マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。
コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

本名・瀬戸口ユキジ。
秘密基地のメンバーの中で唯一の女性。
幼いころから勝気な性格で、いじめっ子やいたずらをする男子を祖父から習った柔道で懲らしめていた。

1997年では空港で麻薬Gメンとして働いていた。
ケンヂと再会し、秘密基地のマークについて問われたことをきっかけに「ともだち」との戦いに深く関わっていくことになる。

2000年の大みそかに、ケンヂ達とともに友民党の本部に乗り込み戦う。

2014年の世界ではカンナの親代わりとして彼女を支えている。「ともだち」と戦っていくという意思は消えていないが、そのためにカンナが危険な目にあったり、またほかの人を危険な目に合わせたりすることに関しては批判的である。

ともだち暦以降は活動を続けながら柔道場を開いている。

ヨシツネ

秘密基地のメンバー。少年時代はひ弱な風貌だった。

1997年は、さえないサラリーマンとして生活していた。

2000年の大みそかをケンヂたちとともに戦う。その際に死亡したとされていたが、実際は生き延びていた。

2014年の世界では、「ともだちランド」の清掃員として働きながら2000年の大みそかの事件で孤児となった子供たちを引き取り、ひそかに活動を続けていた。
「ともだちランド」に紛れ込んでしまった小泉響子を保護する。

ともだち暦以降も、「ゲンジ一派」と呼ばれる組織のリーダーとして不当に逮捕された政治犯などを助け出す活動をしている。
「自分にはリーダーは向いていない」というのが口癖だが、部下からは慕われており、実績も残している。

マルオ

秘密基地のメンバー。大食いで、小太りな体系。

1997年はケンヂの家の近所でファンシーショップを経営していた。

2000年の大みそかをケンヂたちとともに戦う。

2014年は大物演歌歌手・春波夫のマネージャーとして働きながら、彼とともに「ともだち」との戦いを続けていた。

モンちゃん

本名・子門正明。
秘密基地のメンバー。

大学時代はラグビーの選手として活躍していたが、母親が病に倒れたことによりラグビーを諦める。それ以降は営業マンとしてバリバリに働いていた。
新しいビジネスを始めた矢先に不治の病が見つかり、悩んでいたところにケンヂからの誘いがかかり、「ともだち」との戦いに関わっていく。

2000年の大みそかはケンヂたちとともに戦った。

2002年、病が進行し入院していたが、「ともだち」の正体に迫る調査を続けていた。ユキジに「しんよげんの書」の存在を伝えた数日後に病院を抜け出し、サダキヨを訪ねた帰りに彼に殺害される。

フクベエ

ケンヂの同級生。
写真が趣味で、いつもカメラを持ち歩いている。

同窓会でケンヂと再会し、「妻が『ともだち』と呼ばれる人物が率いるカルト宗教のようなものにはまっている」と相談する。

2000年の大みそかはケンヂ達とともに友民党の本部に乗り込み戦うが、「ともだち」らしき男とビルの上でもみあいになり、落下してしまう。
その後、死亡したとされていた。

1人目の「ともだち」の正体で、カンナの父親である。
少年時代、人気者だったケンヂに嫉妬していた。イカサマを使い「超能力少年」としてTVに出演しようとするが、後にイカサマがばれて放映されず、さらに同級生からいじめられてしまう。このことを根に持ち復讐を決意する。

2015年の1月2日にヤマネにより殺害される。

ケロヨン

秘密基地のメンバー。カエルに似た風貌が特徴。

1997年の世界ではケンヂの家の近所で蕎麦屋を営んでいた。

2000年の大みそかの際、ケンヂから誘いを受けたが断ってしまった。以来、そのことに罪悪感を感じづけている。

2015年には息子とともにアメリカで蕎麦屋を営んでいたが、ある田舎町で2000年の大みそかと同じウイルスが散布されていることを知ったことから「ともだち」との戦いに深く関わっていく。

コンチ

秘密基地のメンバー。
後に北海道に転校してしまったことから、ケンヂ達との付き合いは小学校時代で途絶えてしまった。

2000年の大みそかにケンヂから誘いを受けていたが無視してしまい、そのことを後悔している。

ともだち暦3年の世界では北海道のラジオ局にてディスクジョッキーとしてケンヂが作った曲を流し続けていた。
腹が減ったためお菓子工場に忍び込んだ際、そこに寝どまりしていた13番と出会い、彼と行動を共にするようになる。

ドンキー

本名・木戸三郎。
秘密基地のメンバー。

幼いころは家が貧しく、いつも汚れた格好をしていた。
巨大ライギョがいると噂されるジャリ穴に落ちたケンヂとマルオを助けたことから彼らと親しくなる。

1997年の世界では工業高校で教師をしていた。
教え子だった田村マサオが「ともだち」の組織にかかわったことから「ともだち」の計画に気づく。
田村らを止めようとするが、建物の屋上から突き落とされ、殺害されてしまう。

小学校時代、モンちゃんの頼みで夜の学校の理科室に忍び込んだ際に、「ともだち」やヤマネが行った実験を目撃していた。

ケンヂの達の協力者

satoru
satoru
@satoru

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

BILLY BAT(ビリーバット)のネタバレ解説まとめ

「BILLY BAT」とは、浦沢直樹による漫画作品。ストーリー共同制作は長嶋尚志。「モーニング」にて、2008年から2016年にかけて数回の長期休載を挟みつつ連載された。 歴史の裏を描くSF大河作品。特定の人物に取り付き、未来を予言する「こうもり」の声を聞いた人々が、やがて歴史的な事件に大きく関わっていく様子を描く。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。 舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。 日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。 殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

Read Article

目次 - Contents