オーバーロードII(第4話『死の軍勢』)のあらすじと感想・考察まとめ

アンデッド軍との戦いに勝利したリザードマン。そんな彼らの前に絶対的な力を見せつけ現れたアインズは、今度は部下のコキュートス一人で攻めさせると言う。アインズ達との力の差に圧倒されたリザードマン達は死を覚悟する。
今回は「オーバーロードII」第4話『死の軍勢』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「オーバーロードII」第4話『死の軍勢』のあらすじ・ストーリー

ザリュースについて語るゼンベル

戦争に勝利したリザードマン達は早速すべての部族による宴を行っていた。
ゼンベル「俺は知ってたんだよ、フロスト・ペインのあの能力をよ」
レイザー・テール族長「アイシーバーストですね。一日三回しか使えないとか」
スモール・ファング族長「結構有名」
ゼンベル「けどよ。フロスト・ペインに使用者を冷気から守る力があるのは知ってたか。」
シャースーリュー「完璧なものではないがな」
ゼンベル「あいつが最後の切り札にしていたのはその力だった。すげぇ戦士だ」
シャースーリュー「あぁ、自慢の弟だ」
ザリュースの話題がひと段落し、ゼンベルはシャースーリューに尋ねる。
ゼンベル「これからどうなると思う」
シャースーリュー「まだなにも終わってないかもしれない。偉大なる御方とかいうやつが攻めてくるかもな」
ゼンベル「で、ザリュースの奴はまだ寝てんのか」
シャースーリュー「出てこないということはそうだろう。クルシュも疲労が酷かった。しばらく休ませておけばよかろう」
ゼンベル「ほう。じゃあ見に行くか。主役がいねぇんじゃ、宴も盛り上がらないしよ」

いいムードの中、突然現れたゼンベルに驚くザリュースとクルシュ

戦争での一番の功労者とも言えるザリュースは、宴の最中でも未だに目が覚めていなかった。「あまり邪魔はせんようにな」というシャースーリューの忠告も聞かずにゼンベルは彼らの元に向かってしまう。
その頃、丁度ザリュースとクルシュは目覚めた時だった。体を密着させ寄り添うように寝ていた二人はお互いに見つめ合う。しかし、そんなムードの中ゼンベルが現れ、「おう、やってるか!」と一気に雰囲気をかき消す。二人は彼の登場に驚き、慌てて体を離す。

アインズの前に集まった各階層守護者たち

ナザリック地下大墳墓では各階層守護者たちが、アインズの前に集合していた。また他の階層守護者とは始めて顔を合わせることになる第八階層守護者ヴィクティムを紹介する。
アインズ「第八階層の守護者であるお前を呼んだのは他でもない。シャルティアを狙った敵の存在は未だ掴めず、想定外の事件が起きる可能性も考えねばならん。その際、私を含めて守護者たちを守るのにお前の死によって発動する強力なスキルが必要だからだ」
そして、魔法を使用するのに使うスクロールの材料の皮について、その生産を行っているデミウルゴスに尋ねる。
アインズ「安定供給させることは可能か」
デミウルゴス「はい。それは問題ございません。十分な数を捕らえておりますので」
アインズ「なるほど……。それで、なんという名前の獣だったか?」
デミウルゴス「獣?……ああ!アインズ様の仰った獣たちですが、聖王国両脚羊でアベリオンシープなどという名前ではどうでしょう?」
羊という名称に違和感を覚えたアインズだったが、そのまま作業を進めるように命じる。
次にシャルティアに声を掛ける。精神支配を受けていたとは言え、アインズに対して攻撃してしまったシャルティアは主な罰も与えられなかった為に自分自身を責め続けていた。
アインズ「お前の心に刺さった棘の件だ」
シャルティア「ああアインズ様。守護者の地位に就くものでありながら、あのようなことをしでかした罪深き愚か者に相応しい罰をお与えください」
アインズ「わかった。後に決定し与えよう」
最後にコキュートスに話を振るアインズ。
アインズ「敗北で終わったな」

「敗北で終わったな」とコキュートスに凄んで見せるアインズ

アインズ「コキュートス、敗軍の将の言を聞こう」
コキュートス「お預かりした兵を失ってしまい、申し訳ありません」
アインズ「違う。先に言っておこう。私はお前の今回の敗北を強く責める気はない」
その言葉に階層守護者たちは不思議そうな顔をする。ただ二人、高い知能を持ちアインズの考えを既に理解していたアルベドとデミウルゴスを除いて。
アインズ「どうすれば勝てた」
アインズの質問にコキュートスは答える。リザードマンという敵を侮っていたこと、相手の実力や地形といった情報が不足していたこと、そして指揮官不足によって不測の事態に対応できなかったことなどを挙げる。
アインズ「素晴らしい!あのエルダーリッチ以外は全てポップするアンデット。滅びたところでナザリックになんの影響も与えない。守護者が学んだということを考えればおつりがくるぐらいだ」
コキュートス「ありがとうございます、アインズ様」
アインズ「とはいえ、敗北は事実であり、罰は受けて貰うが。コキュートス、その汚泥をお前の手で拭え。リザードマン達を殲滅せよ。今度こそ誰の手も借りずにな」
しかし、コキュートスはその罰に対して発言をする。
コキュートス「アインズ様に、お願いしたい義があります。なにとぞ、アインズ様」
アインズ「顔をあげよ、コキュートス。そしてお前が私に願う義とやらを聞かせてくれないか」
しかし、あまりの緊張と恐怖によって声の出ないコキュートス。
アインズ「どうした、コキュートス。私はお前が何を考え、何を口にしたいのかを知りたいだけだ」
コキュートス「リザードマン達を皆殺しにするのは反対です。なにとぞご慈悲を」
アインズ「今の発言にはそれなりの理由があるのだろう。ナザリック地下大墳墓にとって利益となる部分が。それを聞かせてくれ」
コキュートス「今後彼らの中から屈強な戦士が出現する可能性があります。リザードマンにナザリックへの忠誠心を植え付け部下とするのが利益になるかと判断しました」
アインズ「確かに納得のいく提案だ。リザードマンの死体を使用してのアンデッド作成では人間の死体と同レベル程度のものしか作れなかった。であれば、リザードマン達の死体に固執する理由はない。しかしだ、リザードマン達を生かすよりも私が作り出すアンデッドの方が費用対効果が良いはずだ」
アンデッドであるならば、飲み食いの必要はなくコストが掛からない上に、疲労もしない為に休息の必要もない。その言葉にそれ以上のメリットを提示できなくなってしまうコキュートス。
そこにデミウルゴスが助け船を出す。
デミウルゴス「アインズ様。リザードマン達で統治の実験をしてみてはいかがでしょうか」
アインズはデミウルゴスの提案に興味を示す。
デミウルゴス「今後いくつもの種族や力を束ねる時が来るでしょう。その時の為に、リザードマンの村を支配して恐怖によらない統治に関する実験を行うべきかと具申いたします」
アインズ「見事な提案だ!ではデミウルゴスの進言を受け、リザードマンの集団は殲滅から占領へと変更する。デミウルゴス、関心したぞ」
デミウルゴス「なにをおっしゃいますかアインズ様。あなた様は私の愚案など、とうにお気づきだったはず。コキュートスを待っておられたのですね」
アインズ「お前は私を買いかぶりすぎている。私が望んでいたのはなんでもよいから自らの考えを示して欲しかったということだけだ」
そうして、コキュートスへの罰はリザードマンの殲滅から統治に関する実験の責任者ということになった。
アインズ「では、守護者全員に出撃に命じる。一つは囮として、そしてもう一つはリザードマン達に我々の力を誇示してやる為だ」
アインズが命令を下すなり、転移して守護者たちの前から姿を消した。

アインズが去ったあと、アインズの考えについて想像をめぐらす守護者達

アインズが居なくなったあとの玉座の間では、アインズについて守護者たちが話し合う。
コキュートス「感謝する、デミウルゴス」
デミウルゴス「その必要はないよ、コキュートス。なぜならば、おそらくこの結果をアインズ様は望んでいらした」
アルベド「すべてはアインズ様のご計画通り、ということね」
アウラ「さっすがアインズ様!」
マーレ「で、でもですよ。あの、えと、もしかするとですよ。コキュートスさんが敗北することも前提だったのかなって」
デミウルゴス「敗北、というよりはコキュートスがリザードマンの強さを調べて勝てるかどうかを進言することも考慮されていたのではないかな」
シャルティア「さすがはアインズ様。まことに凄すぎんす。至高の御方々のまとめ役にいらっしゃったといわすのは伊達じゃありんせんといわすことでありんすね」
買いかぶりすぎだ、とアインズが言ったにも関わらずそれすらも謙遜としてして階層守護者達は捉えているのだった。

一人自室に戻り、ベッドで考え事をするアインズ

一人きりになったアインズは、コキュートスが自らの要望を言ってくれたこと、そして敗北から様々なことを学んでくれたことでこの先の成長の可能性を知り喜びを露わにした。
同時に彼らが変化することに対して、自らにいつまでついてきてくれるかという不安も膨らむ。
アインズ「誰か、俺に帝王学でも教えてくれる奴は居ないんだろうか」

リザードマン達の前に現れた魔法の武具で兵装したスケルトンの軍隊

リザードマン達の前に再び現れるアンデッドの軍勢。
ザリュース「予測はしていたが、早すぎる」
その軍勢は、希少な魔法の武具を全兵に装備させていた。さらに、突然吹き出した冷たい風は魔法の強さを示すランクで第六位階にあたる「天候操作(コントロール・ウェザー)」と呼ばれるもので作られた風だった。第六位階というランクはこの世界において最高位とも言われる至高の位階魔法だった。
そんな軍隊の中から現れたアインズは、魔法によって湖全体を凍りつかせる。
ゼンベル「あれが偉大なる御方とかいう奴なのは確実だな。納得だよ。あんな化け物からすれば俺たちなんて糞みたいなもんだろうな」

どこからともなく現れた巨大なゴーレム

さらに、30メートルを超える巨体を持つゴーレムが現れたかと思うと、巨石を持ち上げ凍り付いた湖へと放り投げる。
魔法の武具で武装したスケルトン達は、自らの体を使ってその巨石の上にまで続く階段と、アインズと守護者たちの通る道を作る。

巨石の上に揃ったアインズと階層守護者達

巨石の上に階層守護者達が揃うなり、アインズは以前村へメッセンジャーとして送ったモンスターを複数体出現させる。
モンスターはリザードマンたちに速やかに代表者を出すように伝えると、シャルティアが一つ手を打つだけで消滅してしまう。
ザリュース「あれだけの為に」
そのモンスターは魔法の武器でなければ倒せない強力なモンスター。そんなモンスターをたったそれだけの為に作りだし、さらには一瞬で消滅させてしまう。
あまりの力の差に狼狽えるザリュースに、代表者として彼らの前へ共に行ってくれるか問うシャースーリュー。ザリュースはそれに応じると二人でアインズ達の前へと進む。
アインズ「さて、本題だが私の支配下に入れ。しかしながら君たちも、自分達が勝利を収めた相手の支配下に入りたくはなかろう。故に四時間後、再び攻める。攻め手は私の信頼できる側近コキュートスただ一人」
シャースーリュー「降伏を……」
アインズ「降伏などというつまらないことは、言わないで欲しいな」
シャースーリューの申し出を一蹴するアインズ。シャースーリューとザリュースはこの戦いが、力を見せつける為の見せしめであることを理解する。
「では四時間後、たっぷり楽しんでくれ」
「待って欲しい。この氷は溶けるのか」
「あぁ、そうだったな。泥で汚れるのが嫌だっただけだ。後ほど魔法の効果は解除するとしよう」
話が終わるなりアインズはゲートを作り出し、他の守護者達と共にその中に消えていった。

コキュートスとの戦いについて会議するザリュースと各部族の族長達

戦うことを避けられなくなったリザードマン達は、再び各部族長達とザリュースでの会議を行う。
シャースーリュー「戦士階級のリザードマンはすべて動員する。それにこの場にいる……」
ザリュース「五人、で許してもらえないだろうか」
その場に居たのはリザードマン五部族の各族長とザリュースで六人だった。アインズ達の狙いが皆殺しでなく、見せしめによって力を見せつけることが目的だとすれば、今後リザードマンを纏める中心人物が必要だとザリュースは言う。そして適役者としてクルシュを推薦する。他の族長達が賛成する中、当の本人であるクルシュだけが反対する。
クルシュ「なぜ今更そんなことを言うの」
ザリュース「生き残れる可能性が出来たからだ」
他の族長達は、お前が説得しろとザリュースとクルシュを二人きりにする。
ザリュースに必死に食らいつき、自分も戦いに行こうとするクルシュだったが、「自分の惚れたメスを死なせたくない。そんな愚かなオスの願いを叶えてくれ」というザリュースの言葉にそれ以上言い返せなくなる。

ザリュースの胸で泣くクルシュ

クルシュ「ずるいわよ。あなた、多分死ぬのよ。私にそれを見送れと。ここまで縛り付けておきながら。出会ったのは幸せだわ。でも不幸でもある」
そんな彼女は決意し、ザリュースに言う。
クルシュ「孕むわ!」

「オーバーロードII」第4話『死の軍勢』の感想・考察

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

オーバーロードII(Overlord II)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロードII(Overlord II)のネタバレ解説・考察まとめ

『オーバーロードII』とは、丸山くがねによる小説を原作とするアニメ作品『オーバーロード』の続編である。 かつて一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム『ユグドラシル』のサービス終了時に居合わせたモモンガは、サービス終了時刻を過ぎてもログアウト出来なくなるという異常事態に遭遇。 異世界に来てしまった彼は、自我を持ち絶対の忠誠を誓うNPC達と世界征服を目指すダークファンタジー。

Read Article

オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロード(Overlord)は、丸山くがね原作のWEB小説「オーバーロード」のアニメ作品。サービス終了間近のDMMO「ユグドラシル」で、一人サービス終了の時を惜しみながら待っているが、時間になっても強制ログアウトが行われず、異世界に転移しまった上に自作の強力なNPC達が意志を持って動き出す。時には救世し、時には目的の為に侵略行為も厭わない、異世界ダークファンタジー。

Read Article

オーバーロードIII(Overlord III)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロードIII(Overlord III)のネタバレ解説・考察まとめ

『オーバーロードⅢ』とは2012年にWEBに投稿された丸山くがねによる小説が原作のアニメ『オーバーロード』及び『オーバーロードII』の続編。リ・エスティーゼ王国の動乱からこれまで隠蔽されていたナザリック大墳墓だったが、ついに地上に姿を現す。謎の地下墳墓の調査のため冒険者がナザリックに侵入しナザリックの住人達がこれに応戦する。表舞台に姿を現したアインズ・ウール・ゴウンはナザリックを率いて冷戦状態にあったリ・エスティーゼ王国とバハルス帝国の戦争に参戦し「アインズ・ウール・ゴウン魔導王国」を建国する。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

オーバーロードII(第10話『王都動乱序章』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第10話『王都動乱序章』)のあらすじと感想・考察まとめ

ツアレを勝手に助けた為に謀反を疑われたセバスは、アインズに尋問される。無罪を証明したセバスは、ツアレのことも助けて欲しいとアインズに嘆願し、ツアレはナザリック地下大墳墓の仲間として迎え入れられることになる。 しかし、セバスのことを恨む王国の裏組織「八本指」にツアレが攫われてしまい、アインズはツアレ奪還の為にナザリック地下大墳墓の戦力を動かすことを決めるのだった。 今回は「オーバーロードII」第10話『王都動乱序章』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第13話『最強最高の切り札』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第13話『最強最高の切り札』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズは冒険者モモンとしてデミウルゴスと戦闘を開始すると、他者の目の届かないところでデミウルゴスに計画の全容を聞く。計画の利点は四つあり、財の強奪、住民の誘拐、八本指襲撃の隠れ蓑、そしてデミウルゴス扮する大悪魔ヤルダバオトを倒すことでモモンの名声をさらに高めるというものだった。ヤルダバオトを撃退した冒険者モモンは、計画通り最強の戦士としての名声を得るのだった。 今回は「オーバーロードII」第13話『最強最高の切り札』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第1話『絶望の幕開け』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第1話『絶望の幕開け』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズと同じ元ユグドラシルプレイヤーを示唆させる存在、そしてナザリックに脅威をもたらす可能性のある存在が登場する。 アインズは戦力強化の為に実戦経験をさせようと、付近に生息しているリザードマンの部族との戦争をコキュートスに命じる。 今回は「オーバーロードII」第1話『絶望の幕開け』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第11話『ヤルダバオト』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第11話『ヤルダバオト』)のあらすじと感想・考察まとめ

裏組織「八本指」を潰す為に王国とナザリック地下大墳墓の二つの勢力が動き始める。セバスはツアレ奪還の為に再びクライム達と共闘することにする。一方で戦闘メイドのエントマは、蒼の薔薇のガガーランと鉢合わせしてしまい戦いを開始する。ガガーランは仲間のティアとイビルアイの援護によりエントマを追い詰めるものの、デミウルゴスが扮する悪魔「ヤルダバオト」が現れ戦況は一変するのだった。 今回は「オーバーロードII」第11話『ヤルダバオト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第12話『動乱最終決戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第12話『動乱最終決戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

蒼の薔薇のイビルアイとデミウルゴスの戦闘中、突如空からアインズ扮する冒険者モモンが降ってくる。アインズは冒険者としての立場を貫き、自分の部下であるデミウルゴスと戦闘を開始する。 そして、アインズと戦う演技を終わらせたデミウルゴスはアインズに自分達の有用性を認めて貰う為の計画を進行し、王都はデミウルゴス率いる悪魔の軍勢と王国の軍や冒険者達との決戦の地になるのだった。 今回は「オーバーロードII」第12話『動乱最終決戦』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第9話『舞い上がる火の粉』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第9話『舞い上がる火の粉』)のあらすじと感想・考察まとめ

セバスはクライムとブレインと共に、王国の裏組織「八本指」が経営する娼館に襲撃すること決める。セバスは巡回使としてセバスをゆすったスタッファンを殺し、クライムとブレインは六腕と呼ばれる八本指の戦力の一人サキュロントと、八本指の奴隷部門長のコッコドールの捕縛に成功する。そして、王女ラナーはこの娼館襲撃を機に他の八本指の拠点を潰す為に動くことを決意するだった。 今回は「オーバーロードII」第9話『舞い上がる火の粉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第6話『拾う者、拾われる者』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第6話『拾う者、拾われる者』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国で情報収集を行っていたナザリック地下大墳墓の執事セバスは、道端に捨てられた傷だらけの女性ツアレを拾い介抱する。しかし、ツアレは王国を裏で牛耳る八本指という組織の運営する店の奴隷であり、彼女を処分する為に八本指が動き出そうとするのであった。 今回は「オーバーロードII」第6話『拾う者、拾われる者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第5話『氷結の武神』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第5話『氷結の武神』)のあらすじと感想・考察まとめ

リザードマン達は死ぬことが分かっていながらもコキュートスとの戦いに臨んだ。圧倒的な力の差がありながらも果敢に戦って死んだザリュースに感銘を受けたコキュートスは、彼を生き返らせて貰えるようにアインズに頼む。 今回は「オーバーロードII」第5話『氷結の武神』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第2話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第2話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

黒雲から現れたモンスターに宣戦布告されたリザードマン部族のグリーン・クロー。族長の弟ザリュースは、相手の計算を狂わせる為に他のリザードマン部族を仲間に引き入れることを提案する。そして説得が難しいとされたレッド・アイ族とドラゴン・タスク族へ自ら使者として旅立つのだった。 今回は「オーバーロードII」第2話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第3話『集う、蜥蜴人』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第3話『集う、蜥蜴人』)のあらすじと感想・考察まとめ

説得は難しいとされたレッド・アイ族に続きドラゴン・タスク族も仲間に引き入れ万全の状態に至ったリザードマン達。そんなリザードマン達を蹂躙すべくコキュートスはアンデッドの軍勢へ進軍の命を出す。しかしその結果はコキュートスの意に反し、リザードマン達の勝利という形で終わることとなる。 今回は「オーバーロードII」第3話『集う、蜥蜴人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第7話『蒼の薔薇』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第7話『蒼の薔薇』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の王女ラナーは友人であり最高位の冒険者のラキュースに頼み、王国に巣食う裏組織の八本指を退治する為に行動を起こそうとしていた。その頃、王国に潜伏していたセバスは、拾ったツアレの心の傷を癒そうとしていたものの、ツアレをだしにツアレの元の主人に金銭を強請られてしまう。そんなセバスに不信感を抱いたソリュシャンは、アインズに、セバスに裏切りの可能性があると密告するのだった。 今回は「オーバーロードII」第7話『蒼の薔薇』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第8話『少年の思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードII(第8話『少年の思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

子供に暴力を振るっていたチンピラを撃退したセバスは、セバスの腕前を見て教えを乞おうとしたクライムとブレインと知り合った。そんな三人を暗殺者達が襲う。尋問によって暗殺者達がツアレを処分しようとした娼館の主人サキュロントの手先だと知ったセバスは、クライムとブレインを連れて娼館へと乗り込むことにするのだった。 今回は「オーバーロードII」第8話『少年の思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『異世界かるてっと』とは、『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『幼女戦記』の4作品に登場するキャラクターたちが登場する、スタジオぷYUKAI制作のクロスオーバーアニメーションである。 ある日、カズマたちのもとに現れた謎のボタンにより、他のアニメキャラクターたちが現れる。それらのキャラクターが異世界の学校で交友していく約十五分のショートアニメ。

Read Article

オーバーロードIII(第1話『支配者の憂鬱』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーバーロードIII(第1話『支配者の憂鬱』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の動乱からしばらくして、ナザリック地下大墳墓でアインズ・ウール・ゴウンは部下達を集め、働きを称え褒美を与えていた。NPC達の期待を裏切らぬようアインズは支配者を演じる一方で、働き続ける彼らの意識を変えたいと考えていた。女性守護者には休暇を与え、男性守護者には回覧板を回すが、図らずも第9階層の大浴場に集合してしまった。女湯で騒動が起き休暇の予定が中止となってしまうのだった。 今回は「オーバーロードIII」第1話『支配者の憂鬱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワール先生の計らいにより開催された懇親会。 親睦を深めるため、くじ引きで選ばれた者が「かくし芸」を披露することになったが、最初に選ばれたのは先生であるレルゲンだった。続々と「かくし芸」を披露する2組の生徒たちだったが、めぐみん、アインズは「かくし芸」の規模が大きいため外でやることになった。 今回は「異世界かるてっと」第5話『炸裂!こんしんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第2話『緊迫!じこしょうかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

異世界かるてっと(第2話『緊迫!じこしょうかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

唐突に始まった学園生活。担任は『Re:ゼロから始める異世界生活』にも登場するロズワール。スバルはロズワールに学園生活の意図を尋ねるもはぐらかされてしまう。アインズは学園から抜け出そうとするが、ロズワールに「校則違反になってしまう」と警告される。 今回は「異世界かるてっと」第2話『緊迫!じこしょうかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第1話『集結!かるてっと』)のあらすじと感想・考察まとめ

異世界かるてっと(第1話『集結!かるてっと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ある日、カズマたちのもとに謎のボタンが現れた。時を同じくして、アインズ達のもとにも謎のボタンが現れた。異世界に転移してしまった一行は学園生活をおくることに。2組に案内された一行を待っていたのはターニャ達であった。各々が異世界に転移してしまった理由を考えていたところ、ナツキ・スバルたちが遅れてやってきた。それぞれのキャラクターが様々な反応を見せる中、ルーデルドルフが学園生活の始まりを宣言する。 今回は「異世界かるてっと」第1話『集結!かるてっと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第4話『邂逅!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

異世界かるてっと(第4話『邂逅!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ターニャが自身を異世界に転生させた存在Xがアインズなのではないかと疑ったことで一触即発状態になってしまったアインズとターニャ。 しかし、アインズがターニャに日本にいたことがあるかを確認したことをきっかけに状況は一変する。 一方、スバルもカズマのサトウ・カズマという名前から自分と同じ異世界転移された日本人ではないかと疑いを持つ。 今回は「異世界かるてっと」第4話『邂逅!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第6話『決定!いいんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

異世界かるてっと(第6話『決定!いいんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワールの提案により委員会を決めることになった。各々立候補をするがなかなか決まらず、結局またくじ引きで決めることになる。ベアトリスはロズワールがくじ引きを操作したことに気付いた。ロズワールは謎の言葉を残して去っていく。今回は「異世界かるてっと」第6話『決定!いいんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents