ファイナルファンタジーXIV(FF14)のトラウマまとめ

『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。2013年に「新生FF14」としてサービスが再開し、2つの追加ディスクを販売した。5年以上にも渡る歴史の中には幅広い世界観とそれに紡がれるシナリオによるあらゆる出来事があり、その中にはプレイヤーにとってトラウマとなったものもある。この記事ではそれらを紹介していく。

『ファイナルファンタジーXIV』の概要

『ファイナルファンタジーXIV』とは、株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。
ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたり、2010年にリリースされるもゲーム内容の不評により一度サービスを終了し、その後、2013年に「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」として新生した。
新生時の正式タイトルは「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」であったが2つの拡張ディスクを経て「ファイナルファンタジーXIV:オンライン」が正式タイトルとなった。

2017年2月時点で「MMOで最も長いエンドロールを持つタイトル」「ビデオゲームで最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つタイトル」の2つのギネス世界記録に認定された。
その内、後者に関しては、同年6月に追加ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」が発売されたことで更に記録を伸ばした。

2017年にはFF14のとあるプレイヤーを題材にしたテレビドラマ「光のお父さん」がTBS系列で放送。
これはスクウェア・エニックスの主導で制作したものではなく、とあるユーザーのプレイングブログを元にスクウェア・エニックスの認可を得てドラマ化したものである。

プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を旅をする。
「蛮神」(召喚獣)の召喚騒動の背景に潜む、ハイデリンの破壊を標榜する集団「アシエン」の暗躍、ガレマール帝国によるエオルゼアの侵略など様々な危機を乗り越え、惑星ハイデリンを破滅から守ることを最終目標に全体的なストーリーラインが展開していく。

2015年に発売された拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」で展開されるストーリーでは、皇都イシュガルドで繰り広げられる邪竜ニーズヘッグ率いるドラゴンとの1000年間の戦争を終結させていく話となっている。
2017年に発売された拡張ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」では、ガレマール帝国に侵略されたアラミゴ地方が舞台となる。ストーリーの要である「アジエン」との関わりが薄いものの、エオルゼアという地方を語る上では重要な話が散りばめられている。
「新生エオルゼア」「蒼天のイシュガルド」「紅蓮の解放者(リベレーター)」ともに重厚なシナリオが展開され、どれもプレイヤーの評判は良い。

キャラクターにまつわるトラウマ

エッダちゃん

プレイヤーにとって初めてのダンジョンである「サスタシャ侵食洞」の前で遭遇するNPC。
婚約者であるアヴィールをリーダーとし仲間2人との4人でパーティを組んでいる。
プレイヤーと同じくサスタシャ侵食洞に挑んだエッダたちだったが、功を焦ったアヴィールがダンジョンで命を落とし、パーティは喧嘩別れする形で解散してしまう。その後、エッダはなんと遺体から切り落としたアヴィールの首を持ち歩いていることが判明する。しかしその後はシナリオに再登場せず、エッダの行方はわからないままとなっていた。

「生首を持ち歩く」という、常軌を逸している行動の時点で十分にプレイヤーにトラウマものの衝撃を与えているエッダだが、2014年7月に実装のクエスト及びダンジョンにて再登場する。そのクエストでは、「結婚式をする」という彼女の出した一通の手紙を元に、その行方を追うことになる。
結婚式をすると手紙に書いてあった場所は「タムタラの墓所」と呼ばれるダンジョン。プレイヤーはエッダの仲間であったパイヨ・レイヨと一緒にタムタラの墓所へと向かうことになる。
その道中では、まるで生きているもののように「アヴィールの首」に話しかけるエッダの手記が残されていた。手記には、「アヴィールが囁くので、愛する彼のために「身体」を探す」という内容が書かれ、手記の記述は徐々に狂気を帯びていく。
ダンジョンの最深部では「私とアヴィールを祝福するために、みんなが贈物を持ってきてくれたのよ!あなたが気にかけていた冒険者も、ほら!とっておきの身体を持ってきてくれたわ!」とアヴィール(の生首をベースを元に、タムタラの墓所内に安置された遺体やあたりを漂う魂を寄せ集めた化物)に話しかけるエッダの姿があった。

この一連のクエスト「惨劇霊殿 タムタラの墓所」の内容はプレイヤーに壮絶なトラウマを与えた。
エッダが「婚約者の生首を持ち歩く」という衝撃の行動をした時点でプレイヤー間では十分話題のネタに話されていたのだが、そのエッダが残した狂気に満ちた手記の内容や、タムタラの墓所のおどろおどろしい雰囲気、そして最深部でのエッダとアヴィールの様子といったあらゆる要素がプレイヤーに強烈な恐怖を刷り込んだ。
「惨劇霊殿」の実装時期が7月であったため、「吉田(FF14のプロデューサー兼ディレクター)からの肝試しだ」とも言われた。

エッダの幽霊?

FF14の舞台であるエオルゼア地方の主要な都市「ウルダハ」「リムサ・ロミンサ」「グリダニア」に登場するという謎のNPC。

3都市のいずこかに現れ、3秒ほどで消える。
なにか台詞を発するわけでもなく、また話しかけることもできない。
容姿がエッダに似ているため、「エッダの幽霊」とされている。
しかし「エッダの幽霊」と明言されているわけでもなく、後のパッチで実装された「惨劇霊殿」にてエッダが生きていることが示され、さらにその後のパッチにて「惨劇霊殿」の後のエッダのストーリーが語られたため、「エッダの幽霊である」と確定できる要素はない。

謎、かつ不気味な存在であるため、ホラー系が苦手なプレイヤーにとってはトラウマのようなものとなっている。
出現が場所、時間ともに不定であるため、不意に遭遇してしまい「出たぁあああ!!」と悲鳴をあげるプレイヤーもいる。

ミンフィリア

ミンフィリアとは、蛮神(召喚獣)対策組織である「暁の血盟」のリーダーの女性。
普段はベスパーベイにある「砂の家」におり、各地に散らばって活動する仲間たちを支援している。

プレイヤーもシナリオ上でこの「暁の血盟」と協力していくことになり、ベスパーベイにある「砂の家」に通うことになる。
しかし、ベスパーベイは交通の便が悪く、近くの町にファストトラベルして、さらにそこから徒歩で歩かねばならないという立地のところにある。
シナリオで区切りがつくたびに「今の状況を報告してくれる?」と呼び出され、彼女がいる砂の家があるベスパーベイまで行かされることになる。
この時の呼び出しの台詞である「もしもし、私、ミンフィリアだけど」という言葉は、プレイヤーたちにとってトラウマのようなものとなっている。

プレイヤーからは「もしミン」などと呼ばれており、この台詞は公式の生放送でもたびたびネタにされる。

シナリオにまつわるトラウマ

イシュガルド戦勝祝賀会

鎖国していたイシュガルドが開国したことで、数百年ぶりにエオルゼア全体が力を合わせ、脅威に立ち向かったことを記念した祝賀会が開かれていた。
その祝いの場でウルダハの女王ナナモの暗殺騒動が発生、プレイヤーが暗殺の容疑をかけられることになる。
実際に暗殺の指揮を取ったのは、王政から民主制に移行しようとしたナナモに反発したテレジ・アデレジであり、プレイヤー、ひいては「暁の血盟」はテレジ・アレデジに陥れられたのである。
そして、その暗殺の実行犯となったのは、「暁の血盟」が立ち上げた組織「クリスタルブレイブ」の一団員、イルベルドであった。

傀儡状態となっている女王、押し寄せる難民とウルダハ住民の軋轢と以前から揉め事が多く、「これからきっと一騒動あるな」とプレイヤーたちに思われていたウルダハ王政はともかく、仲間としてみてきたイルベルドの裏切りはプレイヤーに衝撃を与えた。
ナナモが毒入りのワイン(ワイン自体はプレイヤーからの差し入れによるもの)を飲んだことで「プレイヤーがナナモに毒を飲ませた」と暗殺疑惑が浮上。にこやかな青年だったイルベルドが悪役そのものの顔で「(ワインに毒を盛って)ナナモ陛下を殺したのは俺だ」と言い放つシーンからの、ナナモの副官ラウバーンの左腕が切り落とされるシーン、そしてあらぬ疑いをかけられ追求されるシーン、プレイヤーを逃がすために足止めに残っていく仲間たちのシーンと衝撃の展開が続く。この一連のウルダハ動乱のシナリオは、パッチ2.0シリーズの締めとなるシナリオであり、以降は追加ディスク「蒼天のイシュガルド」に続く。
この一連の暗殺騒動のため、プレイヤーたちは以降のシナリオで「キャラクターが飲み物を飲む」というシーンを見ると「また毒入りか!?また暗殺容疑をかけられるのか!?」と異様に警戒するようになった。

ただ盟友のために

オルシュファンはパッチ2.0シナリオから追加ディスク「蒼天のイシュガルド」に登場するキャラクター。
邪竜ニーズヘッグ率いるドラゴン族と1000年続く戦争(竜詩戦争)をしている皇都イシュガルドの最前線「キャンプ・ドラゴンヘッド」の砦の指揮者である騎士。
先述のウルダハでのナナモ暗殺騒動で追われる立場となった追われる立場となったプレイヤーをかばい、自らが管轄するキャンプ・ドラゴンヘッドにかくまってくれた。

竜詩戦争を終結させるため、教皇トールダンは蛮神ナイツ・オブ・ラウンドを召喚しようとしていることがストーリーで判明する。
プレイヤーはナイツ・オブ・ラウンドの召喚を阻むためトールダンのいる教皇庁に乗り込み、トールダンの後を追う。
そのプレイヤーの背中をトールダン付きの騎士が構えた光の槍(スピア・オブ・ハルオーネという技)が狙っていた。「危ない!」とプレイヤーを庇ったオルシュファンは光の槍に貫かれて死亡する。

オルシュファンは「新生エオルゼア」のメインストーリーの主軸には関わらない端役であり、筋肉が好きという性格から一部のプレイヤーに妙な人気を得ていた。
そのオルシュファンは追加ディスク「蒼天のイシュガルド」でのシナリオでメインキャラクター化。様々なイベントシーンで見せ場を作り、プレイヤーからの人気はうなぎ登りであった。
プレイヤーからの好感度が最高潮に達したであろうタイミングでこの死亡シーンである。オルシュファン死亡という事実にショックを受けて引退するプレイヤーが続出した。

ダンジョンにまつわるトラウマ

城塞攻略 ストーンヴィジル

ストーンヴィジルはFF14のダンジョンのひとつ。
このダンジョンは、マップ下部から上部の広間へ向けて蛇腹状の通路を歩き、攻略していくルートとなっている。
小部屋や通路に2~3体で固まっているモンスターの群れの他に、ダンジョン内を一定のルートで巡回しているモンスターがいる。
この巡回モンスターは一回り強いステータスをしており、モンスターの群れと戦っている最中に乱入されると手こずるため、群れとは別に1匹ずつおびき寄せて倒さねばならない。
このおびき寄せることを「モンスターを釣る」というのだが、ストーンヴィジルはこの「モンスター釣り」の活用が重要となるダンジョンである。

hayasaka_sacas1
hayasaka_sacas1
@hayasaka_sacas1

Related Articles関連記事

クソゲーだったFF14が作り直しを経て新生エオルゼアとして生まれ変わるまで

クソゲーだったFF14が作り直しを経て新生エオルゼアとして生まれ変わるまで

ネットワークを通じて多くの人々がコミュニケーションを取り、広大な世界を冒険するMMORPGとしてサービスを開始した「ファイナルファンタジーXIV」。大人気MMORPGとしてその名が知れ渡るまでの道は、けして順風満帆ではなかった。一つのゲームを、まるまる「作り直す」という異例の取り組み。大人気RPGの世界が「新生」し、注目を集めるまでの経緯について解説。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「大迷宮バハムート」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「大迷宮バハムート」のネタバレ解説まとめ

「大迷宮バハムート」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:大迷宮バハムート」としてシナリオが展開される。ストーリーは旧FF14から新生FF14に至るまでの間にあった大災害「第七霊災」の真実に絡む内容であり、他のシリーズ物コンテンツとくらべてもプレイヤーから高い評価を受けている。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「機工城アレキサンダー」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「機工城アレキサンダー」のネタバレ解説まとめ

「機工城アレキサンダー」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:機工城アレキサンダー」としてシナリオが展開される。通常難度のノーマル版、そしてエンドコンテンツである高難度版「零式」の2つの難度があり、ストーリーを楽しみたい人はノーマル版だけをプレイし、エンドコンテンツを楽しみたい人は零式版に挑戦できるようになっている

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FF14)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーXIV(FF14)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ファイナルファンタジーXIV』とは、株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたる。プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を救っていくストーリーとなっている。その話の中で個性あふれるキャラクターたちが名言を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FF14)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIV(FF14)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「クリスタルタワー」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「クリスタルタワー」のネタバレ解説まとめ

「クリスタルタワー」とは、FF14内に実装されている24人レイドダンジョン・インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:クリスタルタワー」として、突如出現した謎の塔、クリスタルタワーにまつわるシナリオが展開される。ダンジョンのフィールドや敵、シナリオに登場するキャラクターなどはFF3をオマージュしており、FF3愛好者には嬉しいものとなっている。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「シャドウ・オブ・マハ」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「シャドウ・オブ・マハ」のネタバレ解説まとめ

「シャドウ・オブ・マハ」とは、FF14内に実装されている24人レイドダンジョン・インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:シャドウ・オブ・マハ」として、古代に栄えた都市国家マハにまつわるシナリオが展開される。FF12やFF9などを題材にしたオマージュが散りばめられており、既プレイヤーにはニヤリとする内容となっている。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FF14)のクラス・ジョブまとめ

ファイナルファンタジーXIV(FF14)のクラス・ジョブまとめ

FF14のクラス・ジョブシステムは、特定の「クラス」をある程度習熟することで対応する「ジョブ」に至る道が拓け、さまざまなアクションが修得できるようになるというシステムである。 戦闘用のクラス・ジョブはそれぞれ「タンク」「ヒーラー」「DPS」の3つのロール(役割)に大分されており、クラス・ジョブごとにできることが異なる。

Read Article

オルシュファン(ファイナルファンタジーXIV)の徹底解説・考察まとめ

オルシュファン(ファイナルファンタジーXIV)の徹底解説・考察まとめ

オルシュファンとは、FF14に登場するキャラクターの一人。最初はメインストーリーにおける端役の一人だったが、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でのシナリオによりメインキャラクター化し、プレイヤーからの人気を得たキャラクターである。女性プレイヤーを中心に男性プレイヤーからも人気であるオルシュファンはFF14の代表的なキャラクターであるといえる。

Read Article

ヤ・シュトラ(FF14)の徹底解説・考察まとめ

ヤ・シュトラ(FF14)の徹底解説・考察まとめ

ヤ・シュトラとは、FF14に登場するNPCの1人。メインストーリー序盤では「神秘的な女性」として登場しプレイヤーと関わることになる。その後、名前が明かされた後は狂言回し役として重要な役割を果たす。他作品のキャラクターと差別化しやすい風貌もあるからか、歴代FF作品のキャラクターが集合するメディアなどではFF14代表キャラクターとして活躍する機会が多い。

Read Article

エスティニアン(FF14)の徹底解説・考察まとめ

エスティニアン(FF14)の徹底解説・考察まとめ

エスティニアンとは、FF14に登場するキャラクターのひとり。もともとはプレイヤーが竜騎士である場合にのみ発生するサブクエストに登場する端役だったが、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でメインシナリオの登場人物として抜擢された。2018年のさっぽろ雪まつりでは、エスティニアンを主人公とした雪像を陸上自衛隊が制作、プロジェクションマッピングで映像を投影し、作中での名シーンを再現している。

Read Article

ゼノス(FF14)の徹底解説・考察まとめ

ゼノス(FF14)の徹底解説・考察まとめ

ゼノスとはFF14に登場するキャラクターのひとり。拡張ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」パッチ4.0のメインシナリオにおいてラスボスをつとめる。世界統一を目指すガレマール帝国の現皇帝の息子であり、「紅蓮の解放者」の舞台であるドマ地方、アラミゴ地方を支配する。プレイヤーの前にも何度も立ちはだかり、プレイヤーを苦戦させた。

Read Article

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の裏ボス・隠しボスまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の裏ボス・隠しボスまとめ

裏ボス・隠しボスとはストーリー展開上は倒す必要の無いボスモンスターのこと。基本的に、知らずに挑めば一瞬で壊滅する強さを持っており、倒すためには対策を講じたり、レベルカンストなどプレイヤーキャラクターを強化したりする必要がある。 歴代ファイナルファンタジーシリーズにも裏ボス・隠しボスにあたるボスモンスターは存在しており、そのどれもが強力なモンスターである。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のラスボスまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のラスボスまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒロインたちは、強く美しく物語を彩ってくれる存在である。ヒロインたちは主役として、あるいはヒーローを支える存在として活躍する。時には恋をしたり、別離を経験したり、過酷な運命に立ち向かったりする。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 シリーズごとにリアルさを増していくそのビジュアルは他の追随を許さない。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のジョブまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のジョブまとめ

ファイナルファンタジーシリーズのジョブとは、プレイヤーが任意にキャラクターのジョブ(役割)を決定し、その能力をもってバトルやダンジョンを攻略していくシステムである。代表的なものにナイト、モンク、白魔道士、黒魔道士がいる。状況によってジョブを切り替えていくことをジョブチェンジといい、ジョブを取得、切り替えしていくゲームシステムをジョブシステムや、ジョブチェンジシステムなどと呼ぶ。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の歴代チョコボまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の歴代チョコボまとめ

チョコボとは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する二足歩行の架空の鳥で、シリーズを代表するマスコットキャラクターである。ゲーム中では乗り物として扱われることが多く、騎乗時のBGMであるチョコボのテーマ曲は様々なアレンジver.が存在する。チョコボはシリーズ毎に様々な種類が登場し、仲間になったり、召喚獣として登場したり敵として戦ったりもする。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の歴代シドまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の歴代シドまとめ

シドは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する名物キャラである。シドという名前だけは共通だが、シリーズ毎にその外見や年齢、設定などは異なる。また、『FF』シリーズに頻繁に登場する乗り物「飛空艇(飛行船)」に関わることが多いことでも知られる。ここでは『FF』ナンバリングタイトルの各シリーズ毎に、シドという人物について紹介する。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、1997年に発売されたFFシリーズの外伝的作品。FFシリーズ初のシミュレーションRPGである。苛烈な内戦の中で主要キャラクターが多く死亡する今作は従来のFFシリーズと毛並みが違っており、ファンを驚かせた。諸勢力が争う戦争に暗躍する謀略に巻き込まれ苦悩するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の魔法まとめ

ファイナルファンタジー(FF)の魔法まとめ

スクウェア・エニックスによって開発、発売されているファイナルファンタジーシリーズは2017年で30周年を迎える。タイトル数は合計87作品に及び、最多の作品数を有するRPGシリーズとして2017年にはギネス世界記録に認定されている。そんな長寿シリーズであるファイナルファンタジーには、数多の魔法が登場する。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジータクティクスアドバンス』(FFTA)は2003年に発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム。今作は、PS版『ファイナルファンタジータクティクス(FFT)』の移植や続編ではなく、新たに作られた作品である。 主人公マーシュは、ある日突然剣と魔法のファンタジーの世界へと変貌してしまった町へと迷い込んでしまう。彼は元の世界へ戻るため奮闘する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の歴代ビッグス&ウェッジまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の歴代ビッグス&ウェッジまとめ

ビッグス&ウェッジ とは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する2人組のサブキャラクター。『FF6』で初登場し、以降ほとんどのシリーズに脇役として登場している『FF』ファンにはおなじみのキャラクターである。ここではナンバリングタイトルごとのビッグス&ウェッジの活躍について紹介する。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア(FFTA2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア(FFTA2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア』(FFTA2)は、2007年に発売されたニンテンドーDS用シミュレーションRPG。2003年に発売された『FFTA』の続編。 主人公ルッソは終業式の日、図書室で1冊の古い本を読む。その本のページにルッソが自分の名前を書き込むと、彼は不思議な世界へと飛ばされてしまう。ルッソはこの異世界で冒険しながら元の世界へ戻る方法を探す。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FF4)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーIV(FF4)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ファイナルファンタジーIV』はスクウェア製作のRPGゲームである。 軍事国家バロンの暴走をきっかけに始まる物語は、地球と月の戦争という壮大なスケールに進展する。 シリーズ中でもストーリーが「重い」として有名であり、それはキャラの多くがそれぞれ悲惨な過去や、葛藤を背負っているためである。 それゆえに、キャラによる多くの名言がストーリーに厚みを持たしている。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のアビリティまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のアビリティまとめ

ファイナルファンタジーのアビリティシステム(ability system)とは、日本産RPGであるファイナルファンタジーシリーズ(FFシリーズ)に登場する、「コマンド」や「特性」をカスタマイズできる戦闘・育成システムである。 ファイナルファンタジーシリーズにおけるアビリティとは、そのジョブやキャラクターを特徴づける技のことを指し、アビリティによってキャラクターに個性を持たせることができる。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)とは、2003年に発売されたFFシリーズの外伝的作品であり、シミュレーションRPGである。 古本屋で見つけた古書にあった呪文を唱えたことで、田舎町は理想を反映した空想世界に変わってしまうというストーリー。キャクター個々のコンプレックスに焦点を当てたストーリーとなっており、プレイヤーの心を掴む台詞が多数登場している。

Read Article

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』とは、スクエアエニックスとAkatsukiが共同開発しリリースされた、iOS・android用スマホオンラインRPGである。 新しい命の全てを奪う『死食』復活に画策する魔王を阻み世界に平和をもたらすため、新8英雄(ポルカ、リズ、ゼノン、ヴァルドー、妖精ブラウニー、シン・ドゥ、マドレーン、イーヴリン)が集結。 閃きシステムによる育成の大変さはあるが、愛着を持って一つのスタイルを育てたり、戦術を練って戦いに挑めるところが最大の魅力だ。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII(FF13)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIII(FF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LRFF13)のネタバレ解説・考察まとめ

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LRFF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII-2(FF13-2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIII-2(FF13-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーX(FF10)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーX(FF10)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーX-2(FF10-2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーX-2(FF10-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

目次 - Contents