ハクメイとミコチ(第5話『組合の現場 と 大岩と飼い石』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイは大工組合の石貫会に顔を出すと中通りの石垣補修の手伝いを申し出るが、会長のナライに断られてしまう。中通りが好きだったハクメイは、どうにかして補修作業に関わろうと鰯谷の道具管理を任せて貰うことにして現場に顔を出し続ける。ナライはそんなハクメイを認めて現場に出ることを許すのだった。
今回は「ハクメイとミコチ」第5話『組合の現場 と 大岩と飼い石』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ハクメイとミコチ」第5話『組合の現場 と 大岩と飼い石』のあらすじ・ストーリー

「組合の現場」

石貫会の副会長カテンの上に乗る、会長のナライ

修理屋であるハクメイは、師匠的な存在である鰯谷に連れられて大工組合の石貫会に初めて顔を出した。石貫会の会長のナライに会うと、石貫会が現在行っている中通りの石垣補修手伝いたいと言い出すハクメイだったが、人手は足りているからと手伝うことを断られてしまう。

イワシの道具の手入れをするハクメイ

補修中である中通りのことが好きだったハクメイはなにか手伝えることはないかと考えた末、既に石貫会の一員として作業をしていた鰯谷の道具の手入れをさせて貰うことにする。

寝不足で現場に来るハクメイ

他にも何か中通りの為に仕事が出来ないかと思ったハクメイは、石積みの設計図を夜中の内に書き上げるとナライに見せる。しかし、ナライはハクメイが寝不足だと知るなり現場に近づくことを禁じ家で寝るように言う。
ハクメイは大人しく帰宅すると家中の刃物を研ぎ、眠った。

自分のノミを研いでくれとハクメイに頼むナライ

家でも刃物砥ぎを練習し、ハクメイには大きすぎる鰯谷の道具研ぎを繰り返していたハクメイの腕はみるみるうちに上がっていた。それを見ていた会長のナライはハクメイに自分のノミを研ぐように言う。
しかし、ハクメイはそんなナライに無理だ、と断る。
ハクメイ「イワシは私を信じて大工の命を預けてくれた。だから私は命を懸けてそれを研ぐ。でもあんたのは無理だ。まだ怖い」
正直なハクメイの言葉にナライは答える。
ナライ「あんたら仲良しだな」

現場入りを許されて喜ぶハクメイ

ハクメイが無鉄砲な奴ではないと分かったナライはハクメイを信用し、明日から作業着で来いとハクメイが現場に参加することを許す。そして喜ぶハクメイにナライが言う。
ナライ「そうだハクメイ、羽織も作って貰えよ。お前にも嫁さん居ただろ」
鰯谷「いや……」
ハクメイ「私は女だぞ」
ナライ「……ごめん」

「大岩と飼い石」

中通りの顔である大岩の飼い石入れを任されるハクメイ

ハクメイの補修作業についてきたミコチは、ナライの妻であるハクヨと炊き出しを行う。
ハクメイは、ナライに中通りの顔とも言える大岩を固定させる飼い石入れの作業を任される。ハクメイは早速大岩の裏に入り込み、飼い石を打ち込む。しかし、その時異様な音を聞いたハクメイは、その場から離れるように鰯谷に言う。
その瞬間、大岩が砕け散ってしまう。ハクメイの判断のおかげで怪我人を出さずに済んだのだった。

休憩中スイカの種の塩煎りを食べるハクメイと鰯谷

休憩中、塩と油が足りないというハクメイに、ミコチは高たんぱく高脂質であるというスイカの種の塩煎りを差し出す。
その頃、ナライは副会長であるカテンと砕けてしまった大岩で空いてしまった部分をどう埋めるか考えていた。それを聞いたハクメイは、イワシに通りの入り口にあった大きな岩は使えないのかと尋ねる。しかし、大きすぎる上に硬くてノミが入らないから使えないと言われる。
ハクメイはなにかを思いつくとナライの元に向かう。
ハクメイは通りの入り口にあると言う大きな岩に、スイカの種を使った固形燃料で火を通し氷水で急速に冷却することで割目を作れば割って石垣に使うことが出来るのではないかと言う。
それを聞いたナライは、その案を採用し動き出す。早速材料を集め始めようとするハクメイをナライは止めると、自分のノミを研ぐように頼む。

ハクメイに今度こそ頼むとノミ研ぎを頼むナライ

ハクメイが研いだノミを受けとったナライは「いい仕事だ。感謝する」とハクメイ言う。それを聞いたハクメイは思わず感極まって涙した。

ナライに認められて嬉し泣きするハクメイ

ナライは焼きを入れた大岩にノミを振るうと、一発で割って見せる。

大岩を一発で割るナライ

割った大岩の飼い石打ちを自分でやるというナライに、ハクメイは自分にやらせてくれと頼む。ナライはハクメイの仕事を近くで見ながらハクメイに作業をやらせることにする。そして、昔この中通りの石垣が崩れそうになった時、ナライとカテンが直したことをハクメイに話す。
ナライ「大岩が落ち着くと通行人も増えて、いつしかみんなが大岩に名前を付けて呼び始めた。周りの石ころを貫くが如し、石貫」
ハクメイ「それが石貫会の始まりか」
ナライ「だが、カテンとハクヨは別の名で呼んでた。ナライ岩、なんてな。昔の話だ、新しい名を考えないとな」
ハクメイ「またナライ岩でいいんじゃないか?」
ナライ「そうかね」

乾杯の号令を掛けるハクメイ

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

ハクメイとミコチ(Hakumei and Mikochi)のネタバレ解説まとめ

『ハクメイとミコチ』とは、樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 体長九センチしかない小人たちが、言葉を話すことの出来る昆虫や動物たちと共に住む平和な世界。そこで暮らす小人である料理上手のミコチと修理屋のハクメイを中心に彼らの小さな生活を描いた日常系ファンタジー。

Read Article

ハクメイとミコチ(第11話『夜越しの汽車 と 雨とテンカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイはミコチを連れて、釣りをするために遠方にあるカノカン湖に行くことにした。釣りは朝に限ると、まだ日が昇らないうちから二人は汽車に乗り込む。しかし、カノカン湖に着く前に雨が降り出してしまい、それでも釣りをするというハクメイにミコチは不安がるのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第11話『夜越しの汽車 と 雨とテンカラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第2話『ふたりの歌姫 と ガラスの灯 と 一服の珈琲』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 収獲祭に参加していたミコチは、エントリーしていないにも関わらず収穫祭の舞台で歌う歌姫に選ばれてしまう。始めは嫌がっていたものの収穫祭の歌が、付喪神を讃えるものだと知り共に歌姫に選ばれたコンジュと舞台に上がった。 今回は「ハクメイとミコチ」第2話『ふたりの歌姫 と ガラスの灯 と 一服の珈琲』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第6話『卵の美容師 と 休みの日』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイは森の中で卵の殻の美容院を見つけ、美容師のジャダと出会う。知り合ったばかりのジャダにカットを頼んだハクメイは、髪を短く切って貰う。ジャダはハクメイのことを気に入り、床下のネジで固定している為に卵の殻が転がらないというお店の秘密を教わるのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第6話『卵の美容師 と 休みの日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第10話『竹の湯 と 大根とパイプ』)のあらすじと感想・考察まとめ

仕事の忙しさから肩こりに悩まされたハクメイは、ミコチ共に近所に出来たという温泉宿に行く。しかし、清掃中で温泉が使えないことが分かると竹を切って帰り、自宅に竹の露天風呂を作ることにする。露天風呂を完成させたハクメイとミコチは、予約をして今度こそは温泉宿の温泉に入ろうと約束するのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第10話『竹の湯 と 大根とパイプ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第12話『紅髪の記憶』)のあらすじと感想・考察まとめ

かつて行き倒れていた所を狼の緑尾老率いるキャラバン隊に助けられたハクメイは、近くを通るというキャラバン隊を一目見る為にコヨウ大岩を目指す。キャラバン隊に無事を伝えることが出来たハクメイは、すっかり帰る場所として馴染んだマキナタへ帰るのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第12話『紅髪の記憶』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第1話『きのうの茜 と 舟歌の市場』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 小人のハクメイとミコチは、願いを叶えてくれるという伝説上の生き物「夕焼けトンビ」を捕まえる為に山を登る。しかし、夕焼けトンビの正体は昔ミコチが餌付けしていたペットのカフゥだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第1話『きのうの茜 と 舟歌の市場』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第3話『星空とポンカン と 仕事の日』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 花火を作ろうとしたハクメイが持ち込んだ火薬が爆発し、家を失ってしまうハクメイとミコチ。友人のセンが家を作ってくれることになるものの一晩明かさなくてはいけなくなった二人は野宿をすることにする。ミコチは空に広がる満点の星に野宿の良さを知るのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第3話『星空とポンカン と 仕事の日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第7話『樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真』)のあらすじと感想・考察まとめ

以前、家を爆発させてしまったハクメイとミコチは改築を友人のセンに頼んだ。しかし、センは二人に黙ってミコチの家である楠にいくつも部屋を作っており、それを見つけて沢山の住人が勝手に住みついていたのだった。勝手に増えた住人達を嫌がるミコチだったが、ハクメイも元はと言えば突然増えた住人であったことを思い出すと彼らと仲良くしようと思うのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第7話『樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第9話『水底のリズム と 凝り性の染め物』)のあらすじと感想・考察まとめ

研究者のセンは音で動く潜水艇の潜水実験に協力して貰う為に吟遊詩人のコンジュを呼ぶ。しかし、気難しい変わり者のセンと、明るく陽気なコンジュはお互いに反発し合いギスギスした空気になってしまう。さらに水底で潜水艇は動かなくなってしまった。明るい歌で潜水艇が動くことが分かったセンは、コンジュと共に歌い無事に地上に戻ったのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第9話『水底のリズム と 凝り性の染め物』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第4話『仕事の日2 と ミミズクと昔話』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 新築祝いにミコチの家に来たコンジュは、ミコチが人気店である夢品商店に商品を卸していることを知る。夢品商店の常連であったコンジュはミコチの仕事を手伝うことにした。しかし、コンジュはミコチの家に鍵を忘れてしまい家に入れなくなってしまうのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第4話『仕事の日2 と ミミズクと昔話』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第8話『長い一日』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイとミコチは「なんでもあり」がモットーの蜂蜜館の新参と古参の争いに巻き込まれてしまう。蜂蜜館の現主人ヒガキはこの争いを止める為に、ハクメイとミコチの力を借りて魔法の酒である先代主人ウカイの蜂蜜ジュレップを完成させる。魔法の酒は新参と古参の仲直りのきっかけを作り、両者は仲良く宴会を楽しむのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第8話『長い一日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents