機動警察パトレイバー(Mobile Police Patlabor)のネタバレ解説まとめ

「機動警察パトレイバー」は、1988年にリリースされたオリジナルビデオアニメーション(OVA)と少年サンデー誌上での漫画版の連載開始から始まった、メディアミックス・コンテンツの先駆け的タイトルである。
作業用のロボットが需要により暮らしの日常の風景にまで普及した1999年の東京が舞台で、主人公の新米女性警官・泉野明(いずみ のあ)が同僚の仲間たちと共に悪戦苦闘しながら、警察に導入されたロボット部隊の搭乗者のひとりとして日々巻き起こる事件と出来事の数々に立ち向かう様を描いた物語。

概要

ゆうきまさみ・伊藤和臣・出渕豊・高田明美・押井守の五人が結集し、「ヘッドギア」のチーム名を名乗って精力的に創作した、アニメ作品を中心としたメディアプロジェクト。
シリーズの開始は1988年からで、そこから媒体展開として、初期OVA(各話30分全7巻)、漫画版(全22巻)、劇場版一作目、TVアニメ版(全47話)、初期OVAとは別にTV版の続きを描いた新OVAシリーズ(30分全16巻・TVアニメ版の音声リニューアル版が同時収録)、劇場版二作目、FCディスクシステム・ゲームボーイ・PCエンジン・PS1のゲーム五作、伊藤和臣・横手美智子・押井守のそれぞれ三人の執筆者による小説版、劇場版三作目及び併映短編アニメ、主役陣を一新した実写版、短編アニメーションまで、数多くの作品が発表されているのが特徴。

広く普及した作業用重機ロボット「レイバー」が存在する世の中で、そのレイバーを犯罪に用いたりして人々に被害をもたらす事件・事故を取り締まるために活躍する警察のパトロール・レイバー=パトレイバー隊が題材。

基本的に主人公・泉野明と主役ロボット「イングラム」の存在、同僚たちとの関係の大まかな骨子は共通であるが、媒体ごとに描かれるストーリーやシナリオは異なる。
おおまかには初期OVA/小説版・劇場版・TVアニメ/新OVAのそれぞれはパラレルワールドの関係となっており、描かれ方は異なるものの、基本的には特車二課第二小隊を舞台に、レイバー隊のひと癖も二癖もある隊員たちが、普段の雑務から事件への出動、はたまた変わり種の出来事や珍事件の解決をしていくといった、主人公とその同僚たちのコミカルな日常がストーリーの基本となっている。
さらにはシリアスで深刻なエピソードやシナリオも劇場版や漫画版では描かれ、時には陰謀と相対したり、人間関係の生々しい情念、葛藤や苦難もを入り交えながら主人公たちが切り抜けていく様子が描かれる。
そんな幅広く硬軟織り交ぜた豊富なエピソードや、個性豊かな多数のメカデザインが活躍するメカ描写、一見コミカルなストーリーに見え隠れするハードリアルな設定と世界観、非日常的な日常の描かれ方、冴え渡った映像演出などの多くの要素が、重層的に視聴できる。

導入部のあらすじ・ストーリー

以下はパラレル関係にあるシリーズ各媒体でおおよそ共通の導入部である。
舞台は、製作開始時の現実の未来観から予想されて時間を進めた、1999年の日本の東京。
作品世界内の1995年に発生した東京沖大地震によって多大な被害を被った後の首都圏という設定で、東京湾を巨大な規模で埋め立てて将来の地球温暖化による海面上昇にそなえた大堤防の建設と、堤防内側の干拓によって莫大な面積の未開拓地を作り出し、今後の用地問題解決の両方を図る“バビロンプロジェクト”が実施中であった。
震災からの復興の際に出た未曽有の規模のガレキの処理も兼ねているこの巨大公共事業には、地震被害からの回復の時に投入されて活躍した「レイバー」と呼ばれる多脚歩行型汎用作業機、つまりロボットがさらに空前の規模で投入されて、急速なピッチで事業計画を前進させる原動力となっていた。

既存の重機の運用が困難な程に極めて劣悪な地形状況でも、通常の重機では水中の床面が低すぎて作業が難しいか不可能だった場所の場合も、半水没の状態で稼働できる性能と信頼性を誇るレイバー。
しかも熟練労働者の集中投入以上の高能率作業が可能なレイバーは震災復興需要による労働者不足も重なったことで事業になくてはならない存在となった。
需要に後押しされた幅広いメーカー各社が競って研究と開発を繰り広げることによって、日進月歩の性能と能力の進化を伴いながら、レイバーは急速に発展と普及が進んでいた。
レイバーの活躍は日常の風景の一部と呼べるまで浸透し、特に東京では、街角でレイバーの姿を見ない日は一日として無いと言えるまでに日々広く稼働する毎日が訪れていた。

だが、ここで弊害がもたらされた。「レイバー犯罪」の出現である。
乗り込んで動かすには起動ディスケットと呼ばれる始動キー代わりのディスクメディアが必要であり、レイバーの移動や稼働現場への搬入出には届け出が必要な上、さらに運転時間の実施スケジュールも官庁による定時点検が入るなど、厳密な運用規則が国主導の規制でされているのであった。
だが、搭乗する人間の操縦や素質、思惑次第で、乗り込んで操縦する形態が基本のロボットであるレイバーは時として不慮の事故が起きたり、さらには人為的な事件までもが起きてしまっていた。

しかもレイバーは生身の人間からすると巨大で莫大なパワーがあるために通常の警察力では対処が困難で追いつかず、もたらされる被害は時として莫大かつ甚大であった。
ATM強盗、酔っ払い運転、労働者間のケンカによるレイバー同士の格闘事案や単なる操縦ミス、はたまた無免許運転…このような事件であっても解決は困難を極めた。
その上、犯行・事件現場周辺を含めた都度の被害はケタ違いに計り知れないものとなり、発生頻度はレイバーの稼働数の増加と相乗して急激にますます増え続けるばかりであった。
これらは減ることは一切なく、日常的に常態化していた。
さらに、バビロンプロジェクトの成功とは東京湾が大きく消滅する程の空前の規模の大規模干拓という事を意味しており、これを環境破壊行為とみなし、大小問わずの暴力行為や破壊活動、要人の暗殺までもを行って強硬に反対する過激な環境派テロリスト集団「地球防衛軍」及び「海の家」他諸派の勃興も、社会情勢の不安化のそれに拍車をかけた。
盗難などの手口によって彼らの手にレイバーが渡り、重大なテロ事件の犯行に用いられる場合さえもが頻発するようになっていた。

このような事態に直面するに至り、バビロンプロジェクトの実施地区に掛かることから日本でレイバーの稼働数がもっとも多い東京の警視庁は組織内にパトロール・レイバー隊を編成。この一連の推移への本格的な対処とした。
これが通称「パトレイバー」の誕生である。

しかし、困難はここから始まった。
部隊新設に当たって、とりあえずの第一手として中古のレイバーを製造メーカーの協力により装甲強化をするなどのチューンナップを施した上で配備したはいいものの、たった数年を経ずにレイバーの技術は長足の進歩を遂げて相対的に旧式化。
配備当初から元々力不足と評されていたのを精鋭の運用員たちの不断不休の努力によりなんとか補ってきたが、警察の保有するレイバーの能力自体が、まったく性能が追い付かなくなって、これ以上の対処は現実的に困難となってしまったのである。
しかも増え続けるレイバー犯罪の増加数に、三機運用の一個小隊のみが設けられただけのままの当初以来の編成では、今後のレイバーの性能発展の展望を見こした場合、とてもではないが御しきれる事態では無くなっていくのが予期された。

この喫緊の課題を受けて、警視庁はレイバー製造メーカー「篠原重工」との協力のもとに、今までにない高性能な警察専用の新型レイバーを納入してもらい、これを配備することで今後の事態へも弾力的に対応可能とすることとした。
この新型レイバーはアドヴァンスド・ビークル、通称「AV計画」の一環として開発されることとなり、これは篠原重工が構想を進める次世代の普及型レイバー開発の為の基礎技術整備と次なる技術発展のための多岐にわたる経験値取りを、警察でそのデータ収集も兼ねた自信作の機体を稼働運用してもらうことで一挙に得ようというのがその目論見である。
このため、このAV型レイバーに掛かった甚大な開発研究費に対して、未だに目が眩むほどの極めて高価なレベルの納入価格とはいえ、相当に割り引いた導入コストで警視庁は新式レイバーを装備化することが出来たのである。

警視庁レイバー隊も、新たに第二小隊を設けてレイバー中隊化、特車二課としてさらに組織強化が図られた。
新型レイバーは、常温超電導式リニア・アクチュエータと呼ばれる駆動原理を全身機構に適用したことによる高い汎用性と運動性能及びパワーの獲得により、従来例ではほぼ無かった完全な人型構造を実現。さらに見る者に対する心理的な影響までもを考慮して開発が進められた事が相乗して、今までのレイバーには無かったヒロイックな外見に設計と製造がなされた。
こうして完成した98式AVレイバー・イングラムもこの第二小隊へと配備が決定され、そのイングラムの乗員となった予備校上がりのレイバー好き新米婦警・泉野明とその同僚たちを中心に、物語は展開されていくのである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ガンダム・バルバトス(Gundam Barbatos)の徹底解説まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイガー・アンド・バニー、T&B、タイバニ)のネタバレ解説まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

人狼 JIN-ROH(Jin-Roh: The Wolf Brigade)のネタバレ解説まとめ

『人狼 JIN-ROH』とは、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の押井守が原作・脚本を担当し、「ももへの手紙」の沖浦啓之が監督した1999年制作の長編アニメ。治安部隊の青年が反政府ゲリラだった女性と出会い、愛と使命の狭間で苦悩する、人間ドラマに重点を置いた作品。実写とみまがう、きめ細かい演出と映像表現が光り、世界の国際映画祭でも注目を浴びたアニメーション。

Read Article

夏色キセキ(Natsuiro Kiseki)のネタバレ解説まとめ

『夏色キセキ』は2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ。 2009年の結成当初から温められていた寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による声優ユニット「スフィア」の4人を主演にしたアニメの企画が実現したもので、静岡県下田市に住む女子中学2年生4人の日常と、御石様と呼ばれる願い事を叶える不思議な石の力によって巻き起こる「キセキ」が描かれている。 作品の舞台となった下田市民からは作品終了後も愛されており、キャラクターの誕生日が近付くと「誕生日会」と銘打ったオフ会イベントが行われている。

Read Article

機動戦士ガンダムUC(Mobile Suit Gundam Unicorn)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(るろ剣)のネタバレ解説まとめ

和月伸宏によって1994年から1999年まで週刊少年ジャンプで連載された漫画作品、およびそれを原作とするアニメ、映画。明治時代を舞台に、幕末最強の人斬りと恐れられながら、不殺(ころさず)の誓いを立て人々を守る抜刀斎こと緋村剣心や仲間たちの戦いを描きます。幕末から明治に至るまでの時代の混乱もまた断片的に、かつ克明に描かれました。

Read Article

機動戦士ガンダム00(Mobile Suit Gundam 00)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム00とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

坂本ですが?(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び2016年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 2014」にてオトコ編第2位を獲得し、放送前から話題を集めた。アニメでは緑川光や石田彰など多数の有名声優が起用されている。挙動が全てスタイリッシュでクールな高校生「坂本」が、周りを翻弄するほどの完全無欠な日々を過ごすギャグ作品。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュR2(Code Geass: Lelouch of the Rebellion R2)のネタバレ解説まとめ

サンライズ制作によって放送されたダークヒーローアニメの続編。現実とは異なる世界線で、母国に捨てられた皇子・ルルーシュが、テロリストの仮面をかぶり、”ギアス”という名の超能力を駆使して復讐劇を開始する。だが前章にて、ルルーシュは親友だったはずの男に売られ、記憶を失ってしまった。彼が記憶を取り戻し、野望を現実にした時、世界はかつてない変革を迎える。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)のネタバレ解説まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

コードギアス 亡国のアキト(Code Geass: Akito the Exiled)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム』でお馴染みの赤根和樹(あかねかずき)が監督を務め、2012年〜2016年にかけて劇場公開されたSFロボットアニメ。世界の3分の1を支配する大国・ブリタニア帝国に祖国を奪われた日本人の少年少女たちは、遠く離れたヨーロッパの地に流れ着き、尚も過酷な戦争に身を投じていく。

Read Article

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、1年戦争当時、東南アジアのジャングル地帯でジオン軍の開発する新兵器を巡る攻防と、それに関わる若き連邦士官とジオン軍女兵士との関係を描いた外伝作品。 ビデオ11作と完結編で構成されており、1996年から1999年にかけて発売された。陸戦が主体で、リアルな戦場を描いた作品であるとともに、戦時下の兵士の苦悩を描いている。ガンダムシリーズには珍しく、特別なガンダムが活躍する話ではない。

Read Article

機動武闘伝Gガンダム(Mobile Fighter G Gundam)のネタバレ解説まとめ

機動武闘伝Gガンダムとは、1994年より地上波で放送されたテレビアニメ作品。 未来世紀60年、スペースコロニー間の代理戦争として行われるガンダムファイトを戦う、ファイターたちの成長を描く。 ガンダムシリーズの監督である富野由悠季以外の手によって製作されたアニメで、従来とのシリーズ作品との繋がりはなくなっている。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Zガンダム』へと続いていく。

Read Article

男子高校生の日常(Daily Lives of High School Boys)のネタバレ解説まとめ

「男子高校生の日常」とは山内泰延によるギャグ漫画、及び2012年にサンライズで制作されたアニメーション作品。2013年には実写映画化もされた。男子高校生たちの日常生活の中で起こるギャグを描いた作品。また男キャラに負けない存在感と力強さを持った女子高校生達も登場する。主人公のタダクニに入野自由、タダクニの友人ヒデノリとヨシタケに杉田智和と鈴村健一などベテラン声優が数多く出演している。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

マリア様がみてる(マリみて、Maria Watches Over Us)のネタバレ解説まとめ

『マリア様がみてる』とは、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。アニメ第一期の放送時期は2004年1月7日〜3月31日。 舞台は私立リリアン女学院。リリアンでは生徒を導く生徒会を「山百合会」という。 ある日、福沢祐巳は山百合会の会員である小笠原祥子に「姉妹(スール)」になってほしいと申し込まれる。わけがわからぬ内に、祐巳の学院生活は大きく動き出すことになった。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED(ガンダムシード、Mobile Suit Gundam SEED)のネタバレ解説まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュ(Code Geass: Lelouch of the Rebellion)のネタバレ解説まとめ

ロボットアニメで有名なサンライズ制作のもと、2006年~2007年にかけて放送されたダークヒーローアニメ。舞台は現実と異なる世界線を辿った架空の世界。超大国ブリタニアに捨てられた元皇子・ルルーシュが、「ギアス」という名の超能力を手に入れた事から始まる、母国への反逆劇を描く。

Read Article

幕末Rock(Samurai Jam -Bakumatsu Rock-)のネタバレ解説まとめ

「幕末Rock」とは、2014年に発売された音楽ゲーム、及びそれを題材としたアニメ・舞台作品。舞台は幕末、幕府の作る天歌(ヘブンズソング)以外の音楽を禁止されていた。ロックを愛する主人公「坂本龍馬」は「高杉晋作」「桂小五郎」、そして序盤は敵であった新撰組の「沖田総司」「土方歳三」の五人でバンドを組み、時代に革命を起こす。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

新機動戦記ガンダムW(Mobile Suit Gundam Wing)のネタバレ解説まとめ

『新機動戦記ガンダムW』とは、サンライズ制作の『ガンダムシリーズ』のテレビアニメ。物語の主軸は戦争であるが、本作ではコロニーを支配するためにOZがめぐらす戦略やガンダムに乗るパイロットたちをめぐる人間性と様々な葛藤も描かれている。また日本、西洋、中東、アメリカ、中国をイメージした5機のガンダムが登場し、それぞれのガンダムパイロットの5人全員が主人公役扱いになっている。

Read Article

スクライド(s.CRY.ed、s-CRY-ed)のネタバレ解説まとめ

監督・谷口悟朗、脚本・黒田洋介によるサンライズ制作のオリジナルアニメーション作品。2001年7月4日から12月26日まで放送され、熱いストーリー展開で人気を博した。アルター能力者であるカズマが好敵手である龍鳳や多くの敵との戦い、さらには本土からの刺客との激戦を繰り広げる能力バトルアニメである。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(Mobile Suit Zeta Gundam)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

機動戦士ガンダムF91(Mobile Suit Gundam F91)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダムF91は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズである「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガードとの戦いを描く。 「人は、いつ戦争を忘れることが出来るのか?」がキャッチコピーとしてつけられた。

Read Article

BAKUMATSU(第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

桂小五郎と高杉晋作は、京の町の人達を監視しているからくり人形の秘密を探る為、新撰組への潜入作戦を立てた。桂小五郎は、無事入隊試験に合格し、新撰組への潜入に成功する。近藤勇によって明かされる新撰組の過去。 無事巨城スサノオの見取り図を入手した桂小五郎は、高杉晋作と連携しながらからくり人形の秘密に迫る。 今回は「BAKUMATSU」第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

長州志士・高杉晋作は、桂小五郎と共に伝説の秘宝を幕府海軍から奪い去ろうと目論む。「刻(とき)を操る」と言われる伝説の秘宝を我が物にし、天下を手中に収めようとする徳川幕府に対して、「やり方ってもんがある」と憤る高杉晋作は秘宝を奪い、幕府の目論見もろとも秘宝をぶっ壊すと意気込む。 今回は「BAKUMATSU」第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』)のあらすじと感想・考察まとめ

からくり人形の秘密を探る為、新撰組に潜入した桂小五郎は巨城スサノオ内部に忍び込む事に成功する。しかし巨城スサノオの内部を探っていた桂小五郎は、沖田総司に素性を暴かれてしまう。沖田総司と斬り合いながらも巨城スサノオのからくり機械を壊した桂小五郎。しかし無限斎は、またもや時辰儀の刻(とき)を操る力により、からくり機械を壊す前へ戻したのだった。 今回は「BAKUMATSU」第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第2話『斬れ、高杉 アイのために!』)のあらすじと感想・考察まとめ

新将軍・無限斎を倒すべく巨城スサノオに進入した高杉晋作。無限斎は、時辰儀の刻(とき)を操る力を使って天下を手中に治めようとしていた。そんなやり方面白くないと立ち向かっていく高杉晋作。しかし無限斎の力は強大で返り討ちにあってしまう。一方、捕らわれていた徳川慶喜は山崎烝と御庭番の霞と雹の尽力により巨城スサノオを脱出するが、徳川に恨みを抱く武将真田幸村に命を狙われる。 今回は「BAKUMATSU」第2話『斬れ、高杉 アイのために!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオに侵入した際に見たからくり機械の仕組みの記憶を頼りに、鍛冶屋の女将に協力を仰ぎからくり人形の動きを抑止する機械を作り始めた桂小五郎と高杉晋作。一方、無限斎は、巨城スサノオから脱出して隠れていた徳川慶喜を抹殺する為に十二将の一人弁慶を刺客として放った。山崎烝は徳川慶喜から賜った刀で弁慶と戦う。 今回は「BAKUMATSU」第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』)のあらすじと感想・考察まとめ

無限斎に吹き飛ばされた高杉晋作は、桂小五郎と坂本龍馬、岡田以蔵と合流する。意見の食い違いにより決別する高杉晋作と坂本龍馬。高杉晋作は坂本龍馬との思い出を回想する。刻(とき)を操る力を使って時代を作り変えたい坂本龍馬は、高杉晋作と別れた後、独自に刻を操る力を持つ青年・晴明を捜索する。そこに現れた晴明の姿を装った十二将松尾芭蕉。坂本龍馬と松尾芭蕉の戦いが始まる。 今回は「BAKUMATSU」第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオへ物資を運んでいる蒸気機関車の偵察に来た高杉晋作と桂小五郎。高杉晋作は一刻も早く蒸気機関車を破壊しようとする。そこに沖田総司が現れ、逃げる二人は走り出した蒸気機関車に乗り込む。蒸気機関車の中には、ある物を護衛する土方歳三が居た。土方歳三に蒸気機関車の外に蹴り出された高杉晋作は、機関車の後を追いかけていた坂本龍馬達と合流し、桂小五郎の救出に向かう。 今回は「BAKUMATSU」第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BAKUMATSU』とは、大人気恋愛ゲームシリーズ「恋愛幕末カレシ~時の彼方で花咲く恋~」を原案としたアニメオリジナルアニメ。主人公高杉晋作は、「刻(とき)を操る力」を持つ伝説の秘宝「刻辰儀(じしんぎ)」によって巨城スサノウが君臨する「もうひとつの幕末」に導かれる。仮面の将軍・無限斎が支配する世界で熱き心をもった男たちの戦いが始まる。

Read Article

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91(Mobile Suit Gundam F91)は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と武装集団クロスボーン・バンガードの戦いを描く。 シリーズの代名詞である人型兵器モビルスーツも、作品の見どころのひとつとして挙げられる。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

機動戦士ガンダムUCのモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、重要機密であるラプラスの箱を巡る戦いに巻き込まれた少年の葛藤と成長を描く。 緻密に練り込まれた物語もさることながら、戦闘シーンも見所の一つであり、それを彩る兵器であるモビルスーツ、モビルアーマーも幅広い層から人気を集めている。

Read Article

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(るろ剣)の技まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による漫画作品である。集英社の週刊少年ジャンプにて1994年~1999年にかけて連載された。アニメ化・実写化・ミュージカル化もしており、連載終了から15年以上経った今でもファン達に愛されている。 主人公である緋村剣心が使用する、弱者を守るための暗殺剣『飛天御剣流』や、宿敵・志々雄真実の『秘剣』など、作中に登場する技のまとめ。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

機動戦士ガンダム0083のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム0083(Mobile Suit Gundam 0083)は、OVAとして発売されたアニメ作品である。1991年より全13話が発売、1992年にはOVAを編集した総集編が劇場公開された。地球連邦軍と、ジオン軍残党デラーズフリートとの戦いを描く。シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」と「機動戦士Zガンダム」の間をつなぐ物語として制作され、両者の空白の期間を埋めるものとなっている。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフまとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフまとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)の名言・名セリフまとめ

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。女神アクアは悩むカズマに、異世界で魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。 本作の見どころの一つである独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

Read Article

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)の名言・名セリフまとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメにとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフまとめ

明治時代を舞台に幕末の人斬り緋村剣心の生き様を描く時代劇漫画。宿敵志々雄誠との死闘を描いた「京都編」では、少年漫画の王道である「正義は勝つ」というセオリーに対し「勝負に勝った者が正義、というのは正しいのか」という疑問を読者に投げかけた。様々な信念を持って生きる魅力的なキャラクターたちが残した名言は少年漫画ならではの「かっこよさ」に留まらず「正義とは何か」を考えさせるものも多い。

Read Article

劇場版 亡国のアキト 第3章 ~輝くもの天より堕つ~ あらすじ&見所まとめ

訳あって生命力みなぎる老婆達に扱き使われる事になり、つかの間の平和な日常を過ごすアキト達。 一方でユーロ・ブリタニアに到着した謎の軍師キングスレイはE.Uに対して「ある作戦」を実行しようとしていた。 日常パート有り、アクションシーン有りで、シリーズ中でもかなりオススメの章です。

Read Article

目次 - Contents