サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

「我々は人間の象徴といったはずだ。」「人間の心の中にある悪が私たちの正体」というブラックゴーストの本体が009に告げたのに対し、009が反論した言葉。
ブラックゴーストは「人間の心の中にある悪」の象徴である。たとえブラックゴーストという組織がなくなったとしても「悪」はなくならない。未来にはきっと戦いがなくなっているはずだと信じている009に対し、最終回にして009だけでなく見ている側にもすっきりとした最終回を与えず「人間を殺さない限り悪はなくならない」と叩きつけてくる。そんな絶望的とも思える言葉に対し、009は「人間は悪だけではない」と共に戦ったゼロゼロナンバーたちの顔を思い浮かべながら反論する。サイボーグという人間であるのに身体を機械にされ、戦いを余儀なくされた009たちは、人間が本来もつ「悪」に何度も振り回されてきた。それでも人間を信じようとする言葉が力強い。

ジョー、君はどこに落ちたい?

009を助けに来たものの、002の燃料も底をついてしまい、二人で地上へと落下する。大気圏に突入し、「君は、どこにおちたい?」と身体が赤く燃えていく002と009。

サイボーグ009の名言としてよくあげられている002のセリフ。誰もが魔神像の中に行ってしまった009を助けに行けないと絶望している中で002は魔神像へと向かって飛んでいく。最初は助けにいくつもりでいたが、009を見つけたころには、002の燃料も底をついてしまっていた。009に「僕のことはいいから君だけでも助かるんだ」と言われても「死ぬときも一緒だ」と返す。一本気で仲間想いの002の人柄がすべてこのセリフとシーンに集約されている。

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

005の設定について

原作に忠実である平成版サイボーグ009だが、いくつかの点において原作や第一作、第二作目の設定と違う点がある。その一つが005の設定である。
005こと「G.ジュニア」は平成版では「アパッチ族の酋長から名前を取っているのにモヒカン族の風習であるモヒカン刈りをしているのはおかしい」という理由から名前が「G・ジュニア」に改められたという経緯をもつ。原作では「ジェロニモ・ジュニア」という名前である。
またジェロニモ・ジュニアはインディアンとして差別迫害を受けて定職にもつけず、仲間達が民族のプライドを捨てて見世物じみた仕事についていることに怒り失望していた時に、ブラックゴーストに「仕事がある」と騙され、「インディアンに故郷はない もうどこにでも行くよ」といってついていき、サイボーグ手術されたという設定である。
平成版では差別的な描写に引っかかるため、「元々ある現場の作業員だったが、ブラックゴーストに丸め込まれた雇用主に解雇され連れて行かれた」と言う具合に変化した。

009と003の関係

作中ではお互いに意識し合っていることが見受けられる009と003であるが最後この二人が結ばれるということは確認できない。しかし原作では003は009と心を通わせ、自然と相思相愛の仲となり、将来的には子供を儲けていることが確認されている。

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の用語

ゼロゼロナンバー・サイボーグ

ブラックゴーストの未来戦計画の主力となるサイボーグ開発における試作品。さまざまなケースでの手術のデータを集めるため、実験用の人間として、異なる人種、年齢が揃えられた。そして各種状況下で発揮される能力をテストするため、異なる仕様で改造された。そのうち実験体コード001~004までは第二次世界大戦後に作られるが、当時のサイボーグ技術が未発達だったため、途中で断念。001~004は冷凍冬眠状態となり、長い眠りにつくことになる。9番めの009が開発された際、001~008までがブラックゴーストを裏切り、009である島村ジョーもそれにつづくかたちとなる。後続のナンバーを投入して抹殺を試みたがことごとく失敗し、ブラックゴーストにとって最大の敵となる。

黒い幽霊団(ブラックゴースト)

004曰く「規模の大きい死の商人」。武器や兵器を売り、争いのタネをまき散らす集団。サイボーグ戦士たちを生身の人間からサイボーグへと改造し「兵器の性能」を試そうとした。幽霊のように実態のつかめない敵で、内部にいたギルモア博士ですら本拠地がどこにあるのかよくわかっていない。世界戦争を画策し、混沌に陥れようとしている。裏切者には容赦なく、ゼロゼロナンバーたちのところに刺客のサイボーグを送り込むが、ゼロゼロナンバーたちを擁護するような動きを見せるとブラックゴーストを裏切ろうとしたとみなされ、自爆させる。
第48話では魔人像の中にある人間の脳をのせた3本の柱(総統)がブラックゴーストの本体であるとされている。ブラックゴーストとは人間の果てしない欲望の象徴であるとしており、ブラックゴーストを倒したとしても人間を殺さなければこの世から悪はなくならないと主張する。

第一世代

001~004までのサイボーグを指す。第二次世界大戦直後に作られたサイボーグであるが、当時サイボーグ技術が未熟で拒絶反応や皮下組織や神経細胞の変化に対応できず、40年間冷凍冬眠していた。005から009までの世代は第二世代とよばれることがあるが、第二世代のゼロゼロナンバー、ギルモア博士と共にブラックゴーストを脱出する際に冬眠状態から目覚めた。

ドルフィン号

009達がブラックゴーストからの脱出時に奪取した万能戦闘艦。ゼロゼロナンバーたちの移動手段として活用される。艦橋前部を収納し艦橋後部が前方にスライド、機体側面に収納された主翼を展開することで空中形態「ジェットモード」に変形可能。艦首部に小型ジャイロ飛行艇トルドー、艦底部に潜水艦にも変形する水陸両用車両ポーパス、内部に地中を掘削しながら移動できる特殊車両モングランを格納。内部には台所や医務室等の居住空間も完備されている。当初黒一色のカラーリングだったが、白と赤を基調としたものに塗り替えられた。名づけの親は003であり、コクピットにはイルカのアクセサリーが飾られている。『地下帝国ヨミ編』の終盤に、敵の攻撃により大破し沈没。ドルフィン号が沈没した後、地下帝国まではモングランがゼロゼロナンバーの移動手段となった。

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の主題歌

OP(オープニング):globe『What's the justice?』

平成版サイボーグ009 OP「What's the justice?」フルサイズ

ED(エンディング):globe『genesis of next』

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。 全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。 ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

『009ノ1』(ゼロゼロナイン・ワン、ゼロゼロクノイチ)とは、1967年8月より1974年11月まで週刊漫画アクションで連載された石ノ森章太郎のSFスパイ・アクション作品。原作は漫画で、それを元にした映像作品が制作されている。サイボーグの女性を主人公として、当時の国際情勢のまま東西冷戦が続いていたと仮定している未来が舞台となっている。石ノ森章太郎が初めて青年向け漫画雑誌に掲載した作品で、性描写や救いのないストーリーがふんだんに盛り込まれた大人向けの作風が特徴である。

Read Article

ロボット刑事の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ロボット刑事』とは、1973年に放映されたテレビ番組の原作であり、『仮面ライダー』や、『サイボーグ009』で有名な石ノ森章太郎が描いたSF漫画でもある。 物語は、優れた科学技術で作られた謎のロボット「K」が、機械嫌いのベテラン捜査官・芝刑事とコンビを組んで、悪人にロボットを貸す謎の組織「R・R・K・K」の正体を追うというものである。 ロボットでありながら人間の心を持つKを中心に様々な名言が生まれている。

Read Article

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゴースト』とは、生と死をテーマにした仮面ライダーシリーズの第17作目である。2015年10月4日から2016年9月25日まで放送された。 主人公のタケルは、眼魔と呼ばれる怪物に襲われて命を失う。その後、死後の世界にて仙人と出会ったタケルは、仙人の力によって幽霊として現世に復活した。タケルは15個揃うと願いが叶う眼魂を集め、生き返るために仮面ライダーゴーストとして戦う事となる。 命の尊さに向き合うタケルの姿や格好いい戦闘シーンなどから、子供たちを中心として人気を得た作品だ。

Read Article

目次 - Contents