて来た。ハナはラーメンをじっと見つめ、ヨダレを垂らし、お腹を鳴らした。小泉さんは、子供用取り皿にラーメンを少しよそった。

12
noru-hana
noru-hana
@noru-hana

Related Articles関連記事

ラーメン大好き小泉さん(第8話『ご当地袋麺 / 家系』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 夏休み中の図書館で潤は小泉さんと偶然会い、夏休みの課題がうまく進まないことについて話をする。図書館からの帰り道、潤はラーメンを眺めに行くという小泉さんに付いて行くのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第8話『ご当地袋麺 / 家系』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第1話『ヤサイマシニンニクカラメ / まーゆ / こってり』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 無口で他人と馴れ合わない転校生の小泉さん。彼女に興味をもったクラスメイトの大澤悠が、下校時にあるラーメン屋の前を通りかかると、行列に並ぶ小泉さんに出くわす。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第1話『ヤサイマシニンニクカラメ / まーゆ / こってり』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第4話『ていしょくや / 赤or白 / コンビニ』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 放課後、小泉さんはクラスメイトの男子たちから遊びの誘いを受けるが、小泉さんは用事があると言って帰ってしまう。それを見た悠は、小泉さんはラーメン一筋だと男子たちを哀れむが、急に不安になり、小泉さんの後をつけるのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第4話『ていしょくや / 赤or白 / コンビニ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第9話『山 / 豚野郎 / 背脂』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 小泉さんは筑波山に来ていた。木立の中の階段を抜けた先にある道幅の広くなっている山道で、小泉さんはレジャーシートを広げ、ラーメンを食べる準備をしていた。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第9話『山 / 豚野郎 / 背脂』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』は、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 無類のラーメン好きである小泉さんは、日々美味しいラーメンを探求している。しかし、ラーメン以外には全く興味がない。ミステリアスな転入生の小泉さんとクラスメイトである大澤悠、中村美沙、髙橋潤とのラーメンを通した友情が描かれている。 作中のラーメン屋は、実店舗が存在するものばかりで、グルメアニメとしても定評が有る。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第5話『トマトラーメン / ミドリムシ / 行列』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画、及びそのアニメ作品。 放課後、小泉さんはトマトラーメンを食べに来ていた。小泉さんはツルツルしたちぢれ麺に絡むほのかな酸味のトマトスープにとろとろのチーズを勢いよく食べていった。隣には悠がおり、その姿を見ているのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第5話『トマトラーメン / ミドリムシ / 行列』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第10話『未知味の拉麺 / まわるラーメン / 挑戦受付中!!』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 小泉さんは「水色ラーメン」、悠は「ココアラーメン」を注文した。先に運ばれてきた水色のラーメンを見て、悠は目を見張った。色合いが完全に海外アニメのモンスターの様な鮮やかな色だったからだ。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第10話『未知味の拉麺 / まわるラーメン / 挑戦受付中!!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第2話『北極 / コココココイズミサン』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 ある日の休日、美沙はデートに出かけるが、初めての彼氏に突然フラレてしまう。そこに小泉さんが偶然通りかかる。フラレた現場を見られた美沙は、小泉さんの後を付けて、ラーメン屋に入るのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第2話『北極 / コココココイズミサン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第7話『全国』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 夏休みが始まり、悠と美沙と潤は遊びや旅行の計画を話し合っていた。悠が小泉さんを誘うが、小泉さんは明日から日本全国に旅行に行くからと断るのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第7話『全国』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第11話『おいしいラーメン / 大阪』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 悠は、家庭科室で思い出のラーメンの味を再現しようとしていた。美沙と潤は味見役である。思い出のラーメンというのは、悠が小さい時に祖母がいる大阪・道頓堀で食べたラーメンであった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第11話『おいしいラーメン / 大阪』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第3話『サイミン / 味集中カウンター / 即席麺』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 悠は小泉さんをワックに誘うが、いつも通りあっさりと断られる。それを聞いた美沙と潤から、ラーメン以外のものを食べている小泉さんが想像出来ないと言われる。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第3話『サイミン / 味集中カウンター / 即席麺』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents